« まさに徒然日記 | トップページ | こんな時に限って(号泣) »

ひ、ひもじい・・・・・・

今朝3時ごろ、猛烈な胃痛で目が覚めた。

―何だ?どうした?

仕方なくチュアブルタイプの胃薬を飲んで床に戻る。でも痛みはいっかな治まらない。
あれ?何か食べたっけ?いや、昨晩は火の通ったものや、冷麦しか食べていないぞ。

朝になっても痛みは治まることがなく、だからと言って嘔吐するわけでなし、悪寒もなけりゃ発熱もない。
これはストレス性の胃炎か胃潰瘍?とシロウト判断するも当然根拠は乏しく、結局午後になっても症状が治まらなかったので近くのクリニックへ。

実は午前中に一度だけお腹を下したのだが、それもホントに一回だけ。
だからその病名を告げられた時は寝耳に水、でびっくりした。

「ウイルス性胃腸炎」

・・・腹部X線の写真を見て納得。そういうことだったのね。胃部の膨満感も当たり前だ。
血液検査の結果も炎症の反応と軽い脱水が見られ、典型的なそれ、らしい。

こういう場合、食物繊維は摂ってはいけないのだそうだ。ま、そりゃそうだけどさ、でもおかゆさんはいいのに、梅干しはダメ、なんて・・・いったい何で白粥を食べりゃいいのさ。

絶食が最もいいそうだが、どうしても食べたければ白米、うどん、もち、など。野菜も肉も、その手のものは白身魚以外ダメなんですって。あうううう。
仕方なくウィダー的なモノとポカリ数本を買ってきた。
早く治さなきゃ。けっこうまだ辛いのよ。早くカレー食べたいよ~

(私は食べ物扱う仕事をしていないので書きました。そういうお仕事をしている方は、こういうエントリは書かない方が無難だと思います)

|

« まさに徒然日記 | トップページ | こんな時に限って(号泣) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まさに徒然日記 | トップページ | こんな時に限って(号泣) »