« 中途半端に箱根を語る(?) | トップページ | 盗人猛々しい、とはこのことで »

顛末を綴ってみたりして

お正月気分も抜けた、っつーか抜かざるを得なかった。だって仕事があるから。
それでも、こっそりとワンセグで中山金杯を観た。うーん、どの馬も餅食べ過ぎましたかね。
人気の馬とそこそこ人気の馬と人気薄の馬、で3連単はかなりついた様子。でも馬券買ってなかったからか特に感想はなし(ん?)

道内の天気は大荒れである。強力な低気圧の所為で雪は降るわ風は強いわ(車の運転がし辛いことし辛いこと←会社の敷地内だけだというのに)首は痛むわ、でもうさんざん。
別にこの天候を予測したわけでもないんだけど、週末までの食材は買ってあるので出かけなくて済むのが嬉しい。あーよかった。

えー、実は猫拾ってました。年末のことです。以下若干のはしょり(?)あり。
家人が「見かけない猫がいた」と騒いだ翌日、早速我が家の玄関先に置かれた外猫用のご飯にその猫らしい姿が!
よほど空腹だったらしく、そっとドアを開けても逃げない。
見たところ、まだ若いメスだ。このままでは妊娠させられてしまうor既に妊娠している可能性が高い。
瞬時に保護&避妊&里親探しを決定、早速捕獲作戦を敢行することにした。
で、ウェットをひとつまみずつ10センチの間隔で置いて、玄関の中に誘導することにしたのだが・・・あらあら、あっさりと中に入ってきたじゃないの。
で、夢中になって貪り食っている背中でそっとドアを閉める。やれやれ。
もちろんパニックになったその子は狭い玄関を走り回り、棚に登ったところをそっと抱き上げてみるとこれがまたあっさりと大人しくなってしまったのだ。ありゃ?この子、もしかしたら・・・
すっかりリラックスして喉まで鳴らしている猫。どうみても生後1年弱で、ん?爪が長いぞ。肉球も綺麗な色をしているし何より体がほとんど汚れていない。
・・・捨て猫かよ!
ったく、この寒い北海道で人んちの前に猫捨てるアホはどこのどいつだ!?

一応体や手足を拭いて(大人しく拭かせるんだ、これが)何気に股間を見たら・・・あれ?何か付いてる。
ハイ、オスでした。ま、これで少なくとも妊娠の可能性は消えた。
翌日病院であれこれチェックしてもらって病気が無いことや便の中に寄生虫がいないことも確認してもらって一安心。
後はポスターだの里親サイトだのであっさりと里親さんも見つかって、この騒動は解決しました。やれやれ。

幸せになったのよ。なったの。望まれて里子にいったの。でもあまりに可愛かったから別れは辛かったな。
デカくてわがままな連中ばっかりいる中で、素直でちっさくて愛くるしくて甘えん坊の子猫が本音で言うと物珍しくて夢中になってた。
恐らくうちの連中はそれに気付いていただろうけれど、そこでやきもち焼くわけでもなく・・・焼いてよ!(違うか)

猫1匹拾うと、非常にお金がかかります。かけなくてもいいんですが。いや、そこじゃない。

猫、捨てるな!猫に限らず、飼えないからと言って安易にペットを捨てるな!!
生ませても育てられないなら、避妊しろ!去勢しろ!
それもできないほど経済的に困窮しているなら・・・正直ペットを飼う資格はないと思う。


今回の子も、私が気付くのが後少しでも遅かったら今頃雪に埋もれているか、他の動物の・・・?!
良心は咎めないの?この極寒の地北海道で猫捨てて、それでその子が生き延びていけるとでも思ってるの?
もし犯人が人の親だったら、そう考えるとぞっとする。その親の子はどんな人間に育つのだろう。

さて、明日も仕事だ。猫たちのんま代や医療費を稼がにゃならない。頑張ろう。

|

« 中途半端に箱根を語る(?) | トップページ | 盗人猛々しい、とはこのことで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中途半端に箱根を語る(?) | トップページ | 盗人猛々しい、とはこのことで »