« 疲れたわ・・・掃除も真面目にやると重労働だ | トップページ | いーかげんにしてほしい »

朝っぱらから・・・

小沢幹事長が本性をむき出しにした瞬間だった。
「辞表を出してから言え」「憲法を理解していない」―宮内庁には羽毛田長官を支持する内容が大勢を占める1000件以上もの意見が寄せられていて、15日付読売新聞朝刊によれば、藤原正彦お茶の水女子大名誉教授(「国家の品格」の著者)は「小沢幹事長は衆院選で圧勝したので、何をしても『民意』で通ると思っているが、間違い」と厳しく批判している。私も全く同感だ。
羽毛田長官にはあまりいい印象がなかったけれど、今回の一件で評価が変わった。陛下を、皇室をお守りするという一貫した姿勢は今の民主党、というより小沢幹事長からの圧力に屈することなく保ち続けてほしい。
皇室は、あくまで象徴的存在であって、政治的に利用してはならない。小沢こそ憲法の理念を全く理解していないのではないだろうか。

優柔不断な総理と、存在感を良くも悪くも出してきた幹事長。民主党政権も早速綻びが見えてきた。
これは私と家人の一致した意見なんだけど、今一番期待できる政治家は平沼赳夫しかいないのではないか?
平沼氏と渡辺喜美率いるみんなの党とか民主党の中の反小沢派で新党を作る。河野太郎が居てもいい。そう、自民党の中にも不満分子は多数いるからそれらも取り込めばかなりの勢力になるはずだし。
とにかく民主党と自民党、それぞれに巣食う魑魅魍魎を排除しなければ何も変わらない。そうどちらが政権を取ったとしても。

鹿島港の立ち入り禁止の防波堤で釣りをしていた3人が波に飲まれて行方不明になった事件。一人の遺体が見つかったそうだ。
この寒さの中、違法行為のツケが回ってきた身勝手な釣り人の所為で、荒海に潜って捜索をする方たちのご苦労はいかばかりなものか。
いけしゃあしゃあと「ここは釣れるから」とのたまいながら、テレビカメラの目の前で柵を乗り越え、或いは勝手に作った合鍵で堂々と中に入っていく連中は見ていて不快極まりない。
約40年で65人が海に放り出されて死んでいる、そんな事実も彼らには関係ないらしい。

飛行機の機内持ち込み手荷物が厳しくサイズ制限を受けるようになったことで煽りを最も食ったのが音楽家だそうだ。
バイオリンなど全ての弦楽器、そしてフルートやクラリネットなど一部を除いたほぼ全ての管楽器がタダでは持ち込めなくなった。機内に席をもう一つ、1万円出して確保しなければならない。
預けるための専用コンテナはあるようだが、バゲージトラブルが現実に起きている以上、不安に感じる人は少なくないはず。
これも、バゲージに入らないほどの荷物を平気で持ち込み、その結果離陸が遅れるという事態が年間5000件(ANA)も起きたからであって、元をたどれば「だって早く降りられるし」「預けたくないし」という自分勝手なエクスキューズが招いた結果。

無神論者が多いからなのかな、と思う。自分さえよければ、とか誰も見てなければ、とか非常に自分勝手で自己中心的な人が増えてきたような印象を受けるニュースが目に付くようになった。
極端な言い方をすれば小沢幹事長だってそう。自分の意に沿わない発言を弾圧するあの語気の荒さには空恐ろしさすら感じられた。それほどに彼が中国に拘泥する理由は何?

なんだか朝からイラっとするぞ。
小沢幹事長の会見のシーンが流れる度にチャンネルを替えないと苛々が怒りに変わりそう。
平沼さーん!何かアクション起こしてくださいよー。

|

« 疲れたわ・・・掃除も真面目にやると重労働だ | トップページ | いーかげんにしてほしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 疲れたわ・・・掃除も真面目にやると重労働だ | トップページ | いーかげんにしてほしい »