« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

「ハッハー」はないよね

最近見ていて不快になるCMがある。
某パチンコチェーン店のそれ、は店員の行う善行をフィーチャーして、「私たちはこんなにいい人たちなんです」とやるわけなのだが、そういう行為は強調しないところにこそ良さがあり、敢えてCMにするなんて厚顔過ぎるんじゃないのかな。
もともとパチンコは嫌いだし、その店にも興味はないけれど、恐らく一生脚を踏み入れることはないだろう。

いや、大地真央はないよね~
あれ見た瞬間絶叫しちゃった。笑いより先に驚愕。あのテンションが信じられない。
元々猫たくさん飼っていらっしゃるから好き(おい)だったけど、今日のマー子さん見たら、何だかもう大好きになっちゃった。いや、器の大きな方だ。恐らくご主人と2人でケーラケラ笑いながらオンエア見てるんだろうな。

今まで、この番組を見たことはなかった。大概は紅白だったんだけど今年は録画して後でじっくり見ようと思っているので何気なく日テレ見てたら・・・いや、こんなに面白い番組だったんだ!知らなかった。
ちなみに、正月番組では箱根、格付けは欠かせないけれど、年越しでは何と言ってもジルベスタ。
今年はホルストの「木星」だそうで。難しいよね、ジャーンジャーンジャーーーンジャジャーーーーンジャン!でしょ?
上手くいくといいけど。なんだかこちらの一年の命運まで占ってくれてるようで、ハラハラしながら欠かさず見る。万が一寝ても大丈夫なように録画もしているけれど。

今年もまもなく終わる。
早い早いと毎年のように書いているけれど、今年も本当に短く感じられた。
特に終盤に来て様々なアクシデントが起きたからか12月なんかほんの数日だったもんね、実感としては。
結局何もできなかった。それじゃ困るんだ。でもどうしたらいいんだろう。

明日は餅をついて、雑煮を作って、からみ餅用に大根おろし、筑前煮を作って、かまぼこと伊達巻を切って、かずのこを解凍して・・・
家族と囲んだ元旦の食卓。実は殆ど記憶に残っていない。
でも出来上がった雑煮は紛れもなく母の作ったそれと同じ味。味覚はきっと棘があって、記憶の中にしっかりとしがみついているのだろう。

ダウンタウンのおかげで笑いながら年を越せそうだ。
どうか、来年は笑い皺ができるような年になりますように。
この、どうでもいいくそやくたいもないブログへ訪れてくださっている皆様にもいい1年になりますように。

| | コメント (0)

どうしてるかなあ・・・

一仕事(ほぼ)終えたらどっと疲れが出た。
本業も、年末の仕事は大体片付いて、後は我が家だけなのだが。なのだが・・・あうううう。

一年を振り返ろうにも、あまりに記憶が薄くてどうにもこうにも思い出せない。
えーと、ああ、喪った。とても理不尽に。その前にもいろいろあったはずなんだけど・・・
明日は年末の買い物に行って、お飾りをつけて。
もうそれくらいしか正月の準備はしないだろう、というか出来ない。
何してても時は勝手に流れるし、そうだよ、あと4日後には箱根駅伝往路がスタートするんだもの。

お笑いの番組を見ている。面白い。何も考えずに居られるからいい。
みーちゃんに逃げている自分、がイヤなんだけど、どうしようもない。

今年が終わる。カウントダウンの心境。来年も、何も変わらなければいいのに。

| | コメント (0)

代表決定おめでとう!

ひとつ、大仕事が終わった。今は安堵と、晴れ晴れとした寂しさが残るだけ。ああ、あれも片付けなきゃ。主のいなくなった棲家。
・・・でも実はまだ油断できなかったりして。

スケート、結果を見てからテレビを見ている。そうじゃないとドキドキしちゃって見られないから。

村上佳菜子は愛くるしい笑顔とスピーディなスケートで私を魅了してくれた。スタートのポジションを間違えてしまい、照れ笑いしながら少しずつ移動していく姿は大物感たっぷり。ソチを目指す選手の中でも注目株だろう。

そして。
4連覇おめでとう!!真央ちゃん。素晴らしい演技でした。インタビューは聞いててハラハラするけれど、今日のフリーは安心感の塊。落ち着いて見られましたよ。
トリプルアクセルを1回にしたことで落ち着いてプログラムをこなすことができたのかな。オリンピック代表決定もおめでとう。
今日の安藤の演技はあまりにも適当でいい加減で見ていてがっかり。それに比べて鈴木明子嬢の迫力ときたら!!正直、今日のフリーだけ見ていたら安藤よりも中野、って私は思ったけど、もう決まっちゃったんだもんね。

