« 今日はちょっと手短に | トップページ | 安直、でも秀逸なネーミング »

あれから

前のエントリで登場したシドケ。
近所のおばあちゃんに教わった場所でがっつり採れました。わーい!
そして、独活も出かかったちょうどいい状態でこちらもばっちり。
実家に送る荷物があったので、急遽箱を大きいものに替えて同梱しましたよ。
おーい、明日には着くからね。

独活、伸び切ってるのはうちでいただくことにする。
相も変わらず天ぷらときんぴら、でもこれが一番美味しいのだよ。
それにシドケのおひたしがついて、まさに旬の食卓。
ジンギスカンを少し焼けば、ああ、北海道満喫のメニューですなあ。北海道に住んでるんだけど。

あの震災から既に2ヶ月が過ぎている。
マスコミは既に被災現場や避難されている方々への興味を失いつつあるようで、今最も時間を割いて報道しているのは福島第一原発のこと。
それにしても何か一つ情報が開示されるごとに事態の深刻度が増していくってどういうことなの?
えっと、やっぱメルトダウンしてました。って今更そんなこと言われても。
半ばヒステリックに官僚へ詰め寄る福島県の学童の保護者たちも、もしあれがわが身ならと置き換えて考えてみたら仕方のない姿なのだろう。

国が言う様々な「基準」って、誰にとって都合の良いものなのだろうか。少なくとも国民、ではなさそうだけど。

民主党の若いお兄ちゃん議員が突如離党宣言した。
・・・何もこんな時に?本当に今の内閣が倒れたほうがいいとでも思ってるの?
国が一丸となって復興に向け動き出さなければならないこの時期に、総選挙ですか。お金と時間とエネルギーと。それだけ費やしてまでどうせ政権交代しても与党になるのは自民党だ。
世論調査でも、じゃあ自民党ならどうにかできると思ってる?という(ニュアンスの)問いに対して過半数がNOと答えていた。
既存の政党には実はほとんどの国民が期待していないのでは?

野党としての自民党って本当に存在感がない。
谷垣総裁には期待していたのに。石破さんもどうしたの?
民主党(主に菅総理)のあら捜しに終始し、肝心の原発問題も未来ではなく過去についてああだこうだ重箱の隅をつつくように大騒ぎ。そんなことしてる場合じゃないってどうして思わないの?
もし、あなた方が本当に国民の立場に立って、誰が見ても良心的な意見だと思えるようなビジョンを打ち出し、民主党にそれを提案、一緒に進めていきましょうと仰ったなら、きっと国民だってあるいは民主党だって嫌とは言わないだろう。
自民党にとってここは大きなチャンスなのに、なのに何故?

今日はいい天気だ。
でも、こんな天気の日でも福島の子供たちはお外で遊ぶことに神経をとがらせなければならない状況下にある。
最近はあまり話題にも上らなくなったけれど、20キロ圏内のペットや動物たちはどうしているだろう。
山路氏のブログなど、ボランティア活動されている方々のブログなどを日々見させていただいているが進展が感じられない。
うちの猫たちは幸せなんだ。それぞれに問題を抱えていはするけれど、それでも安全な居場所で決まった時間にご飯が出て、常に水が飲める状態にある。暑さ寒さ風雪雨、そんなものにも無縁。
黒猫クロだってちび猫ちびだってのんちゃんだって、ほんの少し運命がずれていたら今頃野たれ死んでいたかもしれない。
人も猫も、運命なんて本当にわからない。今回の震災で亡くなった方たちも、本当に当たり前に日常を過ごしていただけで、次の瞬間死が訪れるなんて間違いなく考えてもいなかったはずだ。
こうやって生きて、埒もない文章を書いていられる幸せ。それを噛み締めさえすれば、もう少しまともな生き方ができそうな・・・うーん、何書いてるんだ私。

|

« 今日はちょっと手短に | トップページ | 安直、でも秀逸なネーミング »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。