« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

実質滞在時間は・・・?!

とある用事に絡めて帰省した。
ほぼ1年ぶりに見る母の背中が一層小さくなり、ああ、老いって残酷だ、としみじみ思う。
夕食は何となく焼肉にしようということになり、これもまた私がこの街を離れてからできた複合商業施設にある有名チェーン店に入った。

賑やかに話をしながら肉を焼いては頬張る。美味しい。でもなんだか不思議な感覚だ。
そして実家に戻って更にそれは違和感へと変わっていった。
客、なんですもの私。もはやこの人たちの家族の一員ではないんですもの。

居心地が一層悪くなった実家の、見慣れない家具が増えた居間で、座っていても何だか落ち着かない。
去年の今頃も別の用事で帰省しているけれど、その時も同じようなことを日記に書いているから・・・うーん。これが歳月というものの重みなのか。

帰宅したらしたで、溜まっていた仕事(催促まで入っていたらしい!)が山積み。それらを片づけている最中に電話が入ってメモを取って、また別件で電話が来てメモを取って・・・
いや、ホントは空港で少しまったりしたかったのにそれどころじゃあない。

明日から6月か。
やることはまだまだ残っていて、明日も朝からばたばたしそうだ。

| | コメント (0)

ちょっとイラのあち気味

バタバタと慌ただしくいろいろなことをちょして(北海道の方言。する、とかやる、とかそんなニュアンス)いるうちに夕方になってしまった。
今日はこれから晩御飯食べて、猫に輸液と、22時に投薬(昼飲ませ忘れた)、洗濯物干して、台所片づけて、あ、仕事も一つ残ってた。

先だって、全く関係ないことを検索していて出会った、とある工芸品。
可愛くて、いろいろな意味で欲しいモチーフの作品だったので作家さんにコンタクトを取ってみた。
すると、まだ在庫があるそうなのでオンラインショップ経由でお譲りいただけるとのお返事をいただいた。
・・・ところが、その後全くなしのつぶて。
どうやら幾つかのギャラリー出展が決まっているらしく、その準備に没頭されているのかもしれないが、それでもメールの1通もよこす時間はあるだろうに。
そうお安いものでもないし、向こうさんにしても決して悪くはないお話だと思う。
でもここまで等閑にされてしまうと、何だか購買意欲も失せてしまった感じ。
「ちょっと待っててね」程度の内容でも、気持ちはずいぶん違うんだけどなあ。
もうこちらからは一切アクションは起こさないつもり。欲しかったけど、実用品でもないしただの無駄遣いっちゃ無駄遣いだもんね、実際。

ダービー、勝った騎手も2着の騎手も泣いていたそうだ。
特に勝った騎手は自分の酷いミスで騎乗停止をくらっていただけに反動で嬉しさもひとしおだろう。
でも、騎乗停止という期間を、さながら美談のように扱うのはやめてほしい。
乗れなかった悔しさを・・・的な書き方は、未だ復帰できずにいる、被害馬の騎手やファンにとっては非常に不愉快。
自業自得なのだ。自分が招いた結果で騎乗停止処分を受けたのだから悔しいも何もあったもんじゃないでしょう?
2着の騎手は・・・ジンクスに負けた、ということで。やっぱりNHK杯がトライアルだった頃にさかのぼって、青葉賞になってからまで、このレースに勝つと本番では勝てないんだなあ。
ジンクスって有名になったりすると大抵終わるんだけど、このレースに関してはしぶといみたいですね。来年に期待しよう。

そういえば、3着馬の騎手の談話で、「他の馬に絡まれなければ2着はあった」的なコメントがあったけど、あの着差でどう入れ替わるんだ?
恐らくこれは通訳のミスでしょ。「勝ち負けだった」くらいのニュアンスだったと思う。
それでも一番強かったのは3着馬。私は今でもそう思っています。

| | コメント (0)

優駿たちの戦いが終わりました

終わってみればやっぱりディープ。
でも一番強かった、と思わされたのは3着馬だったかもしれない。
あのペースで逃げ馬に着いて行ってそれでも残る。血統的にもいずれは大きいところを獲れる馬だと思った。

軸の1頭に据えた馬は・・・距離かなあ。血統的には問題なさそうだったのに。馬体も素晴らしかったのに。
もう1頭は、いくらハイペースとはいえ、あの位置取りはないでしょうよ。やはり馬体重減も響いたか。

ということで馬券はまるでダメ。かすりもしなかった。
勝った馬にはおめでとうと言いたいし、ジョッキーも泣いていたから、本当に嬉しかったのだろう。
自業自得とはいえ、オークス勝ち損ねたし、喜びもひとしおでしょうね。
これからはクリーンな騎乗を心掛けて、二度と悔しい思いをしないでほしいし、周りにも迷惑をかけないでくださいね。

来週は安田記念か。もう買わないもんね!買わないと予想が当たるというこの悪循環(?)にはもううんざりだ。

| | コメント (0)

でもなんかやな感じ

うーん。
確かに悪質な「不正受給」だとは思うし、あの謝罪会見もとってつけたようで、しかも肝心な部分がボカされたまま(個人情報という言葉って本当に便利だ)だし。
多分、あんなに殊勝な顔で会見していても、もともとは「もらえるもんならもらっとけばいいじゃん」程度の浅知恵だったような気がする。
法的にどうなのかはわからないけれど、常識的にというか、道義的には、彼が扶養できるだけの収入を得ることができるようになった時期にまで遡って、その後受給した金額を返戻すべき、と思う。

でも、片山さつき議員は今後何をどうしたいのか。
不正受給した人を責めて、不正支給分を返済させてハイ、お仕舞、と幕引きしようというならそれは大きな間違いだ。
何故こんなにも安易に、高収入の扶養親族がいる人にまで生活保護が受給できるようなシステムであるか、も徹底的に追及すべきだし、審査基準を厳しく、というのならたたき台を作って、超党派で議論、法改正するところまでやってほしい。

片山氏に対して杉村太蔵元議員が苦言を呈していたけれど、あれは強ち的外れとは言えないと思う。
世間的に「目立っている」不正受給者だけを責めたてても、多分、現状に対して何の抑止力にもならない。
私の住む街にもいますよ、どう見ても不正受給だろ、と言いたくなる人。
パチンコ屋に入り浸って、たばこスパスパ吸って、車に乗って。何故こんな人たちをまで国は「保護」しなければならないのか。

不正受給反対。でも片山議員のやり方も好ましくは思えない。
以前から、あの方はどこか感情的になりがちな印象があって好感を持っていなかったからかな。
確かに、会社が会社(?)だからマスコミも騒ぎにくいのか、とも思うけど、私もわざわざ国会議員が追及すべきことでもないと思うんだけどなあ・・・他にすべきことがあるのでは?

好天。絶好のお出かけ日和なのに・・・仕事にいそしんでおります。自業自得なんだけどさ。

| | コメント (0)

今日は天気も移り気で

雨降ってみたり晴れてみたり、と何となく落ち着かない天気の中、帰省する際に、というより先日買った地味~な服に合わせたくてアクセサリーを探してイオンに行ったのだが・・・ねえ、予算は数千円のはずだったよね、私?

・・・買っちゃったのは、某ブランドの、半額とはいえそれなりのお値段のペンダント。
買いたいものがある程度決まっていたりしなかったら脚を踏み入れないようにしているブランドアウトレットショップに何故か入ってしまい、何故かそれを見つけてしまったのが運の尽きだった。
2色あって、本当はもう片方の色が良かったけど、使いまわすことを考えて無難な方を購入。
取りあえずどんなものにも合わせやすいし、まあせいぜいこの夏は使って元を取ろう(?)


この人の本はもう読まない、と思っていたのについ手にしてしまった(ってこんなことばかりしてるなあ)。
乾くるみ「スリープ」(ハルキ文庫¥620)
所謂コールドスリープモノ。そこに美少女とか宗教(?)とか専門的知識とか純愛なども絡まって、でもこの人の作品にしては安易にネタが途中でバレてしまう。
イニラブをはじめ、ラストのどんでんまで引っ張ってほしい気もしつつ、そこまで今回は引っ張るつもりもなかったのかな、と。
相変わらず読みやすい文章で、あまり考えることもなくつらつらと進めていけるのはいいけれど、読後感が何も残らなかった。

以下ネタバレ。
これからこの本を読もうと思った方は「続きを読む」はクリックなさらずに。

続きを読む "今日は天気も移り気で"

| | コメント (0)

長いものには巻かれろ?本当に長いかどうかはさておき

1枚だけ買ってみた。あのやたらめったら人数の多い御嬢さんたちのCD。
目的は、もちろん曲だけど、のみならず、そう、投票権が欲しかったというのもある。

踊らされたくはない。でもあのお嬢さんを壇上に上げてあげたい。
葛藤の末、1枚だけ、1票だけ、と決めた。
今日到着したので早速携帯で特設サイトにアクセス。無事なけなしの票を彼女に投じることができた。

彼女たちのそれぞれに某巨大掲示板でスレッドが立っている。
私の応援しているお嬢さんにも当然あって、そこでは皆、オークションで・・・とかモバイルサイト・・・とか身の回りのモノを整理して金に換えて・・・とか、何だかただならぬ雰囲気が漂っているから、これはまあものの見事にハマってしまっているな、と。

こういうやり方は長くは続かないと思う。
一番人気のある子が卒業すると言うある意味ハプニングがあって、それ以降果たして彼女たちは今の勢いを維持できるのかできないのか。
好きだけど、少し冷ややかな目線で応援していきたい。

応援と言えば。
東京優駿出走馬の中に、私が好きだった牝馬の子がいることに今日初めて気づいた。

今年のダービーは本当に酷い。ディープ産駒何頭いるんだ?
ディープの子であっても体型や体重などが父似、という馬は意外に少ない。
私が応援したい子もご多分に漏れずディープ産駒。で、小さい。体型的に一番父に近いのではないか。
この馬と一番人気の馬を軸に少しだけ買ってみよう。
当らなくても・・・とはいかない。帰省の旅費の足しにしたいから、今週は当てに行くぞ!

久々に髪型を変えた。
似合うか似合わないかはさておき、気に入っている。

| | コメント (0)

同じ日本なのに?

個人的には、見えるところに刺青を入れているような人が公務員であることには違和感を覚える。

今の若い人たちにとっては、「入れ墨」ではなく「タトゥー」であり、ファッションの一部だと捉えているからこそ、街頭アンケートでも大阪市長のやり方に異を唱える人が少なからずいるのかもしれない。

でも、一般的に入れ墨=くりからもんもん、の世代のひとりである私にとって、公僕たる市役所職員がそんなもの背負っていると知っただけで不快極まりない。
かつてうちの職場にもいた。
それこそ遠山の金さんばりに、桜吹雪が肩の辺りに舞っていた。
恐らく若気の至り、ってヤツだろう。いきがってはいるけれど、所詮気の小さな人だった。
結局、諸々の事情で退職していったが、仕事的にもいろいろ問題の多い人間ではあったので、猶更入れ墨への嫌悪感は募った。

ましてや、その入れ墨を恫喝まがいに使っていた職員となればもう懲戒免職だって十分適用できるのではないかと思うんだけど・・・

思想信条の自由を侵される、という理由でアンケートの回答を拒んでいる職員が少なからずいるという。
確かに橋下市長のやり方は強引に過ぎるきらいもあるけど、根本にある考え方は至極真っ当で共感できる。
多くの人が持つ、入れ墨=やくざものの証、というイメージがある限り、市職員としての採用前に彫っていたのならまだしも、採用後に彫ったのだとしたらそれはもう明らかに公僕としての意識の欠如だ。
思想信条?そもそもそれ以前の問題じゃないの?常識非常識、という世界でしょ?

このままじゃますます大阪が嫌いになってしまいそう。
いっそ、本当に独立国家作ってくれればいいのに・・・

| | コメント (0)

次は6月だって?

日食用に買ったグラスやフィルターは、6月6日の「金星の太陽面通過」でも使用できる。
地味だけど、むしろこちらの方が、今回見逃すと次は2117年・・・ってまず間違いなく見れないわけだ。

日食みたいに派手に太陽が欠けるのではなく、太陽にポツン、と小さく黒い、丸い穴が開くような感じに見えるらしい。
それでも面白いっちゃ面白いか。
時間的には7時過ぎから始まって、14時前に終わるらしいから、仕事の合間に見ようっと。

最近ハマっているのが、これ。

Cocopine

ココパイン

◆会社名=菊水酒造

◆商品特徴=リキュール類。“女性による女性のためのお酒づくり”プロジェクトの企画第4弾商品。アルコール分12%以上13%未満。さわやかなパイナップルと、甘くて濃厚なココナツの風味が特徴。ミルクを加えると南国風カクテルとして楽しめる。アイスにかけたり、豆乳で割ったりいろいろな飲み方で楽しめる。

◆発売日・仕様=5月27日、SM・高知県内の酒店・同社ネットショップ。300ml瓶・800円。
(以上、2010年7月2日付日本食糧新聞電子版紙面から)

何故か近所の酒屋さんに売っていて、ココナツ好き&パイン好き、ののあちさんとしては買いの一品だった。
ウイスキーもそりゃ美味しい。でもたまにはこの手の甘~いお酒だって飲みたくなる。
ただ、これ、ピニャコラーダほど甘くはないのだ。
ほのかな酸味もあるし、果実感が半端ない。
まだ売っているかな?次にお店に行ったらもう一本買っておきたい。そう、フローズンにしてもいいかも!

今日も肌寒い一日だったが、金星の日面経過(とも言うそうで)を見る時はもう少し初夏っぽくなって、きっとココパインも美味しく飲めるでしょう。じゃなきゃ農家が困っちゃうしね。

| | コメント (0)

でかした!

20120521111820

専用の袋まであるんだねえ

今日2つ目のエントリは、これ。「ミシュランガイド北海道2012」
どうせ書店に行きゃ山積みになってるんでしょ、と高をくくっていたらまあ買えない買えない。
車で2時間圏の書店まで全て電話で在庫の有無を聞いたが×。
もちろんネットもダメ、予約すらできない状態にようやく事の深刻さ(?)を理解したのだが後の祭り。
ああ、予約しておけばよかった・・・と思っていたら、なんと!内地で某身内がゲトしてくれたのである。でかしたぞ!

で、心待ちにしていたら届きましたよ、今日。ワーイ。

お礼は今度帰省するときね。ホント、ありがとう。

早速手に取ってぱらぱらとめくってみる。うーん、ボリューミー(笑)
でも使いやすさを感じた。ホテルも飲食店も、全てがエリア別、その中で市町村が五十音順になっているから非常に見やすい。
内容もシンプルだ。所在地やあればサイトのアドレス、必要な予算などの記載と、店の紹介もツボを押さえていて過不足ない感じ。

行ったことのある店やホテル、旅館などを見て、その評価に納得したり、ちと待て、と言いたくなったり、とにかく見ているだけで楽しい。見ごたえがある。

後は早く増刷して、欲しい人が皆手にできるようにしてくれれば。
夏の観光シーズンまでにぜひお願いしたいところだ。
そう、これ見ていたら道内にいる私だって観光客になっちゃうんだもの。

| | コメント (0)

辺りが薄暗くなったからなあ

世紀の天体ショーも終わった。
安い遮光フィルターはまだタイヤもスタッドレスだった頃に購入したのだが、それを見て鼻で笑っていた家人も、少し早めに朝の仕事を切り上げて帰宅。おお、とか言いながらしっかり鑑賞していた。
日食、理屈ではわかっていても実際に欠けていく太陽を見ていると不思議な気持ちになってくる。
こりゃ確かに、古代の人々は何かの魔法や呪術に結びつけたくなったろうな。納得。

今回、各地での日食の見え方を、市区町村単位で検索できるサイトを発見したが、これがまた実によくできている。
果たして誰がこんなものを?と気になって、サイトの右隅にある「管理人」氏のプロフィールを拝見したら、あ、WEBデザイナー。こりゃいい宣伝になりますよねえ。
実に見やすいしわかりやすい。このサイトを見た人が偶々起業したてだったり、あるいは自社のサイトをリニューアルしようと考えたらついコンタクトしたくなっても不思議ではない。

ちなみに実家は金環食エリアだった。とりあえず食のピークとなる時間をそのサイトで調べ、教えてあげようと電話したら・・・フィルターの類は用意していないんだって。
ま、テレビなどで嫌と言うほど映像が流れるからそれで我慢してもらおう(?)

さらにちなみに。
次に日本で見られる日食は18年後、2030年6月1日だそうで、北海道は見事金環食になるらしい。
・・・18年後、か。どうなってるのか私。そして家人。多分猫は、今いる連中は全滅しているだろうけれど、私たち夫婦が猫なしで生活しているとは思えないから・・・
ああ、想像もつかないぞ。

一昨日、チーズフォンディ用に購入、余ったバゲットもどきをサバランにしてみることに。
本当はブリオシュなんだけど・・・近所のパン屋さんのバゲットはただでさえぐずぐずなのに。恐らくシロップに漬けたらぐずぐずがぐちゃぐちゃになりそうでちょっと怖い。
ま、夜こちらもどうなってるか、楽しみでもあり不安でもあり・・・

| | コメント (0)

金環食じゃないけどさ

オークス、勝った馬は強かった。
抜けていたし、今の状態では他の馬に勝ち目はなさそうだ。
順調に夏を越せば、恐らく3つ目、あるいはその先まで狙えそう。
馬券は穴狙いで少しだけ買ってみたが、勝ち馬は当たったけどヒモが・・・ちっ、人気サイドで決まってちゃ出る幕ないわ。

いよいよダービーか。
正直3歳はよくわからない。パドックを見て・・・と言っても3歳じゃみんな似たように見えてしまって、なけなしの眼力(?)もよほど抜けて良く見えなければわからないし、そもそもディープの子ってあまり見栄えしないし。
ま、あまり真剣に見ることもないし(謎)、またちょっとずつたくさん買って遊んでみよう。

明日は金環食・・・じゃないの、わが町は。
だいたい7時50分くらいだそうで、市役所で観測するという前提らしきサイトでわが町の食がピークの時間っていうのが。
忘れないようにしなきゃ。と言ってもめざまし始め朝の番組は皆これを特集するだろうから、忘れたくても忘れられなさそうだ(笑)
早々と専用のフィルター(?)を購入してあるので、明日は早めに家事を片づけて世紀の天体ショーに備えよう。

ちゃんと晴れますように!

| | コメント (0)

カワイイ小坊主

福クンが一休さん?
なかなかお似合いの坊主姿に思わず頬が緩んでしまったが、その傍らの坊主頭に驚いた。
なんと!ナベさんなのだ(笑)

ナベさん、こと鏑木海智クンは福クンと同じ事務所所属。バーター臭がややすれど、コドモ警察での彼の名演技なら実力でもぎ取った役に違いない。
それにしても、このドラマがフジだから、当然番宣でもTBSのドラマになんか触れやしない。したがって海智クンがどれほど初老の刑事を熱演していても関係ないらしい。
・・・ねえ、同じ年恰好でさ、同じ坊主なんだからさ、海智クンにも振ってやってくれても罰は当たらないと思うけど?

6月のオンエアが今から待ち遠しい。いろいろな声はあるけれど、私はやっぱり愛菜ちゃん福クンが一番子役の中で好きだ。飽きられないように、そして自分自身が飽きてしまわないように、ほどほどにセーブしながらお仕事してね。ってここに書いてもしかたないけどさ。

月末に帰省することにした。日程はまだ決めていないけど、これ以上遅いと暑くなって耐えられない。のあちさんの脳は概ね27℃を超えるとゲシュタルト崩壊を起こす(?)。
でも、仕事上ゆっくりもしていられないので多分1泊2日になるだろう。
まあいいさ。あと何回両親に会えるかわからないのだから。会えるときに会っておく。後悔したくないもんね。

| | コメント (0)

山菜よ来年までごきげんよう

右手の、親指の付け根辺りが痛い。
・・・思い当たる節があるから、特に騒ぐ理由もなし。そう、一昨日作ったカレーの所為だ。

簡単に「15分炒め続ける」とか書かないでほしい。
ガチでそれやり続けると、日ごろ使わない場所だし覿面に痛くなるんだよー(涙)

まあ放っておけば明後日くらいには綺麗に治まるのだ。ホームベーカリー使わないでパンを焼いた時も同じような現象は起きるしね。

昨日の夜は、しこたま採ったシドケをひたすら湯がいた。
お浸しにして食べる。少し残っていた、伸びきったギョウジャニンニクも同様に。
今年は、いつも採っている場所の独活を、強欲な近所の主婦が嗅ぎつけて根こそぎ持って行ってしまったらしく、それでも近所のおばあちゃんからいただいたり、思いがけない場所で見つけたりしてそれなりにいただいた。
いや、確かに美味しいけどさ、下ごしらえとか調理がそこそこ面倒なのでもう今年はいいかな。
行こうと思えば他にも数か所採れる場所があるのだが、行くのもそれなりに面倒なのだ。

ということで、今年の山菜は、のあち家ではゲームオーバー。
そういや、今年はまだ山菜で事故死者出てないなあ・・・

| | コメント (0)

結局見るのは深い時間の番組ばかり。必然的にBDレコーダーが容量不足に・・・

「超チープ連ドラ復活」・・・確かにそうだけど、他に書きようがなかったのか、と小一時間ほど問い詰めたくなるようなキャッチに、それでも心が躍りましたよ。
既にDVD-BOXの特典ディスクでそれは公表されてはいたけれど、7月ごろ、という話だったのに何ら音沙汰なしだったから正直心配していたところだっただけに、嬉しさもひとしおだ。

福田雄一監督の演出は、少なくとも私にとっては、ダメなものとハマるものとに二極分化されていて、ヨシヒコとコドモ警察は後者のツートップ。
ちなみに昨晩のコドモ警察ではナベさんの哀愁が際立っていた。あの背中、語るわあ・・・

話をヨシヒコに戻すと、メインキャストは変わらないみたい。そっか、メレブ=大泉洋説は消えたわけね(爆)
果たしてヒサは共に旅をするのか?ラスボスは?ムラサキとヨシヒコの仲に進展は?
・・・興味は尽きないけれど、とりあえず待ちましょう、オンエアの日まで。

先日タモリ倶楽部で取り上げたスカイタワー西東京、録画しておいたオンエアを家人に見せたら大ウケだった。
そして、ゲスト(?)の菊地亜美嬢への評価が何故か高くて、「いい子だ」と感心しきり。何なんだ、この人。

このタワー、タモリ倶楽部の象徴みたいな存在だ。
本流にはならない。亜流なんだけど存在価値があってマニアにウケる(笑)
オンエアの時間までは起きていられないので録画しておいて翌朝家事の合間に見るのだが、ゲラゲラ、ではなくにやり、とできる、朝の低目なテンションに程よくマッチした番組。
偶にハズレ(私の嫌いな女性タレントが出ていたり)もあるけど、いつかDVD-BOX出してくれないかな、とひそかに願っていたりして(え?)

| | コメント (0)

怖かった

およそ30メートル先くらいに自宅の灯らしきものがあるのだが、周囲が真っ暗な中、そこへ向かって歩を進めていると、がさり、と何かがやぶをかき分けて歩いている気配が。

熊。恐らくヒグマ。

その足音がどちらに向かっているかはわからない。もしかしたら私の存在に気づいてなお近づいてきているのかもしれない。
灯が遠く感じられる。怖い。もし遭遇してしまったらおしまいだ。リアルな死と隣合わせというシチュエイションに背中がぞくりとする。

・・・そこで、あ、これ夢だわ、と唐突に気がついた。
いや、たとい夢であったとしてもこの先この恐怖感と付き合うのは嫌。とっとと目を覚ますことにした。

いや、ホントに臨場感溢れる夢だったこと。
途中、見上げた右側に、どこまで続くかわからないくらいの急坂があって、それも正直熊以上に怖かった。

追い詰められているのか。そうかも。
昔の職場の飲み仲間的先輩がなんと!定年退職されたという挨拶状を下さったのだが、それも微妙に影響しているかもしれないな。


今日は昨日の晴天とは打って変わって曇り空。
シドケ採りに行こうと思ってたけど・・・雨次第。

| | コメント (0)

お勧めします、内国産ウイスキー

5月5日付エントリに登場した国産ウイスキーとは、これ。

D1000871

ちょっと画像が暗いのはご愛嬌。
埼玉県羽生市にある東亜酒造という日本酒の醸造元、その創業者のお孫さんが創業したウイスキーを醸造・販売する「ベンチャーウイスキー」という埼玉県秩父市にある会社の商品なのだが、最初に購入したのは、一番減っている真ん中のボトル「イチローズモルト MWRリーフラベル46°」
これはお試し版とでも言うのか200mlとテイスティングにちょうどいいサイズだったので物珍しさも手伝ってついつい買って(もらって)しまったというわけだ。

飲んでみると、素人には表現が難しいんだけど、木(野球のバットなどに使うミズナラの樽で熟成されている)というよりは果物のような、舌に残る甘さを感じた。美味しい。

で、2日後、残りの2本もわざわざ買いにいってしまった。だって、飲み比べてみたくなりません?酒好きなら普通。

購入した日は生憎休肝日だったため、翌日飲んでみたのが向かって右、緑のラベル。
「イチローズモルト ダブルディスティラーズ 46.5°」
これは、羽生にあった醸造所のモルトと現在秩父にある醸造所のモルトをブレンドしたものだそうで・・・正直よくわからん。でもリーフラベルとは明らかに味が違う。利きウイスキーはできそうだぞ。

3本目の「イチローズモルト ワインウッドリザーブ 46°」は名前のとおり、熟成樽を赤ワイン熟成に使った後の空き樽に移し替えて後熟させたという手間のかかったシロモノ。
実はこれが一番私好みだった。
赤ワインの風味はあまり感じられないんだけど、甘さが華やかな感じになって、非常に飲みやすい。ああ、体質が呪わしい・・・もっと飲みたいのにぃ!!!

書き忘れてましたがお値段は3本とも2500円前後。Amazonでも売ってます。



今日は恐ろしく好天に恵まれた日なので、あちこちの観光地がにぎわっていることだろう。
外出の予定もないので、後で独活でも採りに行ってこようかなと。
数日前に今年初めて採ったものは実家に送ってしまったが、昨日、違う場所で数本採れたから早速天ぷらと、皮だけでなく身も一緒にきんぴらにしていただいた。
いや、ホント美味しい。タラの芽より好きだわ。
シドケもそろそろだな。今日も夜は安くてヘルシーな食卓になりそうだ。

| | コメント (0)

早く解決しますように

昨日は曇天と雨。オホーツク辺りでは雪が降ったらしい。なんだそりゃ。もう5月も3分の1が終わったというのに。
まあ道南は雪、大丈夫だろうと思うけど。とっくにタイヤも履き替えてしまったから今更降られても困る。

また女性の行方不明事件だ。昨年起きた北海道での女性失踪事件も解決されないまま、今回に至っては血痕が現場に残っていて、それがその方の出血によるものなら・・・
相次ぐ自動車死亡事故、そして解決されない相次ぐ女性の失踪事件、世も末じゃ、と思わずつぶやきたくなってしまうのは私だけ?
車の発見された現場近くのATMで女性の預金口座から現金が引き出され、怪しい風貌の男が防犯カメラに写っていた。
車に残された血液は失踪した女性のそれ。しかもカーナビを解析したら山中に長い時間置かれていたことが判明し・・・とにかく、彼女が無事であることを願うばかり。

某タレントの二股事件(書いていてもバカバカしい)、その影響で二股ラジウム温泉に予約が殺到している、って本当なの?!
その当事者の一人、料理研究家の女性がテレビでそのタレントを罵ったとか?そんな馬鹿でアホな男と付き合っていたワタシも同格です、って広言しているのと同じことだと思うんだけど・・・
もう沈黙を守った人がいっそ一番マシな人物ですよ、多分。
マスコミも、どうしてこうもしつこくたたくのかしら。事務所が小さいから?
もっと叩かれて然るべき出来事や人がいるのにね。

今日は好天に恵まれたので、午後から買い物がてら食事に出かける予定。
何となく気分が滅入ることばかり起きるので、すっきりするようなものを見つけたい。
例えば本とか、久々にゲームでも買ってみようかな。

| | コメント (0)

また吠えてます

ほーら!だから言わんこっちゃない。
携帯電話でのゲーム、一部の機能であるとはいえ、糾弾される立場に置かれたでしょ?そもそも携帯電話でゲームをする、しかもオンラインで、課金制で、それって社会にとって害悪以外の何物でないでしょ?そこから何が生まれますか?

DSなりPSPなり、専用のゲーム機なら、遊ぼうと思った時意外にハードルがあったりするのだ。
まずかさばるし、例えば電車の中などで遊ぼうにも目立ってしまう。
コドモならともかくイイ歳をしたオッサンオバサンなら、見ている方も引く。
それが携帯電話やスマートフォンならごく自然に手にすることができるし、そこで本を読むなり新聞を読むなりすることのできる、多少なりとも生産性のある時間が費やされてしまうじゃないか。

くどいようだけど、私は携帯電話でのゲームのCMに出ているタレントを一流とは認めない。
福山さんも出演しなくなったでしょ?
DSなどのゲーム機ならいいんです。だから、3DSは嵐、携帯電話でのゲームにはTOKIO。こういうタレントの使い分けがそれを物語っていると思いませんか?
(TOKIOも嫌いじゃないけど、人気の違いは明白)

個人的には、自分がネット依存であるという自覚はある。でもゲームは絶対にやらない。
その、向こう側に見えるあざとさが嫌だから。
自分たちが儲けられれば、その商品が社会にどんな影響を与えようが構わない。お上に意見されればひょいと頭を下げてやり過ごし、もっともらしい神妙な顔つきでマスコミに謝罪。でもまた抜け道を探して儲けようとする。
アメブロも同じ。様々なアイテムを売りつけようとし、そのためにブログを書かせようとあの手この手でアピール。
芸能人からスポーツ選手など、少しでも名があれば運営会社の庇護のもとすっかすかで空白行だらけのブログを書かせる。

ブログ、という存在がまだ今ほどポピュラーではなかった頃は、情報発信源として重要な役割を担っていたから、ブログオーナー同士の交流も少なからずあったし、コメントやトラバももっと濃厚で重みのあるものだった。
逆に言えば、ここのように、どうでもいいことを垂れ流すブログの方が少数派だった。

やっぱりねえ、携帯電話からのネットへのアクセスはかなりの制限をかけるべきだと思う。
でもこれだけスマホが勢力を広げてしまうとそうも言えないしなあ・・・

誰でもが容易にインターネットを使えるようになって便利さは認める。私もそれを享受しているから。
でも、その所為で犯罪も増えたし、どうでもいい産業まで発展してしまった。
果たして天秤にかけたとき、どちらが重いのかしら。

| | コメント (0)

とりとめもなく

タケノコを買ったのに、すっかり忘れて2日放置。今朝になって思いだし、慌てて茹でた。
多少風味は落ちたかもしれないけれど、ま、タケノコおこわにするつもりなので大丈夫でしょ。

空いた時間を利用してタラの芽と独活を少しとってきた。
タラの芽の方はもう限界寸前にまで伸びていたけど、何とか大丈夫そう。独活も南向き斜面に生えている分は結構成長していたのでこれもギリかと。
すぐに梱包してクール便で実家へ発送した。明後日には届くはずなので、ちょっと鮮度は落ちるけど、ま、食べてやってください。

うちの分の独活は、いつも採る場所が日陰なのでまだまだ。
だいたい1シーズンに20本くらいは食べると思う。大方採りつくしたと思っていても、それでも6月くらいに「あ!こんなところにも!」すっかり伸びきった状態で気づくものが数本あるのだ。
今年こそ頑張って残さず採るぞ!

北海道もいい気候になってきた。
今時期が一番観光にもいいのかもしれない。人も少ないし、暑くも寒くもないし。あ、朝晩はまだ少し冷えるか。
明らかに内地の人が乗っていると思しきバイクが国道を走り始めるのも今頃からだ。
運転には気を付けないと。

運転と言えば、京都の亀岡市で起きた無免許運転者による死傷事件は、事故を起こした車の持ち主まで逮捕されているらしい。
運転者や同乗者まで含めて皆未成年者だから個人情報が一切マスコミには報じられていないが、彼らの氏素性を調べてはネットに書き込んでいる人たちがいる。
その行為についてはコメントは差し控えますが、考えてみれば、被害者の情報はマスコミも一斉に垂れ流す癖に、加害者が20歳に満たないという理由だけで一切プライバシーという壁が庇護してくれるというのもおかしな話だ。

加害者たちと思しき人たち、の情報がまとめられているサイトを見て感心してしまった。
よくもまあ、これだけ調べ上げたこと。

だから、事の良し悪しはさておいて、でもこの加害者たちは恐らく、長くとも数年で娑婆にい帰ってくる。
インターネット上に流れた情報は消えない。誰かが自分のPCに内容を保存してしまえば、もうそれを誰も消去も削除もできない。
また一風変わった姓名の持ち主が多いから、彼らがいずれ求職者となった時、その会社の人事担当者がグーグルなどで検索したらきっとヒットするわけだ。

これだけ少年犯罪が多発するなら、成人年齢を18歳に引き下げるのは賛成。
それとは別に、凶悪犯罪に関しては、成人だろうが未成年だろうが関係なく加害者の個人情報も晒してほしいものだ。

さて、たけのこおこわを仕込んでこよう。

| | コメント (0)

春なのに

外出中に、出先で時間ができたので何気なくケータイのニュースサイトを見ていたら、怖気が走るような出来事が2つ。

まず一つは、1500℃もある溶解炉に作業員が落下したという事故(多分)。何故わかったかというと、直前まで一緒に作業していた人が場を外し、戻ってきたら誰もいなかった上に、炉の中に人骨らしきものを見つけたから・・・って!
鉄を溶かすのだ。人なんて落ちてしまったらひとたまりもない。
70センチほどの高さはあったそうだが、めまいでもしてバランスを崩されたのだろうか。
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

そしてもう一つ。
ひったくりにあった女性が、自転車で逃げた犯人を追いかけ、間抜けな犯人が行き止まりの道を引き返したところで女性と鉢合わせして格闘、女性が犯人の右手小指に噛みついて応戦したら、なんと!そのまま右手小指第一関節が噛み千切られてぽろり、と・・・うあああああ!
その間犯人の男は声をあげることなく、血の跡と指の欠片を残して立ち去ったそうな。
ちなみに、ひったくられた件のバッグに現金は4000円ほどしか入っていなかったとのこと。

・・・恐ろしく丈夫な歯の持ち主だったんでしょう、その女性は。
窮鼠猫を噛む。文字通りの展開になってみて、犯人は後悔したに違いない。
鋭利な刃物などで切断されたならともかく、歯でならきっと組織も神経も潰れてしまって、仮にその指先(あうう)を拾って病院に駆け込んだとしてもまず接合なんかできないはずだから。

あ、大学のアメフト部の宴会で、9人が急性アルコール中毒で病院へ搬送され、内1人が心肺停止状態で重体、3人が意識をなくしていたとか。
・・・今時まだこんなことをしている学生がいるのか、と半ばあきれていたら、あらら、北海道にあるじゃないの、この大学。
指を噛み切られたひったくり犯も、事件は札幌で起きているので多分道民。

北海道って普段からこんなことばかり起きているわけではないですからね!

何故か急に食べたくなり、ひとたびそう思ったら更に「無性に食べたく」なり、でも近所のお店に売られていなかったので思わず他のモノを買う時一緒にオンラインショップで発注してしまった。

「ブルボン ホワイトロリータ」(16本入り)

商品の詳細は、興味を持たれた方がいらしたら、ご自分でググってみてください。
サクッとしっとり、のクッキーをホワイトチョコでコーティングした上品な甘さのお菓子、もう私が子供だった頃からあったくらい歴史があるわけで、それだけ人気もあるのだろう。

届いたのを早速開封してみて、ん?と思わず首をかしげた。
・・・小さいの。思っていたよりも、サイズが小さい。
昔はもっと食べ出があったように思うのだが、うーん、比例の問題?
(私が小さかったから、ロリータちゃんが大きく見えた?)
それでも口に入れてみれば懐かしい味がする。美味しいなあ。
かれこれ1週間をかけて16本を食べきったが、満足したので当分買わない。

すっかり春、だ。でも気分が浮かない。何故だ?
・・・理由は自分が一番わかっているはずなんですけどね。

| | コメント (0)

自然よ今年もありがとう

今日の夕餉は山菜づくし。
伸びきってニラと見紛うばかりのギョウジャニンニクはお浸しで。
出てきたばかりのシドケもお浸しにしたけどこちらはポン酢で。
こごみはマヨネーズと醤油でさっと炒めて。
1つだけ採れたタラの芽は半分に切って天ぷら。
そこに鴨でお出汁を取ったつけだれで食べる冷たいうどん。ああ、なんてヘルシーな夕食だろう。しかもローコスト。
もうそろそろ独活もチェックしておこう。うふふふ。これが一番の楽しみなんだけどね。

それにしても今日のGⅠは後味が悪かった。
直線、人気の馬が焦ったのかインに切れ込んで他馬を妨害。その馬の後ろ足に前足がひっかかったらしい後続馬が転倒してしまったのだ。
騎手は起き上がらない。馬も事故直後にちらりと映りこんだ映像ではトモ脚をやっちまったように見えた。
結果的に馬は無傷(とはいえ、挫傷や、精神的なショックは少なからずあるはず)、騎手も頸椎捻挫で済んだとはいえ、あれがトップジョッキーの騎乗か?と思わず聞きたくなるほど酷い妨害行為だった。
ダービーをにらんだのか実効4日の騎乗停止だが、ちょっと軽すぎなんじゃないの?
加害馬は失格になったけど、被害馬はやられ損もいいところだ。

正直、岩田や池添は綺麗なレースをしていない。はた目にも強引な乗り方に思えることが少なからずあった。
大手馬主を顧客(?)に抱えているからか、人柄は知らないけれど乗り方は尊大に見えてしまう。
今回は人馬共に命に係わるような故障はなかったけれど、それは偶々。
本当に気を付けて乗ってほしいものだ。

今週はヴィクトリアマイル。そして来週はオークス。偶には馬券、当てたいなあ・・・

| | コメント (0)

酒と泪と・・・

この雨の中、しかも多分2分咲き程度だろうと思われる静内二十間道路の桜を見てきた。
・・・いや、そこそこ咲いてましたよ。木がうっすらと赤みを帯びている程度には。でもやはりまだ早い。

静内の街中にある酒屋さんで偶然見つけた国産ウイスキーが美味しそうで思わず手に取ってしまい、手に取れば元の棚には戻しがたく、お値段とサイズもお手頃だったので結局家人に買わせてしまった。

で、そのウイスキーのメーカーのサイトを見つけ、いろいろと見ているうちにバーのリストを発見。
何気なく昔行きつけだったお店を探したら・・・あった!オフィシャルサイトまであるではないか。
懐かしいな。潰れてなかったんだ。あまり流行ってなかったのに(え?)

よく一緒に飲みに行っていた人がガイドブックか何かで探してきた店で、入り口が非常にわかりにくいところにあるからなかなか発見できなかった。
薄暗いビルの2階、ひっそりとしたたたずまいのそのドアを押すと、店内はさほど広くはなく、カウンターとテーブルが2つくらいだったかな。
店内も落とした照明とボリュームを絞ったBGM、話し声もつい潜めてしまいそうで、カップルが訪れれば一層親密さを増すだろうこと請け合い。

カウンターの中では、常にバーテンが氷を円形に削っていて、その氷を使ったロックがまたおいしいんだ。
そこで初めてアンバサダー25年を飲んだのだが、一度もそこでお金を払ったことがなかったので実はこのお店、料金が高いかどうかがわからない。
フォアグラのペーストをよく頼んでいたけど、今価格一覧を見たら1000円だったから、まあそう高くはないでしょう。アンバサダーだって今ほど入手困難な酒じゃあなかったし。

あれから10数年の時が経ち、もう二度と訪れることもないだろう、と思うと少しさびしい。
グラスを重ねた人も・・・いや、生きてはいますよ。でも何年も会ってない。
諸事情で電話したのも数年以上前だし、どうしてるのかな。

最近は見る夢も昔の職場だったり、知人だったり、と回顧のシーンばかり。
歳を取った、ってこういうことなのかもしれないな。



心配事がひとつできた。
でも、私には何もできない。頑張れとエールを送ることしかできない。
頑張れ。なあんだ、と笑い話になるように、心から祈っています。頑張って!

| | コメント (0)

雨が・・・

雨だ。せっかくのGWだというのに・・・ぐふ、ぐふふふ、ぐふふふふふふ(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

・・・すみません。のあちさん連日仕事なんです。ごめんなさい、単なるやっかみです。
でも、せっかく爽やかな北海道の新緑を楽しみにして来道された皆様には、ホント、残念ですね。
ま、桜はまだうちの辺りじゃ早いし、この雨がいいお湿りになって山菜なんかもぐっと伸びてくるかもしれないし、ま、週明けにでも見に行ってこよう。早くシドケと独活が食べたいぞ。

週明けと言えば、よたの通院がある。
これで再度、血液検査の数値が下がっていたらもう言うことなしなのだが。
れいあの爪切りもあるので朝イチの予約を入れた。朝ごはんも食べられないけど、ま、仕方ない。
どうかよろしく・・・って誰に頼んでるのかな?(謎)

久々に飲んだら、何だかふらつく。
3%という低度数の缶チューハイ1本だけなのにね。もうすっかりお酒飲めない体質に戻ってしまった。
美味しさがわかるだけにこの体質は切ない。

さ、早いけどすることもないし(いやまて、掃除とかしないの?)(しません)寝ましょうか。

| | コメント (0)

どーでもいいことだしさ

世間を騒がしている二股騒動。
こういうのって、当事者が自ら騒げば騒ぐほど、愚者に見えてくるのは何故だろう。

生放送で男を非難していたトップモデル嬢。正直がっかりした。
世界を股にかけて活躍していた人が、「私はこんなアホな男に引っかかったバカ女なの」と世間に周知している様はあまりに情けない。

「私たち夫婦も裏切られた」―どうして他人のことにまでしゃしゃり出てきて騒ぐのか、あのモデルさんも。
関係ないでしょ?あなたは。他人様のことを自分のブログに書くのも、みっともない行為だと思うし。
マスコミの前に出てこない、料理研究家(?)さんが一番賢明かも。

黙ってればいいのに。報復してやりたい、という怒りの気持ちは理解できないでもないけど、マスコミも世間も、誰もこの人たちに同情なんかしてないのに。おもしろおかしく報じられて、さも、あなたの味方然とマイクを突き付けて話を聞こうとするレポーターたちだって、内心嘲笑っているのに。

何だか本当にがっかり。トップモデルさん、好きだったのに。凛とした居住まいが本当に素敵て、日本が誇れる女性の一人だと尊敬すらしていたのに。

どうでもいい話なので、もうおしまい。


GWだけど、関係ない。特に予定もないし、そもそも北海道って「GWになると人がやってくる」場所なので、ちょっと車で走ったらそこここが観光地なんだもの。毎日が旅行気分。違うか。
時期遅れのギョウジャニンニクでも採りに行って、美味しいジンギスカンでも買って焼きますかね。それくらいしかすることない。あーあ。
さ、仕事に戻ろう。

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »