« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

出るかアレ

寝違えたらしい。背中が痛い。右方向に振り向けない。あうううう。
今週は早めに整体の予約を入れておいたので、そこまで痛みが続いても何とかしてもらえる。それを励みに頑張ろうと思う。

日曜日だと言うのに仕事三昧の一日だった。
私的な事情で今月はほぼ働いておらず、そのツケを今払っている状態。仕方ない。
今週は更にバタバタするけれど、それはそれで気持ちが紛れていいかもしれないな。

公私ともにモヤつくことが多い昨今、来てほしいメールは来ないし(実はものすごく心配)、来ないでいいヤツはやってくるし(怒)、いろいろ迷うし、作らなきゃならないものもあるし、片づけもせにゃならんし、そんな中でよたの通院もあるし。もう。

気分転換にスマホデビューでも・・・と思っていたら、某ドコモの方が「アレをドコモでも売るかもしれない」的なことをのたまい、テンションアップ!よし、方向性が定まったなら待とうじゃないの!・・・でもね、よくよく考えたら私、ここまでただの一度もWindows以外のOSって使ったことないんだよなあ。
関係ない、っちゃないでしょうけれど、根本的に違うもんなあ。どうしたものか。

せっかくフラッグシップモデルが安価で買えるわけだし、でも、そもそもタブレットの方がいいかも、だし、と結局もにょもにょした状態でこれじゃあ当分ガラケーから離れられそうにない。ああ。

某身内は最新型のアレを使っていた。うーむ。流石都会在住だけある。
取りあえず今のガラケーさんも健在だし、予備機もあるし、使えるところまで使ってみようかな(結局こうなる)(環境の変化嫌いだから、設定とか面倒くさそうだし)(買い換えない、に10000点!)

我が選挙区から飛び立った宇宙鳩がまーたとんでもないことを言い放ったそうで・・・ああ、もう本当に本当に本当にごめんなさい!もうSPとかつけなくていいんじゃないですか!?
海外にも行かせちゃだめですよ。っつーか、海外じゃなく外界から遠ざけてくださいっ!
何だってもう、この人を総理にしちゃったんだろ。北海道9区、住民の責任は重い・・・

| | コメント (0)

短っ!

久々に遠出してきた。
峠越えはちょっと大変(運転していた家人が)だけど、十勝って景色が本当に違う。
帯広の街中をちょっとうろうろしたけれど、何となく寂寞とした感じでいつも切なさを覚える。

大好きな猫たちや、その他の猫たちに会って元気をもらい、わが町にはないスーパーで買い物をして、夕方帰宅。
そこそこ疲れたけれどかなりストレス解消にはなったと思う。

いろいろ書きたいことはあるのに頭が働きません。待っているメールもあるんだけどなあ。
今日は早く布団に入ろう。いい夢見られるといいな。

| | コメント (0)

中身はないです

ここのところストレスが溜まる出来事が多くて(主に仕事、猫、自身の健康)、それの解消のためについ消費に走ってしまう。

いや、いずれも必要なモノなので浪費ではないけれど、家人のワイン(安いチリ産。12本で15000円くらい)や自分のシャンプーとトリートメント、そして頭皮用の薬用エッセンス、と次々ネットで購入。
極力無駄な出費は控えたいので、テルマエ・ロマエの最終巻も、本当はamazon限定バージョンが欲しかったところをグッとこらえて通常巻を、楽天の溜まったポイントで買った。

・・・うーん、まだイライラは治まらない。

それにしてもテルマエ・ロマエ。まさかあんな形で終わるなんて思いもしなかった。
つーことは何かい?ここまでのお話は全てフリかい。初っ端からあのエンディングを迎えるためにあれだけのお話を書いた、ってことかい?なんだそりゃそりゃ(出川風に)。

でも、いっそ潔いとも思う。引っ張ろうと思えばいくらでも題材的には引っ張れるだろうに、それをせずあっさり幕を引く。
外伝的な連載はまた始まるようだけれど、それが蛇足っぽくならないことを切に願うばかりだ。

明日は久々に遠出の予定。来週は怒涛の如き忙しさ(主に精神的に)が想定されるので、英気を養いたい。
でも風邪気味なのでとっとと寝なきゃ。

あ、そうそう。シャンプーとトリートメントのオマケで付いてきたブラシがすごくいい!
あれだけでもそこそこのお値段じゃないのかな。得しました。次もここで買おう。

| | コメント (0)

息苦しいのは

今朝方から何となく胸が苦しい。
胸、というか肺というか・・・息苦しい。酸素が薄く感じられる。
何だろう。いろいろとストレスが溜まっているから?それとも風邪でも引くのか?
衣服を緩め、水を飲んで(多少アルコールも入っているが)、今パソコンの前に座って心を落ち着けているところだ。

ストレスのひとつ、は里子に出した子猫たち。
2度目のワクチン接種時期なのだが、この時期に接種して、近影と共に報告してくれるはずの里親さんから音沙汰なし。
間に入っているボラに確認を頼んだが、丸1日以上経って未だに返事がないそうだ。
人間相手にはずいぶんとご立派な活動をされていらっしゃるようだが、果たして猫に対しては?
場合によっては取り戻してくることも辞さない覚悟なのだが、そのボラもご自分のことで忙しいようで、どこまで熱意をもって取り組んでくれるかはわからない。
戻すにしても、少しでも早くしないとどんどん大きくなってしまうから貰い手探しが難しくなる。もどかしい。自分で手つけりゃよかった。

もうひとつは仕事と、それに絡んでやってくるくそやくたいもない、全く招かれざる歓迎したくない客。
空気を読めず、関係ない話にも嘴を突っ込んでは的外れなことを声高にまくしたてるというどうにも面倒な客が、大事な取引の日についてくるのだそうだ。
家人はもうカンカン。ま、私もなんだけど。

更には、猫のこととそれに絡んで私の体のこと。
・・・こればっかりはどうにもならない。どうしようもできない。正に神のみぞ知る。
3か月後に自分が、そして猫がどうなっているか、なんて誰にもわからないのだから。
だから、考えても仕方ない。でも考えずにはいられない。

感覚としては肺、かな。術前検査で胸部レントゲンと肺活量検査があるはずなので、そこで診てもらえばいいや。

さ、顔洗って寝る準備をしなきゃ。
夢にあの子たち出てきてくれないかな・・・(謎)

| | コメント (0)

久々の割に内容なし

ふと気づくと丸1週間更新していなかったこのブログ。
書くことがなかったわけではないけれど、それが書きたいことではなかっただけのこと。
ま、いろいろあるんですね、生きていると。

そんなこんなの時期を経て(?)、日曜日は某身内と特急列車で合流して函館競馬を楽しんできた。

日差しは強いが風は冷たい。
汗かいたりそれが引っ込んだりラジバンダリ(すみません、未だにマイブームだもんで)、と風邪引きそうな天候、そして振り子列車の恐ろしいばかりの揺れにすっかり体調を崩し・・・と思ったが、やっぱり久々の邂逅が楽しかったのか意外に元気だ。

函館は、やはり震災の影響で一時期観光客が減ったが、徐々に戻りつつあるという。
競馬場も、指定席は完売だった。
特急もほぼ満席状態。タクシー乗り場の空車の数も昨年に比べれば少ない。
観光以外に産業がほとんどない都市だから、夏にかけてこれからのトップシーズンは文字通り書き入れ時だ。
今回はあまりゆっくりできなかったが、次回行くことがあれば、1泊して観光もしてみたいものだ。
そうそう、ラッキーピエロにも行きたいし、五島軒だって入ってみたい。函館山からの夜景ももう一度見たい。

今週末から来週、再来週の初めくらいまでいろいろとざわつくことになりそうだ。
既に家人は、怒髪天を衝く勢いで怒りまくっている(え?)
・・・お互い血圧が上がりそうだなあ。
ということで、休肝日は当分なし。ジョニーウォーカーグリーンラベルをもう1本探してこなきゃ。今あるのは多分今週中に飲みきってしまうから(おい)

| | コメント (0)

・・・・・・

土砂降りの雨。
今日はお昼前に家を出て、昨年の3月に行ったところへ大きな箱を積んで出かけていきます。

いろいろ準備もして、多分忘れ物はないと思うけれど・・・ふう。

| | コメント (0)

・・・・・・

ストレスで食欲を失うことは私の場合極めて稀。
現に今も、何だかやたらと口寂しくて・・・

ストレス太りは、そう、反比例。原因はやせ細っているというのに。

| | コメント (0)

・・・・・・

久々にアメトーークをリアルタイムで見た。
深夜ってホント、いろいろな番組があるんだ。
ただ、リアルタイムで見ると、CMを飛ばせないし、聞き洩らした台詞なんかがわからなくても戻せないし意外に不便だと気付く。

| | コメント (0)

・・・・・・

今こうしている間にも変化があるかもしれない。

ということで、お終い。

後はあちらに。

| | コメント (0)

落ち込んだり盛り返したりラジバンダリ(懐かしい・・・)

正直焦った。
かのが何も食べなくなった。薬も頑として受け付けない。飲み下したと思ったら、なんと、胃液ごと吐き出してしまったのだ。

・・・真っ白になった頭。強制給餌はしたくないし、多分受け付けないだろう。
取り急ぎ、ホリスティックケアでお世話になっている獣医にメールをしたら、2時間後帰ってきたメールに思わず魂が飛んだ。

「もうターミナル・ケアに移行する時期です」

・・・ちょっと待って。
投薬もしない。ご飯を無理に食べさせようとしない。それはすなわち、死に向かわせるための準備ってことでしょ?

冗談じゃない。
まだまだかのは元気な顔をしている。毛のパサつきはあるものの、まだ皮膚はちゃんと戻る。尿も、薄いけれどまだまだ出ている。

少し遠出して、いろいろなフードを買ってきた。もう成分なんかさておき、だ。

美味しそうに見え、今まで一度も買ったことのないドライを2種類買ってみた。一応低マグネシウムだったり、たんぱく質もやや低めではあるが、シニア用ですらない。

夕餉の時間、恐る恐る出してみる。あ、うわ、食べ始めた!
少しではあるが、自分から興味を持って食べてくれたのだ。
その後、スープが多いウェットも少し食べてくれた。そう、まだ生きることを放棄なんかしちゃいないんだ。

ペリアクチンと、アゾディルは続けよう。そのかわりと言っては何だけど、もう食事は味重視だ。食べてくれなきゃ始まらない。

どうか次の通院時には少しでも数値が下がっていますように。
場合によっては大きい病院に一度連れて行くことも考えようと思っている。


買い物ついでに立ち寄った場所で次々と知人に遭遇した。
私のか細い人脈が妙につながって、何だかうれしいようなうれしくないような(?)、とにかく気を抜けない緊張感を味わった一日ではあった。
明日は仕事でちょっとした遠出。収穫があるといいな。そこでまた、いろいろな意味で有益な出会いがあるといいな。

| | コメント (0)

やたらと夜になってメールばかりしていた気がする

何だか落ち着かない一日だった、良くも悪くも。

入浴には既に欠かせない存在になっていた、ワイヤレスの防水モニター。最近接続が悪いのか、3回に1回程度、画面が映らないという事象が起きるようになってきた。だいぶ使い込んだし、元は十分に採れたと思うが、やはりないと困る。
でも、2万円を超える買い物だ。簡単には買えない。

そこでお得意の「馬券が当たったら買おう」を発動。早速絞りに絞って1レースだけ、それも馬連で1点だけ買ってみた。どうなったと思う?

・・・ふふん。的中しちゃったもんね~

気が変わらないうちに、故障したモニターの後継機を発注。来週には我が家に新しいモニターがやってくることになった。こういうこともあるのだ。

悪く、の方はと言えば、先だって譲渡したばかりの子猫、里親さんの知人から先ほどメールが来て下痢気味だから今病院に連れてきている、と。
いや、その知人が交渉の窓口だったから、信用できないわけでもないんだけど、何でこんな時間に、と疑問を抱いてしまった。

もしかしたら、かなり良くない状態なのではないだろうか、とか不信感と不安感が募り・・・あら、メールだわ。

・・・うわ、よかった。大丈夫みたい。杞憂に終わったか?いやもう信じるしかないし。

猫絡みでは頼まれたことも一応終えたし、やることやったからもう流石に寝よう。

あ、そうだ。総選挙。
私の推しメン(?!)嬢はアンダーガールズに届かず。そして卒業発表にまさかの1位。
実は1票も投じていないので何も言うことはないのだが、何だかいろいろな作為を感じて単純に面白味のない(ある意味面白い結果か)終わり方、という感じ。
そろそろ彼女たちもピークを超えてしまって後は終焉をどう迎えるか、なのかもしれないな。それこそどうでもいい話ではありますが。

明日は休みとはいえ、夜更かしし過ぎ。寝ます。

| | コメント (0)

禍福は糾える縄の如し(・・・って前にも同じタイトルで書いたかも)

昨晩からちょっとしたパニック状態だった。

以前も一度行方不明になり、なんとデニムの裾の折り返しから発見されたピアスが再度消えた。

外出時に着け、外し忘れたまま布団に入って気づき、今更リビングにあるジュエリーボックスに戻しに行くのも面倒だから、と「どこか」に置いて寝たと思っていた。それが火曜日のこと。
そして水曜日、掃除をして木曜日、つまり昨日の夜、そういえばあれ、どこに置いたんだっけ、と。

掃除機で吸い取ってしまったのか?!
いや、あの晩、眠くて仕方なかったけれど、トイレに行って、洗面所のメイクポーチに入れたような記憶が・・・慌てて中身を全て出し、念のため逆さにして振ってみる。ああ、ない。
それから掃除機のゴミパックを確認して、ゴミ袋も漁って・・・ない!!

ままからもらったピアスなのに・・・けっこう気に入ってたのに・・・涙が出そうになりつつも、くそやくたいもない客のために朝食を作らなければならない。
その合間に猫たちのご飯も用意しなければ。

今日はかの、食べてくれるかな、とドキドキしながら用意したのは療法食のパウチを緩めのシニア用一般食パウチで割ったもの。

・・・食べない(号泣)

めげてもいられない。二の矢で一般食のパウチのみを出してみる。舐めた。お終い。あうううう。
三の矢はシニア用のスープだ。これは水分だけを舐めきった。
そこで思い立って最終兵器、まぐろを湯がいたものを出してみる。

やった!食いついたぞ!!

がっつりと食べ始めてくれたその姿に思わず涙がこぼれた。
取りあえず餓死させることはなさそうだ。後はホモトキの効果が出ることを祈ろう。

そして、ピアスも・・・無事見つかった。
メイクポーチの記憶は事実だった。ポーチの底が少しほつれていて、その糸にピアスが絡まっていたのだ。そりゃいくら振っても出てくるはずがないわけだ。

どん底にまで落ち切った気持ちがちょっとだけせりあがってきた感じかな。
今日は仕事でとてつもなく嫌なこともあったのだが、私にできる数少ないことをとりあえず頑張ってみようと思う。

| | コメント (0)

いらいらいらいら・・・ガチで更年期じゃないの?いや、まだそういう数値ではないんですけど

うーん。
彼女がオーディションに合格したくだりから知っているから、親近感と言うか、好感は持っていたのだけれど。
それにしても、あまりに非難を浴び過ぎていてかわいそうにすら思える。
何が事実なのかわからないけど、当事者しか知らないことが事細かに公にされているというのであれば、「誰か」が意図的にリークしたのだろう。

当事者のことはさておき、一番腹立たしいのはテレビで彼女を批判する連中だ。
特に「女医」と、朝スッキリしないことばかり言っている「プロデューサー」。この二人はさぞかし清廉潔白な人生を歩んでいらっしゃるに違いない。
他人を口汚く、痛烈に批判できるほど、ご自分たちは非のない人生を歩んできたと胸を張って仰れるのか。

最近ではこの二人をテレビで見かけるとチャンネルを替えるようになった。
自分はセレブで美しくて・・・とキャラであったとしても行き過ぎた自画自賛が見苦しい女医、あ、セレブと言えば、上っ面の事実に対してそれこそ確認もせず鵜呑みにしては大上段振りかぶって批判だらけのメルマガもどきを送ってくる元某国大統領の何番目かの夫人もそう。
早速この件でも何やら「私憤ってます」的なメルマガが送られてきたが・・・さすがに今回でメルマガを解除した。あまりに下世話で思い込みが激しすぎるから。

女医嬢は他の件でも、生放送の番組で人を断罪しておられたが、あの世論を嵩にきているような話しぶりはやはり鼻につく。
そういうキャラクターでしか生きていけないのなら、いっそ芸能界になぞしがみつかず、地道に医療の道で生きればいいのにね。


・・・あらやだ。自分の気持ちがトゲトゲしいものだから、ついどーでもいい他人を批判してしまったわ。これじゃ女医や夫人やプロデューサーとなんら変わらないじゃないの。

明日からのくそやくたいもない来客だの何だの、そして猫や自分の体調不良だの何だの、で非常に精神状態が不安定だ。
ま、それを夫も含め他人様にお見せすることもないだろうと思える程度なので、月曜日のお出かけ(業務ですが)で少しは気分も晴れるはず(いっそ逆に打ちのめされる可能性もあるが)。

さて、晩御飯の支度でもしてきますか。
今日は生冷麦を鴨のお汁でいただきます。あとは・・・何かおかずあるかな?冷凍庫と相談しなきゃ。

| | コメント (0)

行った猫も逝った猫もいる猫も。

忘年会の景品でもらったフォトフレーム。デスク回りを片づけて発掘(あうううう)したので、子猫たちやら玄関猫やら、既に我が家を離れた子たちの画像も追加して、電源を入れてみた。

・・・いかんなあ。仕事にならないよ。

さっき、休憩中に見たのは「マディソン郡の橋」。偶々つけたテレビの中で、メリル・ストリープが平凡な妻・母役を淡々と演じていたのだが、実は原作こそ読んだけれど映画は見ていなかった。

以前、勤務先の社報に読書感想文を書くよう求められたことがあり、私はこの本を選んだ。
でも上司や後輩、先輩から立て続けに数人、「何であんな本にしたの?」と問われ驚いた記憶がある。

当時流行の不倫モノだから?逆にベストセラーだったから?

それらの方々は実際に読んでから、私にクレーム(?)つけてきたのだったかは忘れてしまったけれど、確かに粗筋を書いたらただの陳腐な恋愛本に過ぎない。でも・・・ああ、もどかしい。
映像化されればそれはなお一層美しくてどこかちょっとくだらなくて、それでも哀しくて、ラストの15分ほどしか見られなかったけれど、すとんと心に落ちる大人の寓話、ってヤツだった。

そんな(どんな?)わけで、休憩を終えてまた仕事に戻ろうにもどうにもそんな気分になれず、かと言ってすべきこともあって、気持ちを落ち着けるためにこれを書いている。

フレームの中に現れては消えていく猫たち。
今我が家にいる子もいれば、逝ってしまった、或いは行ってしまった子もいる。
いや、後者の方が圧倒的に多いか。
新たに加わった子猫2匹と、ドデカい白猫。彼らは皆、幸せに暮らしている(はず)。
既に見ていて懐かしさを覚えるようになった。日にち薬、だ、正に。

私には幸か不幸か心を残して別れた人はいない。猫ならたくさんいるけどさ。
久しぶりにマディソン郡の橋、読みたくなった。明日、図書館で借りてこよう。

今夜の夕飯は鮭のおむすびと独活の天ぷらと板わさ。
こちらも久しぶりにウイスキーを飲もうと思う。何だか泣きたい気分。

| | コメント (0)

ストライクゾーン、確かに狭い(笑)

読売新聞を愛読している。
発行している会社も、そのトップも、なんならお抱え球団も嫌いだ。でも、既に遺伝子レベルで刷り込まれている(?!)から今更他紙には変えられない。

読売の日曜版からは、名作「あたしンち」が生まれているが、最近連載が始まったこの漫画もまた名作に昇華しそうな気配がある。

「猫ピッチャー」(そにしけんじ作・画)

・・・文字通り、ピッチャーである猫の話である、ってわからない人には訳わからないと思うけど、要は猫がプロ野球チームのピッチャーなのである。ってますますわからないか。

セロリーグのヨリウミニャイアンツ―ちなみに同リーグには他にヤキトリスズメーズ、中辛ダイコンズ、ハヤイゾタイヤーズ、シマシマケープ、浜辺のベニスターズというチームがあり、更にパセリーグなるリーグも存在する。

で、日本初の猫ピッチャーがミー太郎だ。牡、1歳。
飼い主は高校1年の女の子。年俸は猫缶2000個である・・・って?!

よくもまあ、こんな設定思いついたと思うし、実は話によって矛盾点が生じたりもするけれど、いいの、面白いから。
今週なんか、「今日、登板じゃなかったの?」なんて飼い主のお母さんから指摘されてパニクってみたり、何ともほのぼのとしたメルヘンチックな(か?)お話。毎週読むのが本当に楽しみで仕方ない。
何せ、新聞の連載漫画なんて全く目にしたことがない―コボちゃんを知らなかったのには驚いた―ダンナが私より先に読みたがるほど楽しみにしているくらいなのだから。

本当はここに画像を載せたいんだけど、多分著作権上の問題でダメだと思うから、お読みになりたいなら、しばしお待ちを。きっと単行本化されるだろうから。っていうか、してくれ、頼むから。


今日はさながら春、それも中盤くらいの。それくらい寒い。今朝からストーブが活躍中。もう何なんだこの気候は。
今シーズン最後の山菜採りに行くつもりだが、暖かい恰好をしていかなければ。日差しが恋しい。

| | コメント (0)

はぴばすで

かのがご飯を食べない。
朝、療法食とスープ状のウエットを混ぜたものとドライを出したが、口をつけようとしない。

・・・いよいよ来るべき時が来たか

今日は街に出て療法食に近いウエットやドライを探すつもりだった。でももう間に合わないかもしれない。
予め用意してあった流動食(キドナとリーナルケア)、そしてシリンジを出した。

でも、もしかしたら内容に問題がある―つまり単なる好き嫌い、の可能性も無きにしも非ずだ。
念のために、手持ちの中で一番タンパク質の低いウエットを選んでふたを開け、テレビの上で物憂げに寝ていたかのの顔の前に出してみた。・・・ん?起き上ったぞ。

期待に胸膨らませながら食器を取りにキッチンへ。え?着いてくる!んにゃあ、と鳴いた!

急いで器に移し、かのの前に置いた。あらら、食べる!食べるじゃないの!
安堵のため息が思わず漏れた。
これでもし食欲廃絶となったなら、強制給餌か、或いは静脈点滴のために遠い病院に連れて行こうと考えていた矢先だったから、本当に嬉しかった。

さて。これからが勝負だ。
ホリスティック医療にも頼ることにした。輸液が軌道に乗り、これで少しでも数値が落ち着いてくれさえすれば、まだまだ頑張れる。
目標は20歳超えだ。兄弟2匹揃っての。

こうなってみると、子猫たちが縁付いていて本当によかったと思う。
手はかからなくなったものの、ご飯は一日4回上げていたし、そもそも可愛くてつい構ってしまうから勢いかのたちへ目線がいかなくなる。

心を入れ替えて、これからはかのやよたたちに気持ちを注ごう。そうしよう。


前段が長くなってしまったが、今日はよたかの、実家の2匹、そして天国の1匹と残っている1匹(わかる人だけわかってください)の誕生日。
実はほとんど失念状態だったため、何も用意していない(?!)
だから、せめてもの詫びに、人間用に購入したまぐろのかまを素焼きにしようと思う。
ごめんね。でも、お誕生日おめでとう。
ただ、みーちゃんにあなたたちを産ませなかったら、その前に避妊していたら・・・と思う気持ちも未だにあるんだよ。
みーちゃんの命を削って生まれてきたあなたたち。
1匹は愚かな飼い主が死なせてしまったけど(実はまだ根に持っていたりして。我ながら執念深い)、あとの5匹は元気だ。まだままの元には行かせない。
また楽しく元気な1年を過ごしてください。本当に、おめでとう!

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »