« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

私の悪い癖

黒猫クロは、大きなハゲを作られたというのに心身とも何らダメージもなく、昨晩も三角コーナーから家人が食べた豚足の骨を発掘し、さんざ弄んだ挙句わざわざ私の目に付きやすいところに放置するという所業をなし、労わってあげなきゃ、という優しい気持ちを木っ端微塵に打ち砕いてくれやがった。ちっ。

ふうの方はかなり食欲が戻ってきた。朝はまだまだという感じ。だからしつこいくらい抱っこして可愛がってみる。
ホントにしつこいと憤った彼にがっつり左腕を噛まれたが、普段なら怒るところを「いいのよ~元気な証拠だものねえ」などと言うものだから気味悪く思ったのだろう。そそくさと立ち去り、どこか警戒心さえ抱いているようだ。
そして夜になったら・・・おいおい、自分のご飯はがっつり食べて、よたかのの食べ残しまで食べるかい?
やはり薬と、そして愛情が功を奏したのだろう。よしよし。

よたもアゾディルが効いているのかどうかは次の検査でわかること。このまま少しでも長く、いい状態を継続させてあげたいものだ。

私は非常に飽きっぽい。一つのことに長続きしない。
これまでに係わった全てのモノやコトで、最長が猫の16年。次が結婚(え?)。いずれも未だに継続しているのだから我ながら驚く(ええっ?)
例えば同好会、とかサークル、とか。
自分で言うのも何だけれど、昔はそこそこ社交性があってすぐにその会の中枢に潜り込んでいた。でも、すぐに飽きる。そして馬脚を現す。
だって面倒くさいんだもの、それでお終い。期待されると途端に逃げ腰になる卑怯者。
だから通信教育もダイエットも、ゲームすらも最近では長続きしない。
あんなにハマッていたカラオケも、マイクのカバーはややしばらく外されることのないまま。
サックスだって、きっとメンテしないと使えなくなってるだろうな。あんなに欲しかったのに。

今、またちょっとしたこと、に首を突っ込んでいる。突っ込みかけたばかりだ。しかも自ら使命感に燃えて突っ込んだはずが・・・ヤバイ。もう飽きてきてる。
被りたくない、責任。負担に感じ始めてる。どうしよう。
それでも今回だけは頑張る。ここから徐々にF.O.しちゃうつもり。ああ、我ながらなんと卑怯な。

左足を数箇所、がっつり虫に刺された。赤くて楕円形の腫脹(1.5×1センチくらい)が普段日に当たらないから透けるくらい白い太ももに点々と並んでいる様は見ようによっては美しくもあるが・・・痒いのよ(涙)
どうやら寝ている布団にダニでもいる模様。うわ。
ということで布団乾燥機を2セット、その後レイコップで丁寧に吸引、最後に天然成分のスプレーをかけてから洗い立てのシーツを被せた。これで大丈夫だと思うけど。でも何でいきなりダニ?
家人はちび猫じゃないの?と言うが、考えにくいんだよね。だってここまで半年近く一緒に寝てるのに何故今頃になって?
ま、とにかくすることしたから、これでもしまたも刺されたら・・・死ぬ気で捕まえて、シャンプーするしかないだろうな。確実に私、傷だらけになるだろうけど。

| | コメント (0)

やれやれ。

今日は朝から病院通い、と言ってもヒトではなく猫。
ふうの食欲がここ1週間以上減退していること、そして黒猫クロの右耳付け根辺りに嫌な感触の小さなしこりが数個できたこと、れあの爪が限界に達したこと。
これらを一気に何とかするため家人の休みである土曜日に予約を入れたのだ。だって一人で猫プラスキャリーの正味20キロをどうにかするのはあまりに難しいから。

結論から言えばクロはアテローマだったのでセーフ。でも左耳たぶにごくごく小さなしこりを見つけたのでこれは要経過観察。
そしてふうはアウト。血液検査の結果肝機能が著しく低下している。数値を見てびっくりした。
でも劇症肝炎とかではなく、じわじわと肝臓が痛めつけられていったというところか。
思い当たるのは2週間近く飲み続けた抗生剤だ。先生は認めたがらなかったが他に思い当たることはない。
クレアチニンもやや高めだったがBUNは正常値だったので特にこちらは治療の必要なし。
肝臓に関しては胃腸保護も含めて4種類の薬が処方された。
一時にこれらを全て飲ませるのは困難なので、かつてしていたように(?)砕いてカプセルに入れることにする。
飲んでくれないと、このままじゃどんどん痩せてしまうし、元気だけはあるからまだいいけれどこれでぐったり、なんてことになったら大変だ。

土曜日は午前中しか診察していないかかりつけの動物病院。だからめちゃくちゃ混む。
予約も、最後の一枠だった。危ない危ない。

とにかく、頑張って飲ませないと薬。クロには塗らないと軟膏。
猫って本当にお金も手間もかかる。でも・・・なんでこんなに可愛いかねえ。

ちなみに、今回もふうの血糖値はMAX振り切っていたので尿検査。でも当然糖はでるはずもなく。
・・・この猫、めちゃくちゃチキンなので、所謂白衣症候群みたいなもの。病院に行くとストレスで血糖値が上がるのだ。
その証拠に自宅で測ると全くの正常値。
帰宅してから遅めの朝食にしたのだが、測定してみたら・・・ほーら正常値だもんね。
診察台の上では腰が抜けてしまうのか、まるで虎の敷物(頭とか尻尾とかがついてるヤツ)みたいにへたり込んでるから情けない。
2週間の投薬が済んだらまた通院なのだが、何とかそれまでに復活して欲しいものだ。
心拍数くらいしか私には測れないけど、また尿検査の試験紙買うかなあ。

今日はかなり涼しい。夕方からは窓を開けると肌寒く感じるくらい。
このまま夏、終わっちゃうのかなあ。まさかね。

| | コメント (0)

トラブル発生

どうしよう、いきなりアクセスできなくなった。
某フリーメールなのだが、昨日作成したアカウントが何故か今日無効になってる。
私用ではないのに・・・うーん、早く結果を教えてください。凄く困る。

考えさせられることが多い。
自分の無能さを認めざるを得ない状況下で、もしかしたら今が何らかの変化を自分に起こすチャンスなのかもしれないと思う。でも、できないんじゃないか、とも確信してる。
うーん、どうしたものか。

文章も出てこない。何だか語彙が減ったような気がするなあ。歳だからか。

| | コメント (0)

手短ですが

文才がないもので、頭を抱えつつ宿題に挑んでいる。
仕事もあるから日中はできない。だから夜、猫たちにご飯食べさせた後で黙々と―否、独り言ブツブツ唱えながらか、励む。
面倒なことに係わっちまったぜ、という自責の念と、ああ、私にもやれることがあったんだ、というポジティヴな気持ちが相俟って、なんだかテンションが上がってしまっている。
とりあえず叩き台はできたので、いろいろ参考にしつつ少しでもアピールできるように工夫しなきゃ。

今日は・・・ああ、27日だ。
正直何もしない、できないままにこの日を迎えてしまった。もちろん連絡は来ないですよ、Kさん。教えてくださってありがとう。でも何をしたらいいのかわからないままなんです。あなたは何かなさいましたか?

暑い。日差しも強い。空が高い。でも風が爽やか。これぞ北海道の夏。
・・・こういう日に観光で滞在している人は本当にラッキーですよ。
エアコンもいらないな。風通しさえよければ自然のままでいても全くストレスなし。

さて、仕事しなきゃ。月末の締めが待っている。
本社からの送金を確認し、あちこち取引先の業者に支払いをして。でも納税も含めて全てオンラインで、自分のデスクの前でできるようになったことは本当にありがたい。

本当は仕事なんかしたくないよ~
でも、働かざるもの喰うべからず、だもの。
猫たちのために、働くぞ!

| | コメント (0)

終焉の日だからと言って

恐らく何万人、何十万人がブログに書いたりツイートしたりしているだろうこの言葉。

「アナログ放送が終了した」

その瞬間、国営放送ではあのキャラクターが手を振って見送って(?)くれたのだそうだ。ちぇ。CXのバカ騒ぎなんかじゃなくてそっちを見ておけばよかった。

アナログ放送とデジタル放送の違いはおおまかにしかわからないが、BDレコーダーを通して我が家のブラウン管テレビがデジタル画像を映し出した瞬間、確かに私は声を上げた。忘れもしない。「逃走中」のオンエア真っ最中だった。
それまで、何しろ山間なのでアナログ放送はあまり綺麗な画像では視聴できなかった。ざらついた画面が当たり前だと思っていた。
だから、クリアな画像に驚かされただけでなく、例えばぐるナイのゴチに参戦できたり、気象情報が即時にわかったり、とデジタルならではの恩恵に直面すれば都度都度感嘆。
それ以来ほとんどアナログ放送は見なくなったから、悪評高い画面上の「カウントダウン」も人から聞かされるまで知らなかった。

案の定、「映らなくなった」人が多数出現(?)して担当のコールセンターには多数の問い合わせが殺到したそうだ。
そりゃ、そうだ。そもそも無理がありすぎる。
国策だから、もっと国がイニチアチブを取って、もっと早い段階で動くべきだったし、芸能人使ってキャンペーン張ればいいってもんじゃない。
知りもしないで、と言われてしまいそうだけど、実際、難視聴地域の知人によれば、去年辺りいきなり役場の担当職員とやらから「お宅は難視地域だから」と説明会に呼び出されたものの、救済案を示されただけで具体的な動きはそこから更に半年後までなかったのだそうだ。
しかも、国の仕事はあくまで机上のお話らしく、計算上(何の?)では電波が取れる、所謂受信点となるべき場所に実際調査にいっても全く受信できないなんてこともザラだったそうだ。
現地に足を運んでいちいちアンテナを立てるための受信点調査を行うには人が多分少なすぎるのではないかと思う。

難視対策として東京キー局の番組をBSで受信する、なんて手もあるそうだがそれも暫定5年程度の緊急避難的措置。
そもそも、各ローカル局のオリジナル番組が見られない時点で不満がなかろうはずがない。ナックス系全滅じゃん。(ヨシヒコのオープニングバトル(?)にヤスケン出てきてびっくり)(そんなにポジションって気になるものなの?)

よく行く店のテレビもアナログ。アンテナはあるし、受信できる環境にあるのに受信機がない。かと言って切羽詰った感は皆無。
当座はCSだけでいいんだって。そのうち、ほとぼりが冷めたら(?)我が家と同じようにレコーダー買うそうだ。

これを機にテレビ離れしちゃう人も少なからずいるかもしれないな。
かくいう我が家も、実は夏のボーナスで薄型テレビに乗り換える気が多少なりともあった。でも家人の歯の治療費と自動車保険、そして車検で全て消えてしまうだろう。いや、消えるどころか足りないかも。
もし今のテレビが壊れても、すぐには買わないかもしれない。だって、どうしても見たい番組があったとしても、録画だけならできるんだもの。
小さなモニターか何かにつないでファイナライズとかすりゃポータブルでも見られるわけだし。

さて、これから国はどうするのかな?
そういやデジタルディバイドを2010年までに解決する、って話はどうなったの?
震災の所為でいろいろなことが遅れるのは仕方ないけれど・・・

プレナスなでしこリーグ再開。
神戸では17800人もの観客が押し寄せ、他の会場でも一桁違う観客数に皆驚かされたみたい。
神戸と千葉のゲームを、スカパー!さんが気前良く無料放送してくださったのを録画しておいて、後からじっくり見てみた。
私だって大してサッカーに詳しいわけではないけれど、それでも・・・うーん、確かに男子と遜色ないし、十分面白いゲームだったんじゃないかな。
恐らく昨日の観客はそのほとんどが「にわか」だろう。だからその全員が次の試合にも脚を運んでほしい、とまでは言わないけれど、半分でもいいから、そのままずっと彼女たちのファン、そしてサポーターであってくれたら、と切に願う。

えー?!いつからそうなったの?
 マツダオールスターゲーム第3戦(全パ5-0全セ、パ2勝1敗、24日、Kスタ宮城)10月27日に開かれるドラフト会議でのウエーバーの優先権がパ・リーグに決まった。
 野球協約の規定により今年の球宴を2勝1敗と勝ち越したパが優先権を得た。ウエーバーの指名順は、パの最下位球団、セの最下位球団、パの5位球団…の順となる。(共同)
(SANSPO.COMより)
いや、こんな規定知らなかったわ。常識なんですかね?

中国の列車事故。あれ、新幹線じゃなくて在来特急なんでしょ?時速200キロってホント?
事故直後に先頭車両を埋めてしまったとか。それも信じられない。危険回避のための緊急措置だというが、多分誰もそんなこと信じないだろう。恐るべき隠蔽体質。
運行システムはメイドインチャイナ、これは新幹線もそうらしいけど、それを聞いて益々怖くなった。
そもそも中国本土には絶対行きたくないしまず行かないけれど、万が一行かざるを得なくなったとして鉄道は使わないぞ。

今日は暑い。久々に夏が帰ってきた感じ。
仕事もあまりはかが行かないのでダラダラと駄文を書き連ねてしまいましたとさ。
めでたくない。

| | コメント (0)

今日はいつも以上に埒のないエントリです

やっちまった。
ここのところ、油断していたのは事実だ。重いものを、ま、いっかと無理目な体勢から持ち上げてみたり、あるいは冷房の効いた部屋で寝てみたり、とリスキーなことは確かにしていた。
でも、定期的な整体や暑い日でも湯船に浸かることなど、ちゃんとすべきことはしていたはずだった。
だのに。だのにああ。

ソファから腰を浮かしたその瞬間、来た。ピキ、っと。

で、偶々整体に予約を入れていた日だったので、家人に送迎してもらって這々の体で受診。
こちらが本当に傷んでいると(?)非常に丁寧な手技で対応してくださるから、約30分の施術の後は多少痛みも和らいだ。
後は痛み止めを飲んで、昨日は半日おさんどん。疲れたけれど動けたのは整体のおかげだろう。
今日も朝、無理を言って予約を入れてもらったんだけど、うーん。効き目いまいち。
それでも今晩もおさんどんに明け暮れなければならず、泣き言は言っていられない。
頑張ろう。仕事なんだから。

腰痛は、二足歩行に付き物の、いわば宿命のような疾病だそうだ。
・・・そっか。じゃ四つんばいで歩こうかしら。発狂したと思われるのがオチか。
とりあえず腰痛ベルトをして、できるだけ重いものを持たないようにして、これ以上悪くならないようにしよう。

前の職場の同僚、近い肉親が亡くなられたそうだ。
彼女からは直接連絡は来ないが、共通の先輩からメールで教えていただいた。
・・・もうそういう歳なんだ、お互い。
具合が悪くて介護している、という話は昨年聞いていたが、何だか急に現実を見せ付けられたというか、のほほんと生きていたイメージの彼女には似合わない状況に、酷く憂鬱な気分になったことを思い出した。
でも避けられないもの。私の親だって高齢だから、いつ何があってもおかしくない。

あらら、ちょっと気分が滅入ってきた。お茶でも飲もうかな。

| | コメント (0)

愚痴ですな

今日は曇天。何故か道内でもここだけ降水確率が0じゃあないのよねえ。

職場で家人がカリカリしている。
どいつもこいつも自分の勝手な都合ばかりで「調整」という言葉を知らないからあちこちで軋轢が生じてしまうのだ。
特に、個人で経営していた会社が倒産したため中途でうちに入社した元経営者の中間管理職が最悪。人の話をきちんと聞いていないうえに自分の正当性ばかり主張し、しかもトラブルを隠蔽したがるときた。
確かに仕事はできる。仕事によるけれど。
でもそんな性格だから、本来ならもっと中枢にいるべき年齢だのにとてもじゃないけど怖くて昇格させられないそうだ。
社長は割りと彼を買っているようだが、その社長でさえ彼を管理職にはしたくないと明言した。

外部の専門職さんも彼のセクションには行きたがらない。
聞けば、何でも知ったかぶりをして上から目線で話してくるから不快だと。
その専門職の方もオトナだから普通に接してはいるけれど、直接彼とやりとりをすることを避け、家人を通すようになってきた。
地元に明るいから重宝する面もあるが、逆に地元で評判の良くない部分が脚を引っ張ることもあって、家人としても彼には手を焼いているようだ。

今日も、この人のポカ(絶対自分が間違っているとは認めないが)で他の業者さんに迷惑をかけてしまった。
最近は私も、顔も見たくないし声も聞きたくないと思うようになったけれど、そこはそれオトナですから(笑)

涼しい北海道。涼しいというか、朝晩は冷える。タオルケット一枚じゃ寒くて寒くて。
よもやこのまま夏が終わることもあるまいが、ちょっと前までの暑さは決して恋しくはない。
農業には影響が出るか、あまりに低温だと。
気温は高すぎても低すぎてもダメ。難しい。そんな中で苦労されている農家の皆さんが収穫してくださった野菜だもの、大事に食べなきゃ。

高すぎず低すぎず・・・なでしこのお嬢さんたちへの関心もそう。(ちょっとこじつけがましい?)
ストーカー行為だの、飲み会をツイッターで、そのちょっときわどい内容まで暴露するバカ大学生(ホントにバカとしか言い様がない。自己顕示欲の強い幼くて愚かな大学生はすぐに身バレして血祭りに上げられたそうだ。自業自得)が現れただの、ネガティヴな報道がひっそりと出始めている。
女子ソフトボールの時もそうだった。一時的に有名になりマスコミに追い掛け回された彼女たちも、ソフトボールがオリンピックの競技から外れたことも手伝って、あっという間にブームが終焉を迎えてしまった。
きっとなでしこジャパンのみならずプレナスリーグのメンバーや関係者は、このお祭り騒ぎが一過性のものではなく、多少テンションが下がっても続くことを願っているし、それが彼女たちの待遇改善に大きく繋がっていくはず。
そういう意味ではすぐにリーグ戦、そして間髪をいれずにオリンピック予選、というのは私たちの視線を集め続けてくれるスケジュールだ。
だから、騒ぎすぎず、引きすぎず、イーブンペースでそう、プロ野球やJリーグのように「そこに当たり前にある」競技になってくれればいいな、と個人的には思う。

どうか頑張って!
チームワークという言葉を教えてくれるなでしこジャパンの皆さんが大好きです(うちの職場の何某に彼女たちの爪の垢を煎じて飲ませたい)。

| | コメント (0)

いや、本当に大変ですね。お疲れでしょうに・・・

今日はかなり涼しい一日。夏らしさなんか微塵も感じられない鈍重な雲に覆われた空は暗く、気持ちまで澱んできそうだ。
でも、朝から彼女たちの笑顔をあちこちで目にしたら多少なりとも気分は高揚する。
ただ心配。こんなに出ずっぱりで大丈夫なのかしら?すぐにリーグ戦始まるのに。
それでも彼女たちは皆楽しそうだ。
特に、今見た「いいとも」では生タモリに感動(笑)している様子がありありと見て取れたし、夜の生放送のスポーツニュースでは結婚宣言した選手のフィアンセまで登場するハプニングがあったんだって!
どうかこのフィーバー(死語)が長く続きますように。
澤さんを委員長に担いで女子W杯の招致活動を始める動きもあるみたいで、どうかその願いが実現する日までなでしこ熱が冷めませんように。このまま人気が定着しますように。

近賀さんが今、私のツボ。
恐らくメンバー中一、二を争う整った顔立ちをしているのに、化粧っ気もなく、およそ女らしくない(少年っぽい?)佇まい。所謂天然入ってる、的な受け答えがどうにも楽しい。
プレーは泥臭いまでに真面目で、敵に回したら非常に嫌だろうなという徹底した守備。ピッチ上ではにこりともせずに走り回っているが、表彰式や、いいともで見せてくれた笑顔が実に爽やかだ。
なでしこリーグに加盟しているチームがない沖縄などが彼女たちの試合の開催を誘致したがっているそうだが、ほらほら!北海道も名乗りを上げなきゃ!
この猛暑の中、親善試合だろうがオールスターだろうが涼しい北海道最大の売りである夏の今こそ招致しなくていつするの?!
もしドームに来てくれるなら見に行きたいなあ。久々で生のサッカーを見たい。生で近賀さんや澤さんのプレーを見てみたい。
一部選手は地元に帰っているようだ。きっと大歓迎を受けていることだろう。金メダル、いいなあ。一度でいいから触ってみたいな。でも生憎そんな知り合いもいないし・・・

各国のメディアは、彼女たちが震災から復興しようとしている日本人にパワーを与えた、と或いはその想いが彼女たちを後押しした、という論調が多いけれど、実際に被災地でインタビューを受けた皆さんが感動や元気、勇気をもらったと答えていらっしゃるのを見てそうなんだ、としみじみ思った。

でも、現実は厳しい。
汚染された稲藁を食べた肉牛はかなりの頭数が市場に出回り、遂に福島県産の牛肉は出荷停止に追い込まれた。
・・・福島県、だけの問題なの?
山形、新潟、など既に他県にも飛び火しているし、もしかしたら、その他の地域にも被害が及んでいるのでは?
藁を使うのは牛だけじゃない。馬の場合は馬房に敷くために麦稈を使う。
藁だけ?もしかしたら牧草にも被害があるのでは?それならそもそも農作物は?鶏卵は?

・・・考え出したらキリがない。そう、そんなこと言ってたら何一つ口にできなくなる。

被災された方たちの前向きな表情、そしてなでしこジャパンの皆さんの明るい笑顔にネガティヴな己を恥じつつ、ポジティヴに考えようと努力するのあちなのでした。どこまで持つか、この気持ち。うーん。

| | コメント (0)

その花が枯れないように

感動の一日が明けてなお、マスコミは彼女たちの話題を少しでも多く集めようと奔走しているようで、テレビで、ネットでいろいろな情報を目にする。
朝、帰国のシーンを見ていて、気になったのはレポーターの知識不足だ。
CXでは朝、成田で元TBSの局アナがレポートしていたけれど、ああいう場に行くなら、ましてやスポーツキャスターを標榜するのなら控え選手だってその顔と名前くらい覚えていて当たり前だと思う。
でも実際は試合で活躍した選手の名前すら覚束ない体たらく。
近賀さんなんてフル出場だし、地味だけど光るプレーをしていたのに、全くのスルーだもの。

私も含めてにわか仕込みのファンがほとんどなんだろう。
とりあえずサッカーは好きなので、昔からの山郷さんや澤さんくらいは知ってる。でも女子のW杯が行われていたことすら正直知らなかった。
それが勝ち進むにつれて人気や注目度が高まり、昨日の優勝でそれらは頂点に達した。問題はここからだ。
ややしばらくは彼女たちの話題で持ちきりになるだろうし、なでしこリーグが再開されたら、なんと最初のカードには澤さんなどが所属するチームと、ドイツ戦でゴールを上げた丸山さんのチームの対戦が組まれているそうだから、きっとこのゲームのチケットは売れるはず。

・・・でも、その後は?

折角ブームの兆しが見え始めているのに、それを継続、発展させられるかどうかはマスコミも含めた私たちにわかファンの動向にかかっていると言っても過言ではない。
昨日も書いたけれど、なでしこリーグの10(今は9)チームの選手たちがせめてJ1並の待遇でサッカーに専念できるようになってくれればいいと思う。
そのためにも、一過性のお祭り騒ぎではなく、継続して彼女たちを応援していってほしいし、私もそうしたい。
と言っても、北海道にはなでしこの下部、チャレンジリーグEASTの「ノルディーア北海道」しかないのよね。
とりあえず、9月の試合を見に行ってみようかな。彼女たちの中に明日のなでしこJAPANがいるかもしれないから。

修理に出していたぽめ、ようやく帰ってきてくれた。
キーボードの不具合だそうで、無償修理。良かった良かった。
これに、思いついたことを書き留めておいて後でブログや日記に、という流れが出来上がっていたのでないと本当に不便だった。
それにしても、だ。
発送後ややしばらくなしのつぶてだったので、届いたのかどうかだけでも確認したくてサービスセンターに電話したら、いかにもあちこち探してみました的な待たされ方ののち「届いていますので、これから修理に取り掛かります」・・・ん?ちょっとアヤシイぞ。
その2日くらい後、修理は無償で行うことなどを知らせる電話がかかってきたけど、もしかしたら私が催促しなかったら、そのまま放置されていたのかしら?まさかねえ。偶々タイミングが合ってしまっただけよねえ。

今日はカラッと晴れた夏らしい日になりそうだ。
午後からは人に会わなければならない。何を頼まれるのだろう。ちょっと憂鬱。
私はあなたが思うほどちゃんとしている人間ではないのですよ。

| | コメント (0)

凄いなあ。本当に凄い。

私が見ると勝てない。だからザッピングしながらの観戦だったのだが、確かに目にするのはアメリカのゴールシーンだけ。追いついたのに、また勝ち越されてるじゃないか!
もうダメだ、と本腰を入れて観戦を諦め(?)、昨日録画した番組を防水モニターで見ながらシャワーを浴びることにした。
で、湯上り、やはり気になってテレビの前に。
・・・うわ、やっぱりアメリカじゃん。表彰されてら。あれ?でもあんまり嬉しそうじゃないじゃん。
そこで画面の隅に書かれている文字に気付いた。
「なでしこ優勝」・・・え?うそ。

準優勝の表彰が終わって、いよいよ優勝チームの表彰。これを聞いてようやく事態が飲み込めた。勝っていたのだ、日本代表。

見ていなかったけれど、その後めざましテレビが微に入り細を穿って試合の模様を教えてくれたから、宮間がこぼれ球を押し込んで同点に追いついたシーン(見れなかったのよ、ちょうど)や、延長戦前半和田アキ子ワンバックの見事なヘッド、でもそれに負けず劣らず終了間際の澤のゴール、と内容は知ることができた。
そしてPK。
海堀のセーブは神がかっていたようにも、あるいは必然のようにも見えた。
熊谷の、まだ幼く見える紅潮した頬が引き締まり、最後にボールを蹴ったその瞬間!
・・・ああ、リアルタイムで見たかったな。きっと私、絶叫していただろう。心臓に悪かったことも確かだけど。

イマドキの女子サッカー選手はなべて可愛く、お洒落だ。なでしこたちも例外じゃあない。
エースの「男前」澤選手だって、今日はちゃんとネイルを施し、もしかしたら走るには邪魔だろう長い髪も緩やかなウェーヴが綺麗。
鮫島選手は走り方がちょっと内股加減でいかにも女の子、という感じだけれど、活動無期限中止中の東電サッカー部から急遽アメリカへの移籍を決めるなど環境も激変したというのに常にフル出場で守備を支えていた。で、かわいい。普通にそこいらにいても十分かわいい。
ちなみに澤選手などへのネイルアートはスウェーデン戦の勝利の立役者川澄選手が行っているとか。
フランスやアメリカなど、対戦国のチームにも女優やモデルばりに美しい選手がたくさんいた。凡そスポコンには無縁そうな彼女たちだって、血の滲むような努力を重ねているはずなのに。
いっそビジュアルから入るのでも構わないから、もっと女子サッカーって注目されて欲しいと思いましたよ、今日改めて。

でそのなでしこたち。
プロ契約を結んでいる選手は数少ないと聞いた。一つ前の世代には、スーパーでレジ打ちしている選手もいたっけ。
澤や熊谷などが所属するクラブチームは、プロ契約していない選手も、サッカーに専念できるような環境作りをしているそうだが、決して十分な収入を得られているわけではない。
せっかくこれだけ注目されているのだから、今のうちに、熱が冷めないうちに彼女たちの待遇改善を図ってあげてほしい。
少なくとも男子並に給与など処遇を改善してもいいと思うんだけど・・・どうなの?

本当に本当にお疲れ様でした、選手の皆さん、スタッフの皆さん、そして現地で応援されたサポーターの皆さん。
ベタではありますが「感動をありがとう」

| | コメント (0)

千々に乱れる私の心・・・なんちて

肌寒い朝。
昨日からの雨も手伝ってどんよりと曇った灰色の空から夏の気配を得ることはできない。
連休とはいえ、今道内にいる観光客は不運だ。
夏と言えば、多少気温が高くても青空とカラッと乾いた空気こそが北海道の持ち味の最たるもの。
・・・ま、私たちは涼しいからいいけどさ。

セシウムが付着した藁を食べたと思しき肉牛が出荷され、その肉から基準値をはるかに超える放射線量が測定されたことで今後福島県産の牛肉が全て出荷できなくなる方向で調整中みたい。
正直、福島の畜産農家の方たちはどこに怒りをぶつけて良いかすらわからないだろうと思う。
最初の水素爆発が原因なのか。それにしても政府や自治体の対応はあまりに杜撰で後手後手。
淺川町の件に関しては、畜産農家に何の咎もない。否、その前の肉牛だって外に保管してあった藁は食べさせてはならないとわかっていてもそれ以外に餌の入手方法がなかったからやむなくしたことのようだし。

放射性物質は風に乗って世界中を巡っているから、きっと北海道でも太平洋岸にある私の住む街にも届いている。
買物に行けば、そもそも福島産の牛肉なんか目にすることはこれまでもなかったから対岸の火事とどこかで考えてもいた。だが既に市内あるいは近辺の牛たちが食べている飼料に放射性物質が付着していないとは言い切れないかもしれない。
北海道で生育され出荷された肉は、検査など受けないのだ。

牛たちが食べる稲藁。これは稲藁を生産するのではなく、あくまで米作の副産物だ。
もちろん、震災の日に外にあった稲藁に実(米)は残っていないから関係ないけれど、今後その土地は大丈夫だろうか。稲作を行っても影響はないのだろうか。
あまり危機感を抱いてしまうのは良くないと知りつつも、もしかしたらゲルニカなのか?安穏としているうちに破滅の日が訪れるのか?などとついつい悲観的なことも考えてしまう。

そう、原発。原発事故さえなければ。

何が真実なのか最早わからなくなっている。信じたいことだけ信じていればいいと思っていた。でもそれはあまりに楽観的に過ぎるのかもしれない。
病院で目にした女性週刊誌では、福島などで子供たちに異変が起きているという記事が掲載されていて、それを全て真実だとするなら既に放射能汚染は深刻な問題になっているわけで、でもそんなことテレビでも新聞でも伝えていない。

中学校の同級生と先日それこそン十年ぶりに話したのだが、彼女の娘が今正に中学生。所属している吹奏楽部には入部希望者が殺到しているそうだ。
ふうん、そんなに人気があるの?何で?と何気なく尋ねたら、「屋内で活動する部活だから」という答えが返ってきて一瞬絶句した。
・・・外で運動させたくない。親、或いは生徒自身がそう考えているのだ。ちなみにその中学校の所在地は福島県ではない。

今北海道に、私の住む街に降っているこの雨にも放射性物質が含まれているのだろうか。
外にいる牛に馬に豚に鳥に・・・そして人に、何らかの影響を与えることはないのだろうか。

ヒステリック?過敏?
どこまで何を信じたらいいのかな。一つ思うことは、自分に小さな子がいなくてよかったということ。
逆を言えば、小さなお子さんがいる親御さんはどれほど心配を抱えているだろう。

あまり神経質にならないほうがいい、と家人は言う。実際のところ、じゃあお前さんは何か対策を講じているのか?と聞かれれば、いいえ、何も。と答える。
何をしたらいいのかも解っていないんだもの、だって何が起きているかわからないんだから。

最近は被災地の状況もあまりマスコミは伝えなくなってきた。
募金活動への賛同は今でも続けている、細々とだけれど。
赤十字やユニセフなどに集まった寄付金や義捐金は未だに被災者へは届いていないようだから、もっとピンポイントに、とむしろ規模の小さい活動を行っているところに目を向けるようにしている。
本当はボランティアにも行きたい。瓦礫撤去などには使い物にならないひ弱(?)なオバサンなので、保護されている犬猫の世話とか、できることでお役に立ちたい。でも・・・結局は自分の都合で行けないんだよなあ。
猫の補液があるから。仕事があるから。
・・・唐突だけど、私の存在って、この世の中で何かの役に立っているのかしら?

最近考えがまとまらなくなってきた・・・って前からか(笑)
今週も慌しい。人が来たり人に会ったり、と苦手なことをしなきゃならないのは苦痛。心が曇りがち。でも仕方ない。社会人なんだもの。責任は負わなければ。
せめて天気くらい晴れやかな一週間であって欲しい。

| | コメント (0)

寝苦しさはなさそうな夜

日中はそれなりに蒸したが、夕方から急に気温が下がった感じ。
今は窓を開けておくと肌寒い。何だこの気候。
巷では明日から3連休らしい。私にゃ無関係だが、悪影響は被るぞ。だって道内ほとんど観光地だからどこ行っても人が多い。リニューアルオープンした空港なんか最悪だろうな。行きたいけど。

さんざっぱら迷惑をかけてくれた従業員の家族。件の従業員もひとことくらいお礼言ったらどうなの?当たり前のような顔して普通に働いているのを見てちょっと苛々。
どこまでも自己中心的な一家で、この先この人たちと付き合っていくのかと思うとうんざり。
実は、その従業員はそれなりに仕事を任せているある意味キーマンなのだがもう一つ実は、を重ねると家人も社長も彼にはほとんど期待していないという現実がある。
まず、暗い。そして理解力と社会性に乏しい・・・ってさんざんな言い様だなあ。技術職だからなかなか後任が見つかりそうに無いというこちらの弱みにモロにつけ込まれている感じ。
逆に言えば、もし彼と同等のスキルがあり、人柄が少しでも彼よりマシ、という人が現れたらすぐにチェンジしてしまうということで、それを彼らは知らない。
教えたら少しは変わるのかな。変わらないだろうな。

くだらないことに文字を使いすぎてしまった。もう係わらないと決めたけど、きっとそうも行かなくなるだろう。
あの人は、きっとこれからも問題を起こす。年齢に全くそぐわない幼さは周りの迷惑なんか知ったこっちゃないとばかりに暴走するはずだから。本当にうんざりだ。

明日はせいぜい近所のイオンで買い物くらいかな。久々に31のアイスでも食べよう。でも、いつもそう思って行くんだけど何故かスルーしちゃう。
最近リニューアルしたばかりなので、まだちゃんと見ていない店もあるからゆっくりしたいけど・・・混むだろうな。

北海道では相棒の再放送がオンエアされているけれど、今日はちょっと驚かされた。
MEGUMIって意外に演技上手なのね。そして鈴木杏樹!最初はわからなかったくらい凛々しくて美しかった。
どんでんどんでんまたどんでん、と最後の最後まで飽きさせない展開にはすっかり夢中になってしまいましたよ。
やっぱりこのドラマ面白いなあ。
でも何故かリアルタイムで見たことって一回もない。そもそも何曜日の何時から?ていうか今やってるの?
夕方に見るから面白かったりして。まさか。

| | コメント (0)

すごい!

うわ、びっくりした。本当に勝っちゃった。
おめでとう、なでしこジャパン。
最後まで運動量が落ちず、うーん、やっぱり日程の利もあったのかもしれない。
決勝は世界ランク1位のアメリカと。勢いと、モチベーションとで実力差をなんとか逆転して欲しいものだが・・・まだ1回も勝ててない相手か・・・あうううう、見た目デカい・・・
それにしてもCXで解説してるアナタ。いちいち彼、と言いかけるのは如何なものかと。れっきとしたレディですよ、彼女たちは。

今朝は涼しい。雨模様だけどそんなにじめじめしてもいず、凌ぎやすい一日になりそうだ。

| | コメント (0)

なんとなく愚痴っぽいエントリです

昨日は炎天下あの有名な馬のセリを見学してきた。
昨年は行けなかったのだが・・・いつからあんなブランドブースだのポルシェだのが並ぶようになったの??
まあ、確かに億単位で馬買ってる人にとっちゃポルシェなんて屁でもないのかもしれないな。

売り上げは昨年よりも良かったようだ。あるところにはある、ということか。
GⅠ勝ち馬を両親に持つ1歳牝馬が最高価格だった。繁殖としての意味も鑑みての結果だと思う。
だって賞金だけであの金額を稼ぎ出すのは正直奇跡みたいなもので、血統的にその産駒を売却することによって得られる利益まで計算できるから競り落としたのだろう。
いずれにしても別世界。私にゃ関係ない人たちばかりだった。
あ、著名なジョッキーも2人ほど。連れて行ってくれた関係者さんはあちこちで顔見知りらしい調教師や生産者などと挨拶や立ち話、近況報告などをしていたが、会場のそこかしこでそんな光景を目にした。
一種、お祭りのような雰囲気。
だって、凡そここで馬を買ってもらえそうにない調教師さんとか、明らかに振舞われるケータリング目当てのご家族、有名無名の競馬マスコミ、競馬番組のキャスターを務めるアナウンサーまで、ゼッタイにこの人たち馬買ったり売ったりしないな、という人がわんさかいたから。もちろん私も含めてですが。
2時間ほどいて帰途へ。強い日差しに正直熱中症気味だったけれど、なかなかに楽しい時間を過ごすことができました。
やっぱり当歳の方が見ていて楽しいな。ただ、当歳買うって途轍もなくリスキーだし、本当に余裕のある人しか購入できないと思う。
昨日注目した馬が今後どんな活躍をするかできる範囲で追いかけてみたい。特に高額取引馬。

今日も暑かった。
エアコンの入る部屋で、温度設定を25度にする。ちなみに外気温は28度。
・・・少し肌寒い。26度に上げて丁度よくなった。
でも内地は設定温度28度なんでしょう?無理だ。間違いなく無理。
残念だけど8月の上京は無理だ。多分熱中症で倒れるから。冗談じゃない。

明日早朝から女子W杯準決勝。見るつもりなので今日は早く風呂に入ってとっとと寝よう。
寝ても寝ても寝足りない。疲れが取れない。
昨日の某テレビ番組で、甲状腺の障害でこれらの症状が出るといっていた。
実際、何年か前に他の疾病で受診した耳鼻科で甲状腺が若干腫れているから半年に一度は検診を受けるようにと言われていたこともあって心配なのだ。
でもねえ・・・甲状腺機能障害が起きると・・・体重減少するんだってねえ・・・ちっとも減ってない。ちっ。
それでも、今月はバタバタしているので来月、行ってみるか、耳鼻科。はあ。なんかあちこちガタ来てるな。

| | コメント (0)

・・・・・・

今日は酷く疲れた一日だった。

朝、従業員の一人が事務所に駆け込んできた。その人の家族が精神的に変調を来たし、手に負えないと。
いろいろ前段はあるのだがそれはさておき、とりあえず様子を見に行く。
家族には話せないことも、他人には客観的に話せることがままあるのでそのまま外に食事に連れ出した。
・・・そこから数時間、宥めたり強く言ったり、あるいは阿ってみたり厳しく批判してみたり、と様々に説得を試みるも埒が明かない。
で、勤務時間終了後に家族みんなで事務所に来るよう伝えて一旦家に送り届けた。

そして、夕方。
・・・1時間以上、家人と共にまたも説得工作(?)を続け、ようやっと帰宅していただいたのは猫の食事時間をはるかに過ぎたころだった。
もう、ストレスで肩も首もガチガチだ。損な役割と思いつつも仕方ない。これも仕事だから。
今日は早くお風呂入ってとっとと寝よう。もういいよ。疲れたよパトラッシュ(?)

明日はセリを見に行く予定。でも今日HPがフルに回復できるかわからない。
風呂で溺れちゃわないか心配だあ・・・あうううう。

| | コメント (0)

真夏だってばこの暑さ

私は根が単純なので、猫を可愛がる人はいい人、という大前提を自分の中に持っている。
だから、何度か書いているけれど、ジゴロと称されるジャーナリスト氏も、彼のツイッターを毎日見ていたらすっかりファンになってしまったから、だまされた、とネット上で喚く女性の方が悪いと思い込んでいる。
だって、原発事故で避難区域になってしまった「被災地」に動物保護のために足を踏み入れたりボランティアを手伝ったりあるいはその活動を世に広めたり、それ以上に、被災地から連れ帰ってきた瀕死の子猫を大事に育て上げて見事元気にしてくれたのだから。
更に小さな子猫が1匹増え、その2匹がまた仲睦まじく一緒に写っている画像を毎日アップされちゃったりしたらもう!
彼の人間性がどうのなんて、所詮私たち外野にはわからないし知りたくもない。
でも、「野良猫が子猫産んで困るから近所のじいさんに頼んで川に流してもらった」と当たり前のように話しているクソババアおばあさんに比べたら100倍も200倍も勝っているでしょう、人として。
(病院の待合室で行き会ったそのおばあさん、その後出会った子猫たちはボランティアに頼んで里子に出したとのこと。そこまで聞いたので握りこぶしを収めることができました。危うく喧嘩売っちゃうところだった)

知り合いの猫が、猫にはあまりない疾病に見舞われたそうだ。
私なんかの何倍、何十倍も飼育に関しての知識があり、様々なサプリなどを利用して常に愛猫の健康をケアしている人なのだが、何故か難病や不治の病にばかり遭遇している。
―何故なんだろう。
世の中には、安くて何が入っているかわからないようなフードを食べさせているのに長生きしている猫もたくさんいるというのに、何故彼女の猫ばかり?
何の気なしに家人にそう話したら、「むしろ手をかけすぎているから病気になるんじゃないか」・・・うーん。
神は乗り越えられる試練しか与えない―この言葉が真実だとするなら、いい加減に暮らしている人の方が乗り越えられる壁の高さが低く、だから与えられる試練もそれに応じたものだったりするのかもしれない。
・・・ここまで書いていて不条理を感じ、不快な気持ちになった。
彼女にかける励ましの言葉は見つからない。あなたが手をかけすぎるから試練のハードルが高くなったんだよ、なんてことは思ってもいないけれど、でも、もう少し肩の力を抜いてもいいのではないだろうか。
でも、折角生まれてきたのに母親の顔さえ見ないうちに命を奪われてしまう子猫もいる中で、たくさん愛情とお金とを注がれる彼女の家の猫は幸せだ。だから、頑張れ。頑張って治るんだよ。元気になるんだよ。

今日は本当に暑い。もしかしたら30℃近くまで気温が上がっているかもしれない。
とにかく、少し動いただけで汗だくになってしまうので、今は冷房のある部屋で少しだけ涼んでいるところ。
人も猫もぐったりの一日は、日が落ちても気温が下がらないような、嫌~な予感が・・・あうううう。

| | コメント (0)

にゃっとにゃっと~ぇにゃっとう(今の若い人に納豆売りの口上なんかわからないよね~)

7月10日は「なっとうの日」なのだそうだ。
だからなのか、今日行った近所のスーパーににゃっとうが置かれ、更ににゃっとう巻なるものまでが店頭に並んでいた。

D1000652
売り場にはこんなポップも置かれていて、オシキリもいよいよ本腰を入れてにゃっとうプッシュを始めたらしい。いいぞいいぞ。にゃっとう販促部員(自称)としては嬉しい限りだ。
この勢いで道内全ての店舗への常備を目指してほしい。頑張れ、にゃっとう!!
(くどいようですが、味は至って普通です)

今日は暑い一日だった。
日差しも強く、風もあまりなく、昨日の雨が祟って湿気も多かった。
でも、多分25℃を超えたか超えないか、じゃないかな。恐らく内地の人なら「あら今日は涼しいわ」くらいの気候だったと思う。
それでもそういう気候に慣れていない身としては辛かった。
休みだったが急に仕事が入ってしまい、半日パー。午後から昼食食べて、買物したらもう夕方だもの。
何だか慌しい一日でもあった。
夏バテしそうだから、とっととお風呂に入って寝ることにする。
いい夢が見られますように。

例えばにゃっとうに押しつぶされそうになる夢を見たとする。果たしてこれはいい夢?それとも悪夢?

| | コメント (0)

思うこといろいろ

原発対応を巡って政府内が右往左往しているのを苦々しく見ている。
玄界町長の腹立ちが手に取るようにわかる。
恐らく、公の立場や所謂「建前」を離れてまでも原発の再開を容認するような気持ちは、町長をはじめ町民の誰一人として持ってはいないのではないだろうか。
もし、何があっても安全性は確保されるというのなら、九州電力の、あの驕った会見を行った社長は原発の傍に住めばいい。
財政面、雇用面などを鑑みて苦渋の決断を下したはずの町長、そして佐賀県知事。
彼らは二階に上がって梯子を外されたようなものだ。
ストレステスト?何を今更。総理の延命工作と揶揄する声もあるが、強ちそれは間違っていなかったりして。
それにしてもどうしてここまであの人は総理の座に固執するのだろう。本当にわからない。
もはや復興なんて言葉は置き去り。与野党ともに裸の王様に振り回されているのを見ていたら情けなくなってきた。

被災地にいる家人の友人、共通の友人が今日現地に行って彼に会うのだそうだ。
それなら二人で飲んでもらおうとクラシック(北海道限定販売を謳っているが、実は結構内地でも売られている)と冷凍の美味しいジンギスカン肉を送ったのだが、ちょっとタイミングが合わないみたい。残念。
でもどちらも保存が利くから、暑い盛りに召し上がってください。そう後で家人から電話させよう。
もう一人の共通の友人も行きたがっていたが、スケジュールが合わず断念。
様子次第では、秋にでも3人で訪れることになるかもしれない。そう、4人で楽しく酒を酌み交わしてくればいいさ。
きっと現地での苦労は、私たちには想像すらできない。少しでも家人たちの存在が慰めに、そして励ましになるのなら行った方がいいよ。

政治家たちは、被災地にもっと目を向けて欲しい。解散なんかもってのほか。
そんなことに使うお金があるなら復興に使ってほしい。
大変な思いをしている人たちがたくさんいるのに、自分たちはそこそこ冷房の効いた部屋でそれなりに美味しいもの食べて、平穏な日々を送っている。それも税金を使って。
そういう自覚はまず、ほとんどの議員さんにはないだろうな。
いっそ、現在の閣僚とどこか優秀な高校の生徒会役員とを入れ替えてみたらどうだろう。案外良い方向に進んでいったりしてね。

取引先からお中元を毎年いただくのだが、毎年ちょっと変わった飲み物だったりデザートだったりで内心楽しみにしていたのに、今年からワインになっちゃった(涙)
何故か家人が下戸だと思い込んでいたらしい。違うのよ、いつも車だから宴席でも飲まなかっただけなのよ。
先日何かのきっかけでポロリとワイン飲むこと話したら・・・あうううう。
ボルドーの赤と白1本ずつ。白はうち飲まないからなあ。
いただいておいて文句は言えないから、料理に使わせてもらおう。
贈り物って本当に難しい。特にワインのような嗜好品は、好みがあるから迂闊に送れないものだけれど、送り主こそ下戸なのでそういうことはわからないみたい。
なんとか、やんわりとそういうことをお伝えしたいけど、まあいただいておいて文句言っちゃイケナイですね。反省。

よた、血液検査の数値が良化している。もしかしたら新規に飲ませ始めたサプリが効いているのだろうか。
もしそうなら・・・長生きして欲しい。
ふうの顎は一進一退といったところか。とにかく顎を触られることに恐怖感を持っているようで、それを宥めすかしながら拭いたり、薬を塗ったりと何だか嫌われてしまいそう(涙)
でも頑張らなきゃ。いつまでもあの状態じゃかわいそうだから。頑張ろう。

| | コメント (0)

暑い・・・

ある日突然、職場と、ほぼ隣接している我が家のケータイの電波状況が悪くなった。
不便を嘆いていても仕事にならないので、docomoに相談したのが先週のこと。約1週間待たされてメンテナンスの方がようやくやってきた。

確かに、基地局からの電波事情はよくないそうだ。改善の余地があるかどうかはまた別のセクションが担当だそうだが、今日いろいろ測定したデータをそちらに上げて、何とかしたいと仰ってくれた。
それまでの間、電波を増幅する機器をレンタルすることになり、つい先ほど設置を終えたところ。

・・・いや感動モノですよ。バリ3(死語?)キープエンドレス(?)だもの。当たり前?いやいやこの賢い機器さんが来るまではちょっとした拍子に圏外だったのだから。
自宅のほうにももうちょっと簡易な電波増幅ツールをレンタルして、こちらもOK。

驚かされたのは、そのメンテナンスマンたちが非常に折り目正しく、かといって慇懃無礼でもなく、電波状況改善に命懸けてるぜ的雰囲気が満ち溢れていたこと。
暑い事務所(エアコンなんかないし)の中で汗かきながら作業してくださったおかげですよ。本当にありがたい。
帰り際、弊社の過去大ヒットした商品をお土産にとお渡ししたら大層喜んでくださった。

私と家人はクレーマーではない。
基本、間違っていたり明らかにホスピタリティに欠けると思しき行為に対しては厳しく正すし文句も言うけれど、無理無体なことは決して言ってはいないつもりだ。
だから、礼を尽くしてくださった方にはこちらも礼節を持って対応するし、感謝の気持ちも忘れない。
バカ丁寧であれ、とは言わない。以前、某カーショップで必要な書類を渡してもらえなかったことに気付き、電話で郵送するようお願いしたら、いかにも学校出立てと言った風情のお兄ちゃんが不自然な敬語満載で対応してくれたのだが、後日送られてきた書類にはたどたどしく子供じみた字ではあるけれど丁寧なお詫びの言葉が綴られたメモが入っていた。
正直、客商売でその言葉遣いはないだろう、と不満もあったが彼なりに一生懸命頑張っているんだ、と思うと何となく嬉しくなった。単純なんです私。
売る方買う方、そしてサービスを行う方享受する方、どちらも相手を思いやる気持ちを持てば世の中ももっときっと明るくなると思いますが。

それにしても今日は本当に暑いなあ。ビールが美味しい季節がやっとやってきた感じ。
これくらいの気候ならビアガーデン行きたい・・・

| | コメント (0)

夏らしい1日でした

今日は暑かった。久々に夏らしい一日だった。

いただきもののさくらんぼは、8割方食べ終わった。明日の朝でおしまい。美味しかったな。
この時期、お中元が幾つか届くのだが、中には「これ食べるとヤバイ」という類のものもある。
いや、内容がどうということではなく、所謂しがらみ系のお話。
これ食べちゃったら、それを聞き入れてあげなきゃならないかも・・・的な(?)
でも食べましたよ、今日買い物行かなかったからちょうどよかったし(おい)
あーあ、どうしたものか。知らないもんね~私は関係ないもんね~

ポメラ、故障したらしい。
特定のキーが全く反応しないのだ。
お客様センターに連絡したら、明らかに故障だ、とのこと。
梱包して、保証書とともに発送したが、往復4日+修理にかかる日数。しばらくは手元に戻ってこないだろうな。
あれで日記をつけることが日課になっていたので何となく落ち着かない。
精密機器が身近に増えてきて、もう何かあったとしても素人では手に負えない。
まさかこれ、壊れないよね、と外箱を捨ててしまうと、そういう機器に限って壊れるような気がする。
ポメもそう。精密機器の中でも単純な機能しかないし、よもや壊れはしないだろうと踏んでいたらこうだもの。
大したことなければいいけど。早く帰ってきてね。待ってます。

レバ刺しが食べられなくなるそうだ。ショック。
ここ最近は食べる機会もなかったけれど、なくなるとなると、無性に食べたい。
ユッケも好き。タルタルも好き。馬刺しは食べないけど牛刺し、鳥刺しは食べたい。
家人は生肉なんか食べる人の気が知れない、というけれど、私からすりゃ「何故食べない?」・・・うーん、理解できない。
でもたかが生肉で命を落としたくはない。あの集団食中毒事件で亡くなられた方はつくづくお気の毒だと思う。
安心安全な生肉を食べられるようなシステムを作って欲しいところだ。

心が寒いと体も寒い・・・?
そっか。だから私、最近体温下がってるのかな。

| | コメント (0)

偏見かもね(最初の文章にかかります)

私はあまり九州出身の人に良いイメージを持っていない、というか、良いイメージを抱かせてくれる人に出会ってこなかった。
でも、九州出身であることを失言のエクスキューズに使うのは如何なものかと。
更に、血液型Bだから、って?おいおい、日本全国で約20%を占めるB型の人たちを敵に回すわけ?
そもそも自らをチーム・ドラゴンなんて称しちゃうあたり、現政権を批判していたくせにいわば花形ともいえる復興担当大臣に就任したことも含めてどこか調子に乗っていたのではないですかね。
本当にねえ。政治家って今、アタマのいい人はやらない職業になっちゃったんでしょうかねえ。
こんな人の下で働く部下はかわいそうだとつくづく思う。
手柄は自分、失敗は部下。そんな絵図が目に浮かびませんか?
人間性はさておき、せめて復興への手腕だけは確かなものであって欲しいけれど・・・あまり期待できそうにないよなあ。

↑ここまで書いたのは午前中。そして、続きを書く前に辞任あそばされました。何してんだか。
最後の会見まで、恐ろしく子どもじみた発言を繰り返していた見苦しさ。もう議員も辞めてほしいものだ。宇宙鳩共々。

今日はよたの通院日だったが、ふうも帯同させることにした。
というのも、顎から出血したから。
軟膏を使い切り、状態も悪くない、と油断していたら昨晩、抱き上げた目線の先にぷっくりと赤い血の玉が!
慌ててティッシュでぬぐってみると、出るわ出るわやや薄い色の血!
どろりとした膿みは出ない。化膿の具合はかのの方が酷かったかな。
というわけで、今日も先生に患部を絞っていただいて抗生剤も変えた。
早く治って欲しいところだ。心なしか元気ないもの。
よたは数値がかなりよかった。と言っても標準値は超えているけれど。
とりあえず今の治療は効果があるらしい。よた、これからも頑張ろうね。

美味しいさくらんぼをたくさんいただいた。綺麗に箱詰めされたものではない。色も必ずしも全て赤いわけではない。
それでも甘くてとても美味しい。
家人と、朝昼晩食べ続けて2日め。傷みやすいので早く食べなきゃ。
送ってくださった方にはお金では買えない貴重品(?)を発送した。喜んでくれるだろうきっと。

なんだかテンションが上がらない。

| | コメント (0)

けっこうグダグダな月曜の朝

先日の、新聞の投書欄に「めざましテレビのメインキャスターが言葉に詰まりがちで聞き苦しい」といった内容の意見が掲載されていた。
思わず、我が意を得たり、と膝を叩く。
言葉を大事にしているから?違うと思う。老化現象だ。
言葉が思うように出てこないのだろう。もどかしさを表情から感じるし、それならいっそ身を引いてくれればいいのに。もう老醜の範疇だと思う十分に。
愛子ちゃんも、向いてないよキャスター。
可愛いだけのキャラクターなんてあと何年ももたないだろうに。
この番組で、原稿を原稿ではなく自分の言葉と感情で情報として伝えられる人はほとんどいない。アミーゴくらいか。後は皆渡された原稿を、ただただ間違えないように読むだけ(それすらできない方もいらっしゃいますが)
だから最近はめざまし、あまり見ない。というか途中でチャンネルを替えてしまうことがほとんど。
朝から苛々したくないもの。でも、じゃあどこの局を?となると正直迷ってしまうので、前の夜に録画した番組を再生することが多いかな。
今朝は、さまぁ~ZOO(だっけ?正確なタイトル忘れました)。SDNのお姉様(笑)がいい味だしてます。ホント、誰がこんな番組の企画出すんだろうね。さすがテレ東。

マルモ、とうとう最終回。いや、誰も予想できない、って・・・恐らく誰もがあの結末を予測していたと思いますが(爆)
あ、ムックの件は想定外?でも・・・ホントにそうなの?そうだったの?(視ていらっしゃらない方がここに来て、お楽しみを奪ってしまったなら申し訳ないので伏せます)
他愛も無い、という言葉がぴったりなドラマだったけど、だからこそ今の混迷を深めているこの時代に息抜きとして皆が求めていたドラマだったような気がするのは私だけじゃあないだろう。
目の上の瘤どころか大岩がなくなった昨日、どれだけの数字を取ったのか早く知りたい。
それにしても、子役たち凄い。彼らのナチュラルな演技にはついこちらも貰い泣きしてしまった。あれじゃ大人たち食われちゃうわなあ。
ちなみに家人は、「このママとマルモがくっついちまえばいいのに」・・・おい。
さ、JINともどもDVD化しよう。後はお風呂でゆっくり。これがあればのぼせるまで半身浴もできそうだ。

さ、今日から1週間も実はいろいろあって慌しい。仕事もあるし、人も来るし、であっという間に過ぎていってしまうのだろう。
歳を取ると本当に時間が経つのが早い。
昨日の疲労が云々なんて言ってられないぞ。頑張ろう!・・・頑張れるかな・・・どうだろう・・・・・・あうううう。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »