« ・・・怖い | トップページ | 真相は? »

快哉!

なんと!家庭内半野良のちびの爪を18本全て切ることができた!!

敵が畳んだ布団の上で寝こけているのを見計らって近づき、まずは体を撫でることから開始。
この時点で逃げられることもあるので、ゆっくりと、緩やかに、油断させるように撫でる撫でる。
そして喉を鳴らす音が盛大になってくるのを見計らってもう片方の手で指先を撫でる。

隠し持っていた猫用爪切りは新品だ。切れ味が鈍っていると、切った時の衝撃が大きくなり、嫌がられてしまうから。

まずは左前。慎重にかつ素早く親指から切っていく。全く抵抗はない。
―終了。次は右前。これもうまくいった。
右トモは・・・OK。体位的に左トモが切れないのでこれは焦らず後で切ることに。

とまあ、いともあっさりと、1年越しの懸念事項であった爪切りをクリアすることができたのだ。
ちなみに、左トモもその数分後、寝返りを打ったところをすかさずとらえて切ることに成功した。
いやあ、これであとはワクチンだけ。それならうちで打てば済む話。やれやれ。

家人も驚いていたが、正直切った私自身が一番驚いている。
生粋の野良として(ご飯はあげていたけど)10数年暮らしてきた、気の強い猫だったはずなのに、確かにまだ私を恐れてか逃げ惑うけれど、夜、布団さえ敷けばゴロゴロとすり寄ってきて甘える姿はまるで別猫のようだ。
ここまでくれば、抱き上げられるようになるのは時間の問題。
ようやっと飼い猫がましくなってきたなあ、と感慨深いものがある。

今日は、昨日からの来客をあちこち案内して回ったりしたので少し疲れた。
気温の変化に体が着いていけないのか少しダルい。
明日からまた仕事だし、今日は早く寝よう。

|

« ・・・怖い | トップページ | 真相は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ・・・怖い | トップページ | 真相は? »