« 快哉! | トップページ | コドモと侮るなかれ »

真相は?

京都のあの事故、もとい事件。
容疑者の体内からはてんかんの治療薬の成分が検出されたそうだ。
投薬を適切に行っていればほぼ防げるという発作。
更に、人々を撥ねた後に接触したタクシーのドライブレコーダーに残されていた鮮明な画像からは、車と通行人の間をすり抜けて電柱に激突するシーンが見られ、それはおよそ意識を消失している人のドライブテクニックではなかった。少なくとも私にはそう見えた。

・・・故意にあんな凄惨な事件を引き起こしたのだろうか。

「犯人」はもう何も語ることはできない。何か言いたいことがあったのか、それ故の行動だったのか。それとも。

どちらが怖いだろう。
意識を持って人を殺めようとする運転者、そして運転者が意識を失う=制御されずに暴走する車。

被害に遭われ、生存された方々にとって、春の桜がトラウマにならなければいいけれど。あの美しい花が血に染まった思い出に伴うものとなってしまったなら、それはあまりに哀しい。


個人的(?)にもいろいろなことがあり、文字通り悲喜交々なのだが、昨晩は疲れていたのか21時に布団に入ったら、朝の4時半まで全く一度も目を覚ますことがなかった。
結果、仰向けに寝た私の姿勢はそのまま朝まで変わらず、布団の乱れは一切なし。
寝返りを打たないというのは健康上よろしくないのに・・・
どなたか、寝返りを打つ方法(?)を教えてください。けっこう切実。

|

« 快哉! | トップページ | コドモと侮るなかれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 快哉! | トップページ | コドモと侮るなかれ »