« にらみ、ってのが所謂「お家芸」だったなんて知らなかった | トップページ | 思うこといろいろ »

飼い主と猫は似ると言うけれど

数日前に、謎の体調不良について書いたけれど、実はほぼ時を同じくして我が家の猫かのも全く同じ症状を起こして病院に連れて行かれていた。

夜、食べたものを全て吐出してしまい、それだけなら珍しいことでもないが、その後トイレで気張りながら更に嘔吐、しかも排泄物は粘液状の下痢。
この子は体調が悪くなると顔つきに変化が出るのだが、今回はそれが出ず、でも胃液まで吐き、しかも下痢をその後2度も繰り返した。

翌日、かかりつけ医に予約の電話を入れたが生憎満員(?)でNG。それでも何とか頼み込んで(私はその個人病院では恐らく5本の指に入る治療費を支払っている畜主であることは間違いない)予約の合間に診ていただくことになった。
それでも1時間ほど待たされて、ようやっと診察台にかのを載せることができたのだが・・・

平熱。下痢は治まった。腸の動きも問題ない。顔つきもスッキリしている。
ということで、今回は血液検査などはせず当座整腸剤、止瀉薬、胃薬などを処方していただいて様子を見ることになった。

帰宅後、恐る恐るドライをあげてみる。食べない。どうしよう。
思い立って他の猫のを出してみた・・・えーと、爆食してるんですけど。
翌日も嘔吐はしたけれど、夜におまりになられたブツはちゃんと形を成していた。

結局何が原因だったか全くわからないまま-先生曰く「何かヘンなもの食べさせて、あるいは誤食していませんか」。いや、思い当たる節がない-今はすっかり元気なのだが、何だか私の症状とそっくりなのよね。
もちろん共通の食べ物なんか口にしてはいない。
飲み水だって別だし、そもそも人間の方だって原因不詳なのに。

とりあえず人間界ではノロが流行の兆しを見せているそうなので衛生面に気をつけましょう。
猫?まあそこいらに食べられそうなものを置かないということに尽きますね。

今日の深夜にFIFAワールドカップ開催国が決まるそうだ。2022年開催国に立候補している日本は、著名人がどんどん登場するような派手なプレゼンこそできなかったけれど、それなりに注目を集めることができたようだ。
で、約10年後、果たして日本はどうなっているのだろう。ワールドカップどころじゃない!なんてことになってなきゃあいいけど・・・

|

« にらみ、ってのが所謂「お家芸」だったなんて知らなかった | トップページ | 思うこといろいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« にらみ、ってのが所謂「お家芸」だったなんて知らなかった | トップページ | 思うこといろいろ »