« 箱根雑感ほか | トップページ | ・・・そっか。 »

うーん。(今日は全編猫絡み)

元々は飼い猫だったのでは?
何せ、玄関先に入れて、ええい、ままよ!とトイレと水と猫ハウスを置いて放置してみたら、ちゃんとハウスに入り、水を飲み、トイレには立派なブツが!

・・・健気なのは、ハウスの中にいても私たちの気配がしたら起きだしてきてアピールすること。
ゴロゴロと喉を鳴らして脚を踏みふみ。甘えているのだ。さびしいのだ。かわいい。

家に入れざるを得ないだろうな。でも、果たしてアマゾネスコンビと上手くやっていけるだろうか。
取りあえず一度丸洗いもしなきゃならんし、ワクチンは何とか打てそうだけど、病院へ連れて行くのは難しそう。あ、駆虫もしなければ。

何のことだか?そう、現在我が家の玄関先には一匹の野良猫が居ついているのだ。
これがまた難しい精神構造の持ち主で、愛憎半ばする、とでもいうのか我々への警戒心からシャーシャーとうなり声を上げつつ、それでも撫でれ、とばかりすり寄ってくるのだからわからない。

お尻の辺りはNGだそうだ。でもアタマや顎、頬の辺りは大好き。もう陶酔しきった顔でゴロゴロ言い出すから可愛い。
本来なら関わることのない猫ではあった。諸事情から去勢手術は施し、その際検査でFIVキャリアであることも判明している。

縄張りを追われ、しかも風邪を引いたらしく涙目の惨めな姿で我が家の前に現れてみなさいよ。これは受け入れざるを得ない。
取りあえずかかりつけにアウトラインを話して処方してもらった薬を朝晩2回飲ませるのだが、これが妙に敏感で、ウェットに混ぜると食べないときたもんだ。
で、試行錯誤の末生クリームに混ぜると全て舐めきってくれることが判明。
朝、コーヒー飲む時使うので、それをちょっと流用することにした。
薬の効果か、だいぶ目の周りもすっきりしてきているので、もう少しで症状も治まるだろうがやはりちゃんと病院で治療を受けさせたい。うーむ。キャリー入れられるかな?

増やしたくないけれど、多分こいつはうちの猫にせざるを得ない。
先にいた外猫には悪いが、といっても、その先輩外猫ときたら、全くこちらに懐こうとしないからまあ仕方がないと言えば仕方がないのだけれど。

我が家の連中は元気だけど、服を着せているかのは相変わらず覇気がない。
ただ自分でも腹の舐めハゲは気にしているというか、自分ではどうしようもない状態だったらしく、むしろ服を着ていることで舐められないから、と自分に言い聞かせているような気がしてならない。もしそうならどこまで賢いんだ、かの。
取りあえずもう一枚を作るのは・・・もういやだ。自分、不器用ですから(ん?)
洗い替え用にもう一枚、プロに発注のメールを出した。今は返事待ち。どうかよろしくお願いいたしますです、ハイ。

|

« 箱根雑感ほか | トップページ | ・・・そっか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 箱根雑感ほか | トップページ | ・・・そっか。 »