« 急患その後と更なる心配事 | トップページ | 2本立てでお送りしています。 »

痛むのは脚だけじゃなく

我ながら粗忽極まりない。
今度は階段で蹴躓いて、両足の向う脛をぶつけてしまった。
特に右はひどく、全体的にぶわっと膨らんできたし、何より痛い(涙)
何かの拍子に、たといクッションのような柔らかいものであってもぶつかろうものなら思わず声が出るほど。
内出血がみっともない。まあスカートはめったにはかないから普段は隠れている場所ではあるけれど、それでも早く治ってくれないと気分がますます滅入ってしまう。
ついでに左肩もひねったので、こちらも鈍痛。流石に今回は顔はぶつけませんでした。だって手に持っていたのはタオルだったんだもの。

昨晩のクロ、食欲廃絶状態なので輸液。薬やサプリを混ぜたウェットすら食べてくれないからやむなくシリンジでメタカムを飲ませる。嫌がるからやりたくないけど、仕方ない。

この数日間は文字通り怒涛。
闘病日記にはしたくないけれど、このままならそうならざるを得ない。
とりあえず月曜日までは何とか持たさなければ。
・・・ここまで無意識に書いていて、自分でびっくり。
そう、事態は結構深刻なのだ。
成猫が24時間、丸々食べないでいたら、特に肥満型の猫の場合かなりヤバいことになる。
強制給餌は避けたいけれど、そうも言っていられないかもしれない。

困ったなあ。
空気猫よた(こんなちゃらけた書き方でもしないと正直めげてめげて・・・)は、抱き上げると腕の辺りでぷちぷち相変わらず音がするし、

今日一日がひとつの山だと思う。口内炎の所為なのか、それとも肥満細胞腫や腎不全、あるいは心疾患など内臓由来なのか、とにかく食欲が戻ってくれないことには。
そして、目を背けたいのが・・・エイズの発症、という言葉。これだけではあってくれませんように。

今日はGⅠがあるみたい。
口座にお金は入っているから買えるんだけど、興味も関心も最近なくなってきたからなあ。
勝つのはどうせ1番人気の馬だろうし、相手は・・・いいや、わからないもの。
こんなことに無駄金使ってる場合じゃない。クロやよたのために使いましょう。

|

« 急患その後と更なる心配事 | トップページ | 2本立てでお送りしています。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 急患その後と更なる心配事 | トップページ | 2本立てでお送りしています。 »