« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2つめのエントリですが、大したことは書いてません(追記あり)

柔道男子81キロ級。
私がキッチンで料理をしていたら中継を見ていた家人が一言、「そりゃないだろう」・・・どうしたの?と聞いたら、
「このクラスは代表7人中一番期待できない、だって」・・・そりゃ酷い。本人聞いたらモチベーション下がるだろうなあ。
慌てて、そういうところから活躍者が出る、みたいなことを言ってフォローしていたそうだが、それって傷口を更に抉ってるし(笑)
ここは意地でもメダルを取って、解説者の鼻を明かしてやろうじゃないの、って私が戦うわけでは当然ありませんが。

連日熱い戦いが続くロンドン。連日暑い北海道。今時期観光で来道されている皆様はアテが外れたでしょ?ちっとも爽やかじゃあない。
とにかくこの湿気が辛い。気温が高くても、湿度さえ低ければ、日陰は涼風で心地よく過ごせるというのに。
明日は雨だそうで、一層ジメジメするだろう。
それでも、例年どおりならお盆過ぎに気温はガクッと下がり、朝晩は冷え込むようになる。なるはずだ。なってくれ。

さ、オリンピック中継見るぞ。柔道の彼を応援するのだー!(って、ちょっと時間空いちゃったなあ。その間に負けてたらどうしよう・・・)

<追記>
事実誤認がありました。家人曰く、期待薄、なのは女子63キロ級の方だそうです。確かに、攻めの気持ちが見えなかったもんね、準々決勝。

| | コメント (0)

卑怯だと思いませんか?

基本的に私はアスリート、そしてメダリストを文句なしに尊敬している。
そりゃ、わいせつ事件を筆頭に犯罪を犯した人は例外だ。でも、新たに一人、犯罪者どころか国会議員にまで上り詰めた(?)アスリートをその例外に入れた。

・・・姑息じゃないですか?敗者に鞭打つようなその発言は。
曰く、「浅見選手の方を私は推していた」「私ならもっとできた(主旨)」「望まれるなら復帰したい(主旨)」
福見選手はあなたを倒したことのある選手だ。更に言うならば、あなたに勝ったにも関わらずオリンピック代表になれなかった選手だ。
彼女を否定することは彼女に敗れたあなたを否定することにならないか?

出たければ出ればいい。ただし、だ。正々堂々と代表選考戦を戦って、他の全てのライバルを破ってからの話。もし本当にそれができて、本戦でメダルが取れたら土下座して謝ってもいい(って私に謝られてもしょうがないか)

確かに、女子48キロ級のメダルは今回で連続獲得記録が途切れた。でも負けたくて負けたわけじゃない。柔道って、ほんのわずかのミスで勝敗が決してしまう上に、今大会はジュリーちゃんが登場したりして審判団も混乱が見られるから・・・だから、と福見選手を庇うわけではないけれど。負けは負けだし。

女の幸せも3色のメダルも議員という名誉も、全て鷲掴みにした人に、敗者の気持ちはわからないのかもしれない。
そんな人が果たして国民に寄り添って物事を考えられるのだろうか。
そんな人が中枢にいる政党。そんな人が支える人が、果たして本当に国民の生活が第一、などと考えているのだろうか。そんなところにまで思いをはせてしまった。

それにしても、金メダルを取った松本選手は・・・何ですかあのギャップ。
試合の時の鋭い眼光は、目で殺せるなら、で、下手すりゃ大の男でも逃げ出すだろう。
でも、インタビューされている彼女を見ていたらあまりにもほのぼのしていて驚いた。
大学時代、緑の妖精さん(!?)を見たそうで、そんな記事を対戦相手が目にしたら何でこんな不思議ちゃんに負けたのか、とえもいわれぬ気もちになるだろうな(笑)
大好きな甘いものをたくさん食べてくださいね。本当におめでとうございました。


事務所のトイレに、今年の4月ごろ「ウォシュレット」を付けた。
スペックは低いけれど、最新式らしい。
設置してすぐのこと、偶々残業していて、いわゆる夜中と呼ばれる時間帯に初めて座ったら、思わず「ひえぇっ!」
・・・節電のため時間帯で暖房便座のオンオフをしているらしい。そんなの知るか?!
北海道の4月、それも夜は、内地の冬。そこで冷たい便座に座ってみなさいって。
取り付け工事の人が気を利かせたのか、それともこのご時世、出荷時のデフォルト設定なのか知らないけれど、治したくてもマニュアルの在り処がわからない。
冷えた便座が心地よい今の気候のうちに何としてもマニュアルを探さなければ。
目が覚めますよ、あの冷たさは。

今日も暑い。遅くまでオリンピックの中継を見ている家人は寝不足気味だ。私はと言えば、続きを録画予約して途中でとっとと寝ちゃう。
で、夜中や明け方に目を覚ましてケータイで結果を見てまた寝る、という。
だって試合を見ていたらテンション上がって目が冴えてしまい、寝られないから。
やはり時差のないところで開催してほしいものだ・・・

| | コメント (0)

五輪雑感

それにしても不可解だったのはあの判定。ジュリーちゃんたち(笑)はいったい何なんだ?日本選手の有効を取り消したのも彼らなら、判定のやり直しをさせたのも彼ら。

会場中に広がったブーイングが物語っていたけれど、素人が見てもあの試合は明らかに日本選手が優勢だったから、旗だって、3本全てとはいかないまでも間違いなく白旗が2本以上上がると思っていた。
だのに、上がったのは青3本。
喜んでいたのは韓国の選手と監督だが・・・その結果を不審に思わなかったの?

ちなみに、疑惑判定の立役者ミナカワ主審は、日本人に旗を揚げないことで知られているとか。日本人嫌いだそうだが、それだからと言ってあの判定はない。
かてて加えて、そんな主審のみならず副審の2人も揚げた青旗に対してネット上では様々なうわさも飛び交い、きな臭い話も散見するが、そういった要素はさておいて、今大会、なべて審判のレベルに問題があるように思えるのは私が素人だから?

人種差別や好き嫌いが判定に反映されるなんて、もしそれが事実ならあってはならないこと。
柔道の精神―「精力善用」「自他共栄」を、審判のみならず競技に参加する全ての選手が理解することを願ってやまない・・・なんちて。何もこんなこと私が偉そうに書く話でもないですね。

ウェイトリフティング女子48キロ級、いや、これには泣けました。
見事な銀メダル!父を超えた!!
・・・気合乗りの違い(笑)だけだったなあ。いずこも元アスリートの父って同じようなものだ。
父と娘、テレと愛情の入り混じった面映ゆそうな娘と、手放しで喜ぶ父。どうかレスリング女子72キロ級でも同じようなシーンが見られますように。ただ、あの父のインタビューの時は少しテレビのボリューム落とさなきゃ。

アーチェリー女子。非常に申し訳ないが、あの3人、分けても一番背の低い選手は、どう見てもアスリートに見えない。
ほんわかと可愛らしい、女子力の高いお嬢さんなのに、競技の時はきりっと引き締まった表情・・・にならない(え?)
飄々と矢を射て、すとんすとんと的の中央に刺さっていくのを飄々と見つめる。
恐らく、とんでもない集中力が必要な競技なのに、そういった意味での切迫感がないのは、もうそういう段階を乗り越えてしまっているからなのだろう。
マスコミもノーマークだったはず。これから取材合戦が始まり、なでしこジャパンのように注目度が高まるといいですね。おめでとうございました。

サッカー男子も連勝、でも優勝候補の呼び声高かったスペインがまさかの予選リーグ敗退でこのグループは大波乱。
こりゃ何が起きても不思議ではないぞ。
次の試合に勝って一位通過すれば上手くすればかなりのところまでいけそうだ。
相変わらず惜しいシュートばっかりで、見ていてストレスはたまるけれど、勝ってくれさえすればそれで大満足。男女ともに表彰台に上がってくれるといいな。

いろいろ見たい競技はあれど、敵は時差だ。
そういう意味では東京でやってもらうのも悪くないかもしれない(え?そこ?!)

| | コメント (0)

禍福は糾える縄の如し

昨日喜んだら今日はへこまされる。
幸せって長くは続かないものだと痛感させられた。

いろいろと、取らぬ狸の皮算用、とばかりに先々のこと(?)を家人と楽しく相談していたのに、全てパー。
別の意味でいろいろなことを考えて、決断しなければならなくなってしまった。
本当に思い通りにはならないのだ。改めてそれを実感し、しばし落ち込む二人。

畳み掛けるように、アイツらがまた出現。今度は、5ミリくらいの異種族がいて更に落ち込む。
恐らく、据え付け型のストーブの裏に穴があるのだろう。
小さい連中が空けた穴が、大きい連中が通れるほど拡大されて…冗談じゃあない!
かと言ってストーブ外すことも難しいし、もうできることと言えばそこめがけて殺虫剤を打ち込むことくらいか。

本当に嫌い。ダメ。生理的に受け付けない。

生理的に受け付けないと言えば…ナショナリズム、というレベルではなく、感覚的に苦手な国が4つある。オリンピックで日本選手がその国の選手に負けると悔しくてたまらない。
そのうちの2つの国は日本人が観光に行きたい国のランキングで上位にいるそうだが、私は無理、ゼッタイに行きたくない。だって信用できないから、国家も国民も。
後の二つの国は、理屈が通らないし国家が国民を不必要に制御していて、更に独裁者がいるから嫌い。
でも、この国の人たちって国を背負っているという自負心が日本選手以上に、異常に強い気がする。その強い気持ちから生まれるモチベーションの高さには驚かされるばかりだ。

開幕まで興味がなかったロンドンオリンピックだけれど、気づくとチャンネルを合わせてしまっている。そしてそれら4国の選手が登場したら、その対戦相手を応援する。我ながら大人げない・・・


今日の北海道は昨日に引き続き気温が高かったが、昨日よりは湿気が少なく爽やかだった。
夕方なんて窓を開けていたら涼しかったし、エアコンも日中少し使っただけで済んでよかった。
それにしてもだ。
昨日今日のようなお天気の日って、道内ではあまりない。土日はやらないと決まっている計画停電だけど、ほくでんの、管内の電気使用量をお知らせするサイトでも、本日の電気は全く問題ないレベルだった。
どれだけ暑くなったら計画停電に踏み切らざるを得ないレベルになるというのか。
現実問題として、真夏の日中でも、9月まで可能性があるわけで、そのころになれば日もかなり短くなっているから、電気もない中でどうやって時間をやり過ごすのか。

泊原発を稼働させるために、なんだかだこじつけて、デモンストレーション的に一度はやりますよ、なんて話を先だってしてきたけれど(ちなみにその相手は88番なので停電あっても送電は止まらない)、どうかなあ。そこまで阿漕にやるかなあ・・・やりかねない?!

電気って本当に大事だ。それは分かっている。わかっているのでとりあえずこのエントリもお仕舞。このまま一度も計画停電ありませんように!

| | コメント (0)

夏真っ盛り

暑かった。本当に暑い一日だった。
いや、今日は内地の皆様に胸張って言える。だって30℃超えたもの、外出先の気温。
とにかく汗が噴き出る。しかも動き回っていたから尚更。
肩で風切って(?)歩いている時はまだいい。そこでピタッと止まってしまったらたちまち全身に汗、汗、汗。
メークは落ちなかったけれど、毛穴が開ききってしまった。
高気圧なんか嫌いだ。とりあえず気温を5℃下げて、更に雨を降らせてほしい。お天気の神様、がいるのかいないのかわからないけれど・・・でも、とりあえずはアメリカに降らせた方がいいか。旱魃被害が酷いらしいし、巡り巡って私たちにも影響が出るんだもの。これ以上生活が苦しくなるのはごめんだ。

本当は家で食べるはずだった夕飯、暑いし、作るの面倒だし・・・とちょっと憂鬱な気分でいたらそれを察したのか家人が外で食べて帰ろうと言ってくれた。しめしめ。
久々にカウンターで寿司を食し、上機嫌で帰宅したら・・・あいつらが侵入していた(号泣)
体長3ミリ程度だから、とにかくどこからでも入り込んでくる。床になんか食べるもの落ちてないから、それほど多数ではないけれど、非常に不愉快だ。

着替えもそこそこに、汗まみれになりながら退治する。すっかりテンションも落ちた。あうううう。

ロンドンオリンピックが始まった。ローワン・アトキンソンが個人的には一番活躍したように思ったのは私だけ?
どうせだったら最後のシーンでドンと落としてほしかった。例えば灯った聖火で何かをあぶって食べてみるとか、たばこの火をつけてみるとか。
開幕式の終了を宣言した後にこっそりやってて、気づいた人だけがクスクス笑うようなオチがあったら言うことなしだったのに。流石に不謹慎か(笑)

女子のサッカー、始まってる。興味は当然あるけれど、もう疲れてしまって起きていられない。結果は明日知ることにしよう。どうか、勝ってください。頑張って!

| | コメント (0)

とりとめもなく。っていつものことか

実は日中、とあるGⅠレースの口取り写真に関してとある会報誌に掲載されていた文章について、グダグダと書いたのに、アップしようとしたらエラーが出て霧消してしまった(涙)
以下、思い出せるだけ思い出して、要約。

結局、力の方程式、なんだけど要は。
この手の話題になると必ず「一口は馬主か」(わかる人だけわかってください)という疑問に収束されてしまうんだよなあ。
私は個人的にはそうではない、と思っているので、必然的に彼らが晴れの場所に堂々と入っていく資格はないとも思っている。
ただ、元締めの皆様方は、客商売だからこそ一口の皆さんを馬主扱いして気持ちよくさせ、更なる出資を募らせたいと考えて関係各所に働きかけたのだろう。
いっそそれなら一口の人が参加する場合はそういう目印でもつけさせたらどうか。リボンなり花なり。
そうやって明確に「本物の馬主及び関係者」と色分けする。そして人数が多くて混乱しそうなら二度に分けて撮影する。どうかな?


今日は暑かった。少し動くと汗が滴り落ちるくらい。
水分補給を心掛け、無理せず日中はエアコンを入れた。夏らしい、と言えば確かにそうなのだが、体が慣れていないからそれなりにしんどい。
明日はもっと暑いところに行く予定なので、やむなく帽子を持参することに。更にはスポーツドリンクも買い込んで行くつもりだ。もちろん扇子も用意した。
内地では熱中症で死者も出ている。
どうか皆様ご自愛ください。節電も大事だけど、命を落としてしまっては意味がない。
実家の母もエアコン嫌いなので心配だ・・・

| | コメント (0)

あづい・・・

いや、久々に夏だった、それも本州型の。
・・・湿気が多いの。めめじじ、じゃなくてじめじめ。

気温がある程度高くても(と言っても今日の愛車の温度計では25℃が最高だったけど)、湿気さえなければ爽やか。そして、それこそが北海道の持ち味のはずなのに。
ただ、ここのところまとまった雨がないのが気がかりではある。
湧水も使っている我が家では、水が枯れてしまったら大変。生活できなくなってしまう。
九州や本州は、犠牲者が出るほどの大雨に見舞われたというのに北海道ときたら。日本という小さな島国でもこんなに気象に差異があるとは・・・

多分これを書くと内地の皆様には石を投げられてしまうと思うんだけど・・・今、エアコンを使用している部屋にいます。ああ、ごめんなさいっ!25℃で溶けるんです、道産子は(当然嘘です念のため)
もう汗が止まらなくて、滴って目に入って、首筋に汗疹が出来かかっていて、限界だったんです。
こんな体になってしまったというのに、来月末は上京予定があるのだ。どうしよう、大丈夫かな?不安が募るけれど、行かねばならぬ。だってチケット買っちゃったし(?)

ただでエアコン使うのも申し訳ないので、これから少し仕事します。

| | コメント (0)

ゆめひろがるねこのおかし(という意味ではないみたいだけど)

奇数月の25日に届くよう、サプリメントを何種類か頼んでいる。ついでに家人の飲む野菜ジュースも。
そこに猫トイレ用のシートまとめ買いと、外猫用のパウチをしこたま、更に代引きでゆめねこが届いた。

・・・何気なく書いたけど、ゆめねこ、ご存知ですか?

数日前、再放送と思しきBSのとある番組で偶然見かけたのだが、猫の形をした最中なのだ。
画像などはこちらからどうぞ。
ザッピングの途中で引っかかったプログラムで、チャンネルを合わせた時には既に店の名前や商品名ですら放送し終っていたから、手掛かりになりそうなワードを並べ立てて検索。ようやっと見つけ出した!!

5匹、得も言われぬ可愛らしい寝姿は食べるに忍びない。忍びないけれど・・・美味しいの、これが。
普通にあんこが入っているものではなく、「ローストしたての香ばしいアーモンドキャラメル」に5匹それぞれ違うフレーバーが加味されていて、食感も楽しい。

今回は10匹。つまり5匹×2箱を購入したわけで、賞味期限が約3週間ということだから、2日に1つか・・・(家人の分は?!)(取りあえず一つは彼にも食べさせたけど、リアクションが今一つだったのでもうあげない)

東京に住んでいたらなあ。だって送料が・・・あうううう。
商品が1575円なのに、代引き送料が1475円よ。あんまりと言えばあんまりではないか。

でも、無駄遣いとは思わない。これくらいの贅沢は家人も許してくれたし。


よたの血液検査、結果はそこそこ良かった。CRE2.5前後をうろうろしているけれど、食欲もあるし元気だし、夏の方が体調良さそう。
今日は24℃まで気温も上がって蒸し暑かったから、猫は元気でも人間は少しバテてしまった。
でも、来月下旬に上京することになったので、きっとその時期の内地は24℃どころの騒ぎではないだろう。
また経口補水ドリンク買ってこなきゃ・・・

| | コメント (0)

ちょっとグルメブログっぽく(?)

今日は用があって日高は静内の街へ。そのついでにミシュランガイドにも掲載されていた(☆はないけど)ラーメン屋さんに行ってきた。

こじんまりとした、清潔な店内はテーブルが二つと数人掛けのカウンターのみ。行列ができることもあるらしい。
いただいたのは合わせ味噌ラーメン。ほんのりと甘みがあるスープは麺とよく絡んで美味しい。
野菜もたくさん入っているし、チャーシューは大きいし、食べごたえあったなあ。
お値段は確か750円だったかと。また行ってもいいかな、と思わせてくれるには十分なお味でした。

この街には他にもビブグルマン(3500円以下で特におすすめの食事を提供している)の店もあるけれど、ここは一度行っていろいろな意味で懲りた(?)。

次は、行こう行こうと思っていてもなかなか行けずにいる☆一つもらった日本料理の店に行く予定。でも今週末も来週末も予定が入っていて・・・いつになることやら。

それにしても、ミシュランガイド北海道は、相変わらず書店の店頭に並んでいない。
聞くところによると、初版のうち30000冊をホクレンが引き受けて、一定量以上灯油を購入した人にプレゼントしたのだとか。
今日行ったラーメン屋にも、ホクレン、と表紙に印刷されたミシュランガイドがあったっけ。
・・・なんでそんな無駄(でしょ?お年寄りとかこんなのもらってもちゃんと見るかい?)な使い方をしたんだろ。ガイドブックを参考に、食べ歩きしそうな世代でも入手できない人がいるというのに。そういう人のためにももっと流通させてほしいのに。

今夜は手巻き寿司にした。昼間のラーメンがこなれるまで時間がかかりそうなので、ご飯は少し遅くしよう。

| | コメント (0)

すいませんが吸いません

かつて作家の佐藤愛子氏は「おさるのかごや」を歌いだすと止まらなくなったそうだ(とどなたかのエッセイに書かれていた)。
今、のあちさんはこの歌が脳裏を巡り巡っていて、ふとした拍子に口をついてしまう。

「カブトムシ」―aiko嬢のそれではない。あの、チームカブトムシが歌う、夏の新曲の方だ・・・って知らない人の方が多いか。

♪カブトムシ カブトムシ 夏の主役だカブトムシ (ヘイ!) カブカブカブカブ・・・

実はろくすっぽ歌詞もわからない。でもこのフレーズがもうどうにも止まらない。カブカブカブカブ・・・ああ、誰か私を止めてくれ。カブカブカブカブ・・・

煙草は吸わないし、他人の煙も嫌だ。基本的に、閉め切った車の中で幼児と一緒にいるにもかかわらず煙草を吸っている親(男女問わず)は虐待行為をはたらいていると思っているので軽蔑する。それくらい嫌煙派だ。

でも、そんな私にも憧れている(た)煙草がある。
まだシングルで都会にいた頃、別に好きでもなんでもない年上の男性が吸っていて、その空き箱があまりに美しかったからついお願いしてもらってしまったのだが、それがきっかけで「コイツ、オレに気があるな」と勘違いされてえらい目に遭った。
それでも、その不快な出来事と連動することなく、その煙草は常に私の中で気になる存在だった。

「SOBRANIE」ソブラニー。
美しいグラデーションの箱に、5色の煙草が2本ずつ2段入っていてさながら色鉛筆のよう。
いただいた箱には、確かピアスなどのアクセサリーを入れていたと思う。その後もうひと箱いただき、それは職場に持って行って切手を入れていたんじゃないかな。

最近、立ち寄った店に洋モクがいっぱい売られていたので探したら・・・ありましたよ。手に取ることもなく、店員さんに頼んで購入。そして自宅に帰って包装を解いたら、あらびっくり!

D1000909
・・・なに、この無粋なメッセージ。ちなみに、

D1000910
裏もこれだもの

もしかしたらシールを貼っただけかも、と外側のビニールを剥いでみたけれど、違っていた。がっつりプリントされていたのである。あうううう。
吸いたい人は勝手に吸って、病気にでもなんでもなればいいじゃないですか?小さな親切大きなお世話!

どうしようかな。ちなみに中身はこんな感じ↓

D1000911
もはや煙草って感じじゃないでしょ?

まあしばらくは観賞用に取っておいて、いずれは廃棄することになるだろう。もったいないか。かと言って吸うこともできないし。無駄な買い物をしたということか。あうううう。

今日はようやっと爽やかなお天気になりそうだ。大暑だそうだけれど、でも暑くない。

Img_5442
彼もこんな気候が続けばいいと思っているだろうな。
また会いに行くからね!

| | コメント (0)

休日の過ごし方

お世辞にも好天とは言い難いけれど、涼しかったから、まあいいか、と妥協した休日を自然の中で過ごしてきた。
十勝千年の森(http://www.tmf.jp/)は、帯広近郊、清水町にあり、広大な敷地を誇る観光地。
・・・ただ、誤算だったのは我々も普段大自然の中に住んでいるということ。つまり、「これって近所の風景と変わらないじゃん」・・・正直ね、メドウガーデンとヤギのパドックを見るまではかなりテンション下がっていました。

Img_5417
入ってすぐ。右手の白いテントは売店、左手の緑屋根もそう。

Img_5402
チーズ用の乳を出しているヤギたち。かわいい。

Img_5360
こちらは放牧中。カップ1杯100円、の餌を買わせたくてしきりにアピールする。

Img_5362
カップを差し出したらもう群がる群がる

Img_5401
何故かヤギの群れの傍らで爆睡中の三毛猫。全く起きる気配なし・・・

Img_5375
バラのイベントがあるみたいで、一角に様々な色や品種のバラが咲き誇っていました。
これが私のベスト。いい色だ・・・

Img_5420
ばんえい競馬のマスコット「リッキーくん」登場。ここはどこ?

Img_5421
・・・ばんえい競馬開催中の帯広競馬場へ来ました。
(写っているのは赤の他人

馬券買いに来たわけじゃなく、ちょっと知人(?)に会うための来訪。

久々の遠出だけど、高速道路が一部開通しているおかげで比較的楽な行程だった・・・って私は全く運転しなかったけどさ。

昔の後輩から連絡があって、ご親戚がわが社の業務に関連する大企業へエントリしたいので、推薦人的なものに家人の名前を借りたい旨頼まれた。
別にそれは構わないけど、果たしてコネのうちに入るのかしら?
まあいずれにせよいい結果になればいいな、と。頑張れ!

| | コメント (0)

主に怒ってます(?)

うーん、意を決して(というほど大げさなものでもないけど)書いたのに、アゾディル購入の顛末。全くリアクションなし。検索フレーズランキングにも跡形もなし。
さほどこのサプリにニーズはない、ということなのだろうか。うーん。うーん。

猫の腎機能低下は必ず加齢と共に起こるから、程度の差、でうちのよたみたいに加療しなければならないのもいれば、20歳過ぎて眠るように逝く猫もいるわけで、願わくば他の連中は後者になってもらいたいものだ。

そもそも、今よたに施している皮下輸液なんて、他の猫は誰一人(匹)受け入れてくれないだろう。
まずれあは捕まらない。捕まえたとしても抑えられない。
別棟の2匹は・・・のんなら大丈夫かな。ちび猫はまず無理だ。気配というものに敏感なので、長時間押さえて撫でることはできても、そこに家人が加わり、私の緊張感が加味されれば間違いなく暴れる。
ふうは・・・うん、これは意外に大丈夫かも。でもちょっと針を刺す場所が悪くて痛みでも感じようものならチビりかねない。
かのは賢いから、事情を呑み込みさえすれば大人しくしてくれる、はず。でも・・・この子も頑固一徹(?)だからなあ。

日々の投薬だって、よただから何とかなっている。他の連中はまず無理。
ここまで振り返ってみて、闘病生活を送った猫たちは、その治療を受け入れるだけの度量と言うのか、適性というのか、とにかくこちらが必要以上に苦労させられることのない子たちばかりだった。

人間でも、大して何もできないのに声ばかり大きくて、勢いで行っちまう人がいるけれど、大抵そういう人の言うことって通ってしまう。損をする、ツケが回ってくるのは声の小さい人ばかり。ちょっとニュアンスが違うかな。

家人の部下で、偶に社長が現場に行くと、すり寄って行っていろいろ進言したり口説いてみたり、と小賢しいヤツがいる。
あることないこと、まことしやかに吹き込むのだが、社長、聞いたことを結局全て家人に話すのだ(笑)
そして、それらの話の真偽を問うので、「ああ、それは違いますね」「そんな話出ていませんよ」と正してあげれば結局その部下が信頼を失う、という仕組みがいつしか確立してしまった。
・・・どうしてそんなスタンドプレーをしたがるのかしら。

彼らに現場を任せて(専門職なので)いるけれど、前の責任者の時と比べて費用対効果の面では非常に分が悪い。
それについては社長も家人も危機感を抱いており、もし適任者が出現したらあっさり乗り換えてしまうだろうから、よもやそれを敏感に察知しているとか・・・それはないか。自分の技術にえらく自信を持っているようだし。
ただ、彼の技術はわが社には合わない。だから結果を伴わない。でも彼はそれを認めない。
設備さえもっと整えてくれたら、と始終口にするけれど、高価な材料を揃えりゃそりゃあ美味しいものも作れるでしょうが、冷蔵庫の中のものだけで料理を美味しく作る人の方が、有能と言えるのではないだろうか。

精神的に不安定な家族を抱えて苦労しているのはわかるけれど、その家族に尻を叩かれてあれやこれや不平不満をぶつけてくるのはやめて欲しい。
聞きかじった知識だけでとやかく言わないでほしい。

あーあ、面倒くさいな。中間管理職の悲哀を味わう家人と、それに苛立つ配偶者。ストレスばかり溜まるので、明日は遠出してきます。ふう。

| | コメント (0)

やっぱり異常気象なんでしょうね・・・

肌寒かった1日。
今日の夕餉はなんともつ鍋である。信じられないでしょ、内地の人には。
それを、窓を閉め切った部屋で食べた。もちろんエアコンなんか使ってはない。って元々設置してないけど、エアコン。

網走だか稚内だかでは最高気温が12度ちょいだとか。
7月ももう下旬に差し掛かろうとしている。内地では最高気温が体温並みだというのに、何故北海道は今寒い?

そりゃ私みたいなデブには過ごしやすいからいいけれど、農業関係の方々からすればとんでもない気候と言うことになる。
野菜や果物の甘さがどれだけ増すかは朝晩の寒暖差が決め手となる(らしい)。
早朝のひんやりとした空気から、照りつける日差しでカーッと上がる気温。そしてまた陽が落ちて・・・と「普通の夏」のルーティンが、今年の夏は殆ど見られない。
やっぱり米とか野菜が心配だ。ご近所で分けてくださる方はいるんだけど、それに頼ってばかりもいられないし。

明日は晴れるそうだが、天気予報もあんまりアテにならないからなあ。

週末は少し遠出する計画を立てているのだが、仕事の関係で急遽出勤せざるを得ないかもしれない。うーん。楽しみにしてるのに。
ま、働いているうちは仕事優先だ。商品あっての商売だもの。

| | コメント (0)

空の旅、って実は好きじゃない

暑かった・・・内地の夏は何故暑い?ってそりゃ夏だから仕方ないっちゃないんだけど。

初めて訪れた中部国際空港(以下セントレア)は、かなり機能的だった。
国際線と国内線のカウンターが隣接しているから、乗り継ぎが便利極まりない。
海外からの観光客も多数。海外に行こうとしている日本人観光客も多数。
ごった返しているけれど、名鉄の駅もあり、バスターミナルもあり、で人はあちこちに流れていくからあまり淀んでいない。

雰囲気としては羽田の国際線ターミナルに近いかな。ちょっと香港国際空港にも似てるか。
でも思っていたよりもお店の数が少なくて、わけても美味しいケーキのお店がなかったのは残念だった。

お土産を探していてびっくりした。
いや、伊勢の赤福はまだわかる。ギリギリうなぎパイまではアリとしても、なんで小布施堂の栗製品だの京都の生八つ橋だのあげく東京ばななのレーズンサンドまであるのさ?!

・・・売り場のお姉さんに聞いてみたら、東海近辺の名産品を集めたとのこと。いや言うても長野や東京って近くないでしょうに。
ずいぶん広く括ったんですね、と半ば皮肉交じりに口にしたら、そうなんですぅ、ちょっと広い括りですよね、と何ら悪びれることもなく言い放たれてしまった。うーむ、恐るべしセントレア(の売り場のお姉ちゃん)。

楽しみにしていた空港のお風呂は、明らかに芋洗いだろうからパス。空いてて不安だったレストランは案の定ハズレ。
朝食用に、と買い求めたおにぎりとお惣菜は、日本全国どこにでもあるチェーン店のそれだったil||li _| ̄|○ il||li (買う前に気づけよ自分)

特徴的だな、と感じたのは過剰な接客がないこと。
店頭で商品を矯めつ眇めつしていても、まず声をかけてきてくれない。いや、いいんですそれで。むしろその方がこちらも気が楽。
でも、商品について問いかけると程よいホスピタリティで応えてくれるし、全く押しつけがましさがないのがいい。

それにしても。
国際線搭乗客も訪れるだけあって、機内持ち込み制限のある商品には赤いシールが貼られているのだが、明らかにその貼付基準がおかしい。

―何で、こっちの佃煮っぽいのは良くて(シールなし)、これはダメ(シールあり)なの?

店員さんに尋ねてみたら、なんでも「『しぐれ煮』と名がついているものは国際線の機内に持ち込めないんです」・・・何それ?
詳細はこちらhttp://www.mlit.go.jp/koku/03_information/13_motikomiseigen/index.html
とにかく、あのテロ以来機内への「液体」持ち込みに関しては異常なまでに厳しく制限されるようになってしまったようで、液体っぽいイメージがあるからなのか、「しぐれ煮」という名前だけで搭載不可、となったらしい。何よそれ。
当然カレーなどのレトルトもアウト。いや、100ccずつ小分けすりゃ持ち込めないこともないらしいけど・・・誰がしますかそんなこと。

荷物を預けようとして並んだバゲージのカウンターが遅々として進まない。どうやら国際線からの乗り継ぎ客のオヤジども中年男性たち4人が、席を並びにしろとごねているらしい。
・・・ガキじゃあるまいし。少しの時間も離れていたくないって?皆さんどういう関係?
ようやっとそいつらがいなくなって、荷物も無事預けられ、いざ搭乗。まずは優先搭乗なのだが、今度は一人の爺さん老年の方が、俺も先に載せろとゴネ出した。
この便にはプレミアムシートはない。漏れ聞こえてきた会話によれば該当するカードや資格ももっていないみたい。何なの?この人。
結局根負けしたグランドホステスさんが通しちゃったけど、呆れてものが言えなくなった。

今時の若い者は、と言う人も少なからずいるけど、人の迷惑も考えず、自分の要望だけにまっしぐら、という傾向にあるのはむしろ中高年の方が顕著ではないかしら?

不快感を2度も覚えつつ、それでも帰りの飛行機は隣席も前の席も人がいなかったので非常に快適だった。
航空会社の方も大変ですねえ。ああいう輩をあしらうことも日常茶飯事なんでしょうけど、ストレス溜まりそうだ。高校の同級生で、怠惰の塊みたいな子がいたけど、CA目指してたっけ。実際になった、という話も聞いたけど、果たして彼女にこんな激務が務まった(務まっている)のだろうか。

閉所恐怖症なもので、飛行機には出来得る限り乗りたくない。そんなもの作っても誰が乗るんだい、と半ば嘲笑交じりに思っていたけれど、札幌まで新幹線が来たら、意外に乗っちゃいそうな自分がいたりして。
だってさあ、飛行機って落ちたら死んじゃうでしょふつう。
でも新幹線って走行中のトラブルとかで未だに死者が出ていないんだよ。
・・・いや、真剣なんですってば。おちゃらけているつもりは一切なし。

多分次に搭乗するのは首飾りと耳飾りを見るための旅で、家人も一緒。
東京の残暑が少しでも早くなくなることを祈るばかりだ。

| | コメント (0)

カリカリカリカリ・・・苛立つ木曜日

馬鹿だよなあ。
素直にいじめと自殺の因果関係を認めて、心からの謝罪と示談的な解決策を見出していればこんなに大事にならなくて済んだのに・・・と思っている人も少なからずいるだろう。私もその一人。でも、こうやってくだらない隠蔽工作を行ったばかりに加害学生らのプライバシーが驚くほど詳細にしかもスピーディに暴かれていったわけで、それはそれで結果オーライなのかもしれない。

いじめの実態が次々と明らかになるのを見ていたら、怒りを通り越してもはや呆れてしまった。あまりにも悪質で陰湿。執拗で横暴で。
一番腹立たしいのは、それらの行為を知りつつ咎めることもなく止めることもなく傍観していた(一説には囃し立てていた)とされる教師の存在だ。
いじめ、もとい暴力行為を行っていた加害学生にどんなバックボーンがあったかまで既に一部報道では明らかになっているけれど、それが理由であるとするなら、教師として以前に人間として失格でしょうに。

徹底的な追及で、加害学生たちを逮捕してほしいし、その親たちもきちんと謝罪させてほしい、亡くなった学生さんのご遺族に対して。
でも、本当に心から反省するのかしら?加害者の人権だの未来だのを守りたがる人たちがあまりに多いみたいだし。
教育委員会の、会見に臨んでいた3人を見ていたら気分が悪くなった。どうしたらあそこまで他人事だと思うことができるのだろう。自分の子や孫が同じ目に遭ってもあの鉄面皮を被っていられるのだろうか。

教育者って、何をどう教育するために存在してるんだろ。

ちなみに、警察の家宅捜索をやり過ぎと批判していた国営放送。加害者の行った行為はもはやいじめの範疇を超えて、いわば傷害罪ですよ。捜査の一環として当然のことでしょ?

馬鹿だよなあ。
―国民なんて馬鹿だからさあ、共感されやすいスローガン並べときゃ飛びついてくるんだよ。ほら、この政党名いいだろ?わかりやすいだろ?・・・そんな目論見が聞こえてきそうな民主党のお家騒動の結末。
何?あの新党の名前ときたら。消費増税が回避できるならそりゃありがたいですよ。そもそも増税分の使用理由も明確にはされていないから良くわからないけど代替財源はじゃあどうするの?その分どこからお金は湧いてくるの?

原発は私も存在を否定したい。なくなっちゃった方がいいと思う。でもじゃあ代替エネルギーはどうするの?具体的にシミュレートしましたか?
再生可能エネ発電の買い取りも、何かおかしい。
結局買い取りのための代金は我々の電気使用量に上乗せされるんだもの。誰が儲かるか?言わずと知れてる。100億寄付しようがすぐペイできちゃいそうじゃあないですか?社長。

小沢新党が、選挙を見据えて急ごしらえされたものであることを誰も見抜いていないなんてよもや思っていないと思うけれど、小沢代表は本当に勝算があって始めたことなのだろうか。もしそうならあまりに国民を愚弄している。

せっかくなでしこジャパンが快勝、澤も復帰弾でモチベーションが上がったところで男子のあの体たらく。私は思うんですけど、あの監督暗くないですか?
(別に、元気が落とされたから恨み節、というわけではありませんので、念のため)
松木さんみたいなおちゃらけを求めているわけではないけれど、女子の佐々木監督を少しは見習って欲しいと思うのは私だけ?
関塚さんが女子の監督だったら、今のなでしこはないと思うけどな。
やっぱり座席は交代してやってほしい。なでしこのお嬢さんたちにビジネスクラスは譲ってあげてください。好感度上がるよ、って別にそこは求めていないか。

雨。テンションは上がらない。涼しいからまあいいか。
今日一日、あまり嫌なことがなければいいんだけど・・・って初手から躓いてますil||li _| ̄|○ il||li

| | コメント (0)

中座します

ふとした拍子に口をついて出てしまう曲が今2つある。

片方の曲は、知らない人が耳にしたら「何言ってんの?」だし、もう片方に関してはなけなしの(?)品位を疑われてしまう。

ご存知でしょうか、「うのきろり」
カブトむし五郎さんのご一族が歌っているあの珍妙なメロディは、一度口ずさんでしまうともう後戻りができない。延々と「うのきろり♪うのきろり♪」・・・ああ、止まらない。

で、品位の方はと言うと、これはとある医薬品メーカーのCMソングである。これを聞くと「ああ、『夏』なんだ」と思わせてくれる・・・って、いや書かないでおこう。ゼッタイに人前では口ずさんではいけない曲であることは間違いない。

ここまで書いていたら、何だか気分が悪くなってきた。
最近胃の具合が良くなくて。

亡くなったパンダの子の冥福を心から祈ります。
次はもっと要領のいい元気な子に産まれてくるんだよ。
本当にかわいそうに・・・動物園のスタッフの皆様も、どうかお気落としのないよう・・・って無理だよね、そんなわけにはいかない。
ひと時のいい夢を見させてもらった気分。本当に皆様お疲れ様でした。

| | コメント (0)

やればできるさできるさやれば(ん?)

前エントリの「もにょっと」した言い回しは、商品が無事に届き、無事に支払いが終了するまでは・・・と具体的に書くことを控えたためのもの。つまり、通販を利用して海外から商品を購入したのだ。
その商品とは、猫のためのサプリメント「Azodyl(アゾディル)」。
欧米では当たり前に処方されているのに本邦へは輸入されていないサプリで、具体的な効能は省略するけれど、日本ではポピュラーな活性炭と競合するものとでもいうのかな。中身は全く違いますが。

きっちり朝晩1カプセル飲ませ始めてから半年、正直なところ効果があるのかどうかがわからない。
でも、これがサプリの持つ最大の欠点(?)なのだが、もしかしたらこれを飲ませているから「維持」しているのかもしれない。やめたら途端に悪化するかもしれない、このループに嵌っちゃうと抜けられないのよねえ。

寒い時期に購入した6本が最後の1本になり、焦り始めたのは先月のこと。
(この6本は、寒い時期だったので保冷剤にこだわる必要もないと判断したため輸入代行業者から購入したが、結果的に時間も送料も手数料もべらぼうにかかって懲り懲り。もう利用したくない)
まず、アテにしたのは獣医師。能書きやパッケージを渡して情報収集していただいたのだが、そもそも大動物系専門の方なので小動物系は苦手だったらしく、ほぼ的外れの回答が帰ってきてしまった。
そうなると、もう後は自分でやるしかない。

頼りになったのは翻訳ソフト。それもヤホーもといヤフーというベタ中のベタ。でも無料だが結果的にはかなり使えた(はず)。

恥を忍んで、送ったメールを転記します。恐らくめちゃめちゃいい加減で適当な文章なんだろうな。でもね、先方さんはこうおっしゃってくださったの。ちなみに、私の英語力はこのお返事がなんとなく理解できるレベル。

Thank you for your order, and it's quite okay that your English is not good, many of our Japanese customers don't speak and write in English.

(・・・んじゃ、その人らどうやって発注したんだ?それ聞けばよかったorz)

オーダー自体は、ユーザー登録ののち、ごく普通にカートを利用して行うから問題なし。直後届いた受注確認のメールに対して送ったのが↓

I'm sorry. I cannot understand most of English. But I want to buy this product for a beloved cat.
Probably a conversation is not established even if I have you call.
I ask for the communication by an email.
At hot time, please put a cold insulation agent.
In addition, what should the postage do? In addition, would you switch to payment in peypal if possible?
I wrote this email using translation software.
If there is a strange place, I'm sorry.
Thank you very much.

・・・書きたかったのは、私は英語がほとんどわからない(だから確認の電話はやめてね。連絡はすべてメールでお願いします)。でも愛する猫のためにどうしてもこれが買いたい、ということと、オフラインでの支払いはできないから、ペイパルで支払いたいということ。
翻訳ソフト使ってることも正直に書いた。でなきゃヘンな人だと思われてしまうかもしれない
もの。
何故そう思うか、って?だって、先方からの返事を翻訳ソフトで訳してみたらとんでもない日本語になったから。だから、こちらの文章だってプロから見りゃ怪しいものだろうこと請け合い。

でもね、当たって砕けろですよ。どうにかなるものですよ。
キーワードさえ先方に通りゃ何とかなる。実際私の手元には、保冷剤は解けてはいたものの、まだひんやりとしていた6つのボトルが届いたもの。
ちなみに、発注は4日深夜。5日に発送してくださって到着が今日、8日のほぼ正午。
すぐに支払い手続きをして、それを確認した、というメールが届いて全て終了したのは8日の夕方。先方から「支払い確認したよ」というメールが来たのがその日の夜。早いよねえ。海の向こう(香港だけど)と取引したってのに。ああ、隔世の感あり。

発注したサイトはhttp://healthypet.com.hk/eng/index.php 
このサイトで商品名を検索し、後は普通に購入するだけ。中学校でそこそこ普通に英語をお勉強していればどうにかなるレベルだから多分ほぼ誰でも大丈夫でしょう。

海外からの注文はオフラインでの支払(HSBCへの送金)のみだそうだが、そりゃあまりにもハードルが高いので、上記のようにオンライン決済にしてもらうよう頼む方がいいかも。先方だって、下手に小難しいことさせようとして挙句送金できなくて、なんて騒ぎになっちゃうよりもオンライン決済させた方がマシだと思うはずだから。
オンライン決済はペイパルだが、ご安心を。ちゃんと日本語のサイトがあるのだ!
こちらも実は使用前に予め登録手続きがあり、ちと面倒だけど、そこはそれ、日本語だもの。

ちなみに、こちらからメールを送るとたちどころに返信が来るのでちょっと驚くが、通じてるんだな、と思うと逆に嬉しい。
調子に乗って香港って一度行ったけどいいところですね、とか書いちゃったけど・・・通じてるのか不安だわ。とんでもない風に解釈されていたらどうしよう。

・・・まあ、無事終わったからこそ、こんなことも書けるわけですが。
もし、愛猫さんのためにアゾディルを購入したいけど・・・と躊躇っている方。大丈夫、カンタンだから。英語がダメでも何とかなるから。私(高校時代の英語、5段階で3が最高だった)にでも購入できるんだから!
ただし、これから気温が上がるので、保冷剤はあまりあてにならない。保冷剤たくさん入れてね、という文章も付け加えたほうがいいかもしれません。
いや、でも。このエントリ読んだ方が大挙「ヘンな英語」であのサイトに押しかけたら・・・ってそんな影響力はこのブログにゃないけどさ。
そう、まさに「イイカゲンのススメ」ですよ。肩の力を抜いて、頑張ってください!

今回の発注に当たって思い知らされたのは、日本の通販サイトがいかに親切か、ということ。
普通ね、クリックでどんどん進めていっても最終確認的なウインドウなりメッセージなりが出るでしょ?それが常識だと思うでしょ?でもね、出なかった。多分こっちがスタンダードなんだと思う海外では。

・・・実は買うつもりはその時点ではまだなかった。だから、クリックの後に「コンプリート」の単語を見た時点で前のエントリにも書いたけど、パニックですよ。しかも「HSBCへ送金してね、先に」なんて書かれてあった日にゃもう。
そこで慌てて電話してしまったのが、唯一この時間(22時過ぎ)に電話のできる『英語が達者な人』というくくりで脳裏に閃いた方だった。読んでるかな。その節は本当にすみませんでしたヾ(_ _*)ハンセイ・・・
電話の中で、「いや、それなら一度キャンセルしちゃえばいいじゃないですか」と言っていただいたら、そこでストン、と落ち着いた。で、翻訳ソフトの存在を思い出して・・・という流れ。

価格は、6本プラス送料で2420HK$(約26000円)。安くはない。それでも香港ドルって私が行ったときは確か約16円だったけど今は10円切るくらいだもの。ああ、円高よありがとう。

でも、今回がうまく行ったからといって、ほいほいと海外通販を利用するつもりはさらさらない。やっぱり私は日本人。日本語通じないと不安で仕方ないのだ。


今日の北海道は雨。しとしとしとしと・・・セレクトセールもこんな天気なのかな?
連れて行ってもらうかもしれないので、晴れますように、明日は。

| | コメント (0)

ちょっともにょもにょしたエントリですが、具体的には、後日。

如何に私が小心者かということが図らずも露呈したのが昨晩。
とある試みを行った(いや、寸止めするはずが先走ってしまって・・・)がためにプチパニック状態に陥ってしまったのだ。
挙句、電話でヘルプを求めたのは・・・いや、ホント。ごめんなさい。

その後、若干冷静になったので、ええい、ままよ!とばかりに手段を講じ、何とか本懐を遂げる(?)ことに成功した・・・と思う。というのもまだ結末を見たわけではないので。

そもそも、抜け道を見つけたはずだった。だのにその道は結局塞がっていてどこにも繋がってはいなかった。所謂ぬか喜び。
結局最後には自分で何とかするしかなかったわけで、それなら最初からヘルパーさん(すまん)にブレーンになってもらっておけばよかった。

具体的なことはミッションが完全に遂行された時点でぼかすとこぼかして書くつもり。
きっと、他の人の役にも立つことだから。

ま、要は「英語って大事だよね」という話。そうだ!英語よ。今の時代英語くらいできなきゃ。
・・・いい翻訳ソフト買お。ってそっちかい!



今日は暑かった!下手すりゃ25℃近くまで気温上がったんじゃなかろうか。
買い物に行っても、車から降りる時に一瞬暑さでクラッと来てしまった。こんな体で来週内地に行けるのだろうか。そう、行くんです、某所へ。
多分ここの比じゃないだろうな、気温の高さ。死ななきゃいいけど。もうペットボトル片時も離せないでしょうね。

夏の内地行は不安。でもマウリッツハイス展の前売り買っちゃったし、行かないわけにはいかない。実際見たいし、耳飾り。
まだ日程は決めていないけれど、どうか今夏が猛暑になりませんように。洒落にならないよ、家人ともども熱中症で倒れちゃったりしたら。

| | コメント (0)

支離滅裂なのは毎度のこと?少しアルコールも入ってます

ここのところ、半ば意地のように本業のサイトを更新している。
書くべきこと(というか載せるべきソース)が山ほどあるので仕方ないっちゃないのだけれど、それにしても傍から見れば「こいつ、心を入れ替えたんだな」と思われてもしょうがない。

快適なウインドウズ7だが、OSの所為なのかはわからないけれど、ココログに画像をアップしようとしても、空振り。つまり、「画像の挿入」をクリックしても画面が切り替わるだけで画像の姿がない。
・・・何なの?

XPではこんなことはまずなかった。でも、遅い。動作が何もかも遅い。
更に言えば、画像などのデータも7の方のPCに全て保管してある。
やむなく、7のPCで文章などを全て構築してから、データを予めXPのPCへ移動して画像だけアップすることにした。
相性の問題なのかしら?わからない。うーん。

家人の風邪は治らない。治ったと思ったらぶり返す。
私の方はほぼ完調。やっと今日、作りそびれていたヨーグルトババロアを作ることができた。
・・・と思ったら!お中元でジェラート届いちゃった。あうううう。
まあジェラートは日持ちするし、と早速昼にババロアを供してみた。
ちょっと冷えは甘いかな。それでも、そこそこ美味。素人の作るお菓子なら十分でしょ。売り物にするならもっと盛り付け方に工夫がいるかな。あとは香料と洋酒を少し入れて。

自分で言うのもなんだけど、そこそこ洋菓子作りは上手いの。トリュフだってタルトレットだってシュークリームだってスポンジケーキだってレシピさえあれば作ることができる。
かと言って、それを生業にできるかどうか、と考えると・・・ダメ。到底他人様に供せるものではない。
実は今でもパティシエには憧れている。今から辛い修行をするのは無理だし、恐らくインポッシブルドリーム、ってヤツで終わってしまうだろうけれど。

夢、か。いつまで見ることができるのかな?覚めたくない・・・

| | コメント (0)

ま、どっちも喜怒哀楽で言えば「怒」でしょうね

ラムカレーに使ったプレーンヨーグルトが余ったので、ババロアでも作ろうと思っていたら、朝から買い物にいかなければならなくなってしまった。
あれこれ用足ししつつ100キロ弱の距離を走破。疲れ果てて帰宅したら、今度は仕事が待っていた。
で、元お役所、の機関に問い合わせの電話をしたら・・・話し中。幾度かけてもつながらない。ダイヤルインだし・・・と思いつつ、下一桁を1つずらした番号にかけたらいとも簡単につながったではないか。
「この番号でもいいんですか?」「大丈夫ですよ」・・・じゃあ書いとけよ!

質問内容は、パスワードがわからない、というまずまず緊急性の高いものだったが、「ああ、それは○○番号です」・・・んなことどこにも書いとらんわい!

マニュアルのどこに書いてあるのか、と尋ねても答えられない担当者。
あきれてものが言えない。開いた口がふさがらないとはこのことだ。

去年だったか、他のことで質問した時も全く的を射ていない上に紋切型で全く柔軟性のないことをくだくだと繰り返す女性が電話に出たことがあったけれど、今年の担当者もそれほどスキルが上というわけでもなさそうだ。
その女性は、Aという手段はもう取れません。そう繰り返すだけ。実はBという代案もあったのにそれについては全く触れなかった。結局彼女の上司と思しき男性が電話を替わり、ようやくBを示すことで事態が収拾されたのだが、この就職難の時代に、どうしてわざわざああいう人を採用するのかがよくわからない。
彼らが公務員だったころのことを知っているけれど・・・まあ、それはさておき。

この機関の元締め(?)にも電話をかけてみたが、まあ繋がらないったらない。
挙句、質問への回答は「取りあえずやってみて。その結果ダメって言われるかもしれないけど」(要旨)・・・6分以上待たせておいてこれかよっ!
結局この人たちはサービス業という意識を持てないんだろうな。してやってる、という意識が強いから、どんなに言葉を丁寧に飾ってみても、それが垣間見えてきてしまう。

何だかもう、電話だけで無駄に疲れてしまった。
取りあえず出すもの出してしまおう。当分彼らには関わりたくない。



蒸し暑くなってきた。
今の寝室は窓を開けて寝られないので、夜はエアコンを既に使っているのだが、そんな中降ってわいたような計画停電の話には驚かされた。
いいよなあ88番(道民しかわからないか)
88番ってのは、要は「停電にしちゃったらいろんな意味で危ない」施設と、その施設と送電線が被ってる地域のこと。
不幸にも我々の近所にそんな施設はないので、このままじゃヤバい。
昨夏の内地を気の毒がりつつ、どこか他人事と思って冷ややかに見ていた私をぶん殴りたい。
・・・冷蔵庫の中身とか、そういう問題じゃあないのよ。仕事的に時間によってはマズイの。かなりマズイの。
後でもう一回調べておこう。
だからと言って、泊を再稼働させたくもないしなあ。北電さん。本当に逼迫してるの?
もう何だか、電力会社の言い分って何もかもストレートに信じることができないのよねえ。

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »