« 思うこと二題 | トップページ | サイクリングも面白い。 »

責任の所在?

昨日の落馬事故。今日もスポーツ紙やあちこちのブログが喧しく書き立てているけれど、加害馬を批判する声の中に当該騎手との交際が噂されている某タレントにこじつけた悪口雑言や、殊更に責任を追及するものがあって、それらのあまりにヒステリックなことが不思議だ。
あの騎手ってそんなに評判が良くないのだろうか。

違和感を受けたのはJRAの対応だ。
内ラチを空けなくてはいけない?そんな決まりがあったの?
あれは、当事者も言っていたそうだが、外から被せられたことでストレスを感じた加害馬が隣の馬を蹴りに行ったことが原因、パトロールフィルムを見た限りだが私も同じように感じた。

被害に遭われた中館騎手は昨日のうちにご自分のブログで受傷の状況などを報告してくださった。
ファンならずともそれを見てどれだけ多くの方が安心されたことか。
そして、今日は加害馬騎乗の騎手について思いやりのあるエントリをアップされていた。
なかなかできないことだと思う。未だあごに痛みがあってやわらかいものしか食べられないとのこと。また頚椎捻挫はなかなかに完治し辛く、後遺障害が残らないとも限らない。
それなのに・・・うーん、応援したくなる。騎手にしておくのがもったいないくらい(?)デキた方だ。

あ、もう一つ違和感と言えば、袂を分かつたはずの元師匠がこれもご自分のブログで謝罪と、外から被せてきて最初に躓いた騎手の騎乗についての批判とを書き綴っている。
この方はこと彼のこととなるとアタマに血が上ってしまうのか若干理性に欠けるエントリを書くきらいがある。
今回も元師匠が口を出すことではないと思うし―フリーとはそういうことでしょう?―身内として口出しするのなら、被害馬を批判するようなことを書くべきではないとも思う。

本当に9頭は全て無事にターフへ戻ってこられるのだろうか。
ケロっとしてトレセンに戻り、翌朝になって足を引きずる・・・なんてことがなかったら良いのだが。
そしてケガをされた騎手の皆様も、一刻も早く馬の背に戻ってこられますように

家人が手をつけたがらなかった仕事。今日現場に同行して初めて状況を把握。ああ、あれじゃ確かに手、つけたくないね。
正直どこをどうしたら良いのかわからないくらい。プロの手を入れるにしても現場に誰かしら立ち会わなければならないし、とんでもない時間の無駄。でもあれを何とかしなければ先に進まない。やれやれ。
今週は手をつけていられないので来週にしよう、って結局先延ばしに・・・しないぞ!私が諦めてどうするのだ!!(気合入ってます)

レディアのつぶやきがあまりに笑える。そうか・・・もうツボはビオレを持っていないのね(笑)

|

« 思うこと二題 | トップページ | サイクリングも面白い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思うこと二題 | トップページ | サイクリングも面白い。 »