« 夢でもいいから | トップページ | 相変わらず脈絡ないエントリですが »

でもカロリーは高いんだけどね

北海道での定番おやつと言えば「いももち」
じゃがいもとでんぷんだけで作る、素朴だけど後を引く美味しさは正に先人の知恵だ。
ふかしたり茹でたりしてつぶしたいもにでんぷんを混ぜてよく練る。それを今川焼き状に成型し、油で揚げるか、多目の油を引いたフライパンでこんがりと焼いたりしたものに、甘辛いタレを塗って出来上がり。

以前一度だけ作ったが、意外に手がかかるので、手抜きして冷凍品を買ってしまった。
昨日の昼はそれをフライパンで焼いてタレを絡めたものを頂いたのだが、これまで出店などで私が食べることはあっても決して自分は食べなかった家人が美味しい、と喜んで食べたのには驚いた。
これこそ「食わず嫌い」。
食べてくれるのなら、今度はちゃんと芋を潰すところからやりましょう。

で、このもちの粘りが効いたのか(?)二人とも馬券を当ててしまった。
私なんか、2つのレースでそれぞれ単勝1点ずつ買ったらそれがどっちも大当たり!
二人合わせたら6桁近い配当を得ることができたので、それを少し使って温泉にでも行こうと思っている。

北海道内でも、宿の二極分化が始まっている。
例えば札幌の老舗ホテル、グランドやパークには所謂ホテルインホテルが開業。
温泉宿でも某大手観光会社が登別に続き函館にも高級ホテルを開業した。
登別の老舗旅館も、買収したホテルを比較的安価な別館とし、従来の建物を大幅改装して客単価を引き上げた。
阿寒湖で絶対的な人気を誇るリゾートホテルも支笏湖や定山渓で古いホテルを改装して高級路線へとシフトチェンジさせてオープン。

私が行きたいと思っているのは登別の旅館だが、果たして家人が同意するかどうか。儲けの殆どを使っちゃうことになるしね。
でも、競馬の配当なんか所詮あぶく銭だからなあ。
前回の大当たりは地デジと帰省のための旅費とお小遣いに化けた。
今回の中当たりもできれば有意義に使いたいものだ。

いいこともあれば、悪いこともある。禍福はあざなえる縄の如し。
また一週間が始まる。
不思議なもので、一週間、は長く感じるのに1年ってあっという間なのよね。

唐突だけど、私、嫌いな都道府県が二つあるんですの。こればかりは食わず嫌いじゃないぞ。
どことは書かないけどさ、今政界でトラブルメーカーになってる人もそこの出身。
私の周囲で問題起こしている彼女や、とにかく自己中で自分の利益ばかり考えていた元従業員はもう一つの県の出身。
家人共々、県民性ってあるんだね、と。
もちろん、こういう人はごくごく一部なんでしょうけど・・・

|

« 夢でもいいから | トップページ | 相変わらず脈絡ないエントリですが »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。