« 鬼の霍乱? | トップページ | 朝。希望の日となるかそれとも・・・ »

朝がやってきた

そして、朝。
とりあえずカンタは元気だ。いや、普段どおりの、とまではいかないけれど、少なくとも今日明日どうこう、ということはなさそう程度に。
私の生活もカンタ中心から少しずつ元のそれにシフトチェンジしなければならない。
台所だけは何とか片付けたけど、洗濯物も溜まってるし、床のそこここにはほこり。猫たちも丸2日全く構われず(ご飯と投薬だけはちゃんとやってます)何となくそれを不思議に思っている感じだし。
ソファで寝るのは本当に体に堪えることもわかった。よーくわかった。

このまま回復してくれたらいいな。どうか、老衰と診断されるまで生きててください。

思うに。
これまであの子は常に等閑にされていたような気がする。っていうか私がそうしていたんだけど。
頑固なところはあるけれどさほど自己主張しないし、聞き分けのよさに甘えて新入りや里親募集中の猫の世話(?)なんかも任せてしまっていた。
人の言葉を聞き分けられる子だから、もしかしたらいろいろ不満が溜まっていたのかもしれない。
今回の件で改めてカンタの存在の大きさを、家人共々思い知らされた感もあって、うん、これは長男坊の反乱なのかもしれないな。いや、仮病なんかじゃない。仮病であんなレントゲンの結果は出ないから。
とにかく、これに懲りてもっとどの猫にも平等に気持ちを注ごう、妙に今殊勝な気分になっているのは確かだ。

まだまだ予断を許さない状況下にあるけれど、カンタ。大丈夫だよ。オバちゃんと一緒に頑張ろう!ゼッタイに良くなるからね!!

|

« 鬼の霍乱? | トップページ | 朝。希望の日となるかそれとも・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鬼の霍乱? | トップページ | 朝。希望の日となるかそれとも・・・ »