« ・・・・・・首が痛い | トップページ | 馬のことも偶には »

憎まれっ子世にはばかる、でいいんですよ。

カンタは表情が読めない子だが、そうしてしまったのは私に責任がある、と思う。
同居している子が、愛嬌だけが取り柄のクロだったり、見た目だけなら小梅さん、甘え上手なのんちゃんだったりで、地味で大人しいカンタはつい等閑にされがちだった。
我が家に来た頃はもっとお茶目で、自己主張も上手だったのに、いつしか気付けば傍にいる、くらいの認識しかなくなっていたのだ。

今朝もご飯をなかなか食べてくれず、途方にくれた私が思わず彼を背中から覆いかぶさるように抱きしめて(肺に負担がかからないようそっとですが)「食べないと元気になれないんだよ!少しでいいから食べてよ~」と文字通り懇願したら、なんと、本当に少しだけ(…)食べてくれた。言葉、わかってるのかもしれない。
もしかしたら、「これまでの分」を取り返そうとしているのではないだろうか。
注がれなかった愛情(そういうわけでは決してなかったつもりだけど、受け取る側の捉え方が全てだもんね)を取り返そうとしているのではないだろうか。
かといって、抱っこされて喜ぶわけでなし、呼んで傍に来るでなし、うーん、本当に読めない。

かかりつけ医に言われた。
カンタばかりに気をとられるな、と。こういうことは続く、とも(嫌なこと言うなあ)。
それは私もわかってる。自覚している。でも、今は仕方ない。ごめんな、クロ。おじちゃんに構ってもらいなさい。
カンタの状態がもう少し上向きになったら、ね。

煩悩、どうしてるかな。すっかり没交渉だ。正直それどころじゃない。

あ、猫にかまけてもしかしたら他にも等閑にしてしまっていることがあるかもしれない。
家事。仕事も。そうだ仕事なんかものすごーいミスをしてしまった。年単位のことだから調整は可能だけど、明らかにカンタの不調真っ最中だったから、文字通りのケアレスミス。ああ、情けない。
とにかく冷静に。そして真面目に日々の暮らしに取り組まなければ。

・・・ここまでは朝書いた分。
そして夜。
カンタはますます私を厭うようになってきた。
仕方ないっちゃ仕方ない。投薬や心拍数の測定、やや便秘気味だったので下腹部のマッサージ、と嫌がられることばかりしてるんだから。
ホント、中途半端な賢さはいけねえや。
もっとおバカなら、何されてもそう覚えてないはずだし、もっとお利口さんなら全てのことが自分のために行われていると理解できるだろうし。
今日は好天に恵まれたのでちょっと買い物に行ったはいいが、カンタが気になってしまってそそくさと帰ってきてしまった。
果たしてここから少しは回復するのか、それとも更に悪くなるのか。
回復と言っても、上限は決まっている―肥大型心筋症は治らないから―し、さあこれからどうなるのかな。もうなるようにしかならないよね。人事を尽くして天命を待つ。それしかない。
いいよいいよ嫌われたって。カンタが少しでも楽しく日々を過ごせるなら私は悪役で構わないさ。

昨晩、カメがどこからともなく飛んできて、ソファに坐っていた私の膝に止まった。
おわ、っと声にならない声を上げつつそっと立ち上がってガムテで捕獲。ほぼ圧力はかけていないのに、にも関わらずヤツは痕跡を残していった。つまり、臭う。
すぐに洗ったけれど、一度洗っただけじゃ落ちないのね、あの臭い。乾いたところで嗅いだらまだ臭う。
やむを得ず、もう一度洗うことにして、今、洗濯機を回しているのだが・・・どうか臭い、消えますように。
もう、最近ろくなことがないや。

|

« ・・・・・・首が痛い | トップページ | 馬のことも偶には »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ・・・・・・首が痛い | トップページ | 馬のことも偶には »