« 情けは人のためならずもしくは金は天下の回り物 | トップページ | 反省だけなら猿でもできる »

やれやれ、とりあえず一段落

猫に関してはとりあえず片付き(?)つつある。
新顔の猫はあれから来ない。近所の誰に聞いても見ないという。
野生動物にやられてしまったのか、それともどこかの外猫が遠征してきたのか、そもそも私の見間違いだったのか。
この件に関してはペンディング、といったところか。

黒猫クロのリンパの腫れは収まりつつある。
腫れに気付く直前、私の布団の上に小さな血のしみがあったのだが、もしかしたら家庭内野良のちびに顔を傷つけられたのかもしれない。とりあえずこちらも病院には行かずに済みそうだ。

で、かの。
ついさっき病院から戻ったのだが・・・所謂ニキビ。猫座瘡と言われる皮膚病だった。
触診ですぐに発見され、毛を刈って先生が軽くつまんだらでろり、と血膿が。あうううう。
キシロカインを塗って針を入れる。あらららら、出るわ出るわ。
ヒビクス軟膏を患部に注入し、抗生剤の注射をしてハイおしまい。
恐怖で固まっているから大人しく処置させているけれど、これが自宅でだったらゼッタイできないな。
猫も歳を取るとグルーミングをサボりがちなので、如実にそれが出たのかもしれない。
確かに、他の猫たちも顎汚いぞ。
これからはまめに顎の下を拭いてあげなきゃね。嫌がられない程度に。

同業他社の早期撤退という噂を、共通の取引先から聞いて驚いたのだが、正直半信半疑だった。
でもその取引先が来社され、意気消沈しているのを見たらやはり事実だったのだと思い知らされた。
その後、同じように我が社とその他社とに取引関係のある業者さんが立て続けに来社してはため息をついていくので最早これは間違いなく真実らしい。ああ。
家人も落ち込んでしまった。
あちらさんは我が社なぞ歯牙にもかけないだろうけれど、こちらとしては相競い合って、という感覚で常に意識していたし、励みにもなっていたのに。
一つの時代の終焉なのかもしれない。マスコミもまだ報じていないが恐らく来月に入ったら大々的に取り上げられるのではないだろうか。
我が社は・・・只管頑張るしかない。そうだよね。頑張るしかないんですもの。

福島に乗り込んでいった知人は無事ご夫婦揃って帰宅されたそうだ。
いずれブログなりメールなりでその活動について知ることになるのだけれど・・・正直、怖い。知りたいけれど知りたくない。ズルイなあ、私。

|

« 情けは人のためならずもしくは金は天下の回り物 | トップページ | 反省だけなら猿でもできる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 情けは人のためならずもしくは金は天下の回り物 | トップページ | 反省だけなら猿でもできる »