« うーん。うーん。うーん。 | トップページ | ツイッターのアカウントは持ってないけどここでつぶやく »

猫のご飯いろいろぐだぐだ

今、このあたりを縄張りとし、我が家には気が向いた時だけふらりと現れるノラ氏にご飯をあげている。
昨日、1週間ぶりにやってきたと思ったら、目の上に怪我をしているのに気付いた。観察してみるとさほど酷い傷でもなさそうだ。
獣医に相談し、念の為、ふうがもらっていた抗生剤を飲ませてみることにした。
ウェットに砕いた薬を混ぜ込み、ちょっと痩せているのも気になったので、かつて買ったけれど使わなかった(涙)エナジー500をトッピング。
ドライはヒルズだし、そこそこ栄養的には補えているだろう。

「3日間は最低でも連続してくるんだよ」

そう言い聞かせてみたものの、いい季節になると数日、あるいは1週間、10日とやってこないのが常。どうせ今日は来ないだろうと半ば諦めていたら・・・来たよ、ホントに。
昨日と同じメニューを振舞う。
この猫の小憎たらしいところは、ドライよりもウェットが食べたいらしく、2連の器の右側にたっぷりドライが入っていても食べずに私の顔をジッと見つめるという技をつかうこと。
で、あげずに立ち去るフリをして姿を物陰に隠す。と仕方なしにドライを食べ始めるのだ。

今朝は一度帰ってからまたやってきた。
ちょっと待ってなさい、と声をかけてドライの器を手に外に出ようとすると・・・げげげっ!お前、食ったね!
玄関先には、薄緑色をした蛾の羽が。胴体部分はない。あうううう。
この差し渡し10センチ近くはあろうかという蛾、たまに軒先に現れるのだが、あまりに色合いが綺麗なので追い払わずにいつも玄関のガラスに止まっているのを放置していたら・・・ごめん。追い払っておけばよかった。
恐らくはオオミズアオ、もしくはオナガミズアオだと思われるが、薄緑色をしていて凡そ毒々しさがない。

綺麗に胴体だけ食べたのか。
そういえばうちの猫どももハエ食べたりするもんなあ。やっぱり新鮮な動物蛋白を、って・・・ああ想像したくない。
家庭内ノラ絶賛続行中(涙)のちび猫だって外にいた時はねずみも鳥も食べていた。証拠(尻尾とか羽とかの残骸)も見ているから間違いない。

今、我が家の猫たちは7匹いて全てが違うフードを食べている。
腎機能低下組2匹は療法食をそれぞれの好みに応じて何種類か混ぜ、そこに高年齢猫用のカロリーを若干制限している準療法食をブレンド。
家庭内野良嬢はシニア用にオーラルケアと嵩増しのために減量サポートを少々。
黒猫クロはアレルギー用療法食をこれも2種類混ぜて。
のんたとれあはほぼ一緒。ロイカナのインドアがメインだが、のんたにはロイカナのオーラルケアを、更にれあにはシーバデュオのオーラルケア用もプラス。
健康体で少しデブのふうもそこそこ老齢なので高年齢猫用の準療法食とロイカナオーラルケア、減量サポートをブレンド。
そこにシニア用のウェット2缶を7匹で分けて添えるのだが、この缶詰がなかなか難しい。
全ての猫が好むという条件、しかも塩分とリン、たんぱく質などを鑑みて選ぶと一つのブランドしか残らなかった。それを安いオンラインショップを見つけてはまとめ買いしている。
それでも1日4缶。買っても買ってもキリがない。
いっそドライオンリーにしようか、とも考えたが彼らがまずウェットから食べだすのを見ているからやはりウェット>ドライ、ここはウェットも食べさせてあげないと気の毒、とつい思ってしまうのだ。

それでも、療法食のおかげか黒猫クロの皮膚病は快癒した。痒がる素振りは見せないし、瘡蓋もない。
野良嬢も心なしかすっきりとした体つきになった。
口内炎に悩まされていたれあも最近は好調。ご飯も良く食べる。
食餌で健康管理ができるなら、それが一番だ。病院での診療代を考えれば予防するにこしたことはない。

うちの猫はいいな。だって人間に食事管理してもらえるしさ、自分で作る必要ないでしょ、うちのに限らずだけどそこは。
あーあ、誰か私にダイエットに最適な食事を毎日3食作って与えてくれないかなあ。

|

« うーん。うーん。うーん。 | トップページ | ツイッターのアカウントは持ってないけどここでつぶやく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うーん。うーん。うーん。 | トップページ | ツイッターのアカウントは持ってないけどここでつぶやく »