« 馬のことも偶には | トップページ | いじめ、なのかはわかりませんが。 »

薬は白く、チームは赤い

ああ、ウオッカ引退はめざましでも報じられるのね。シーザスターズとの子はマル外で日本に帰ってくるけれど、果たしてその馬主は誰になっているだろう。

今カンタに処方されている薬は3種類。ACE阻害薬、βブロッカー、そしてオザグレル。これは抗アレルギー薬だが、抗血栓症薬としても使われるらしい。
でも、心筋症の疑い、なのだ。はっきり確定診断されたわけではない。逆にそれが心配。
いろいろ可能性をつぶしていって、結局心臓だろう、と。腫瘍はない、というのは信用できるから(詳細は書きませんが)。
前者2種類は人間の場合高血圧症治療薬として処方される。ちなみに知人も高血圧症で長い間服薬しているが、彼の薬はカルシウムチャンネル拮抗薬。
(これらの効能については、わかりやすい説明がなされているページがあります、人間用だけど)
かかりつけ医も気にしていたけれど、利尿剤は出されなかった。心臓の働きが正常化すれば胸水も溜まらなくなるだろうし、万が一溜まったら抜く。そういう治療方針のようだ。

・・・闘病ブログにはしたくなかったけれど、結局書かずにいられないんだよな。
みーちゃんの時のように詳細なエントリをアップしていると自分の気持ちを見つめることになって追い詰められてしまうから、敢えて今回はブログを分けることはしないつもり。
心拍数が200を超えていないことが一つの希望にもなっていて、このまま状態が安定してくれさえすれば意外に予後は悪くないのかもしれないな。楽観的過ぎるかしら。

えーと、Jリーグってのが開幕したそうですね。へえ、鹿島快勝か。で、対戦相手は・・・il||li _| ̄|○ il||li
名将だと思いましたが、着任当時は。やはりギドが正しかったのか?!そうなのか?!
あの大型DF放出については賛否あったけれど個人的にはワシ退団の方がショックだった。
伸二も清水に帰っちゃったし、永井もいなくなったし、今のレッズはいろいろな意味で過渡期なのだろうと思うしかない。
ああ、栗鼠も快勝だ。これから闘病生活に入る塚本選手には最高の餞になったことだろう。
正直好感を持っていなかったチームだけど、この選手へのチームとしての対応は素晴らしい。
今のレッズとならさいたまダービーでどちらを応援したらいいか迷ってしまうかもしれない・・・そんなことは・・・ないとは言い切れない自分がいるんだよね。
ACL出場権がもしとれなかったら、ううん、もし次のゲームで不甲斐ない負け方をしたらオジェックの二の舞に、なんてことはないだろうか。これ以上みっともないお家騒動を起こさないためにも、次、瓦斯には圧勝してほしい。

さ、1週間の始まりだ。今朝も冷え込んでます。

|

« 馬のことも偶には | トップページ | いじめ、なのかはわかりませんが。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 馬のことも偶には | トップページ | いじめ、なのかはわかりませんが。 »