鈴木さんは選曲がまずいい(個人的にあのミュージカル好きなんですの)。そしてジャンプのタイミングの良さ。表情も心に迫るものがあって目を逸らせないもの。中野さんはかわいそうだけど、今日のフリーを見たらこれは仕方ないのかな。
サーシャ・コーエンを彷彿とした・・・ってこれは「黒い瞳」の影響か。
真央ちゃんとは全くタイプが違うから、もしかしたらどっちか表彰台の一番高いところに上れるんじゃないかしら。
ちなみに、転倒は確かにマイナスだけど、演技の質というか、輝きというのかな、そういう点で中野さんよりも鈴木さんの方が大幅に勝っていたと思う。それは転倒というミスと相殺できるものではない、と少なくとも私は思いましたが。

疲れて疲れて眠くて眠くて。
明日はゆっくり寝られるから嬉しい。

| | コメント (0)

・・・・・・(かなり堪えているらしい)

今日は、皆のあちに愚痴をこぼす日とでも決めていたのだろうか。
行く先々で、そして帰宅してまで・・・なんで?
顔見知り程度の人から家人の部下の奥さんまで、どうして??
こっちだっていろいろあるの。忙しいの。だのに何故佐○急便は2日続けてポカをするわけ?クレームの電話を入れたけど、途中からもうどうでもよくなっちゃった。

ゴチの結末見たらもう寝よう。体も心もクタクタなんだもの。

みーちゃん。今にして思えばあんたは大した猫だった。もう一度見詰め合って、抱きしめたい。確実に噛まれるだろうけど。

<追記>
・・・バンザーイ!私の一番好きじゃなかったメンバーが消えた!!太一クンよかったね!!!

| | コメント (0)

クリスマスにワクワクしたのはもうン十年も前の話だったりする

「たばこ税、1本当たり5円程度引き上げへ」・・・いいですね。実にいい。これで少しは、幼子を載せた、閉めきった車内でタバコをスパスパ吸うアホな親が減るだろう。

「JIN-仁-、続編の予定なし」・・・?!そんな。いや、記事では、水面下で映画製作の話が進んでいるとも書かれているのだが実際、原作でまだ様々な謎が解明されていない状態なら描きようがないとも思うし。
そりゃ、見たい。もう一度あのキャストが動き回る様を見たい。でも、完全なオリジナルになってしまうのも如何なものかとも思う。
ま、事実なら来秋公開らしいので気長に待ってみるのもアリかな。

懸案事項は片付きそうな気配を見せてきた。でもまだそれに伴う問題は山積。
やはり大掃除どころではなさそうだ。あーあ・・・どこかで帳尻あわせしなきゃ。
明日はイブか。
ケーキなんかいらなかったのだが、家人の知人が某スーパーのオーナーで半ば強引に、一つ予約させられてしまった。しかも取りに来いって。もう。面倒くさいったら。
その他にも買い物がたくさんたくさんあって、あちこちの店に行って・・・ああ。

ポメ、未だに迷い中。そうだよ、あれにプリントアウト機能がつけられりゃ言うことなしだよね。じゃ、やめる?
ホントに欲しいのはPS3・・・でもないしなあ。欲しいものは・・・なんだろう?
欲しいもの・・・欲しいもの・・・わからない。みーちゃんを失ってから、何が一番大切なのかがわからなくなっちゃった。

えーと、事務連絡です。
ピアスかな、とりあえず今欲しいもの。ちょっと大ぶりで派手な感じ?色は・・・ゴールドがいいです。
で、某身内は何が欲しいのさ?乞連絡。

通販でいろいろ買ったものが届く。自分で発注したものばかりなので中身はわかっているんだけど、それでも届いた包みを開けるのって楽しいな。
ルピシアの、お年始用のお茶セット、家人のダウンジャケット&フリース(うに)などなど。
そこに家人のお友達から讃岐うどん、とか知人からりんご、取引先からお菓子・・・ホンモノの頂き物(?)も加わって折角片付いたリビングも、今、箱やら何やらでごっちゃごちゃ。
ま、いいか、クリスマスだし(え?)

| | コメント (0)

終わっちゃった。ドラマもそして・・・

「JIN-仁-」が終わった。
最終回は見所盛り沢山で、実に見ごたえがあった。ハイジ小出恵介にも見せ場をいただいたし(?)落とし処はちゃんと落ちたけれど・・・え?何?あのラスト。
あれはシーズン2もしくは春の期首特番あるいは映画化への布石なのだろうか。でも原作がまだ終了していない以上勝手に謎解きもできないわけで、そう考えたらあの終わり方もやむを得ないのかもしれない。

エンディングの中で、未来と思しき女性が塾の教壇(恐らく)に立っているシーンがあった。それが手習い所を開くとチラシを配っていた野風に重なるまで私はかなりの時間を要したのだが・・・皆すぐにわかったの?
でもあのセリフは咲が言ってたはずなんだけど・・・彼女と野風との会話にでも登場したのかな。だとしたらうっかり見落としてしまったのかも。

