« タイトルが思いつかない。こんな日もある | トップページ | 今更ですが »

お互い頑張ろうね

ついに恐れていたことが起きた。

今朝、FIV陽性の黒猫クロが、ドライを残した。
以前異物を飲み込んだ時のような食欲廃絶ではなく、ウェットは食べられる。つまり口腔内に異常があるのだ。

これが非キャリアの子ならそれほど騒ぐこともなく、ちょっと様子を見てから病院へ、だが、クロの場合はそんな悠長なことは言っていられない。
とりあえず口を開けさせようとしたがとにかく嫌がる。これは既に痛みがあるからだろう。
すぐに予約を入れてかかりつけ医に連れて行ったが、案の定口内は発赤、炎症を起こしていることは間違いない。

ステロイドなどを注射、メタカムシロップを2週間分いただいた。
これで効果が出なければ・・・うーん、どうしよう。

本猫は食欲旺盛。痛みよりも食べたい気持ちが勝っているからまだ今はいい。
猫って口から物を食べられなくなったら、そこから先は坂道を転がり落ちるかの如く、で、本当に勝負が早い。
これまで見送った2匹はいずれもクロ同様食欲の権化(?)だったが、最期の日の前日からぱったりと食事を受け付けなくなった。
そうなってしまってからでは遅いのだから。

とにかく、まだまだ初期段階。ここでうまいこと乗り切れればきっと大丈夫だ。

ユッカを再び買うことにし、リンパクトも今は朝だけだったがこれからは朝晩2回に戻す。
ドライは湯でふやかしてみよう。缶詰を高栄養にするかどうかは・・・先生は、6.85キロあるクロがもっと太ってもいいとおっしゃる。
どうやら今後の展開をかなりネガティヴに想定されていらっしゃるらしい。
でもなあ。これで肥満から高脂血症や心臓疾患、なんてことになっても困るしなあ。
現状維持、で行きますか。痩せさせないようにはしないといけないけど。

せっかくだから、とちょっと早めだけどよたも同行、検査していただいた。
CREはやや下がり、BUNはやや上がり。
・・・アゾディルの効果はないのか?!わからないなあ。もう少し続けてみよう。半年分あるんだし。


黒猫は、人の不幸を背負って消える、なんて言い伝えがあるらしいが冗談じゃない。
うちの黒いのは、他人を押しのけてでも健康で長生きしてくれなきゃ困る。
そう、クロは元気だけが取り柄なんだからさあ(え?)

<追記>
お湯でふやかしたドライをいともあっさりと完食してくれました。やれやれ。口内の痛みさえ取れれば大丈夫かも。ちょっとだけ安心。

|

« タイトルが思いつかない。こんな日もある | トップページ | 今更ですが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タイトルが思いつかない。こんな日もある | トップページ | 今更ですが »