« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

とりとめないです、今日も。まさに垂れ流し。

とある休日のこと。
年末にりんごをいただいたのだが、食べきれないまま放置しておいたら家人が「ジャムを作りたい」と言い出した。
私が作ってもよかったけれど、折角その気になってくれたのだから、とお任せすることに。

グラニュー糖とレモンは偶々あったので、早速作っていたみたい。みたい、というのは私は掃除と洗濯に明け暮れていたからノータッチ。
それでも、程なくしていい香りが漂ってきたから、恐らくうまくできたのだろう。
昨日はそれをいただくためにわざわざパンを焼いてみた。

・・・あら、意外にイケるじゃないの。
ま、レシピをオンラインで探してプリントアウトしておいてあげたのは私。そのとおりにさえ作れば多分お子ちゃまでもできるだろう。
まあ、こうやっていろいろなことに興味を持っていただくのは決して悪いことではないし、ね。

まだまだ残っているジャムをさばくために、明日にでもロールケーキを作ってみようと思う、
ホイップクリームとジャムをたっぷり使って。

今年は降雪量が多い。日本海側なんて酷い状態にあるようだ。
意外なのは金沢。
先日取引先の方がいらしたのだが、ほとんど積雪はないという。降っても解けてしまうんだって。
しかも気温が高いようで凍結もしないのだとか。うらやましい。
我が家は、除雪に頭を悩ませることはほとんどないけれど、解けて凍って、のテカテカ路面が怖い。こうなると散歩もできやしない。そもそも凍ってなくてもしないけど。

人気女性アイドルグループから、古参の女の子が2人脱退するという。
理由はまあよくありがちな「異性関係」
酷だな、と思うのは、彼女たちのプライバシーを執拗に暴こうとした存在があり、しかもその連中の目的は別のところにあったという。つまり彼女たちはいわば巻き添えのように槍玉に挙げられたわけだ。
まあ、恋愛禁止、が建前だったのなら、禁を犯した彼女たちに非は確かにあるんだけど。

・・・暴いた連中のプライバシーも暴かれればいいのにね。不公平じゃない?

脱退する子のうち1人は、グループ創世記からのメンバーで、だのにまだ20歳にもなっていない。
歳の割りに落ち着いて見えたのは、グループがここまで成長する間にさまざまな苦労を味わってきたからだろうと思う。
今後も単独で芸能活動を行うそうだが、前途は決して明るくないだろうに。

私の好きなメンバーが、もう一人の脱退者と仲良かったそうだ。
飛び火しないか心配だけど、こればかりは成り行きを見守るしかない。

| | コメント (0)

都会のねずみにはもう戻れない

昨日の疲れがドッと出た感じ。
こっちに来る前は、銀座や池袋、原宿の雑踏だって平気な顔で歩いていた。
行列だって平気で並ぶし、満員電車だって平気な顔をして乗っていた。
空気が汚くたって、車が多くたって平気だった。

今じゃどうだ。
札幌の空気ですら肺に重たい。
すれ違う人の多さに辟易し、エレベータが満員になったらうんざりし、人が数人でも並んでいたらその店はパスする。

田舎暮らしは人を変えてしまうものらしい。
逆に、久々都会に出たら、帰宅後覗き込んだ鏡の中の顔が、シャープな輪郭になっていて驚いた。
ま、一晩寝たら元に戻ったけれど。ちぇ。

我が街にもその昔、デパートがあった。
郊外型の大きな店舗があちこちにできたことで、駅前にあったそれはあえなく撤退の憂き目にあってしまったが、失ってみて初めてその存在の大きさに気づくものだ。

昨日、私はただの一度も嫌な思いをしなかった。
どの売り場のどのスタッフさんもホスピタリティの塊。言うたら鬼、と例えてもやぶさかではない。なんだそりゃ。
とにもかくにも、決して押しつけがましくなく、さりとて放置するわけでもない。
ま、たまたまそういう人にばかり遭遇したのかもしれないけどね。

それでも、近所のイオンじゃこうはいかない。
愛想がない、とかそういう問題じゃない。接客のプロという意識の感じられない人がいかに多いか。

確かに、その違いが商品価格に反映されているといってもいいわけで、デパートの商品は全般的に高価だ。
生鮮品など、おおっ!と思わず声をあげてしまうものも少なくない。
また、商品のディスプレイなどもゆったりとしていてすべてに余裕を感じる。

買い物をする際の快適さを取るか、価格を取るか、利便性を取るか。
(・・・我が家の場合そこに距離、というもう一つのファクターが加わるのだが)
普段なら2つ目と3つ目の要素を重要視するけれど、偶に最初のそれを味わうのも悪くないな、と思わされた一日ではあった。

デパート、帰ってこないかな・・・あうううう。

| | コメント (0)

いい買い物ができたと思う。

久々、札幌のデパートでいろいろ買い物してきた。
仕事用のあれやこれや、がメインだったのだが、そっちは早々に終わらせて(いいのか?)、私的メインのチョコレートや着るもの、欲しかった某美容液のサンプルなど、思う存分(予算的制約はあるが)入手してきた。

チョコ、ゴディバばかりじゃ能がない。ピエール・マルコリーニさんちのはうち用に。一応家人に手渡しはするが、即開封して一緒に食べるのだ。
後はベルギーからの輸入チョコなどマイナーどころ(?)をいくつか。あ、実家に送る荷物にも一つは同梱する予定。

靴下、6足1050円!開店早々だったので人もまばらだったワゴンに、昼過ぎにはたくさんの人が群がっていた。そりゃそうだわな。先に買っておいてよかった。
本当は手袋とストールも欲しかったが、そこまで予算はないのであきらめる。

お目当てのサンプル、何と!その美容液の10倍効果があるというマスクのサンプルと共にいただけちゃった。ラッキー!
丁寧に使用方法を説明してくださるBAさんの美肌ときたら。毛穴一つないんだもの。これ使うとああなるのね、と思うとかなり高価だが欲しくなってしまった。とりあえずサンプル使って考えよう。

着るもの、はセール品でとてもきれいな色をしたカシミアのタートルを見つけた。半額。でも高い。うになら何着買えるだろう、というお値段。
それでも手に取ってみたら、ああ流石カシミア。離しがたい。何とも魅力的な手触り。春先まで十分着られるだろうし。
しかも、隣に置かれているざっくりニットも気になって仕方がない。
手元には頂き物の商品券。ええい!ままよ、とばかりに「2枚ともいただくわ」・・・ああ、言っちまったよ。
にっこりとほほ笑んで、商品券と差額の現金とポイントカードを手にレジへと消えていった店員さんの後姿をぼんやりと見つめつつ、傍にあったパンツからは意図的に目を逸らし、逆方向にさりげなくディスプレイされたアクセサリーもストールも見ないように精神統一を図る(大げさな)。

最後は地下で惣菜だの野菜だの、そしてこちらもお目当てだったフォンデュ用チーズを・・・と、あら?ない。
売り場の方に「アッペンツェールは?」と尋ねたら「申し訳ございません。欠品中です」ガーン!
これがなきゃフォンデュが美味しくないのだ。泣く泣くあきらめる。諦めてばかりだ。

雪の降りしきる中、無事帰宅したのは夕方だった。
猫たちに文句を言われつつ食事を出してやり、人間は買ってきたちょっと豪華なお弁当をいただく。

偶には都会に行かなきゃね。田舎にいてばかりじゃ顔つきまでダレてしまう。
札幌の街も、西武が撤退したりしてちょっとさびしくなったけど、新しくできた地下空間は人通りも多くて、また違う表情が新鮮だった。

明日もいい日でありますように。唐突?事情がわかる人だけ納得してください。

| | コメント (0)

壊したテーブルとイスは弁償するんだろうね?

以前、よくいく店の主人に、「もし、ドラえもん役の俳優を当てられたら、これから1年間毎日通うよ」とクイズを出したトヨタの実写版ドラえもんシリーズのCM。
当然のことながら正解なんか出るはずもなく、答えをジャン・レノだよ、と教えてあげても全くピンとこない様子だった。

でも、何と絶妙なキャスティングだろう。ちゃんとお尻にしっぽまで付いてる彼が、見れば見るほど青くて丸い感じのもの(©ヨシヒコ)に思えてならないのは何故?

今日、更に驚かされたのがジャイ子だった。
兄は明らかに小川直也で何の不満もない。実に適材適所的なキャスティングだったのに、なぜジャイ子だけがあれほどまでに変貌を遂げたのか?!

正直あっちゃんはあまり可愛いと思ったことがなかった。
けれど、あの服装そしてベレー帽をかぶって小首をかしげたその姿ときたら、まあ可愛いったらない。
私が青臭い10代、もしくは人生にやや疲れてきた中年のサラリーマンだったらきっと、次の彼女らのCDを数十枚買って握手会(ってまだやってるの?)を目指したに違いない。

それにしてもどこまで行ってもダメダメなのび太よ。30にもなってまだうだうだとドラえもんに頼り切っているのび太よ。
彼を見ていると、笑いながらも胸が痛むのは何故だろう。
笑い飛ばすことができるほど、私もひとかどの人間ではないからかもね。

新千歳空港内のホテルが今年3月いっぱいで撤退、後釜が決まらないためそのまま閉鎖になるという。
非常にショック。
遅い便で戻ってきて一泊、翌朝帰宅する、というパターンを幾度経験したことか。
多少遅くなっても、そのまま夜道を運転して帰らなくてもいい、という安堵感。部屋は対して綺麗ではないけれど、ホテルマンのホスピタリティは決してレベルの低いものではなく、常に安心して宿泊できたのに。
お世辞にも売り上げに貢献した、と言えるほど利用したわけではないけれど、それでもなくなってしまうのは本当に残念だ。
日航はむずかしいかもしれないが、全日空あたりで何とかフォローしてくれないかな。
私の中ではドラえもん並にありがたい存在だったグランビスタ新千歳空港さん。今までありがとう。また泊まる機会が閉館までにあればいいけど・・・どうかな。

| | コメント (0)

クレーマーじゃないんだってば!&新発売

ネットワークウォークマン、帰ってきた。
・・・異常なし、なんだって。あれ?

もしかしたら、接続している機器に問題があるのかもしれない。そんなこと、正直考えもしなかった。
となると、だ。家人に買ってあげた方でも同じようなエラーがでるのか?
とはいえ、彼のウォークマンに入れてあげた曲のピッチやテンポなんてわからないから比較のしようがない。
どうしたものか。
とりあえず購入したサイトで商品のレビューを見たら・・・あら、あった。同じような症状を訴えている書き込みが。

正直仕組みはわからないけれど、思い込みはいけないということを痛感させられた。
いきなりソニーに送りつけてしまう前にここを見ておけばよかった。

自分用にも購入を予定していたが急遽取りやめた。
コードは邪魔だけど、普通にトランスミッターでいいじゃないの。ねえ。

ソニーさんは非常に対応がよかった。信頼できる企業だと改めて思った。

反対に、パナソニックにはちょっとがっかり。
ホームベーカリーを使っていて、ちょっとした疑問が生じたためお客様相談室的なところへ電話をかけたのだが、商品の大分類から小分類、最終的には口頭で商品名を吹き込み、ようやく担当部署へ電話が回った!と思ったら「ただいま大変お電話が混み合っており」・・・ああ、待つのね、と思っていたら「お繋ぎできませんので、再度おかけ直しください」・・・ええっ?!

普通、待たせるよね?親切な会社では「お繋ぎできるまで○分ほどかかりますがいかがなさいますか」的アナウンスまで流れるというのに。

2度繰り返して、3度目で腹立たしくなってきたので、地元のサービスセンターに電話、事情を訴えたところ、先方からかけなおしてくださるようお話してくださるとのこと。
で、数分後。
かかってきた電話に疑問点を説明、明確な回答をいただいたので満足した。そして、前段の疑問と言うか不満をぶつけたら・・・ま、想定はしていたが、経費節減なんでしょうね。
結局フリーダイヤルだから、カスタマーが待っている間の通話料金も会社で負担しなければならない。
電話の向こうのお嬢さんはそこははっきりとは言わなかったけれど、でも、せめて待つことを選択肢に入れてもらえないだろうか、とは要望は伝えた。
天下のパナソニックすら、こんな些細な(でもないか)節約を図らなければならない時代なのか・・・うーん。これで消費税をアップしたりしたら、ますます消費行動がネガティヴになって、ますますカスタマーへのサービスも低下してしまいそう。

最近、家庭内野良のちび猫が、だいぶフレンドリーになってきた。
もうね、夜なんか触り放題撫で放題抱きかかえ放題!
枕元に引っ張り込んで抱き寄せて、背中に顔をうずめてもふもふ。かーわゆい。
昼間でも、何かの拍子についうっかりと触らせてくれるから、これはもう1年かけて手なずけて来た自分をほめてやりたいところだ。
次は抱っこ&キャリーバッグ詰め。そして病院でのワクチンと爪切り。
これさえできれば、もう完全な家猫と言って過言ではないだろう。
頑張ろう!おー!

関東甲信越でしか販売されていないはずの某ポテチ。ふと気づくと地デジでCMをやっている!
よもや、と思って昨日スーパー(笑)へ行ってみたら・・・あった!ごく当たり前に売られていたではないか!!
メーカーサイトで調べたら、23日、つまり一昨日から北海道でも発売されていたのだ。
早速購入、食べてみた。
・・・あり?さほど美味しくないぞ。
得てしてそんなもんなんですね。期待し過ぎはダメ、って何度も経験則としてあったのにねえ。

| | コメント (0)

またとりとめのない

今日の夕餉はおでんがメイン。我が家のそれは牛筋が入らなければ成立しないため、家人からはしょっちゅうリクエストが来るが、作れるか否かは近所のイオン次第だ。

風強の文庫本を最近持ち歩いている。ちょっと時間ができると適当なページを開くのだが、脳内では映画のキャストたちに置き換えているから、なかなか先に進まない。
メインキャストはほぼイメージが原作に重なるのに、何故か、双子だけはどうしてもザ・たっちになっちゃうの。
あの体型ではどう間違っても箱根どころかトラック1周すら走れそうにないのに・・・
映画では斉藤兄弟。まさに適材適所だのに。わかっちゃいるのに。
DVDを見て矯正(?)しようと試みているが、うーむ、難しい。

おでんを煮込みながら、風強のDVDを見ていたら、やはりどうしてもハイジの10区完走間近のあのシーンが目に余って仕方がない。

あのキャストが再び集結することはまずないだろう。
外見的、肉体的にあの状態を再度作り上げることは彼らも年齢を重ねて難しいはず。
それは承知の上で、何とかこう科学技術を駆使して(?)、彼らをそのまま動かしての新バージョンを撮影、制作してもらえないだろうか。
新たにいくつかのシーン-個人的には山下りでユキが母親を見つけて面食らう場面が一押しだが、とにかくもう少し肉付けし、個人個人のキャラをもっと深く掘り下げてほしい。
たった2時間の映画では描ききれないんだ、あの本は。連ドラ、もしくは2夜連続のSPドラマか何かにしてもらえないかなあ。

感動する、ということがまあなくなってしまった昨今。
日曜日の都道府県対抗男子駅伝も、懐かしい顔や現役箱根ランナーも点在していてそれなりに私の中でも盛り上がりはあった。
福島の今井クン(順天堂大)、新潟の長谷川クン(上武大)、兵庫の竹澤クン(早稲田大)、東京の高橋クン(城西大)・・・社会人になって顔つきも大人びていたが、本当に懐かしい。
中高生も、懸命に走っていたし、その中の何人かはいずれ箱根を走るだろう。
でも、どこか冷ややかな目で見ている自分がいる。
実は箱根ですら心底熱中することができなかった。

歳を重ねるごとに、感情に何かしらフィルターがかかっているような気がする。
楽しくて笑う。悲しくて泣く。激しい怒りも強い憎しみもいつしかそういう感情を抱かなく(抱けなく)なりつつある自分がいる。
これが歳を取るということなのだろうか。
体重も落ちにくくなったしなあ・・・代謝が明らかに落ちている。

里子に出した猫が、著しく太ってしまった。
里親さんからいただいた画像を見てびっくり。慌てて彼女に「少し痩せさせた方がいいかも」とメールしたら、初めて猫と暮らす彼女は更にびっくりして、実はこういう心配も、ああいう心配も、と堰を切ったように不安を書き連ねた返事をよこしたから、再び私がびっくり。
毎日見ているから、太ったかどうかわからないと言うので、我が家を出る前日に撮った画像を送ってあげたら・・・悟ったようです(笑)
明らかに1キロ近く増えてると思う。あれはちとまずい。
猫は、避妊・去勢手術をするとホルモンの関係からか太るそうだ。でも、肥満は命取り。心臓への負担が大きくなる。

猫も飼い主さん(3キロ太ったとのこと)も、そして私も頑張って痩せよう!
まずは代謝を良くすることから始めなきゃ。
何か思いっきり笑えるようなドラマとか映画とか本とかないかなあ。
心の新陳代謝もよくしなきゃ。

| | コメント (0)

再開を待つ。それしかできない。

今日はお休み。大規模小売店の殿堂(笑)でシャンプーとトリートメントをまとめ買い。といっても2本ずつだけど。
なにせ定価の半額以下なんだもの。
先週何気なく買ってみて、使ってみてびっくり。あまりに髪がサラサラになって、もちろん昨年のクリスマスにいただいたドライヤーの力も大きい。でも明らかにそれ以上の効果をもたらしてくれたのだ。

こりゃもう1セットストックしておこう、とネットで調べたら今度はその値段にびっくり。
どこを探してもドンキ(あ、書いちゃった)以上に安いところはない。
というわけで、まだ売っててね、と祈りつつ買いに出かけてきたわけ。

その他にも猫用のレトルトやドライ、などもお安く購入できてホクホク。
で、浮かれ気分のまま、ちょっと足を延ばしてランチにはパスタを・・・なんて考えたのがいけなかった。
早来の外れの方にあるこじんまりとしたイタリアンのお店。
ここはこんな田舎なのに、と思わず驚いてしまうくらい、ちゃんとしたパスタの食べられるお店だったのに・・・そう、閉店していたのだ。
いや、そこそこ客入りもよかったはずだ。近所には某大手競走馬の牧場もあるし。

同じ敷地にある系列店(ではないのだが、面倒なのでその辺は略)に、帰宅してから電話で尋ねてみたところ、シェフが体調不良で昨秋から休業中、という答えが。
もうショックで、お大事にとお伝えください、とだけ言うのがせいぜいだった。

ご夫婦で、仲睦まじく、でもこういう田舎にありがちな馴れ合っている雰囲気もなく淡々と職責を互いに全うしているような、本当に「いいお店」だったんだ。

再開するかどうかもわからないみたいで、でも気長にその日が訪れるのを待ちたいし、待つだけの価値もある店。どうか、またあの美味しいパスタがいただけますように。

内地では雪が降ったようだが、こちらはしばらくまとまった降雪はない。北海道は本当に広い、と納得させられるのは、岩見沢などの大雪をニュースで見るとき。
・・・なんだか申し訳ない気分になってしまう。なんか、すみません(鈴木に謝るメレブ風に)。
ただ、道路も走りやすいのは幹線だけで、ちょっと裏道に入ればテッカテカ。
とりあえずは転ばないことだけを心掛けとります。ハイ。内地の皆様もお気をつけて。

| | コメント (0)

しびれるぜぃ!

自慢ではないが、こと静電気に関しては他の追随を許さない程の感度のよさを誇っている・・・って何だそりゃ?

水で感電する。床に落ちたナンで感電する。フキノトウを獲ろうとして地面に感電する。
すごいぞー!自動で水が出てくる蛇口なんかさながらロシアンルーレット。今日はびりびりしないだろうか、と戦々恐々としつつ、やはり出てきた水で感電してうぉ!と声を上げては周囲の人から何この人?的な顔で見られたり。

とにかく、人一倍の高びりびり度にあって、さすがに自衛策は講じるようになった。おかげで最近はかなり感電の回数も減った気がする。
(ちなみに、感電ではなくむしろ放電なんだけど、わかりやすさを考慮して感電と書いてます)

まず、これは絶対。
どんな時も、点、ではなく、面、で触れる。

経験則から言っても、手のひらで感電したことはない。だから、まずは体に帯電している電気を逃がすため、手のひらでドアや蛇口などのデンジャーゾーンの周辺をバシバシ触る。
これでびりびりならもう仕方ないです。

車に乗るときも、いきなりドアに手をかけるのはシロウト(?)、まずはガラスですよガラス。
ガラスを手のひらでバンバン行く。割らない程度に。当たり前だけど。
そしてできるだけ指を合わせて開ける。
車内でも気は抜かない。シートベルトの金具!シガーソケット!金属には気を付けよう!

・・・とか言いつつ、仕事中椅子から立ち上がる際、椅子の足(金属)に踝が当たってビリッ!と来るあたりまだまだ修行が足りないみたい(涙)

私があまりに頻々と感電して悲鳴を上げるため、家人など一時期はかなり心配してくれたが、悲鳴の回数が減り、同時に家人も私の悲鳴に慣れたため、最近は静電気が夫婦の話題に上ることはほぼなくなった。

実際に火災の原因にもなっている静電気。
たかが静電気、されど静電気。
ちなみに、私の場合市販の静電気除去的な商品は全く効果なし、でした。ま、これも人によるのでしょうが。

あひる、届いてます。週末にでも調理予定。
ただ、想定外に大きく、しかも頭がついてる(号泣)
・・・目あわさないようにしなきゃ、到底捌けない・・・あうううう。

| | コメント (0)

知らない、とは確かに言い難いが

今朝のめざましテレビ(余談ですが、今の体制になってから非常にテンポよく、また風通しもよくなって、見やすい。このままでいいのでは?もちろん、前MCについては快癒を願っていますが)のココ調は「見知らぬ人から突然『お久しぶり!』と声をかけられたら?」-これ、私ダメだ。

とにかく、人の顔と名前を覚えられない。
ちなみに加齢現象ではなく、自慢じゃないが若いころからのこと。本当に仕事では苦労したものだ。
かと言って、記憶力が低いわけではない。
未だにたった一度ステージで歌っただけの第九も、祇園精舎の鐘の声・・・も忘れていない。
その気になれば、という但し書き付ではあるが、覚えは決して遅くなく、しかも忘れない。

何ていうかその、浅く焼き付ける能力が乏しいんだろうなあ。
時間をかけて深くすり込むことはできるのに。

多分、私は正直に言っちゃう。すみません、どちら様でしたっけ?と。
会釈された程度なら、こちらも戸惑いつつ会釈を返すだろう。それくらいは大抵の人がすると思うけれど。
でも、声までかけられたら初手から詫びる。で、間違いなく知己だったら、正直にこう言う。
「私、病的なくらい人の顔と名前を覚えられないんです。ごめんなさい」
実際、ムッとされたこともなくはない。でも大抵の方は笑って許してくださる。

逆に、「え?なんでこの人私のこと覚えてるの?!」-これは概ね地位のある方に多い。
要職にある某外人さん。仕事上2、3度お目にかかったことがあるが、私はメインゲストではなく、端っこで話を聞いていただけ。
しかも、相手は身長もあるし、アングロサクソンだから日本じゃ目立つ。
私ときたら典型的な日本のオバサンだし・・・が、某所でいきなり挨拶されてびっくり!
あら。私ってそんなに目立つかしらん・・・などと自惚れる歳でもないし、人目を惹きつけるほどの美醜どちらでもない顔だし。

やはりひとかどの人はどこか違う。
見ていれば、そこかしこで彼は知人を見つけては同じように挨拶しているし、そういう気配りって日本人特有なのかと思い込んでいたけれど、違うみたい。
名前を聞いたら関係者もファンもみんな知っている、そんな社長さんも、目が合えば私がだれか認識したうえで互いに会釈を交わす。すごいよなあ。よく覚えてくれているものだ。
一度だけわが社に来ただけの取引先(?)さんもそう。ま、多少の利害が発生するから彼の方は覚えようと心掛けているのかもしれないけど。

私の場合、「混ざって」しまうことが多い。
例えば、ああ、あの人ってオードリー若林に似てる、と思ったらもうその人の顔は若林に邪魔されて記憶の裏側(?)へ。
そういえば、今日会った取引先の人、近所で最近潰れた食料品店のオヤジさんとそっくり!と思ってしまえば二度と記憶の中で日の目を見ない。

このままではだめだ。
せめて名刺でももらえればいいんだけど・・・もらっててもダメなんだっけil||li _| ̄|○ il||li

かくなる上は、できるだけ人と目を合わせないようにこっそりと街を歩くしかない。
・・・なんだこの結論。
いや、冗談です。これからは、浅く焼き付けることもできるように訓練します。できるかどうかは別ですが(え?)

| | コメント (0)

ヤァヤァヤァ!明日はあひるがやってくる!(テンションあがってます)

・・・というタイトルでそこそこ長く書いたエントリが、アップしようとしたら消えた。
ココログって時々こういう「バカ」があるから腹立たしくなる。

で、消えたエントリその内容は。
北京ダックは以前2、3回、食べたことがある。そのうちの1回は香港の有名店で。
肉までがっつり出てきたので、うちに届いたそれもそうするつもり。
週末は嬉しいこともあるかもしれないので、そのお祝いで食べられたら、と。
近所にはふぐやあひるを食べられる店がないので、そのうち札幌辺りへ行こうかな、と。
まあだいたいこんな感じで。

今更同じこと書くのもアホくさいのでやめます。

| | コメント (0)

・・・・・・ちっ!

「猫のも入れたい」「猫のも入れたい」「猫のも入れたい」

・・・呪文のようにぶつくさと呟きながら計算した結果、はじき出されたのは800円という金額。
到底リスクに合わないリターンなので中止した。

そう、医療費控除だ。
昨年は家人が歯科にベタで週一、ほぼ半年以上通い続けたこともあって、久々に領収書をまとめてみたら、おお!10万円をやや超えたではないか。
ということで、国税庁のサイトで計算。結果、還付額が800円だった、というわけ。

いや、猫の分入れていいんだったらさあ、合計で・・・と家人に言いかけたら、それ以上口にするなと止められた。
嫌なものは見たくない聞きたくない志向の強い人なので仕方ないとはいえ、猫の医療費の実態は知っていてほしいぞ。

概算で、よたが年11回見当の定期的な診察があり、それだけで悠に10万円なんか超えてしまう。
更に、やれ拾った保護した預かっただので不定期に検査代とか診察代、ワクチン代、下手すりゃ手術代なんかもかかっているから、実は更に倍!くらいの出費があり、もっと言えば昨年はオス連中が一斉に顎の皮膚が化膿しちまいやがって、かのはなんと切開までしちゃった。
家庭内野良のちび猫だって、昨年の年初に家に入れたけど、そこでも検査やワクチンなんかで結構かかった。

猫、も含めペット皆保険。それこそ「ありえへん世界」か。多分ドバイでもカタールでもキューバでもやってないだろうし。
それじゃ放っておきゃいいじゃん、って?それができたらそもそも猫なんかと一緒に暮らすもんか。
家族ですよ。家族。仕方ないでしょ?

それにしても、年間10万円も医療費に使っていることにちょっとびっくり。これ、あくまで負担金の額だから、実際に使われている額は・・・単純に3割負担として30万円以上!?

二人ともそこそこ健康だし、定期的に通院はしているものの重篤な疾病はない。
それでもこれだけかかるなら、大きな病を得ていらっしゃる方は大変な負担だろう。
高額療養費のシステムも、1の疾病による入院や加療ではなく1ケ月単位での請求となるからすべてがフォローされるわけではないし。

これから年を取るにつれてあちこちガタが出てくるわけで、お互い健康には気を付けないと。
やっぱり運動再開しよう。最大重量更新中の今、ここで食い止め、そして改善しなきゃ。
頑張ります。頑張ってみます。頑張れるかな?

で、さっそく今日は今年最初のよた検査日。
アゾディルの効果や如何に?

| | コメント (0)

ちょっと馬のことなど

既に日高では子馬が誕生していると聞く。
セレクトセールの存在も手伝ってか、早め早めに生ませる傾向はやはり一部には存在しているようだが、果たしてこの時期、地面は凍結して硬く、当然青草もないのに当歳のやわらかい蹄は大丈夫なのだろうか。

馬の受胎期間は概ね11ヶ月。出産後1週間程度で卵ができるから発情して種付ができるけれど、子宮の回復を待つために初回の発情を投げることが常識になりつつあるらしい。

1月から2月上旬に種付したら、下手すりゃ年内に生まれてしまう。
競走馬の場合、年替りで一斉に1歳年を重ねるので、たとい12月31日に生まれたとしても、次の日には1歳になってしまうのだ。
これは噂の域を出ない話だけれど、実際年内に生まれてしまう馬も存在し、それらは1月以降に生まれたこととして処理されるそうだ。そりゃそうだわ。

過去10年遡って調べたダービー(東京優駿)勝ち馬は、5月生まれが3頭、4月2頭、そして3月が5頭。決して早く生まれればいい、ってものではない。
ちなみに昨年の年度代表馬にして三冠馬だって、5月14日生まれだ。

確かにセールを見ていて、早生まれの馬は成長も当然進んでいるから見栄えがいいし、中には離乳済みの馬がいれば確かに大人びた雰囲気は目を引く。
また、早く生んでおけば、受胎しにくい牝馬の場合種付の機会が増えるから受胎のチャンスも増えよう。
それでも、個人的な思いではあるけれど、やはり子馬は緑の地面が似合う。
多少冬枯れではあっても、雪や凍結路面のない放牧地を最初に踏ませてあげたい。
地面が硬ければクラブフットにだってなりやすいし。

何でこんなこと書いてるのか、って?
いや、全然関係ない話だけど、社台でまた種馬が急逝したというニュースを聞いたので、馬についてなんとなく以前から思っていたことを書きたくなっただけ。

サラブレッド生産はこの先行き詰る。大手の独壇場になったらなったで競馬の公正への不安も生じてこようし、拮抗できるだけの勢力も今の日高にはない。
勢力分布図はこの20年余で大きく変わった。
実際中央競馬の馬券の売り上げは下降の一途を辿っているし、趣味やレジャーの多様化は進む一方だから、この先の売り上げ回復はまず見込めそうにない。

来年、5年後、10年後、日高はどうなっているのだろう。
そして日本の競馬はどうなっているのだろう。って、私ごときが憂う話でもないですがね。

| | コメント (0)

ふく、って言うところも多いらしい

今日はふぐちりとてっさ。冷凍モノだけどこの他に、衣がついていて揚げるだけになっている身と湯引きした皮、ひれ酒用のひれ、ポン酢、薬味までついているそこそこ豪華なセットをいただいたのだ。

ふぐって基本的に自分のお金では食べないシロモノだから、値段はよくわからない。
正直、一番おいしいのは締めの雑炊だと思うので(いくら豪快に掬い取ってもてっさは薄すぎて味がよくわからない)、今日もそのつもりで丁寧にだしをとってみた。
・・・でも、今日のふぐは身も美味しかったぞ。だから雑炊の美味しかったことったら。

ちょっとしたイイこともあったので、家人とひれ酒で乾杯。
そしてさんざっぱら食べて今、もう既に眠い。

今日は久しぶりにドンキに行ったから、ちょっとあれこれ買い物し過ぎ(と言っても身の回りの物とか食料品ばかりだけど)てしまったし、店内をかなり歩き回ったから疲れているのかもしれない。

ということで、早々に布団に入ることにする。おやすみなさい。

| | コメント (0)

だって寒いし

立った!立った!!

・・・朝っぱらからアルプスの少女ハイジのDVDを見ていたわけではない。
(余談ですが、私が持っているアニメのDVDはペリーヌ物語だけ)

昨日の北海道は、陸別でマイナス29℃。我が家もそこまではさすがに寒くない場所に位置しているけれど、痩せても枯れても(ん?)北海道の端くれ。それなりに気温は下がる。
ということで、やってみました。ほら、例のアレ。

朝6時20分、水で濡らして絞ったタオルを手に家の前へ。
そう、振り回してみたのだ、濡れタオルを。よく見るでしょ?局アナやレポーターがやってるアレですってば。

腕をぐりんぐりん回すのは肩が心配なので、タオルだけを手でぐるぐる回してみる。
すると、ほんの2、30回回しただけでタオルの先端が凍り始めたではないか。
さらに2、30回振り回したら・・・立った!見事に凍ったタオルはピン、と立ったではないか!

Img_0771
わかりにくい写真ですみません。

寒いわけだよなあ。きっと一晩中外に置いたバナナで釘は打てるだろうし、もったいないからやらないけど、バラもクシャって壊れるだろう握ったら。
改めて、自分が住んでいる場所が北海道であることを認識した朝でした。

| | コメント (0)

H、のマークが目に入らぬか?!

高価だけど必要のないもの、使わないもの。
安価だけど日常に寄り添うもの。
あなたならどちらを選びますか?

頂いたものに対しては感謝の気持ちを持って使おうとは思うけれど、私、字はあまり書かないからなあ・・・

某ブランドの手帳をいただいた。
いけないと思いつつ値段を調べてびっくり。私が今使っている財布とそう変わらない金額じゃあないか。
大事に使わなきゃ、と思いつつ、だから私は手帳持ち歩かないんだってば!
手帳代わりのポメ(ラ)ですら最近は携行していないというのに・・・
ま、これを機会に字を書く習慣を身に着けますかねえ。うーん。

手帳の金額にビビった私ならずとも、4億円と言えば一般的には大金と思える金額だ。多分私はキャッシュでそれを見ることは一生涯ないだろう。仮に宝くじが当たったとしても、一気に4億円分当たる、なんてことはまずありえない。
それをだ。いつどんな形で「ちょした」(ちょす、とは北海道の方言。意訳は難しいのでニュアンスで)かわからない、とか、聞かれる度に出所が変わるとか、これまたありえないでしょう?
白を切ってりゃわからない、そのうち裁判も終わるだろう、なんて思ってるだろうことは見え見えなのに。
そもそも秘書は事実関係をほぼ認めていたのに。
それもこれも検察があんな事件を起こすからだ。
上司が知っていたかどうか、はさておいていいこと。一人でも、ああいう考え方をする検事がいるという事実が、犯罪者(かもしれない人)に妙な勇気と希望と方便を与えてしまった。

日本の裁判は証拠主義だから、その全ての根拠となる証拠そのものを改竄されちゃったら裁判自体が信憑性を失う。
これまでも検察はこうやって証拠を改竄、或いは捏造していたのではないか、と思われても仕方のないこと。
別に私は検察庁に勤めていたわけではないけれど、非常に腹立たしく思えてならない。

国のことを考えていたら、4億なんてはした金のことなんか思案のほかだった?いやいや。その感覚は到底我々庶民には理解できまへん。
燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんや、ってところかな。ハイ、雀にゃわかりませんや。

こういう人を、次期総理として担ぎ上げようとしている人がいるなんてちょっとその感覚、疑ってしまう。
宇宙鳩と共に、いっそ綺麗に政治の世界から身を引いたらいいのにね。

新しい携帯電話、不調だ。
メモリの状態が今一つで、とうとうさっきフリーズしてしまった!
旧機ではただの一度も起きなかった現象にすっかり肝を冷やした小心者ののあちさんは直ちにFOMAカードを旧機に戻したことは言うまでもない。
いつでも使えるようにカスタマイズは済んでいる新機。
ま、もう少し旧機で様子を見て、場合によってはスマートフォンにしちゃおうかな、とも考えているところだ。
精密化、小型化するこの手の「マシン」には素人がどうこうできる余地はなさそうなので、どんどん使い手(私ね)との乖離が大きくなってきて不安。
このPCだって、Windows7さんの至れり尽くせり感が時に恐怖感を誘う。こんなにしていただいて、でも、万が一あなたが壊れてしまったとしてもきっと私は何もしてあげられない。

個人個人のアビリティはもはや問われない社会になっちまったんだろうか。
だって、こんなに便利な世の中になったのに、私、マッチの1本も作ることできない・・・

| | コメント (0)

今日も埒もないエントリです

実は未だにヨン様カメラ-SONYのハンディカムを使っている。
徐々にミニDVテープは店頭から姿を消しつつあるが、これからけっこう使用する機会があるので少し買い置きしておこうとオンラインで探したが・・・ないのよ、これが。今まで愛用していたSONYのカラーバリエーションのあるタイプ。

しばらく探してやっと見つけた!と思ったら、発注後数時間してから「やっぱり在庫がありませんでした」ですって。
聞いたことも見たこともないような会社だったから(Yahooショッピングの中の店舗だけど)不安はあったけど、よもやそれが的中するとは。

やむなく他の製品を、当然のことながら他の会社に発注したが、在庫くらいは確認の上記載しておいてほしいものだ。
これに懲りずにまたご利用を、とキャンセルメールには書かれていたが、いや、懲りましたから(笑)

ちょっとがっかりさせられたけど、それを補ってなお余りある事態が。
かれこれ10年以上前に買い、電池がなくなったまま数年放置していた腕時計の修理を依頼したら-電池を交換しても動かなかったのだ-地元の店では手に負えず、内地の本店に送ったとショップから連絡が来た。
すると、本店でも既に部品がないため修理不可能という返事が来たのだそうだ。
使っていなかった私が悪いわけで、それなのに、交換した電池代は「時計が動かないので」と返金してくださった。

そのまま年末年始を跨いで、今日、時計は内地から直送されてきたのだが、開封してびっくり。
動かなくても、綺麗な色の文字盤なのでオブジェのように飾っておくつもりだった。だったのに・・・動いてる。
そう、時計は正確に時を刻んでいたのである。

いや、明らかに治ってない、とショップの方はおっしゃっていたはずだ。
じゃ、なんでこの時計は動いているの?

修理の内容や故障個所などの説明は何一つなく、時計だけが、ギフトさながらに綺麗な箱に入れられていただけなので、詳細は不明。
うーん、この場合、治ってましたから、というべきなのかどうなのか。
ま、もう少し様子を見て、止まってしまえばそれまで。動き続けてくれるならラッキー!ということで。

今年の初詣、おみくじはシンプルに「吉」だった。
でも、シンプルな割にはポジティヴな内容でもあったので、もしかしたらイイことあるかな?
とりあえずはアゾディル服用中のよたの検査結果が少しでも改善されること、が私にとってもイイこと、ではあるので、まずはそこ。

仕事は・・・ま、さておきましょう。

さ、焼きあがったパンを出してこなきゃ。
年末にいただいたハムだのソーセージだのの類がまだまだ残っているのでどんどん食べていかなきゃ。
賞味期限内に食べきらなきゃ。
・・・贅沢なこと言ってるな、と自分でも思う。そう、この恩恵に感謝しなきゃ。

きゃっきゃ、うるさいって?
京都の動物園のサル山に花火投げ込んだのは、多分近所のバカなクソガキ中学生か高校生辺りだろう。
恐らくそう遠くない時期に犯人は捕まる。
こういう愚かな行為をしでかして周囲が騒ぐと、何を勘違いするのか吹聴したくなるらしいから。
「あれ、オレがやったんだぜ」
こんなことを得意げに話し出して、そこからバレるのも時間の問題。

捕まった犯人をサル山に入れて、サルたちに花火を投げ込ませてみてはどうだろう。
・・・いや、サルの方が多分思慮深いから、そんなことをしても意味がない、とわかるに違いない。
やけどを負ったサルの顔は痛々しく、普段はギャラリーが投げる食べ物を器用に受け取っていたのに、それが何かを確認してからでないと近づかなくなったそうだ。
早く彼らが、何も怖がることなくきゃっきゃと楽しんで暮らせるようになってほしい。

| | コメント (0)

迷っています

とうとう携帯電話が壊れた。
スピセレの下方向へのクリックができない、という現象がしばしば起こるようになってしまったのだ。
回転もややぎこちなくなっていたし、恐らく分解したら中にゴミでもつまっているのだろう。

この日がいつ来ても構わないよう、予備機はカスタマイズ済。
どうしても移動できない着メロが惜しいけれど、他のデータ類はほぼ全てSDに移す。

新しい電話は快調に動いているが、これが壊れたらもう後がない。もう次はスマートフォンにするしかないな。不本意ではあるが。
でも。まだまだ今の電話は使えるのだから、そう、最低1年は買い換えないつもり。

逆に、すぐにでも買い換えたいのは炊飯器だ。
圧力釜のはずが、幾度か猫に突き落とされ(?!)、その所為かどこか空気でも漏れているのか以前ほど美味しい炊き上がりではなくなってしまった。
我が家は、米だけは美味しいものを食べたいから、とお高めの道産米を買っているが、いくら米が良くても炊飯器がダメでは、せっかくの米が勿体ない。

欲しい、と目を付けておいた機種を昨日イオンで見た。オンラインで見た価格とは全く違うので、買うつもりはさらさらなかったが、実機を見るのは大事。サイズ感や色などは実際に見てみなければわからない。

そこで今迷っているのは、約5万円の機種とそのほぼ半額の機種。
スペックなどの違いはよくわからないけれど、レビューなどをいくつか見ても、高い方が好評なのだ。
家人は安い方がいいと言うが、私はそうは思わない。うーん、どうしよう、迷う。
そう、決して安い買い物ではないのだから、もう少し真剣に考えてみることにする。

・・・出だしからしてこうだもの。今年もいろいろと迷うことが多い一年になりそうだなあ。

| | コメント (0)

なんかズラズラ書いてますね

日常が、当たり前の毎日が戻ってきた。
今日も朝から夕方まで年替りに係る事務仕事をちまちまと行い、サイトの更新準備などと併せてノルマのほぼ全てを終わらせることができた。
明日は休みだから、また近所のイオンにでも行って気分転換しよう。

競馬も始まったみたい。みたい、って金杯の馬券はとうとう買わなかったし、そもそも競馬新聞すら買っていなかったのだ。
年々競馬への関心が薄れていく。
それは私だけではないのかもしれない。JRAの売り上げ対前年比は昨年も、前年を下回ったのだから。
スターホースがいない。武豊をしのぐ人気ジョッキーがいない。JRAのCMはイメージに走りすぎて非常に中途半端だし。
更に方向性を失っているのでは?と思わせるのがJRAのサイトだ。
萌え系のゲームをスタートさせてみたりするのはいいけど、あれを見たり遊んだりした人が果たして競馬場に行きたくなる?
携帯ゲームなどの普及で娯楽が多様化したこと、かてて加えてこの不況。そりゃ競馬から足も遠のくだろう。
更に言えば、社台Gの一国支配下と化した現状で、どこに面白さを見出したらいいのか。
競馬は文化であり、単なるギャンブルではない、という切り口で創刊された雑誌をたまたま手にしたが、これもまた何か違和感を覚える。

競馬はれっきとしたギャンブル。スポーツなどではない。
スター不在を嘆くことと矛盾している?いえいえ、スターホースとは強いものだ。実力が伴わなければ人気は出ない(連敗続き、が売りだったあの馬は例外)。
武豊騎手も、はっきり言ってそれほど整った顔立ちをしているわけではない。
顔のつくりだけで言えば石橋脩騎手や福永騎手など、イイ男の名をあげてみれば枚挙にいとまがない。
それなのに、彼の人気と認知度は桁外れ。作った記録も前人未到なものばかり。
競馬に興味がないような人でもタケユタカ&オグリキャップを知らない人はたぶんほとんどいないはずだ。
馬だって、オグリよりも、ディープインパクトの方が間違いなく強い。
もちろん強さは必須。外見上ある程度以上のレベルであることも必須。でもそれだけじゃ何かが足りない。
その何か、原因になるものがきっとJRAにもそして私たちファンにもわからない。だからJRAは迷走を続けている。それも多額の経費を費やして。
地方競馬はひとつ、またひとつ、とその灯を消していく。もしかしたら、そう遠くないうちに中央競馬も・・・?!

食べログの不正口コミ(?)騒動。
あの手の口コミサイト、実は全く信用していない。そもそも参考になんかしない。
ああいう不正が多く行われるようになったのは、やはり「携帯電話でインターネットができる」という手軽さが最大の原因ではないか?
インターネットは、世界中のユーザーと繋がっている。
例えば安易にアップしたその画像が、あっという間にとんでもない人数に閲覧、保存されてしまうという事実。
気軽に書き込んだ個人情報からいともあっさりと、もっと重要な情報が知られてしまうということへの危機感を皆どれだけ感じているのだろう。
私は携帯電話用のメールアドレスと電話番号を、友人知人以外の誰にも教える-サイトなどへの登録に使うことも含めて-ことをしていない。
だからスパムメールも来なければ、イタ電も来ない。

行ったこともない店の口コミ情報を、雇い主の業者が言うままに書き込んでいく行為を全く罪の意識もなく行っている人間が、もしかしたら私の身近にもいるかもしれない。
・・・怖くないですか?
でも、そういう人たちはきっとアドレスなどの個人情報を業者に登録しているわけで、彼らの個人情報も多分利用されているだろうと思う。だって、同じ穴のムジナ、だもの。

便利だけど諸刃の剣、インターネット。
便利さだけではなく、いかに危険な存在であるか、を学校などでしっかりと教育してほしい。

| | コメント (0)

あひる待ち

ちょっとしたイイ事があったので、つい発注してしまった。え?何を、って?

・・・北京ダック。へへ。

いや、家人が「食べたことない」と言ってたものだから・・・ってねえ。
そんなに選択肢はなかったので、いっそ丸ごと、と1羽頼みました。
解凍してからオーブンで焼いて、熱した油をかけて表面をパリパリにする。書くのは簡単だけど、果たしてそんなにうまくいくのか?!

切り身(?)になっているものをお手軽なお値段で売っている店もあった。でもどうせなら目の前で皮をそいであげたいし。そげるかどうかはさておき(おくんかい!)

いろいろ都合もあるので(お祝い返しでいただいたカタログから選んだふぐちりセットが来週来るのだ)再来週の到着を備考欄で依頼。
今年はなんだかイイ感じに始まりそうだ。

吉本興業社長が、先日暴力団絡みで引退したコメディアン(敢えてこう呼ぶ)の復帰を願う旨切々と訴えるのを見た。呆れた。

コンプライアンスという言葉はこの会社には存在しないらしい。

社員も所属タレントも皆復帰を待ち望んでいる、とのたまわれていたが、本当なの?
それが本当であったとして、そもそも会社内の意見が世論と一致していると本気で思っているの?

彼が「いなくなって」つぶれてしまった番組もあれば、司会者の首を挿げ替えて継続している番組もある。
では、後者の番組は数字が下がったか?
・・・下がってなんかないじゃないの。つまり、その番組に彼が必要だったとは必ずしも言えないということ。

AKB48のメンバーに対して、「一人一人は対して可愛くない」と暴言を吐いたことは今でも記憶に新しいのだが、そんな傲岸不遜な態度を自分のキャラとして世間にも芸能界にも受け入れさせていた彼。
そんな彼を好き勝手にさせておいて、いざとなるとトカゲのしっぽ切りのように契約解除してしまった会社。
どこでどう折り合いをつけたのかわからないけど、引退から1年も経たないうちにああいう発言をする社長には、もう一度書くけれど、呆れた。

同じ芸能界の人たちからも、今回の社長発言には冷ややかだったり厳しかったりする意見が飛んでいるけれど・・・まさか本当に復帰なんかしないよね?でもあの会社じゃあわからないぞ。

| | コメント (0)

さ、仕事始めだし。っていきなりサボって何書いてるんですか?

箱根駅伝も終わってしまった。

正直優勝争いなんかどうでもよかったから、ゴール前でトップを走るチームをドラマチックに盛り上げようとしている実況が鬱陶しくてたまらなかった。
その間にも、後方では3位と4位が入れ替わるなど様々なドラマがあったのに。

10区、私にとって最大の関心事は明大アンカー、鎧坂だった。
坐骨神経痛に悩まされ、直前にも足にしびれが出たりなど、必ずしも万全ではなかった彼。
実際、脚部不安で5区をあきらめた東海大の村澤は2区で苦戦していたわけで、既に実業団(旭化成)入りが決まってい、更に言えばロンドン五輪だって控えているのだからここで無理をしてほしくない、という気持ちもファンとしてはあった。
それでも、彼のいない箱根は、はっきり言ってつまらない。そんな矛盾した思いを抱えながら、2日の朝を迎えたわけだが、実際、当日のエントリ変更でも2区に彼の名前はなかった。
そしてご存知の通り東洋大ファン以外の人間にとっては全く愉快ではない結果で往路は終了。
翌3日。
この日も7時からそわそわしながら、日テレが各中継所からその区間を走る主なランナーを紹介するのを見ていたのだが、恐らくここでは、と推測した裏の2区、つまり9区にも彼の名はなかった。
・・・まてよ。腰が不安ならあアップダウンの比較的少ない区があるじゃないか。
そう、最終10区。
気温も上がるし、体の負担も少ないこの区なら・・・と固唾をのんでみていた戸塚中継所。果たして彼の名が登場した。おおっ!

翌日の朝刊を見て、私の読み通りだったことを知る。そして、出場は彼の直訴で決められたことも。

いや、結果オーライではある。もちろん自分の体のことは自分が一番よく知っているのだから、先のある身で無理はしないだろうとも思っていた。
でも、風強を読んでいたら、どうしても彼とハイジがかぶってしまって・・・

鎧坂不在でも、彼の分まで頑張ろうと他の9人も頑張ったから、総合3位という素晴らしい順位を得ることができた。
明大は、鎧坂を慕って追いかけてきた北など下級生にも期待株がたくさんいる。
来年は、元日のニューイヤーで旭化成が、そして箱根で明治が、それぞれ活躍してくれることを今から期待したい。

そして城西。ここも詰めの甘さが毎年復路でにじみ出るから、10区まできてもまだまだ安心はできなかった。実際抜かれたし。
でもなんとかシード確保。櫛部監督もさぞ喜んでいることだろう。
上武は・・・ねえ。予選会と同じ走りがなぜできないの?

今年の予選会は、東海も日体大も帝京も国士舘もいる。一層熾烈な出走・・・じゃなくて出場枠争いになるだろう。楽しみだなあ。

ジルベスターではがっかりさせられたが、ラヴェルのボレロ、名曲だ。
ふと気になったのが、5番目に旋律を奏でる楽器のこと。
オーボエかイングリッシュホルンだろうと思っていたのだが、思い立って調べてみて驚いた。
それなりに、楽器についての知識はある方だと自負していた。だのに。
「オーボエダモーレ」・・・知ってました?
要はオーボエとイングリッシュホルン(コーラングレ)の中間。バロック音楽などで使われていたらしい。
完全に、初めて聞いた名前だったからもうびっくり。
更に驚かされたのは、7番目と8番目。サックスじゃないかな~と思っていたら本当にサックスだった。クラシックにサックス?!
・・・いや、けっこうクラシックでも使われているみたいですわ。ホントに知らなかった。私って実はそこそこ無知だったのね。
新年早々、ちょっと落ち込んでしまった出来事ではありました・・・あうううう。
今日はこの曲をBGMにしながら仕事に邁進いたします。ハイ。

| | コメント (0)

箱根見てました

・・・正直つまらなかった。
もともと往路の優勝校にはいいイメージがない上に、ああいう絶対的存在がいたら競技は盛り上がりに欠けてしまう。
もちろん、強いのも早いのも素晴らしいことだから、素直に称賛は送る。でもそれはそれ。
恐らく復路もこのまま逃げ切るだろう、あれだけ貯金があるのだから。
万が一にも逃げ切れなかったら、それは相当戦力の偏りがあるということ。
個人的には応援しているチームが順当に上位に来ていたからよかったかな。

これで復路に関してはもはやシード権争いが私にとってのメインになっちゃった。
台風の目になるだろうと予想していた拓大も、上武大も、せめてシード権は取ってほしいものだ。

今月の下旬からは忙しくなるので、何とか来週あたりにでも温泉に行きたいと家人と話している。
毎年元旦には家人がお年玉をくれるから、今年はそれの封も切らずにそっくりそのまま宿泊代に充てようとかな、と。
で、どこに行こうかとなったら・・・ないんだ、これが。
洞爺湖や登別は何度も行ってるし、海外からのお客や団体さんばかり。静かなところは規模が小さい故お風呂が手狭だったりべらぼうに高かったり。
定山渓はやや遠い上にこれも前出2か所同様の状態。
足を伸ばそうにも雪が今年は多いし、私は運転する気なんかさらさらないから、もし、何らかのアクシデントでドライバーを交代、なんてことになったら困るもの。
そうなると行先は限られてしまう。だからついつい同じところにばかり泊まることになってしまう。

北海道って意外につまらないんですよ。観光地なんかどこも似たようなもの。変わり映えしないし、とにかく自然頼みだからソフトもハードも工夫や努力が足りない。
結局はいつものところに行くことになるんだろうな。
本当は展望露天風呂のある部屋に泊まりたいんだけど、暗くなってからの到着だから折角の景色が見えない。
それならリーズナブルな部屋で、料理のグレードを上げてもらう方が私はいい。
さっそくこれから家人と相談の上、予約をしよう。こういうのって勢いが肝心だもの。

午前中いっぱい本当に何もしなかったので、これからお洗濯だ。頑張ろう!

| | コメント (0)

明けました

謹賀新年。

これでもか、とばかりに天災続きの昨年でしたが、今年はきっと大丈夫。何事もなく平穏無事な一年に・・・できるかどうかは政府次第なんですがね。
どうして優秀な人は政治家を目指さないのか。つーか、政治家になったら優秀じゃなくなっちゃうのかしら。
官僚も同じなのかも。うーん。国を動かしてるのは俺様たちだゼ!という上から目線が見え見えなのに、既得権益にとらわれて、省益ばかり優先して、でも、あなたたちはサービス業なのに。国民の奉仕者であるべきなのに。

新年早々こんなこと書いても面白くないので、のあち家の年越しの様子をちらっと。
家人とは別の部屋で寝ているので、互いに互いの部屋のテレビを好き勝手に見ている。
でも今年はガキの笑ってはいけないシリーズを家人も見ていたみたい。
私は毎年ジルベスターで年越しを迎えることにしているのだが、今年は最初から危なそうな予感はしていたのよねえ。
そうしたら、案の定4秒のフライング。
彼は1秒の重みを全く感じていなかったというか、どこか大ざっぱな感じがして、失敗にもあまり堪えていなかったことも含めて何となくすっきりしない年またぎになってしまった。


朝。今年はセブンイレブンのおせちにしてみたが、うーん。可もなく不可もなしって感じかな。売りが「冷凍していない」だったので、それは確かにいいけれど、若干割高感も。
それでも家人は気に入った様子だし、やはり冷凍食品独特の水っぽさがないのはうれしい。
家人の強い推しもあって来年もたぶん同じおせちを買うことになるだろう。って鬼が大笑いしそうだけどね。
我が家はどちらも出身が関東なので、雑煮も関東風。鶏肉の入ったあっさり醤油味の汁につきたてのお餅を入れ、生麩やホウレンソウ、ゆずの皮などをトッピング。
これがまたいくらでも食べられてしまうくらい、手前味噌ですが美味しいの。
多めに作ってしまったので、明朝も雑煮。今から楽しみ。

格付けチェックを見た。
・・・何なん?GACKTって。18連勝?ワインも牛肉も完璧に高い方を当てよった。
正直、私はワインなんて全くわからない。ブドウの違いくらいは何となくわかるけれど、産地も価格も、当てられる自信は皆無。
牛肉に至ってはまず間違えそうだ。あ、モンブランはわかると思う。
ちなみに演出とダンス、音楽はパーフェクトでした。今年のは非常にわかりやすかったのでは?
それにしても、叶姉妹も確か2年連続で全問正解してたと思うけれど、ああいう人たちってハッタリだけじゃなく本当に一流というものを知っているのかもしれない。
今年のGACKTと紀里谷和明コンビは、自信に満ち溢れていた。ま、最後の問題では多少不安もあったのか、かーなり派手なガッツポーズはかましていたけれど。

今年は、一流と称されるものを口にしたり目にしたりする機会はあるだろうか。
今のところ、本邦初公開となるフェルメールの2作品は、開催が重なる時期に見に行く予定だ。しばらく訪ねていない行きつけのBARにも顔を出したいし、ちょっといいホテルに泊まりたい。

ついでと言ってはナンですが、今年の抱負を。

とにかく、何かをやる。
年末に「ああ、何もできなかった」と嘆くことだけは避けたいから。

・・・具体的にはノープランですが。って抱負じゃないじゃん、これじゃ。

さ、明日の箱根に備えて早めに寝ましょう。
今日のニューイヤーでは明大の北條クンが中電工の1区を走っていてびっくり。
箱根は事前にエントリ名簿などをダウンロードして下調べしているけど(え?)、来年からはニューイヤーもやろう。むしろこっちの方が面白いかもしれない。
好きだった箱根の選手たちの名前を見つけた時の興奮!大学や高校時代ダサかった子が、社会人デビュー(?!)で変貌を遂げていたりした時の驚き!

駅伝とフィギュアスケートが一番おもしろいなあ。サッカー?赤いチームの今シーズン次第じゃないっすか?

新年早々、わけのわからないエントリになってしまいました。ホント、何ととりとめのない。
それでも、ぼちぼち書いてますんで、よろしかったらお付き合いください。
今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »