« 気を付けよう。私もJRも(?) | トップページ | 慰安旅行(え?何の??) »

可愛い悪魔

お嬢さんはますますやんちゃになり、襲撃されるオバ猫と人間は正直持て余し気味だ。
見た目は愛くるしいぬいなのに、中身はプチ猛獣。もうまともに付き合っていたら傷だらけになってしまう。
教育的指導をしているつもりだがまるで効き目なし。
ヒトの手足を見たら襲いかかってくるという、典型的な躾に失敗したケースになってしまった。どこで道を誤ったのだろう(涙)

それでもオバ猫@経産婦は何とか折り合いをつけたようで、お嬢をおもちゃ化しつつ寄り添っているからいいけれど、もう1匹のオバ猫は興味を持ちつつ寄せ付けないぞ、という空気を漂わせては、積み上げた書類の山の上から文字通り高みの見物を決め込んでいる。

その場所は、現在のお嬢には到達できない高さにあり、まあそこに籠城せざるを得ない状況にあるのは気の毒っちゃ気の毒なんだけど、もう少しの辛抱だから、と2つの意味で声をかけている。

2つの意味とは?

・・・多分来月の初めには里子に出せるだろう、というのが一つ。もう一つは・・・多分、そう遠くないうちにお嬢はその場所に上ることができるようになるだろう、ということ(!?)

見ているとこの子猫、非常に頭がいい。
上手いこと置かれているモノを利用してそこそこ高いところにまで登れるようになってきた。
恐らくあの椅子とあの棚とアレを使えば比較的楽にそこに行けるはず。そのことに彼女が気づくか私が教えるか(!?)すれば、オバ猫にとってもはやそこは安息地帯ではなくなってしまうのだ。

今もお嬢は私の椅子の下に陣取り、只管踵(もちろん私の)を狙っている。小さい牙と細い爪がそこそこ、を通り越してかなり痛い。あうううう。
なんでこんなに可愛いのにこんなに狂暴なんだろう。私の経験則では♀の方が♂より気が強い。
それにしても、もう少し大人しくしてくれないと、行った先で先住猫や犬(多分ヒトも)からうざがられてしまうぞ。出戻られても困るぞ。

それでも・・・可愛い。とにかくめんこい。ああ。早く別れたいけど別れは辛いだろうなあ。あうううう。


いろいろとアクシデントが発生していて昨日も今日もバタバタしている。
週末は出かける予定なので、それまでに諸々良化すればいいのだけれど。

|

« 気を付けよう。私もJRも(?) | トップページ | 慰安旅行(え?何の??) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気を付けよう。私もJRも(?) | トップページ | 慰安旅行(え?何の??) »