« 三谷監督が嘆くのもわかる気がします。 | トップページ | ココナツが大好きなので »

個人的には対立候補の方がタイプ(?)

ついに菅首相が誕生した。
あまり新鮮味はないけれど、2世3世じゃない首相って久々なんでしょ?
ただ、この方は普天間問題に関して全くと言っていいほど発言されなかった。
今日の会見では口蹄疫についてもノータッチ。ていうか、まさか存在すら心に留めていないとか?

もう少し時間があって、党員の自由投票での選出なんてことになっていたら、樽床さんが選出されていたかもね。だってあまりに新鮮味がないもの、菅さんじゃ。

組閣は週明けだそうだが、実質この週末で根回しするのだろう。
本来、問題が継続しているわけだから、担当大臣は替えないほうがいいのだろうけれど、今の農水大臣と副大臣は別。
あの諸悪の根源コンビはゼッタイに挿げ替えてほしい。あ、死刑執行を拒み続けている―業務怠慢の法相もついでに。

えびの市で、口蹄疫の終息宣言が出された。スーパー種牛5頭も、もうすぐ陰性が確定する(忠富士は残念でした…)。
まだ児湯地区は感染拡大が止まらないけれど、作業は着々と粛々と進んでいる。
それにしても、川南町長を「しつこくゴネる」と嘲笑するようなメモを書いた農水省職員。そして危機感が感じられないにやけ顔の大臣。
こんな人たちが心底宮崎の、ひいては日本の畜産業を真剣に思っていてくれるとは到底思えない。
この無神経極まりない、驕っている官僚を、農水省は特に処分しないそうだ。そりゃそうでしょう、トップがトップなんだから。同感と思いこそすれ罰するなんて思いつきもしないだろう。

せめて知事が、粉骨砕身の精神で取り組んでくれる人でよかったと思う。以前も書いたけれど、私が唯一知っている首長経験者、この人が宮崎県知事だったらと思うと心底ぞっとする。

牛や豚の出荷が開始されたえびの市。でも、育ちすぎた豚は等級が落ちるし、子牛や子豚は市場が再開されないため出荷すらできないそうだ。
全て元通り、という状態になるまで何年かかるか。
いや、廃業してしまう人も少なくないそうで、元通り、にはもうならないのかもしれない。
でも、生産者の皆様には希望を捨てないで欲しいと切に願う。
微力ながら、当該地域の加工工場が売り出している豚肉加工品のセットを発注したし、畜産農家応援セットも明後日届く予定だ。ふるさと納税も考えている。
ムッチーさんのブログにもたくさんのコメントがついていて、それらのほとんどは応援のメッセージだ。

マスコミが幾らバイアスかけた報道をしても、インターネットで事実は常に報じられているから、私たちは知りたいと思えば知ることができる、真実を。
まず知ろうとすること。そして、できることから行動を起こす。
政治家がアテにならない以上、国民がアクションを起こすしかないのだ・・・ってなんかヘン(笑)
高いお給料もらって、先生と呼ばれて。それで、アレなんだから。今の農水相だったら、いっそ近所の農家のじいちゃんの方が適役かもね。

さ、お風呂入って寝よう。明日はちょっと遠出してきます。楽しみ半分、めんどくさいの半分(え?)

|

« 三谷監督が嘆くのもわかる気がします。 | トップページ | ココナツが大好きなので »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。