« 新しいモノ好きなので | トップページ | ろくすっぽわからんくせにサッカーの話題 »

写真撮りたいのに・・・

雨が降り続いている。
ほんの短い時間だけど電気が止まって、ちょうど立ち上げたばかりの自宅のパソコンも落ちた。
その後、どうなったのか、怖くて電気が通ってからも電源を入れていない。

この天気じゃ新しいカメラは到底外になんか持ち出せない。
日高ではセリが行われているから、落札馬を撮影するカメラマンはこの雨の中、大事なカメラを使わないわけにはいかない。お気の毒に。
そういえば、昨晩の帯広も雨だったな。

ばんえい競馬に、藤田伸二騎手が音頭を取ってJRAジョッキーが集まった。
回を重ねて4回目となる今年の目玉は何と言っても武豊!
(ああ、私も行きたかった・・・)
それぞれGⅠを勝った時の勝負服もどきを着ての騎乗ならぬ騎橇だったが、これが見ていて本当に面白い。
そもそもばんえいの妙味というのだろうか、見所が良くわからない。それでも、毎度お馴染みのジョッキーたちがいるのを見ているだけで親近感が沸いてくるから不思議だ。
(それにしても、あの馬体で果たして1キロ単位の計量が必要なのか??)

この日、笑わせてくれたのはやはりコーシロー、こと武幸四郎騎手。
なんと2レース目で落馬、もとい落橇してしまったのだ。
藤田騎手の馬が圧勝したのだが、ふと気付くとそのちょっと後に入線した馬、騎手がひとりしかいない。
前の方でへっぴり腰で手綱をしごくJRAの騎手の後ろには当然のことながら、本職の騎手が鞭をふるったり舵取りをしたりしているわけで、それがどうやら本職さんしか橇に乗っていないではないか。

ゴール後、他の騎手たちが笑いながら後方を振り返り、何事か言い交し合っている中、とぼとぼとコースの外を歩いてくるのは見慣れた社台の勝負服。そう、コーシロー。
さすが、見せ場はきっちり作る男だ。テレビの解説者も今日のMVPは彼だと仰っていた。
最後は皆で記念撮影をしていた様子。フラッシュが炊かれているあの数からしてかなりの数のメディアが集まっていたようだ。

ばんえい、ホッカイドウ競馬、そして南関東以外の殆どの地方競馬は、正直存続が難しい状態にある。
そんな中、何の得があるでもなしにわざわざ全休日を使って帯広まで出向いてくださったJRAのジョッキーたちには頭が下がる思いだ。
騎手、特に関西の人たちって、私が知る限りでは皆礼儀正しく感じがいい。(関東にはその昔、このクソガキ!とアタマを張り倒したくなる子もいたが。ちなみに彼らは揃って中堅となり、リーディング上位にいる)
武豊騎手なんか、どんな地方の競馬場にもいやな顔一つせずに乗りに行くし、競馬という存在そのものを盛り上げたい気持ちが強いんだろうな。

景気が冷え込むと真っ先に切り捨てられるのが遊興費。
中毒にでもなるほどどっぷりとハマっていれば別だが、競馬はライトユーザー(?)の占める比率が高いギャンブルだし、そういう意味で若年層の就業率の低さなどが売り上げを直撃するだろう。
また、趣味の多様化もあって、いくら若者に人気のキャスティングでCMを垂れ流しても、もうそんなことが呼び水になって浮動票が入るような時代ではないと私は思う。
強いスターホースと彼らが繰り広げる白熱のレース展開、そんな、競馬の本質とも言える部分で客を呼び込む努力をしなきゃ、更に売り上げは下がっていくと思うのだが。

雨、止まないなあ。
今日は買い物に行きたいんだけどなあ・・・
この時期が一番、着るものに困る。早く涼しくなるならなる、ではっきりしてほしいものだ。

|

« 新しいモノ好きなので | トップページ | ろくすっぽわからんくせにサッカーの話題 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。