綾瀬はるかがとても良かった。
凛とした居住まいに、どこか抜けているほんわかとした愛らしさが相俟って、健気な女心を瑞々しく演じていた。
もちろん中谷美紀もこれぞ演技力!と実力を見せ付けてくれたし、内野聖陽の坂本龍馬、そして小出恵介、桐谷健太、田口浩正など脇役も豪華。
ただ若くて可愛くてちょっと人気がある、そんなジャリタレを敢えて排除したようなキャスティングに映画俳優のイメージが色濃く付いていた大沢たかおが乗っかって、近年稀に見る(大げさ?)良質なドラマになったと思う。

ただ。
今回のラストシーンが、高視聴率によってもたらされた―急遽何らかの形で続編を作ることを決めたために曲げられたものだとしたら、何となくスッキリしないぞ。それでもきっと、続編がどんな形であったとしても楽しみにしてしまう自分が情けない・・・だって面白かったんだもん!!!

今、電話を待っているところ。何の、って?決別を告げる使者からの。
昨晩泣いて泣いて泣いて、置かれた立場と状況を己に言い聞かせてようやっと折り合いのついた心。でも全てが終わったら、きっとまた泣くんだろう。
そもそもの発端を作ったヤツを許さない!そいつのエゴの尻拭いをさせられていると思うと怒り心頭だ。それでも・・・選択したのは私だから。さ、電話の前に坐りましょう。続きは後で。

・・・決まった。いともあっさりと。私の逡巡を置き去りにして運命は動いている。大袈裟か。
タイムリミットまであと僅か。悲しいけれど喜ぶべきことなのだろう。きっと。多分。もちろん。

| | コメント (0)

印刷工は涙する

印刷は全て終わった。後は一言書き添えるだけ。だけ、なんだけどそれがかなり実は面倒くさかったりする。
日頃会っていないし、ほとんど縁もない方に何を書けばいいのか。
友人とか仲の良かった職場の先輩あてなら筆も進むが、元上司とか付き合いのない親戚とか・・・ああ。どうしたものか。

いつかその日が来ることは覚悟していた。いたはずだった。だのに・・・
泣きながら返事を書いた。まだわからない。最終段階に至るまで確定ではない。それでも・・・予感がするのだ。きっとこのメールが幕引きの合図なのだ、と。
切ない。幾度同じ経験をしても、切なさは変わらない。
もうやだ、こういうのって。二度とやりたくない。やりたくないよ・・・
どうして欲しいものは私の手をすり抜けていくのだろう。

| | コメント (0)

明日は印刷工

「風強」コミックス最終巻が発売された。
読んで、スっとした。そう、巻末のエピローグが実に秀逸。
原作者のコメントにもあるとおり、コミックスでは東体大の存在が厚く描かれていたためストーリーや寛政大メンバーのキャラまでが鮮やかに描き出され原作以上の面白さを演出してくれたと思う。
そして、巻末。くどいけど、巻末。
原作や映画でラストに悶々とした方にはぜひコミックスを読んでいただきたい。

あーあ、また映画見たくなっちゃった。
東京と神奈川では記念上映会と称して年明けに見ることができるそうだが、そのためだけにわざわざ寒い内地に帰るのもなあ・・・というのも、北国は室温を20度近くまで上げて薄着で過ごすのが冬の慣わしで、当然家自体の気密性が高い。
でも内地って隙間風はピューピューだし、何しろ暖房器具にパワーがないのでとにかく冬の室内が寒すぎ。
実際、冬に帰省すると必ずと言っていいほど風邪を引いてしまうのだ。
4月のDVD発売まで我慢の日々。ああ、WOWOWとかでその前にオンエアしないかしら。そしたらそのためだけに加入しちゃうんだけどな。

最終巻を読むまでは原作>映画>コミックスだった。でもこの最終巻を読み終えて、微妙に心境が変化した。
・・・コミックス>映画>原作(・・・え?)
これからもう一回、ううん、二回三回と読む。読み返す。原作をそうしたように、本が手ズレして若干黒ずんでくるまで。

今日で会社の年賀状がほぼ完成。明日はいよいよ我が家の分だ。
最初に買ったデザイン集がどうにも気に入らず―実家用にと若干オーソドックスなものを選んでしまったのだ―もったいないと思いつつもここ数年買っているシリーズの今年版を購入した。ああ、ホントにもったいない。最初っからこっち買っておきゃよかった。
ということで、少しでもたくさんのデザインを使わなければ損だとばかりに家人の友人関係、私の友人知人関係、二人共通の友人知人、親類縁者、と最低でも4種類を印刷することにした。
もうオリジナルの猫写真入りなんか作ってる暇なし。
なんとしても明日中に「ひとこと」まで書き込んで、月曜日には投函したいのだから。

よたが食欲不振。
ま、いかにも不味そうな療法食だし・・・と甘く見ていたが状況はユルくない。
んまいご飯にしてみてもダメ。心なしか顔つきまで不健康そうだ。
原因の一つに、残っているご飯を後で食べるだろう、と片付けないことがある。結局ご飯の間際になって残り物を食べるため本番で食べられなくなってしまうのだと思う。
ということで今朝は心を鬼にして全員のご飯を、その半分くらいが残っている状態で下げてしまった。
その効果か、夜のご飯はそこそこ食べてくれて一安心。
これからは1時間程度放置して食べるだけ食べさせてからさっさと下げてしまおう。
本当に猫は手間隙お金がかかる存在だ、とつくづく思う。
でもそんな連中と付き合っていうことを選んだのは他でもない私なので、ここは多少自分の時間を削られても、にっこり笑って対峙しよう。

グイン・サーガの最終巻をやっと手に入れた。
既刊の半分の厚さ。解説、は故栗本薫氏のご主人だ。
・・・私も、この壮大な物語の結末を見たいと思っている一人なので、今岡氏の心変わり(?)には大賛成。
シノプシスは本当に残されていないのだろうか。これだけ大きく風呂敷を広げておきながら「未完」の一言でそのまま放置されたのでは半ば糟糠の妻の様に30年も連れ添った読者だって浮かばれない。
じゃ、誰が?うーん、いっそ今岡氏が書かれてはいかがかと。
とにかく結末が知りたい。豹頭王の花嫁はいったい誰なのか。
知らぬが花?冗談じゃない。

| | コメント (0)

望みは何かと尋ねたら

土浦で起きた無差別連続殺傷事件で、金川真大被告に求刑通り死刑判決が出た。
本人がそもそも死刑になりたくて起こした犯罪。望みどおりの刑にさぞ喜んでいることだろう。
でも、今の法相は死刑廃止論者なので彼女の在職期間中は刑の執行はない。
いや、いっそのこと歴代法相申し送り事項にしてみては?そう、実質的な終身刑に処すのだ。執行命令にサインをしない。これが一番この男には堪えることではないか。
毎朝、コツコツと近づいてくる足音。今日こそ、今日こそ、と期待しながら日々を過ごし、いつしか亡くなられた方々の齢を超えて、それでもなお自由を奪われて生きながらえる。これこそこの男にとって「極刑」ではなかろうか。

・・・一点だけ気に入らないのは、この死刑囚を養うのは私たち国民である、ということ。
実にばかばかしい。更生の余地もなく、反省ひとつしていないこの男を間接的にでも扶養してやらなければならないなんて腹立たしいったらない。そういう意味において再審請求をしていない死刑囚は早く刑を執行すべきだとも思う。

でも、この男が生きようが死のうが、被害に遭われ、亡くなられた方は生き返らないし、負傷された方などの心の傷は癒えないだろう。

どうしたら謝罪や反省の念を抱かせることができるの?この男に。
全く無関係な私ですら腹立たしさを覚えるのに、ましてや被害者やそのご家族の心中ときたら。
とにかく。
宅間守のような速やかな執行だけは避けて欲しい。苦しんで苦しんで、いつ訪れるかわからない死を恐怖に感じるまで執行しないで欲しい。

北海道も寒くなった。あちこちで積雪が観測され、スキー場はオープン、旭山動物園ではペンギンが散歩を始めた。
今年はのあち家に限っていえばカメムシが昨年より少なかったので、雪は少ないはずなのだが・・・
さ、明日は年賀状一気に完成させるぞ!!(脈絡ないなあ)

| | コメント (0)

いーかげんにしてほしい

ああ、苛々する。
エラー?それじゃ何故そのメールは届くの?そちらのミスじゃないの?
とにかく、思うようにいかないことが多すぎて苛々苛々・・・早く返事を!どれだけ待たせれば気が済む?
このままにするつもりはない。それははっきりしている。でも先に進むにはここをクリアするしかないのに。
本当に本当に苛々することばかりだ。何故、こんなに何もかも上手くいかないの?

トラブル続き、だ。
本来なら喜ぶべきことなのかもしれない。でもコトがコトだけに最悪の事態にならないとも限らない。
その、最悪の事態に陥ったらそれこそ全てが水泡と帰すわけで・・・暢気な人たちがつくづく羨ましく思えてならない。
口幅ったいかな。所謂「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」の心境。抱え込んでしまうにはキツイが、大山鳴動して・・・とばかり杞憂に終わることを祈るばかりだ。

その、トラブルのひとつ、に振り回されている。
悪影響も出だして、もう途方にくれている状態。
台風の目、だね。当の本人(?)はどっしり構えて泰然自若とばかりなので、何だかこれまた苛々する。

12月なんて嫌いだ。
ボーナスはそこそこ出たので、ポメラを約束どおり買ってもらおうと思っているんだけど、いざ発注しようとなると二の足を踏んでしまう。そう、「本当にそれ、必要なの?」そんな声が脳裏にこだまするの。
いらないっちゃいらない。すぐ飽きてしまうか便利ツールとして日常に入り込むか・・・ま、クリスマスまでまだ日があるしもう少し考えよう。
実家の母からも何が欲しいか聞かれてるんだけど・・・意外に思いつかない。本当に欲しいものは高価だし。

