« 今日2回目のエントリですが、いつもながら大したことは書いてません | トップページ | 急患その後と更なる心配事 »

急患?

クロがご飯を食べない。つまんだ皮膚の戻りも遅く、脱水気味だ。
仕方なくシリンジで50だけ輸液してみた(医師からも勧められていたので)。意外にも大人しく受け入れたので安堵。夜に様子を見てもう少し入れてみよう。
とにかく全体的に元気がない。2週間と言わず、来週中にもう一度連れて行って血液検査をしてもらおう。白血球数ももう一度調べたいんだけど・・・面倒な要素がいろいろあるのでクリアしなければならないのがもどかしい。

昨晩はそこそこ食べてくれたのだが、やはりメタカムシロップの影響なのだろうか。先生は否定していたけど。
もらった胃腸薬を飲ませることと、錠剤を呑むことのストレス(露骨に嫌がる)とを天秤にかけている状態。これも今日聞いてみよう。

・・・今日?
そう、予定もなかったけれど急遽通院しなければならないかもしれない事態になっている。
昨晩、よたの輸液中、いつもパックの押圧を頼んでいる家人がこともあろうにパックの、ラインとの接続部分を上に向けていたのだ。
その間数秒、エアが皮下に送り込まれていた。私ももっと早く気づけばよかったのだが、時すでに遅し。
カッとなって叱責してしまったら、家人が逆ギレし、部屋を出てしまった。
よたの体よりも、自分のプライドが大事な人。こうなるともう相手にしていてはこちらのストレスが溜まるだけなので、シリンジ2本で何とか続きを行い(針を刺す場所はもちろん替えた)、その時点では様子を見ることしかできなかったのだが・・・
翌朝、つまり今朝、思っていた以上に気泡の感じられる範囲が広く、かなりの量のエアが皮下にあることがわかった。思わず青ざめる。
皮下気腫、とまでは言えないとは思うけれど、放置しておいていいのかどうか判断に迷うような感じ。
これで腎機能に問題がなければ抗生剤の投与くらいで自然に解消するのを待つしかないと思うんだけど、折角今そこそこいい状態でいるのに、できれば抗生剤は使いたくない-というのが私の思い込みかもしれないし、だから先生の判断を仰ぎたい。

私自身、病気ではないけれど体調がすこぶる良くない。休日をまったりと家で過ごしたかったけれど、まず電話で相談し、通院加療が必要でなおかつ予約が取れたら(これもネックなのだ)よたとドライブだ。

病院が終わったら、今度はクロのために猫用牛乳を買ってこよう。水分だけでも取らせないと。

元気がないクロを見ていると切ない。あんたの取り柄は元気でしょう?元気と旺盛な食欲。
早く鬱陶しいくらい動き回って、人の食べてるモノを欲しがって、ゴミを漁って(!?)私に叱られてくれなきゃ。
そしてよたも、何事もなく治りますように。もうね、オバサンもいっぱいいっぱいなの。
仕事なんて、勝ち負けなんて(?)もうどうでもいい!

|

« 今日2回目のエントリですが、いつもながら大したことは書いてません | トップページ | 急患その後と更なる心配事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日2回目のエントリですが、いつもながら大したことは書いてません | トップページ | 急患その後と更なる心配事 »