« 独り言 | トップページ | 本を読みました »

タイトルが思いつきません。

なんだかなあ。
ドランクドラゴンの相対的に見てダメな方(笑)、彼がCXの番組「逃走中」で自首に成功したことを巡って批判、非難が彼のツイッターに殺到しているとか。

・・・あの、何がいけないんですか?自首ってルール上正式に認められているんですけど?

私も、自首はまあ卑怯な手段だとは思う。でも、ルールにあるなら非難されるべき行動ではないはず。
更に言えば、彼のキャラならアリじゃないかと。
これがね、戦隊モノのヒーローだったり格闘家だったりすると所謂「キャラにそぐわない」だし、同じお笑い芸人でも、ノブコブ吉村ならナシ、徳井ならアリ。オードリー春日はナシ、若林はアリ。あくまでも私の抱くイメージですが。していい人といけない(?)人との括り分けはあると思うんだよねえ。

しかも、その件にかこつけて彼の人格や芸風まで批判、否、もはやツイートの内容は悪口雑言にまで発展しているそうだ。
多分それを書き込んだ人の多くが、自己表現の場を持っていなかったり、様々な不満を抱えていたりするんだろうな、と推測するのは間違っているかな?自分は傷つきたくないけれど、他人、ましてや芸人と呼ばれる人間なら傷つけても構わない、という歪んだ理屈の持ち主・・・これは言い過ぎか。

SNSと言っても、FBはともかく今やツイッターもミクシィも匿名で参加している人も少なくないし、ヤフーのコメントに至っては、投稿者のプライバシーは守っても、その内容については野放図だもの。読んで傷つく人がいようがいまいがお構いなし。

私は彼―鈴木拓が、お笑い芸人としては好きだ。多分友達にはなりたくない人だと思うけれど(笑)
ビートたけしがその芸を見たい芸人を集めた、というふれこみのお笑い番組に出ても、ちゃんと笑いが取れるだけの間だって持っているし、ヨシヒコに出てきた「スズキ」役だって、何と!ザラキ持ってるというある意味最強の悪人(至って善人らしいキャラだったが)をサラリと演じていた。

今朝のめざましテレビで特集されていた「なりすまし」。
匿名性を利用して陰湿にいじめるというパターンは少なくとも私の若かったころにはなかったもので、なりすまされた被害者は結局犯人がわからないままに諦めざるを得ないようだ。
なりすましメールを送れるサイトの管理者にインタビューしたら、「悪用されるなんて考えていなかった」と空とぼけた直後にサイトが閉鎖されたそうだ。わかってたくせに。

かと思うと、誰かをいじめた時の動画を動画サイトなどにアップするバカもいる。
歪んだ自己顕示欲のたまものだろうけれど、それが証拠になっていじめが発覚したりするわけで、やはりいじめる側が大抵「ちょっと足りない」のだろう。

今、日本中のほとんどの人が鬱屈したものを抱えているのではないだろうか。
そして、その不満や不安のはけ口に、自分より弱い者を使う。関わった人で、自分より少しでも立場の弱い人に、ちょっとでも落ち度があれば必要以上にそれを責めることでうさを晴らす。

債務不履行者―消費者金融やクレジットローンなどの不払い者への督促事情が書かれた本を読んだが、呆れたことに借りたまま返さない輩が、督促の電話をかける担当者に向かって罵詈雑言を浴びせかけると言うのだ。開き直りも甚だしい。
そもそもあなたの借りたお金でしょ、それすら言ってはいけないのだと。
強制的に給与や財産を差し押さえてしまえ!と読んでいて思ったけれど、それをするには法的にハードルが高いらしい。
完全に貸し損借り得。そんなのおかしい!返せなければまず謝罪。そして返す努力をすべきなのに。

モンスターペアレント、モンスターカスタマー、モンスターペイシェント・・・そんな人たちも家庭を持っていて(モンペは当たり前か)、そんな人たちに育てられた子が真っ当に成長していけるだろうか。
他者を、その人格すら否定するかのごとく責めまくって、理不尽な主張をさも正義のようにふりかざす、そんな人が果たして親としてどれほど機能しているのか。
そして、子供たちは親のそんな姿を見て、「こんな風にはなりたくない」と反面教師にするのか、ああそうか、とばかり同じ思考を持つようになるのか・・・

話が思いっきり逸れてしまったけれど、自首した人をそんなに批判したいなら、そういうルールを作った番組サイドにも同じように意見をしてみては?
自首がゲームをつまらなくする、というならそのルールを変えさせる努力をすればいいでしょうに。
・・・多分そういうことではないのだと思う。それをしたのが彼だから、という理由だけで不満をぶつけているだけの人がほとんどだろうと思う。

もっと余裕のある社会になればいいのに。
でも、私もモンスターになりかけているのかもしれないな。そこそこ自覚はあるので、気をつけなきゃ。でもどうやって?私も余裕、ないんだよね。

|

« 独り言 | トップページ | 本を読みました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 独り言 | トップページ | 本を読みました »