喜ばしいニュースも一つあった。
・・・でも、もう一年早かったらもっともっと嬉しかったのに。何粘ってるのよ、能力もないくせに。
今年は既にもう一つ片付いているので、これで残りはあと2つ。ま、どっちも風前の灯で、そう長いことはなさそうだけど。

とにかく気持ちがささくれているので出てくる言葉もきついきつい。棘だらけだ。
何かいいこと、はどうやら自分で作り出すしかなさそうだ。でもとにかく今は休みたい。体はさておき心のケガを直したい。

| | コメント (0)

朝っぱらから・・・

小沢幹事長が本性をむき出しにした瞬間だった。
「辞表を出してから言え」「憲法を理解していない」―宮内庁には羽毛田長官を支持する内容が大勢を占める1000件以上もの意見が寄せられていて、15日付読売新聞朝刊によれば、藤原正彦お茶の水女子大名誉教授(「国家の品格」の著者)は「小沢幹事長は衆院選で圧勝したので、何をしても『民意』で通ると思っているが、間違い」と厳しく批判している。私も全く同感だ。
羽毛田長官にはあまりいい印象がなかったけれど、今回の一件で評価が変わった。陛下を、皇室をお守りするという一貫した姿勢は今の民主党、というより小沢幹事長からの圧力に屈することなく保ち続けてほしい。
皇室は、あくまで象徴的存在であって、政治的に利用してはならない。小沢こそ憲法の理念を全く理解していないのではないだろうか。

優柔不断な総理と、存在感を良くも悪くも出してきた幹事長。民主党政権も早速綻びが見えてきた。
これは私と家人の一致した意見なんだけど、今一番期待できる政治家は平沼赳夫しかいないのではないか?
平沼氏と渡辺喜美率いるみんなの党とか民主党の中の反小沢派で新党を作る。河野太郎が居てもいい。そう、自民党の中にも不満分子は多数いるからそれらも取り込めばかなりの勢力になるはずだし。
とにかく民主党と自民党、それぞれに巣食う魑魅魍魎を排除しなければ何も変わらない。そうどちらが政権を取ったとしても。

鹿島港の立ち入り禁止の防波堤で釣りをしていた3人が波に飲まれて行方不明になった事件。一人の遺体が見つかったそうだ。
この寒さの中、違法行為のツケが回ってきた身勝手な釣り人の所為で、荒海に潜って捜索をする方たちのご苦労はいかばかりなものか。
いけしゃあしゃあと「ここは釣れるから」とのたまいながら、テレビカメラの目の前で柵を乗り越え、或いは勝手に作った合鍵で堂々と中に入っていく連中は見ていて不快極まりない。
約40年で65人が海に放り出されて死んでいる、そんな事実も彼らには関係ないらしい。

飛行機の機内持ち込み手荷物が厳しくサイズ制限を受けるようになったことで煽りを最も食ったのが音楽家だそうだ。
バイオリンなど全ての弦楽器、そしてフルートやクラリネットなど一部を除いたほぼ全ての管楽器がタダでは持ち込めなくなった。機内に席をもう一つ、1万円出して確保しなければならない。
預けるための専用コンテナはあるようだが、バゲージトラブルが現実に起きている以上、不安に感じる人は少なくないはず。
これも、バゲージに入らないほどの荷物を平気で持ち込み、その結果離陸が遅れるという事態が年間5000件(ANA)も起きたからであって、元をたどれば「だって早く降りられるし」「預けたくないし」という自分勝手なエクスキューズが招いた結果。

無神論者が多いからなのかな、と思う。自分さえよければ、とか誰も見てなければ、とか非常に自分勝手で自己中心的な人が増えてきたような印象を受けるニュースが目に付くようになった。
極端な言い方をすれば小沢幹事長だってそう。自分の意に沿わない発言を弾圧するあの語気の荒さには空恐ろしさすら感じられた。それほどに彼が中国に拘泥する理由は何?

なんだか朝からイラっとするぞ。
小沢幹事長の会見のシーンが流れる度にチャンネルを替えないと苛々が怒りに変わりそう。
平沼さーん!何かアクション起こしてくださいよー。

| | コメント (0)

疲れたわ・・・掃除も真面目にやると重労働だ

政治的目的での利用ではない、なんて誰が見てもおかしい弁明で、しかも幹事長が訪中訪韓の真っ最中の報道ときたら・・・
天皇皇后両陛下のご健康とお心の調整のために設けられた1ヶ月ルール。それを横破りでゴリ押しした官房長官や首相、そして政治的目的ではないと言いつつ、何が草の根交流よ。じゃあのリムジンは?あの記念撮影会(笑)は?そして韓国でのあのリップサービスは?
民主党は非常にアジアに偏重した外交を展開しようとしている。米軍の基地移転問題なんか等閑にして、目線をまず中国に向ける、それで本当にいいのだろうか。
日本に長期間在住している外国人に選挙権を与えることに、私は反対。
票を投じる、つまり政治に参加するという権利は日本国籍を有する人だけに与えるべきだと思うから。

えーと、嵐はふつーの低気圧程度にまで落ち着いた。
意外な事実が判明したり、あっけないほどに陥落したり、でもそれ以上に面白かったりしたのでまあいいか。
明日はようやくストーブが復活するので、ああ、これでもう部屋の中でダウン着ないで済む。
今日だってJIN見ながらけっこう寒さが厳しかった。まあ途中からアツくなっちゃったけど(笑)
最終回が楽しみだったり不安だったり・・・龍馬がキーマンだったのか・・・野風・・・ああ早く来週の日曜日にならないかな。

明日も仕事が忙しいし、突発的な用事もできちゃったから外出しなけりゃならないし。
とにかく、その外出の結果(?)が良いことをまず祈ろう。やれやれ。

| | コメント (0)

嵐はある夜突然に

わやくちゃだったリビング、ようやっと片付けの目処が立った。後は蒸気のモップで床を綺麗に拭いたらほぼお終い。やれやれ。

実は今、突発的にとんでもない事態が発生している。
勢いつけてコトに臨んだら、意外にもあっさりと初動がクリアできたため、一気に先に進むことに。
いや、でもどうしたものか。
詳細は個人情報絡みになる可能性が高いので書けないけれど、ま、お金も時間も手間もかかる、と。
ああ、どうしてまたこのクソ忙しい時に・・・でもあのチャンスを逃したら、次があったかどうかはわからない。
家人も半ば呆れつつ、それでも手伝ってくれたことには感謝多謝。
後は上手く収まるところに納められるか。ま、先のことはわからないけれど、大丈夫だよね、きっと。多分。恐らく・・・うーむ。

さて。
年末恒例レースのカーテンの漂白&お洗濯も済み、寝室の大掃除は元々年内には終わらない予定だったのでこれは寒いうちに終わらせる、と。
そしてキッチンは床をきれいにして、捨てるもの捨てて・・・冷蔵庫の掃除は年末ぎりぎりに。
それから年賀状を自宅用と会社用、合計で400枚程度作成。
・・・なんだ。こうやって書いてみたらそれほどヘビーでもないじゃないの。何とかなりそうだぞ。よしよし。

ああ、とうとう寒くなってきた。早く人間になりたーい(何の番組見てるか、見てる人ならわかりますね)、じゃなくて早くストーブに会いたーい!多分今室温は15度くらいだろうな。予定では週明け早々なんだけど・・・それまで持つかしら。風邪は治まったけどね。

| | コメント (0)

何でも貰えばいいってもんじゃない

2ヶ月に1度の通院日。猫じゃなくて私の。
1時間半待って診察はものの2分だ。それだけ状態が安定しているから、と言えば聞こえがいいけれど、要は混雑してるしこの手のはとっとと捌いてしまおうという医者のある意味「仕分け」。
あまりにあまり、なので全く関係ない視力のコト(目がかすみがちでピントが合いにくい)なぞ相談してみる。
無碍にもできないだろう、と踏んだとおり診察時間は更に2分だけ延びた。で、結論は「眼科に行け」・・・そりゃそうですわな。わかってますけどね。

とにかく病院は人人人。その半数以上がマスクをしている様は異様な光景とも言えよう。
私もしようと思ったが、マスクをするとメイクが取れちゃうし、病院の後に用事があったので辞めた。が、このことが後に禍をもたらす要因になろうとは・・・(大袈裟?)

・・・帰宅して数時間経った今、体温が38℃まで上がっている。体がかなりだるい。どうも風邪をもらってきたようだ。
明日なら季節性インフルのワクチンを接種できる(予約制で偶々明日は空きが出たそうだ)とのことで予約を入れてきた。2日続けて病院にいくのは些か気ぶっせいだが仕方ない・・・なんて思ってたけどどうやらワクチン接種どころではなさそうだ。あーあ。
体が熱いのに肌寒さを感じる。典型的な風邪。ストーブ壊れてて寒いしなあ。なんかツイてないわ。

今朝は理由もなくお赤飯を炊いた。いろいろな意味の前祝で。さて、上手くいきますかね。

あ、でもポメラは家人が買ってくれることになった。言ってみるもんだ。こういう貰い物は大歓迎。

| | コメント (0)

バードランドって酒場の名前だったのね

昨日は目ウロコの事実を1つ知った。
「バードランドの子守唄」、これの原曲っていうのか、オリジナルを初めて聴いたのだ。
クール・ジャズ・コレクションNO.47は「ジョージ・シアリング」、そのテキストブックを見て初めて知ったんだけど、この盲目のピアニストがあの名曲の作者だったこと。しかもオリジナルはアップテンポでノリノリだったこと。
サラ・ヴォーンのイメージが強かったし、概ね女性ヴォーカルはミディアムテンポでアンニュイに歌ったりしているけれど、原曲はジェイク・コンセプションの演奏が近いかな。それでもあんなにテンポは速くなかった。
酒場から頼まれてカンタンにちょちょい、と作った曲だそうで・・・かなり好きな曲だったんだけど・・・そんなもんなんだよね。

年末調整のワークシート、細かいミスなどを全て点検終了、後は賞与と12月分の給与を入力すれば完成だ。
今年も1年早かった。あっという間に12月。

やっぱポメだなあ。本当は目ウロコもう一つあったのに。すっかり記憶から抜け落ちてしまった。
ま、そのうち買うことになるだろう。でも老眼鏡が先かな。最近は眼精疲労が酷くて頭痛や肩こりも治まらないから。
年齢を感じる。肌だけは年齢以上の若さを誇っているんだけど、最近は頬のたるみも気になりだしたし。

ああ、暗いエントリになっちゃった。年の瀬も押し迫って、気ばかり焦ってるからどうしても楽しいことが思い浮かばないし楽しいことも起きないし、で。
そうそう、ストーブも結局直らなかったので買い換えることになった。これもすぐ、というわけにはいかないからもう数日暖房のない夜を過ごさなければならない。家人は別棟で寝てる―暖房完備―からいいけどさ、こっちは凍死寸前よ(嘘です。室温は17度くらいあるので)

みーちゃんがいたらな。毎晩必ずベッドに来てくれたのはあの子だけだったから。
猫は猫同士で身を寄せ合って寝るから暖かそうだし・・・いいなあ。仲間に入りたい。

| | コメント (0)

私が彼と同い年のころ、いったい何をしていたのだろう

最年少国内賞金王おめでとう!石川遼選手!!
人気先行、と冷ややかに見つめていた人も少なくないと思いますが彼はホンモノでしたね。
いつしかぷっくりとした頬もすっきりと引き締まり、面差しはもう大人に。もともと発言も大人びていたけれど最近では哲学的ですらあり、聞いていても全く年齢を感じさせなくなってきた。うーむ。
ゴルフというスポーツにこれほど多くの日本人が関心を持つようになったのも遼クンと、宮里藍ちゃんを筆頭に諸見里しのぶ、上田桃子、横峯さくら、といった女子プロたちの活躍によるものだろう。
私自身、よもや自ら進んでゴルフをテレビで見る日がくるなんて、正直未だに信じられない。
ま、自分でもちょっとは経験しているので、見ていてもルールなどがわかるから面白さも感じられるわけで、これがラグビーだと全く・・・すみません(誰に謝ってるの?)。
もう何年も前の話だけど、真冬に早慶戦?早明戦?に連れて行かれてルールも何もわからないまま寒い中かなり辛い思いをしたっけ。
最初のうちは質問に答えてくれてたのに、もう自分が夢中になっちゃってさ、聞いても無視されちゃってさ。
そういやラグビー、早稲田が明治に逆転勝利を納めてましたね。何だか懐かしい。

ストーブは直らず。今日が偶々暖かかったことと家人が何となく忙しかったこととで、すっかり等閑にされてしまった。さぶい。
仕方ないから今日もお風呂で温まってから寝ます。
直らなかったら新品に買い替え。それも悪くないかな・・・とりあえず明日にはめどが立ちますように。

今年も出ました。

D1000234
ちょっと画像が暗いかな。
箱根駅伝ビール。毎年恒例のお楽しみ。これをキンキンに冷やして飲みながら駅伝を見る。ああ、極楽。
真剣に走っている選手たちには非常に申し訳ないけれど、ちゃんと声をからして応援してるからね!
ちなみに第86回、つまり来年の箱根では当然のコトながら上武大を応援します。風強見て感動した人は皆そうじゃないの?
でも、これ飲む日までにすることが山積み・・・あうううう。結局そこに行き着くんだよな。ふう・・・

| | コメント (0)

既に目新しくもなく。そして寒い夜だ

寒い。
現在我が家のメイン暖房であるところの石油ファンヒーターが壊れている。
明日にでも家人が解体修理をしてくれるそうだが、今夜は暖房なしで過ごさなければならない。
幸いにも日中は日差しが入るため室温は18度前後をキープしているが、問題は夜。だって太陽が出ていない(当たり前)。
現在16度。これから更に下がること必至。ああ。どうしよう。さぶい。おこたもないし・・・
更に大問題なのは、万が一家人にも修理ができなかった場合だ。そうなったらプロを呼ぶことになるが、部屋がとっ散らかっているのでまず掃除しなけりゃならない。ちぇ。
ま、ソファ周りの本とかを整理すりゃいいだけのことなのでやる気になればものの1時間もあれば済む話だ(じゃやればいいじゃん、という突っ込みはさておき)。いや済む話なのだが・・・

今日は休みだったのでちょっと遠出して新しくできたスーパーに行ってきた。
と、店でカートを押していたら家人のケータイに電話が。どうやら仕事でトラブルが発生したらしい。
部下が強引に推し進めようとした新しい提案が案の定裏目に出たのだ。
かといって、止めたら止めたで鬱屈した思いを残すだろうから、それが遺恨になるのも困るし本人も注意して行うと言っていたのを信用してやらせたのがやはりいけなかった。
幸いにして大事には至らなかったけれど、考えさせられる出来事ではあったので、実際に家人もなにやら考え込んでいる。
せっかくの休みなのに・・・ま、起きてしまったことは仕方がない。再発を防ぐ手を考えなきゃね。そう声をかけて何とか買い物を続けた。
何だかねえ。手柄を焦る人も、自分に過剰なほどの自信を持つ人も、まずは会社のことを考えましょうよ。
個人プレーが先に立つようでは、管理職にはまだまだできない。人材ってこの業界本当に不足しているとつくづく思い知らされるものだ。

つぃったーを始めてみちゃった。面白い。てかもうここまで普及していたら目新しさも何もないし、些か乗り遅れの感もあるけれど、ま、自己満足ですわね。
仕事とプライベートとを融合させていこうと思いますが・・・ま、どうせ私のつぶやきなど誰もフォローしないだろうし、見つけられないだろうから(ノーヒントよ)。
お友達いないし、非常に淡々と孤独につぶやきます。なんか悲しいけど。気付かれても困るし。

| | コメント (0)

・・・・・・(どうしよう。ってどうにもできることでもないですけど)

久々に髪をカットしてもらってきた。
大胆にイメチェン・・・はせず、毛先を揃えた程度だが、マイチェン(ん?)はしたのでちょっとだけ気分が新鮮。
行きつけのヘアサロンは、女性二人で経営していてどちらも腕が立つのだが私は年下のお嬢さんの方をいつも指名している。
色白で、芸能人なら話題の伊東美咲嬢に似てるかな。
おしゃべり好きだけど、それが苦痛にならないくらい邪気がなく、明るくてこちらも話していて楽しい気分になってくるのだ。

今日も、普段どおり他愛のない話をしつつ、ふと私が肌の悩み―最近たるんで来た、とかそんな類ね―などをもらすと、急に彼女の表情が輝いた。
「この間、試してみてすごーくいいパックがあったんです!」
なんでも、知人の知人とやらに誘われてその方のお宅でお試し会があったとのことで、そこで体験したことを延々と話し出すではないか。
「・・・で、顔の半分だけ試してみたんですけど、確かに上がって、引き締まってるんです!」
「値段は高いですけど、1回分にしたらそれほどでもないんですよ」
「私も買ったので、よかったら今度お試ししてみませんか」
やけに熱心だけど・・・軽く受け流して話を変えようとしてもダメ。結局店にいた約1時間のうち30分以上がその「すごーくいいパック」の話題だったのだ。何かおかしくない?

帰宅してからネットで調べたら・・・マルチだった。

ただ、そういうのにひっかかるタイプじゃなさそうだし、本当にその商品に惚れ込んで勧めてくれてるようにも思えたし・・・
ブランド名で検索すればサイトも見つかりますよ、なんて言ってたけど「あの」サイトがまさかヒットするとは。
そこには、顔が黒くなったという苦情すらあり、見ていて怖気が走った。
彼女はこのサイトを見ているのだろうか。うーん、怖くて聞けないわ。

とても気に入っているお店だから替えたくはない。
でも、次に行った時も熱心に勧められたら・・・もう行かなくなるだろうな。せめて彼女の綺麗な肌が黒くならないようにだけ祈ってます。そう、そしてマルチにハマっていないこともね。

| | コメント (0)

(タイトルはなし)

そっか・・・やっぱり引退する方向なのか。いつ正式に発表されるのかな。
お疲れ様でした。いいお母さんになってください。
主語書くとサーチされちゃうから敢えて書かない。でも皆さん聞いて知っていらっしゃるようですけどね。

やっぱポメラ導入を真剣に考えねば。
・・・ここに書きたいことがあったんだよ~(号泣)

今日はToDoリストの中にあったこと、何一つできなかった。更に仕事上のミスも先方からのお申し出によって判明したり(ああ・・・)、自信たっぷりに作ったカレーがいまひとつ美味しくなかったり、洗濯したら家人のパンツのポケットにティッシュが入っていたのに気付かずえらい騒ぎになっちゃったり、とつまりはさんざんな1日だった。
明日は午後から外出。午前中は今日判明したミスの修復とサイトの更新作業。
明後日はほぼ一日中外でお仕事。その後は・・・くそやくたいもない週末だ。
なんとか今週中に年賀状の整理だけはしたい。できるか。どうだろう。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »