« 思うこといろいろ。ちょっと疲れてます | トップページ | 強けりゃいいってもんじゃない »

よろしくお願いします。

今日はちょっと真面目な話。

私は、ボランティア活動などに実はさほど興味がない。
野良猫を保護して云々、という活動をされている組織を知ってはいても特段それに賛同しようとか寄付をしようとか考えたこともなかった。
それでも我が家の周辺に、捨てられたと思しき猫がいれば、子猫ならそれなりにメンテナンス(言い方が悪いかな。要は血液検査とか風邪の治療とか)を施してから里親を探し、知人に頼まれた分まで含めこれまでほぼ100%良縁をプレゼントすることができた。
大人の、凡そ可愛らしさに欠ける連中は必然的に我が家に居残って飼い猫となり、全く懐こうとしない子たちは半ば強引に繁殖制限手術を施して外でご飯だけ食べさせている。
自分のテリトリー内で、しかも基本的に「猫が好き」だから、対応した、それだけのことだ。
お金もかかれば手間もかかる。でも今はそれができるだけの状況下にあるから、やった。本当にそれだけのこと。

全く逆の立場、野良猫の被害に遭遇した人が、地域の無責任な餌遣り婆(重ね重ね、言葉が悪くてすみません)の所為で増えては事故などで命を落とす猫たちを見かねて、繁殖制限手術を受けさせたい、と決意されたとのこと。
いつもお邪魔して(所謂ROM)いるブログで偶々目にしたその「SOS」について、このブログでも周知させていただくことにした。静岡じゃちょっと遠いし、何のお手伝いもできない。せめて、少しでも多くの人から善意が寄せられ、経済的な面だけでも気分がラクになってくれればいいなと思う。

・・・えーと、バナー貼ろうと思ってたんですけど、ビットマップ形式の画像は貼れないようなので、この件に関して詳細が掲載されているサイトのアドレスを貼ります。

「静岡市某所の野良猫避妊プロジェクト」
http://www.catmew.net/others/SOS_Shimizu.html

基本的に、野良猫は野生動物ではない。
今、日本にいる猫は、ヤマネコなどホンモノの野生動物を除けば、所謂イエネコなのだ。
避妊手術を受けさせることを、動物の本能に背く行為だから、とせずに、飼い猫の生んだ子を次々と手にかけ、物議を醸した女性作家がいた(もちろん、未だに私はその人の著作を手にしない)。
彼女には彼女なりの考えがあるだろうし、賛同する人もいるかもしれない。
でも、私はやはり許せない。生まれ出でた命には「生きる権利」があると思うし、それは人だって猫だって同じ事。
現実問題として、増えた子猫を飼育できるだけの余裕がないなら繁殖制限をしなければならないと思う。
人間には発情期がない(ある意味一年中発情しているようなものだけど)し、理性があるから自ら繁殖を制限できるけれど、猫にそんな知恵はない。本能のままに子を成していたらそれこそ無尽蔵に増えていくから。

もちろん、室内飼いで一切外に出さなければメスでも避妊手術を受ける必要はないかもしれない。ただ、初回の発情までに避妊手術を受ければ乳腺腫瘍などメス特有の病気にかかる可能性がぐんと低くなること、そして何よりも発情期特有の大きな鳴き声、当の本猫の苦しそうな様子なども鑑みれば、繁殖の予定がないなら手術を受けさせることが好ましいと言えるのではないだろうか。
(私も最愛の猫を乳腺腫瘍で喪ったときは、彼女の子猫を飼いたい、なんて言われなければさっさと手術をしていたわけで、もしかしたらこんな病気には罹らなかったかもしれない、と恨み言を呟いたことがあったりする。ま、そのおかげで今、我が家も含め3軒のお宅が幸せになってるから・・・)

どんな手助けが必要か、それは上記のサイトでご覧ください。
そして、もしご近所の方がいらしたら、ぜひ手を貸してあげてください。どうぞよろしくお願いします。

|

« 思うこといろいろ。ちょっと疲れてます | トップページ | 強けりゃいいってもんじゃない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思うこといろいろ。ちょっと疲れてます | トップページ | 強けりゃいいってもんじゃない »