« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

やれやれ

いやはやもう。

昨日開幕したプロ野球。北海道日本ハムは2年目の彼が開幕投手となり、流石に世論もそれを疑問視したのか、期待していない、という意見が多数だったことにも頷けるものがあった。
家人も、観客動員のための策だから、まあ勝ち負けはいいんじゃないの、とまでのたまう始末。

でも。

実は私は予感があった。
彼は間違いなく「持って」いる。まあ見てなさい。勝ち投手にはなるから。絶対黒星はつかないから-そう家人に宣言。
などと言いながら試合は見ていなかったのだが、途中経過を見てびっくり。
なんと!8回まで1失点で投げ続けているではないか!!
慌ててチャンネルをSTVに合わせ、試合途中で中継が終わってからはデータ放送でチェック。
・・・初めての完投勝利を開幕戦で挙げるか普通?
更に、「持ってる、ではなく背負ってる」新たな名言まで飛び出しちゃってまあ。

なんですかねえ。スターってのはこういうものなんですねえ。

家人の応援するチームも連勝しましたし、今日の赤い皆さんは、驚きの勇樹&槇野退場というアクシデント(何があったんだ?!見てないからわからない)がありつつかろうじてドロー。
っていうか、2人も、それもチームの要と言っても過言ではない選手がいなくなったにも関わらず追加点取れなかった対戦チーム、どれだけ攻撃力ないのさ?

実は公私ともに3月はくそやくたいもないことばかり起きまして、こりゃもう北海道神宮で厄払いしきゃない、と家人と話しているところ。
何とかならないでしょうかね?
せめて応援しているチームくらい頑張ってほしいよ。何の足しにもならないけど(謎)

| | コメント (0)

DVDよりBD、の時代だよね

昔好きだったダンス&ヴォーカルグループ(笑)の、偶々見つけた動画を見ていたら、懐かしさに涙が出そうになった。
何しろ彼らの「撤収」ライブ全公演を制覇する、というとんでもない荒業をしでかした身としては、思い入れもひとしお、恐らくあれ以上心を注ぎ込むような人は現れないだろうと確信している。

今、冷静になって今考えてみても、何故あんなオッサンたちにあそこまでハマりこんでしまったのかがわからない。
楽曲は確かにいい。ヴォーカルだって、タカさんはさておき、残りの3人はそこそこ~かなり上手いし。
でも、どー見てもルックス的にはツボじゃあない。正直血道を上げたと言っても過言ではないテルリンでさえ、さっき見た動画(完全撤収の裏側的なもの)では思わず首をかしげたくなるくらい・・・普通のオッサンだった。あうううう。

ま、遅れてきた青春、の過ち、ってところでしょうかね。
それでも今夜は彼らの軌跡を辿ったDVDでも見ながらお風呂に入ろうかと。


DVDと言えば。
昨日届いたアメトーーク!、出川ファンの家人に2巻貸してあげて、自分は一番好きだった「徹子の部屋芸人」を早速見た。
・・・最近嫌なことが続き、笑顔を作ることさえ難しかったのに、いや、もうお腹が痛くなるくらい笑かせていただきました。ハイ。
いやあ、あこまで芸人の心を折らはる方はそうそういないでしょ。
寛平さんのギャグなんてオールスルー(爆)
家人も相当へこむことばかりだったはずなので、出川ゴルフで少しでも気分転換が図れたら、と。
いや、たとえデガワでも(すみません)好きな芸人がいてよかったよかった。
ま、当分貸しておいてあげますからごゆっくりどうぞ。


でも、普段テレビの番組を録画するのはBDばかりなので、防水ポータブルというニッチな部分では他社の追随を許さない(?)ツインバード社に、BDのプレーヤーは出さないの?という問い合わせをしてみたら、作る気があるんだかないんだかはっきりしない、所謂オトナの回答が返ってきた。
もうこの会社しか、多分販売される可能性はないだろうから、ここはひとつ、ぜひとも前向きに検討していただきたいところだ。もう一回メールしちゃおうかしら。

| | コメント (0)

まだ迷ってる

何だか、頭の中に何も浮かんでこない。
仕事は行き詰っているし、日常も行き詰っているし、いろいろな意味で閉塞感満載だ。

スマホに買い換えるべきか否かで未だに迷い続けている。
自分が何をしたいのか、何のためにスマホを欲しがっているのか、突き詰めていくと実は「小さいパソコン」が欲しいだけだ、と気づいてしまった。
それならば、タブレットを購入すべきなのではないか。
あの、スマホの小さい液晶を指先で「ちょ」すのは如何にもイライラしそうで、それならいっそネットブック(って言うのかな?)を買おうか、とか。
考えてみればほとんど通話では使わないから、何もスマート「フォン」じゃなくても良いわけだ。

どうしようかなあ。今の電話が壊れたら、って予備機まであるし・・・うーん。

そもそも、自分でバッテリーが交換できないくらい、それくらい精密な機器なんでしょう?
私のように、最低でも月に一度は床に落っことす(?!)人には不向きだと思うし・・・

確かにiモードでは物足りないと思うこともしばしばだ。
携帯用サイトって、有料のものが多いから、何だかだとちりも積もれば、で毎月支払っている金額はバカにならない。

ただ、更に言えば使いこなせるかどうか、という部分での不安もある。

どうしようかなあ。

ちなみに、買うならこれ、と決めている機種はある。
人気だから予約、と言われていたが、たまたま昨日立ち寄ったショップで「今1台だけ予約とか入ってないフリーのがあるんですよ~」と顔見知りの店員さんに声をかけられてしまった。
「次はいつ入荷になるかわかりませんよ~」
・・・心の準備ができていないの、と訳の分からない言い訳をして店を辞去したが・・・買うべきだったのだろうか。運命だったのだろうか(んなこたないか)

本当に優柔不断で愚図愚図している自分がいやになっちゃう。
千原兄みたいな性格に生まれたかったとつくづく思う今日この頃・・・じゃないや。今に始まったことじゃあないもの。

| | コメント (0)

いろいろありますね

春は何処へ。
外は一面銀世界。これで来週の今日は4月だなんて信じられない。

今日は結婚記念日なんだそうだ。
・・・いや、母からメールもらうまですっかり忘れていた。正直公私ともにそれどころじゃなかったから。
えーと、数えてみたら15回目らしい。水晶婚なんだって。
良くここまで持ちこたえたねえ、としみじみ感じつつ、まあ猫に関して感覚が一緒なのが最大の維持ポイント(何だそりゃ)だったのではないか、と。
死生観、といった面でも比較的近い思想を持っていることや特定の宗教に傾いていないことも大きな婚姻継続の要因だろうと。ちょっと大げさか?

こういうおめでたい(?)日のある3月が、非常にろくでもないことばかり、の月であったことは何かを暗示しているのかしら。
とにかく、公私ともにどうしようもない1ケ月だったので、とっとと4月になってほしいものだ。そこで何が変わるかはわからないけど。

昨日は、某巨大アイドルグループで、ファンやマスコミ、あるいは彼女たち自身をも震撼させる出来事があった。
ここは彼女たちのファンサイトではないので、検索除けに敢えて名前は書かないけれど、これは正直書かずにはいられない。
・・・トップに君臨するお嬢さんがグループを抜けて一人立ちするのだという。

実際のところ、「卒業」するのなら最年長のお嬢さん辺りだろうと思っていたので、あまりにあまりな出来事にはファンならずとも驚かされた。

どうなのかな?一人になってもやっていけるのかな?
彼女は見ていて確かに華がある。特別美形というわけでもなく、演技力もお世辞にも高いとはいえない。それでも、独特のカリスマ感があるのは確かだと思う。
果たしてこの決断が吉と出るか凶と出るかは多分そう遠くない時期にわかるだろう。
頑張ってくださいね。オバサンは陰ながら応援しています。

| | コメント (0)

観光客は逆に喜ぶかもしれないですね

♪季節外れの雪が、降ってる・・・って、なんじゃこりゃあ!(手のひらに血が着いている、そういう感じで読んでください)

外は一面の銀世界。更にまだやみそうにない雪。頃は3月春分を過ぎ、春の足音を待つばかり、の筈が一転冬に逆戻り。
まあ降るねえ。日本海側だけじゃなかったのかい?ここ太平洋岸の某市もここまで降るかい?
今日こそドコモショップへ、と息巻いていたがダメだこりゃ。
多分、タイヤ交換しちゃった人もいるに違いないが、ノーマルでは身動き取れないでしょうね。
幸い我が家の車は自家用車も商用車もまだスタッドレスだけど、ちょっと普通車は運転したくないなあ。

こういう日に外猫がいないってぇのは本当に気が楽。
長いこと、本当に長いこと外には誰かしらがいたから(そのほとんどが我が家に入ってきたわけですが)、外猫用ドライフードを買わなくてよくなったら何となく拍子抜けしちゃった感もあるけれど、これでいいんだ、という安堵感も正直ある。

さ、朝ごはんの支度でもしますかね。
雪かきは、食後の運動にとっておきます(?)

ああ、明日は筋肉痛だなあ・・・

| | コメント (0)

ネコシテヤッタリ!

うほほほほ。
今日の日経賞(GⅡ)、なんとまさかのネコパンチ逃げ切り勝ち!!
馬場が悪いし、前に行った方が有利だし、でも鞍上江田だし(すみません)、そもそもネコパンチだし(重ね重ねすみません)、で誰もがノーマークだったから、ラストの100くらいで皆どれだけ焦ったことか。

・・・いや、馬券は買ってませんでしたが、それでも性格の歪んでいるのあちさんは、人気の良血馬を人気薄の安馬(本当にごめんなさいっ!)が負かしたことが嬉しくて嬉しくて。
更にそれがネコの仕業(?)だから、もうテンション上がりまくってしまいましたとさ。

明日は宮杯。
今のところ馬券を買う予定はないけれど、もし買うなら牝馬だけにしようかな、と。
ロードが強いのは百も承知だが、ここは外すつもり。
一度負けたくらいじゃ見限れないカレンチャンと、グランプリエンゼル、トウカイミステリー、レジェトウショウ。この4頭を組み合わせて買ってみよう。
中でも、このレースで1頭だけのキングヘイロー産駒であるトウショウはちょっと面白いかもしれない。この馬ならカレンチャンと組み合わせてもそこそこ高配当だし。

ネコが勝っちゃうくらいだから、競馬なんて何が起こるかわからないぞ。
どうせ真面目に検討しても当たらないなら、いっそこんな感じのおちゃらけ方が幸運を招いてくれるかも?!

ネコの関係者の皆様、本当におめでとうございます!

| | コメント (0)

奇跡か?それとも

昨日はよたの通院日だったのだが、諸事情により家人に代行(?)してもらった。

で、血液検査の結果を聞いてびっくり。
なんと!CREが1.51という信じられない数字を叩き出したのだ!!
ちなみにBUNは48.4。正常値こそ超えてはいるが、最近では最も低い。

・・・やはりアゾの効果か?!そうなのか?!

こうなると、やはりあと半年分解体、じゃなくて買いたい。そうなると・・・ああ、英語力が。
すみませんが、これをご覧(かな、まだ)の英語がそこそこ以上使えるアナタ。お手伝いいただけないでしょうか。
要は、「保冷剤ガッツリ入れてね」と「初めての買い物の時って、確認の電話を下さるそうなんだけど、アタシ英語できないからできれば日本語わかる人から電話欲しいな(はぁと)」という内容のメールが書きたい、ということ。
ま、私が2歳のアメリカ人程度の英語力だ、と書いていただくという手もありますが。

先生も私も、これが単純に良化ということではなく、測定値の誤差の範疇である可能性もあるということは承知しているので、次、1か月後の検査で再度このような数値が出たら、そこで初めて万々歳!ということになるだろう。
そうなるといいな。そもそもアゾにはBUNを下げる効果はあるけど、CREは関係ないはずなんだもの。ああ、今からドキドキだあ!

話は全く変わるのですが。
「さばドル」毎週ドキドキ(笑)しながら見ている。
・・・いや、まゆゆって演技力半端ないわ。アイドルにしては、だけど。
最近ではむしろ、しじみの存在がガチに見えてきちゃう。いやいや。
で、チキチータとうざセンがそれぞれに愛されるという設定も胸キュン(古)だし、社長がまゆゆの正体に気づいていたというのは読めていたけれど、まだ真意が見えないところも興味深い。
姉妹愛にもホロッと来たし、次回の最終回が今から本当に楽しみだ。
引退フラグで予告編終わってたけど、現実問題としてあんなにお肌ピカピカの38歳っていないよなあ。もったいない。アイドル続けて欲しい・・・ってやだ、実物のまゆゆとシンクロしちゃってる(笑)

AKBって、周りのオトナたちが汚い(?)だけで、本人たちは本当に一生懸命動いているから、見ていて愛しささえ感じてしまう。
いいじゃないですか。多分今の人気があと何年も続くわけではないし、それは彼女たちもよくわかっているはず。
今、最大限にその人気を享受して、いつか独り立ちするときにちゃんと芸能界で居場所を見つけて活躍できるように準備をする時期なんですよ。
・・・私の予想では、ある日唐突に解散すると思うし、そうなったらほんの一握りしか明るい場所には残れないだろうから、今、今の彼女たちの輝きをたくさん見ておきたい。
部長。お疲れ様でした(爆)

| | コメント (0)

批判の続き。だってねえ。

うーん、やっぱりあのドラマ、評判よくないなあ。
佐藤浩市がもったいない、という意見も見かけたけど、実は私も同感。
だってねえ。あの二人がそもそも同い年なんて・・・え?そうでしたよね?

どうせなら、昨日も書いたけれどもっと非現実的なキャラクターがよかった。
もういっそ男はスパイで女は閣僚の美人秘書とか、いやいや忍者でもいいわ、くのいち(!?)
・・・そこまで行かなくても、もっとバブリーなシチュエイション(何だそりゃ)な二人でいて欲しかった。
で、どこまでもオシャレに映像も、周りの客も。下世話なオバサン軍団なんかもってのほか。
あの列車のあの部屋だって、努力してようやっと押さえたのではなく、力を使ってあっさり、みたいな予約方法であってくれたら・・・

生臭いお話には、中山美穂のどこか現実感のない演技がそぐわない。
佐藤浩市のリアルなしみったれ感満載の演技が浮いてしまっていて、二人が一緒にいると違和感アリアリだった。

あらやだ。批判ばかり。

話変わって。
家人は出川哲郎のファンだ。理由はわからない。でも彼が出ているテレビ番組はけっこう見ているらしい。

前回のモヤさまで出川哲郎ストラップなるものを見て、欲しい、と言い出したのでびっくり。
アナタねえ、本当にこれ、携帯とかにつけたいわけ?と半ば呆れつつ尋ねたら真顔でうん、と頷かれて更にびっくり。
というわけで、オンラインで探したら・・・あるある。扱っているショップの多いこと。
言った当人は忘れているかもしれないが、面白そうなので買ってみた。
多分明日には届くはずだ。
7種類あるそうなので、好きなのを付ければいいでしょう?でも残りはいりませんのであしからず。

| | コメント (0)

夢中になって見たドラマもあったんですよ

えーと・・・まずこの方の脚本でいえば、「雨の降る駅」(1986年TBS)が強く印象に残っている。
一般的には「男女7人-」とか「29歳のクリスマス」とか、古くは「俺たちの」シリーズが多分代表作なのだろうけれど、私はあの、絵に描いたような美男美女熟年カップルの、リアルなのにどこかおとぎ話のような単発ドラマが忘れられない。

しばらく私はお見かけしていなかった名前を、久々に目にしたこと。そして主演の二人が比較的好きな俳優だったこともあって、何気なく録画、それを今朝、家事の合間に見たわけだ。

「終着駅-トワイライトエクスプレスの恋」

中学校の同級生(だったっけ?)が再会し、恋に落ちた。
女には既に家庭があったが、誰にも秘密の恋を続ける。
女にとって心の鎧を脱ぎ捨てて対峙できる唯一の存在だった男が、遠く離れた地で新生活を始めるのを機に二人は別れを決意するのだが・・・

実は、もっとオシャレなシチュエイションというか、非現実的というイメージを勝手に抱いていたので、互いの置かれている状況が明らかになるにつれて若干興ざめしてしまった。
だって、あまりにもステロタイプというか、台詞に裏がなさ過ぎて展開が読めてしまうんだもの。
これがもしかしたら一周回って、というヤツならともかく、本気でこのストーリーなのだとしたら・・・?!

ここからネタバレ。続きはクリックしてください。

続きを読む "夢中になって見たドラマもあったんですよ"

| | コメント (0)

あの頃の自分に会いたいか?と尋ねられるとかなり迷ってしまうのは何故だろう。

眼下に夜景の広がる都会の高層マンション。
間接照明の広いリビングにはグランドピアノとサイドテーブルのバーボン。

・・・いかにもそんな部屋に住んでいそうな「シティ・ポップ界の貴公子」山本達彦。彼が未だにライブ活動を続けていらっしゃることを最近知った。
1954年生まれ、ということは・・・うわ、もうすぐ還暦じゃないの?!

公式サイトもあるし、アルバムも出していたんだ・・・懐かしい。
青春時代(?)にライブに何回か行ったことがあるけれど、トークもにウィットに富んでいて、頭のいい方だな、というイメージが記憶に残っている。
実際、今書かれているブログも文章が整っているし、最近のブログのエントリに掲載されている近影も全く変わらず男前。
もし内地にいたらきっとライブ、行っただろう。本当に懐かしい。

一番好きなアルバム「メディテラネ」を最近車の中で聴いている。
全ての曲の歌詞をおぼろげにでも記憶している自分に驚いた。

その曲を聞いた時のシチュエイションやその場の空気の匂いなどは意外に記憶に焼き付いているもので、このアルバムを聴くと、当時憧れていた先輩の顔が脳裏に浮かぶ。
彼には彼女がいて、私にも付き合っている人が実はいて(これは彼にはナイショにしていた)、それでも何故か何度も二人で会っていたし、それこそライブにも行ったし。

甘酸っぱい恋もどきの記憶が宿っているアルバムは、ここだけの話家人とは聴きたくない。
一人でこっそりと聴きながら、海沿いの国道をひた走る時、心だけが時を遡る。
現実逃避?そうかもしれないな。

20万通のメール地獄、プロバイダに泣きついたら、何とかしてやろう、との回答をいただいた。
でも、消去する時間帯に来たメールは一緒に消えてしまうのだそうだ。
ま、数分間だというから、まさかそこに大事なメールなんか来ないだろうからいいや。

最近、アルコールを解禁したので、今日もちょっと飲んでしまった。バランタイン17年。本当は30年が飲みたいんだけどね。あまりに高い・・・

| | コメント (0)

膨大な数のスパムメールと戦っています

諸事情があってしばらく使っていなかったメールサーバーを使うことにしたら・・・20万通という恐ろしい数のメールが残っていてびっくり。
転送してメインのメールサーバーから受信する際に、サーバーから削除するという設定をし忘れたためだ。ああ。

というわけで、受信しては消し、を繰り返している。
誰か、今サーバーの中にあるメールを全部消す方法を教えてください(涙)

実家の母に電話をしたら、もう送ったと言われたけれど・・・届かない、花。
で、これは一般論。
急ぎの時は最寄りの花屋さんに電話して、花キューピットで送り先の最寄りの花屋さんから送ってもらうといいです。最短1時間程度で届きます。

それにしても今日の阪神のメイン、何があったのだろう。
あれは、理由に(事情に?)よっては不正ともとられかねない事象だと思う。
単勝1.1倍という圧倒的支持率だから、結果的にあの5つ当てるヤツ(笑)はとんでもない数字を叩き出した。
つまり、ですよ。あの馬を外した買い方をしている人と組んでいたら、という穿ち過ぎる見方もできるわけですよ。
きちんと主催者サイドにも客サイドにも、そして厩舎関係者や馬主サイドにも筋の通った説明ができなかったら、鞍上は長期にわたって騎乗停止にすべき、とシロウトは思うわけです。
幸か不幸か馬券は買っていなかったけれど、恐らく単勝をかなりぶっこんだ人も少なからずいるだろうから・・・うーむ。

本当は出かけたかったけれど、どうにも体調がよくなくて一日だらだらしてしまった。
明日こそ!ドコモショップと花屋さんだ!大丈夫かな・・・

| | コメント (0)

無題

ここに入れておきますね、確かに彼女はそういった。でもすっかり忘れていたからもう、ない、ない、と大騒ぎで半狂乱。

・・・いや、別に大したことではないですが。

アレンジメントが2つあるため、部屋の中が花の香りで満たされている。
改めてしみじみと、花って美しいな、と感じつつ、今日はスコッチをちびちびと舐めている。

赤い皆さんも初勝利を挙げたことだし、本来なら祝杯なんだけど・・・それはさておき。

アルコールを飲んで顔が赤くなる人は、ならない人よりもリスクが高いらしい、様々な疾病に対する。
私は典型的な赤信号。それがやがて青信号-つまり青ざめていって気分が悪くなって(以下略)というパターンなので、非常に残念だがアルコールを楽しめない。
美味しさがわかるのに、飲めない。残酷だ。拷問だ(大げさ?)

昨日も今日も飲みたい。浴びるほど飲んで、気分を高揚させて、更にわけわからん状態にまで到達したい。
でも、恐らく頂上に向かう4合目くらいでアウトだろうな。
それでも、飲む。今日も飲む。
花も2つじゃさびしいな。明日にでももう一つ二つ買ってくるか。

思いがけず短期に終わってしまった(何が?)ので、若干予算が余った。
スマホを買おうと思う。

明日はドコモショップと花屋だ!

何か楽しいことでも考えなければ生きていられない。

| | コメント (0)

思うこと。

今朝、早速お花をいただいた。相変わらずすごい早業。お気遣いありがとうございます。
彼女は多分、花屋さんにとってとんでもない上客なのだと思う(謎)

いろいろありましたが、気持ちはそこそこ落ち着いています。

今日はちょっとお出かけ。帰りが遅かったのでいわゆる「ほか弁」を買って帰ってきた。
夕方の弁当屋に行くことってめったにないんだけど、意外に普通の主婦的な人が普通に晩御飯として家族の分まで買っていくものなのね。
うちはどっちかというと弁当を買う、ってハレなんだけど、他のお客さんたちにとってはケみたい。
そっか。そういうものなのか。うーん。

で、メニューを見て驚いたのは、300円くらいでちゃんとしたお弁当が買えること!
確かにこれじゃ、店が近くにあるなら真面目に作るのばからしくなるかもしれないぞ。
コンビニのそれと違って、目の前で作ってくれるんだもの。
更に言えば、このチェーン、なでしこリーグのスポンサーでしょ?
いや、家人さえ許してくれるなら、またここのお弁当買いたいと思いましたよ。

さ、ちょっと冷めてしまったけど、豚汁と一緒にいただきます。
少し、お酒も飲むつもり。だって、ね。

| | コメント (0)

地域性という言葉で片付けられないような気がしますが

大阪市立の中学校教師が、こともあろうに生徒の通信簿を競艇の指定席で記載していた、という記事を見てあきれ返った。
そういえば、学校内で勝手に調理と飲酒を繰り返し、注意されてもやめずにとうとう処分された、なんて非常識な教師がいたのも大阪の学校だったっけ。
私はあまり橋下大阪市長を好きではないけれど、市に就職後刺青を入れて、それを見せびらかすという行為をしていた職員らに対して、厳しい対応をする、という市長の意向には大賛成だ。
そもそも、何故刺青を入れるような人が公務員なの?狭き門をくぐることができたの?
就職前に若気の至りで・・・ならまだしも、公僕として働き始めてからの行為なんだから、ますます理解できない。

大阪という「町」の、あの独特の人間性は好きではない。どちらかというとかなり苦手だ。
人情味、という言葉に置き換えることで正当化されているけれど、例えば非常識、とか図々しい、という言葉でも実は成立すると思う。
全ての人がそうだとは言わないけれど、歯に衣着せずに言葉をぶつけることが美徳だと思っている人が少なからずいるのではないか。
どちらかと言えばゆかしさを美徳としてきた日本人の中にあって、大阪人は異端かもしれない。
ちなみに、生活保護の受給者の割合も、日本一低いのは富山。そして高いのは大阪なのだそうだ。

非難したくてこんなエントリを書いているわけではない。ただただ不思議でならないだけ。
あのパワーが私にはないものだから、というわけではなく、単純に疑問に思うだけ。

多分橋下さんも歯がゆいのだろうと思う。
あまりに常識が通用しない組織にあって、もどかしさを覚えながら一生懸命軌道修正しようと焦っていらっしゃるようにも見える。

大阪都構想?いっそ独立国家にしてみてはどうだろう。大阪国。
国民性の違い、的なものすら最近感じてしまうのは私だけかな?

| | コメント (0)

道民として不名誉なことだと恥ずかしささえ覚えます。

がっかりした。
政令指定都市で知名度も高い札幌市の上田市長が震災がれき受け入れ反対を表明したというニュースを見て、この人が心底嫌になった。
(反対に、稚内市の工藤市長は要請があれば受け入れる、という考えを明らかにした!)

そもそも社会党出身だ。自衛隊の存在をあれほど否定してきた政党出身の人だ。
それが、雪まつりに関しては当たり前のように自衛隊の支援を要求する。
海外派遣には反対だ。でも雪まつりには参加しろ。
何故国の税金で働く人たちが、訓練などというおよそ信じられない名目で札幌市に観光収入をもたらすための雪像を作らなければならない?おかしな話だ。
そして、誰もそれを口にしない。本当におかしな話だ。
雪まつりに来場された道外の皆様、ご存知でした?あの大きな雪像のほとんどが自衛隊の皆さんが「訓練のために」作成したものなんですよ。

話が逸れてしまったが、こういう人だからこそ、あの道新の世論調査でさえ札幌市民の8割が、放射線量が国の定めた基準以下の数値であれば受け入れて構わない、という意見なのに、何に配慮したのか、震災がれきは一切受け入れない、という独断を下したのだろう。

一部の「市民」にはこの決定をもてはやし、賢明な判断だの、光明を見ただの・・・こういう人たちこそが、もし自分が被災して、がれきが発生する地域におかれたならば真っ先に大声を上げるんだろうな。
震災がれきの存在を、原発反対に結び付けようとする動きはとても危険だし、何となく気味が悪くも感じる。

毅然とした態度でがれき受け入れを表明している静岡県島田市の桜井市長には様々な妨害工作もあるようだ。それを行っているのは島田市民だけではないのではないだろうか。

個人的には石原都知事の考え方は好きではない。強者としての目線でしかモノを見られない傲岸不遜な人だと思っていたし、今でも思っている。
でも震災がれきの受け入れに関しては、この方のリーダーシップが殊更頼もしく見える。

復興、復興、とバカの一つ覚えみたいに口にするマスコミ。
でも、その一方でがれき受け入れに激しく拒否反応を起こす一部「市民」の運動を大きく取り上げてみたりとさながら受け入れ促進を妨げるような報道を繰り返すのは何故?

小さな子供を抱いた母親にインタビューすれば、恐らく聞きかじり程度の知識で不安感を口にするだろうし、それを見ていて不安を覚える人もいる。
でも、私はそういうお母さんを責める気にはなれない。
放射線量について、明確な基準を「信頼するに足る」政府がきちんと公表しさえすれば、勢い反対派だって口をつぐまざるを得なくなるはず(いや、こういう人たちはちゃんと論理のすり替え方法を編み出すだろうけど)。
それができないから、徒に不安を煽って世論の方向操作をする人たちが出てくるわけで。

私も原発はいらないと考えている。
理由は至極単純。
今回のような「想定外の」天災で事故が起きた場合、取り返しのつかないことになるから。
原発がなくなって、火力発電への依存度が高まると大気汚染が・・・とか、燃料問題・・・とか確かに単純に片づけることのできない問題もそりゃ発生するだろう。
でも、少なくとも放射能汚染で人の住めなくなる死の街ができることはない。

東電と時の政権と官僚とで自分たちにとって都合のいいようにやってきた原子力発電。
様々な利権も絡んでいるのだろう。
東電の国営化だって、個人的にはすべきだと思うけれど、様々な省庁の思惑があって簡単にはいかないとも思う。

推進派も反対派も、どこに真意があるのか見えて来ない中、被災地、そして山積みのがれきだけが取り残されている感が否めないのは私だけなの?

| | コメント (0)

1年ののち

あれから、もう、1年。

競馬中継の合間に民放へチャンネルを変え、家人ともども黙祷する。
閉じた目の奥に、何故かがれきと共に凄まじい勢いで押し寄せる黒い波のイメージがはっきり浮かんだ。

亡くなられた方の多くが瞬時にして命を落とされたのではないか、という説を何かの記事で目にした。
もしそうであるなら、と思わざるを得ない。
わが身に置き換えてみれば、絶望の時間が短ければそれに越したことはない。

命というものの重さを、実は違う部分で今痛感させられており、ここぞとばかりに様々なメディアが流す震災報道を目の当たりにしては胸を痛めている。

今朝の読売新聞には、犠牲者の顔写真と、その方達へのご遺族のコメントが掲載されていて、申し訳ないが最後まで目を通すことができなかった。

被災地に縁のある芸能人や著名人が、風化させたくない、と仰っているが、もっともっと影響力のある方々にも声を上げてほしいと思う。
それがたとい売名に繋がろうが(もちろん、ほとんどの方々がそんな思いはなく、純粋に行動されていらっしゃるだろうけれど)、結果が全て、ではないだろうか。

先週発売の週刊新潮には、支援活動を継続されておられる方々のことが書かれていた。
ブログに書くでなし、マスコミを帯同させるでなし、思わずその方々への見方を変えてしまったのは言うまでもない。
そこには私が嫌っていた女優の名前もあった。何と、その方は私の母と同郷だったのだ。
そして、地道にできることを続けていらっしゃる。
自分が恥ずかしくなった。ちょっとした発言だけをテレビというフィルタを通して知っただけで、その人の全人格を否定してしまう自分の心の狭さが情けなくなった。

ふと見上げる空が青い。
いつもの景色と、いつもの猫と人、いつもの生活が変わらずここにある。

でも去年の同じ日、それらを全て失った方が数えきれないほどいる。
天災で、そして原発事故という人災で、人生を奪われたり、変えられてしまった人がたくさんいる。

多分、今こうして生きている私は、多分運がいいだけなんだ。

・・・かといって、今日から謙虚に生きよう、なんてきれいごとも言いたくない。だって嘘になるから。

明日も今日と同じく生きていられるように。そして明後日も。願わくば1か月後、そして1年後・・・先のことなんか本当にわからない。
それを教えてくれたのが去年の今日だった。

改めて、被害に遭われた皆様すべてに心からお見舞い申し上げます。
そして行方不明の方々が一日も早く見つかりますように。

| | コメント (0)

ダウンしてダウンをまとう

また、だよ。

去年の3月31日のブログとほぼ同じ状態に陥ってしまった。
家人が発熱、今回は胃腸に症状は出なかったが、寝かしつけたら今度はこっちがダウン。
どんなに着込んでも寒くて寒くて、それこそ種馬の展示会用に買った分厚いダウンと普段着用の薄手のダウンとヒートテックを着て、更に毛布をかぶっても、寒い。
それでも体温は38.7℃まで上がったところで感覚的に上げどまり(?)だろうと思い、病院に行くのはやめた。

家人の方が回復が早いのも前回と同じ。
私も以前もらった麻黄湯が残っていたのでそれを飲んでしこたま汗をかいたら熱は下がった。
でも体の節々が痛い。あうううう。

それどころじゃない、のにまあ仕方ないか。
今日は一日どこにもいかずに家でゴロゴロゴロゴロしていようと思う。
することもたくさんあるけど、取捨して。

季節の変わり目、ってこれだからヤだわ。

| | コメント (0)

泣き言ですね。お気になさらずに

なんだろう、ろくなことがない。

昨晩なんて、猫の飲用水を入れている器を床から持ち上げたら、何か、の感触が底に触れた。
トイレの砂だろう、と意に介さず指で床に落としたら・・・臭う。

そう、カメだったのだ。あうううう。

慌てて洗面所に行き、爪ブラシで鬼のように指を洗う。
洗う。洗う。洗う。洗っても洗っても落ちない臭い。あうううううううう。

幸いにして器の方には被害はなく、今朝には臭いもぬけていた。やれやれ。

公私ともに本当にいいことがない。
楽しみにしていた出張も取りやめになりそうだ。

もうこのまま泡にでもなってしまいたい。
なれないけど。なってる場合じゃあないけど。

しんどいなあ。

| | コメント (0)

ああ、早く抱っこしたい

相変わらずうえうえうえうえやっている。
確かに、喉というより胃のタイミングって感じがするな、このえずき。
涙が出るくらい激しくえずくが、幸いにして嘔吐は一度もない。
このまま、胃酸の制御だけで治療が終わる=治るといいなあ。胃カメラとか飲みたくないしさ。

今日も暖かい。
うららかな日差しとほぼ無風状態のおかげでダウンが重く感じられるほどだ。
ま、油断はできないのだが。またいつ寒くなるかわからないから、迂闊にクリーニングに出せないのよね。
ダウンだと防水加工まですればかなりの金額になるから、出しちゃったらもう次のシーズンまで着たくないってのが人情でしょ(?)

最近、家庭内野良のちびがかなり慣れてきて、毎晩添い寝してくれるようになったのはいいが、これが明るいと全く傍に寄りつこうとしないのは何故?
しかも、こ憎たらしいことに家人には明るい時でも触らせるのだ、何故??

あのなあ。誰がうちに入れたのか、ご飯あげてるのか、心を砕いて懐かせようと地味に努力を重ねてるかわかってるんかい?!
・・・と声を荒げてみても絶対に理解してくれっこないとわかっているから敢えて何も言わない。

いいの。いいのよ。
ちびちゃんが私を好きじゃなくても構わないの。
でもねえ、今後あなたが体調を崩したとき、今のままじゃあ病院にも連れて行ってあげられないじゃないの。
そう考えると、もっともっと攻めていってもいいような気もするのだが、ここまでじわりじわりと距離を縮めてきたことが功を奏したと考えれば、一気にこれ以上詰めようとするのは逆効果になるかもしれないからなあ。

とりあえず夏頃までには抱き上げられるまでにしたいと思っている。
明るいところで抱き上げられれば、キャリーにだって入れられるもの。
道は険しそうだけど(涙)

| | コメント (0)

コメントへのお返事とどうでもいいこと

うえうえうえうえしながら仕事中。
喉が腫れているのは間違いないけど、風邪の諸症状は一切なし。
仕事上、ちょっとした嬉しいニュースが飛び込んで来たりして若干浮き足立っているけれど、基本的にテンションは低め。天気も悪め。
なにせ生暖かいのだ。どんよりとしていて何とも歯切れの悪い空気。

この時期、運転中に温度計見て「あ、3℃もある!あったかいと思った」と平気で言えるようになれば立派な道産子。
氷点下に体と気持ちが慣れているから、不意の暖かさに戸惑ってしまうのだ。

これで福寿草が顔を出すと春感(何それ)もやや高まり、道路っ端にふきのとうの蕾が現れたら本格的な春到来。
それまでにしなければならないことが山ほどあって、ここはひとつ気合を入れて乗り切ろう。

昨晩のこと。
久々半身浴でも、とバスタブに湯を張り、さ、もういいかな・・・とドアを開けたら、先に入浴している方がいた。

・・・カメ、だよ・・・あううううう。

水面を明らかに溺死しているであろう見慣れた存在。
湯を張り替えたいところだが、冷静に考えてみると、これだけの量のお湯を炊くのに使う灯油の量を考えると、臭いもないし、ここはひとつ我慢して入るか、という結論に達した。
(引かないでくださいね。だって、省エネでしょ?)
春が近づくとともにむいむいさんが増えること。これが私の最大の悩みでもあるのだ。

ずいぶん昔のエントリにコメントをいただくことがあるのですが。
現在たこは使っていませんし、あのエントリに書かれている以上の情報(ってほどのシロモノでもないですけど)はご提供できませんのであしからず。

また、リボ(敢えて正式名称は書きません。検索に引っかかっちゃうから)についても、私が入手した時は、比較的簡単に個人輸入できましたが、現在は法が変わったらしく同じサイトから購入できなくなりました。
ですから、申し訳ありませんが何もご教授できることはありません。
正式に処方していただくことが唯一の方法なのではないでしょうか。

ちなみに、私は最初頭痛外来で出してもらいました。
0.5mgを就寝前に服用して6時間以上睡眠時間を摂るように、との指示で、実際緊張性頭痛が翌朝ほぼなくなったのですが、その後2mgのものを個人輸入し、4分割にして1欠けを服用していました。
もう手持ちの分はなくなってしまいましたが、どうしても頭痛が酷ければまたそのクリニックで処方してもらおうと思っています。
お役に立てなくてごめんなさい。

| | コメント (0)

流行病?

えずきがますますひどくなり、ここ数日はうげうげうえうえする回数が著しく増えたため、急遽近所の耳鼻科へ再度通院してきた。
で、やはりこれじゃないか、と言われたのが、「逆流性食道炎」

胸やけもあるし、膨満感も腹部にあるし、でもげっぷはそれほど出ないなあ、などとシロウト判断していたけれど、ま、医者がそういうなら、と処方されたパリエットを素直に飲んでいる。
ただ、これが食前の薬で、なかなか難しい。
それでも、治さないと日常生活に支障をきたし始めてるわけで、そう、人と話している最中にうえうえしちゃうのはあまりにみっともない。

ストレスって影響するんですか?と医師に尋ねたら一笑に付された。
「むしろ食べ過ぎとか早食いとかが原因でしょうね」・・・人の体型見て決めつけやがって(怒)

調べてみたら、ちゃんと原因のひとつにありましたよストレス。
・・・うん、確かにそうだ。ストレッサー発生(?)時から症状がひどくなったと思う。
ああ、今だって胸焼けするもんなあ。

早くすっきりしたい。このオヤジがえずくような咳なんて、百年の恋も冷めちまうわな、見せられたら。見られて困る、そんな相手なんざいないけど。家人の前だったら全然平気だし(いいの?)

いやあ、中島さん無事身柄を確保されたのですね。よかったよかった。
相方さんもそれなりのコメントを出されたようで、きっとこの二人は元サヤに戻れるだろうな。
所詮マインドコントロールなんていかさま。いや、実態としてはあるのだろうけれど、作り上げられた感情だったり行動だったりするわけで、決してその人の本質までは変わらないと思うの私は。
復帰されたらきっと、今回のことを笑い話にしたり、あるいは自称占い師とかいうペテン師とその一味など、ダニのような、人の皮をかぶった寄生虫を糾弾するある意味ジャーナリスティックな活動もしてくれるのではないだろうか。
それだけの知性と理性と頭の回転の速さを持っている人だもの。

あ、とりあえずぐだぐだになっている黒バラ(笑)を早く何とか軌道修正してください。中島さんにしかできませんやそんなこと。楽しみに待ってます。

| | コメント (0)

禍福は糾える縄の如し

私が陰ながら(?)応援していたお嬢さんが、なんと!次のライブのタイトルに!!

・・・さいたまスーパーアリーナで行われるあの「たくさん人数がいてわけわからん」アイドルグループのライブ。そのタイトルに彼女の名前が使われているのだ。
多分、このグループとか派生ユニットとかのファンの方でも名前を知らなかった人が多いと思うし、実際のところ総選挙でも圏外だった。
それが、美術部なるものができ、その部長に大抜擢!
それだけでもかなり驚いたというのに、今度はコレだもの。

折角のチャンスなんだから、ここは思いっきり頑張ってアピールして今後につなげてほしいものだ。

びわ湖毎日マラソンは、意外な選手-一般参加の飛脚(笑)さんが日本人トップ。
更に初フルマラソンの青学の出岐クンが9位!これにもびっくり。

飛脚と言えば、私の住む街では全く使えない業者の代名詞みたいなものだ。
指定日に届かない、平気で積み忘れてきてもう明日じゃないと届けられない、とのたまうし、すぐ下請けに荷物を回して結局他の業者より日数が無駄にかかる。

だから今回の結果には複雑な思いが残った。どうせなら飛び、こと飛松選手のいる安川電機の中本選手に勝たせてあげたかったのに。
それでも、まだ中本選手にも可能性はある。選考結果が早く知りたい。

今日の弥生賞は溜飲が下がった。
何せ種は2頭をのぞいてすべて社台。生産もほとんどが社台関係。
そんな一種異様な雰囲気のレースで、全く社台とは無関係の馬が勝利したのだ!
ディープもクリスエスも何もかも打ち破って、ロージズインメイ産駒がマイナー騎手(すみません。いや、彼もデビュー当時はそれなりに将来を嘱望されていたのに・・・以下略)に導かれて優勝。
いやあこれほど痛快な話はない。ないよね~!
これでクラシック戦線は面白くなってきたぞ。ジョワドも負けたし。
アンチではないけれど、どうしても判官贔屓になりがちなもので・・・

思うようにならないことばかりで、もどかしく思っている日々の中、こういうちょっとイイ話(か?)が癒してくれる。
明日はどんな日になるだろう。そして明後日は?しあさっては?
一度でも声を上げて笑うことのできる日でありますように。

| | コメント (0)

おめでとうございます

某女性ゴルファーがめでたくご懐妊。
驚いたのは、妊娠検査のキットの画像がそのまま掲載されていたこと。

・・・あれって、尿をかけて検査するわけですよね?(使ったことないからよくわからんけど)

で、更に驚いたのは、それはそれとしてオンラインで記事を見た私が実に素直に喜んでしまったこと。
普段なら、「こんなもの掲載するなんて、信じられない!」と怒りに燃えたろうに、何故か祝福の気持ちが先に立ってしまった。

バカップルだし、と苦々しく見ていた時期もある。お相手のプレイボーイ氏も様々な発言がマスコミに面白おかしく取り上げられて、それだけまともに見ていたら何と軽佻浮薄な人だろう、としか思えないし。
彼女だってそうだ。プロゴルファーとしては成績が今一つだし、話題だけでゴルフ以上にメディアで稼いでいる人、そう思っていた。
それなのに、どういうわけかあの二人を見ていると心がふわっと暖かくなるんだよなあ。
彼の元隠し子(何だそりゃ)も、彼女のおかげで親子の関係が良くなった、的なことを言っているそうだし(こちらも新聞記事で見た限りですが)、やはり育ちの良さというか、二人とも基本的に優しい人たちなんだと思う。

タイプは違えど美男美女。ダンナはそこそこ勉強のできるタイプで奥さんはスポーツ万能。
きっといい遺伝子を持った素敵な子が産まれるだろう。
後は無事に出産までこぎつけられますように。何だか全然接点もなければ共通点もない私ですが、心から祈ってますので、もしかしたら何かの足しにはなるかもしれません(?)
本当に、おめでとうございます。

| | コメント (0)

無題

それでも何とか仕事のノルマを果たし、顧客の皆様(でいいのか?)にも概ねご好評いただけているようで何より。

昨日の暖かさがやや遠のいた所為で、日陰の道路が綺麗に凍って輝いている(涙)
朝、自分の車で出かけようとしたら異音がするので、急遽会社の車を借りた。
日頃運転しない車はやはりなじむまでに時間がかかる。しかも車幅も長さもマイカーとはかなり違うので自分がどこを走っているか自覚するまでにややしばらくかかってしまった。
緊張したけれど、無事帰宅できて一安心。

今日からくそやくたいもない客が来るので、更にテンションが下がる。
すべきことが山積みなのに、本当は何もしたくない。

多分私の前世はミツユビナマケモノだ。それも孤独な。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »