« 禍福は糾える縄の如し | トップページ | 卑怯だと思いませんか? »

五輪雑感

それにしても不可解だったのはあの判定。ジュリーちゃんたち(笑)はいったい何なんだ?日本選手の有効を取り消したのも彼らなら、判定のやり直しをさせたのも彼ら。

会場中に広がったブーイングが物語っていたけれど、素人が見てもあの試合は明らかに日本選手が優勢だったから、旗だって、3本全てとはいかないまでも間違いなく白旗が2本以上上がると思っていた。
だのに、上がったのは青3本。
喜んでいたのは韓国の選手と監督だが・・・その結果を不審に思わなかったの?

ちなみに、疑惑判定の立役者ミナカワ主審は、日本人に旗を揚げないことで知られているとか。日本人嫌いだそうだが、それだからと言ってあの判定はない。
かてて加えて、そんな主審のみならず副審の2人も揚げた青旗に対してネット上では様々なうわさも飛び交い、きな臭い話も散見するが、そういった要素はさておいて、今大会、なべて審判のレベルに問題があるように思えるのは私が素人だから?

人種差別や好き嫌いが判定に反映されるなんて、もしそれが事実ならあってはならないこと。
柔道の精神―「精力善用」「自他共栄」を、審判のみならず競技に参加する全ての選手が理解することを願ってやまない・・・なんちて。何もこんなこと私が偉そうに書く話でもないですね。

ウェイトリフティング女子48キロ級、いや、これには泣けました。
見事な銀メダル!父を超えた!!
・・・気合乗りの違い(笑)だけだったなあ。いずこも元アスリートの父って同じようなものだ。
父と娘、テレと愛情の入り混じった面映ゆそうな娘と、手放しで喜ぶ父。どうかレスリング女子72キロ級でも同じようなシーンが見られますように。ただ、あの父のインタビューの時は少しテレビのボリューム落とさなきゃ。

アーチェリー女子。非常に申し訳ないが、あの3人、分けても一番背の低い選手は、どう見てもアスリートに見えない。
ほんわかと可愛らしい、女子力の高いお嬢さんなのに、競技の時はきりっと引き締まった表情・・・にならない(え?)
飄々と矢を射て、すとんすとんと的の中央に刺さっていくのを飄々と見つめる。
恐らく、とんでもない集中力が必要な競技なのに、そういった意味での切迫感がないのは、もうそういう段階を乗り越えてしまっているからなのだろう。
マスコミもノーマークだったはず。これから取材合戦が始まり、なでしこジャパンのように注目度が高まるといいですね。おめでとうございました。

サッカー男子も連勝、でも優勝候補の呼び声高かったスペインがまさかの予選リーグ敗退でこのグループは大波乱。
こりゃ何が起きても不思議ではないぞ。
次の試合に勝って一位通過すれば上手くすればかなりのところまでいけそうだ。
相変わらず惜しいシュートばっかりで、見ていてストレスはたまるけれど、勝ってくれさえすればそれで大満足。男女ともに表彰台に上がってくれるといいな。

いろいろ見たい競技はあれど、敵は時差だ。
そういう意味では東京でやってもらうのも悪くないかもしれない(え?そこ?!)

|

« 禍福は糾える縄の如し | トップページ | 卑怯だと思いませんか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 禍福は糾える縄の如し | トップページ | 卑怯だと思いませんか? »