« ああ、かわいい・・・ | トップページ | お下劣だこと »

置き土産はうん●ゾーン

珍客嬢(♀です)、元気いっぱいだが何故かうん○の回数が少なくなってしまった。
すわ、整腸剤が効きすぎて便秘になったか?!と泡食っていたのだが、とんでもない事実が発覚した。

実は、前にいた子猫どもが、掃除しようにも手の届かない、デスクと壁の、わずか巾数センチの隙間を勝手にトイレ化していたのだが、何とかブツを取り除き、掃除したにも関わらず、臭いが残っていたものと思われる。

・・・そう、そこにしやがっていたのだ、この娘も。

道理で、オバ猫のトイレを掃除したのに、何故かうん○の匂いが部屋に充満していたわけだ。

取り急ぎ、その隙間に辿りつけないよう段ボールなどで埋めてみたのだが、何故かどこかしらか入り口を見つけてついさっきもそこに入りかけているところを間一髪で捕獲した。

・・・あのねえ、ボクねえ・・・じゃなくて、あのねえ、自分のトイレで用を足してくれないと、健康状態が把握できないでしょ?!(ええ、メインはこっちなんです)
取りあえず自前のトイレでブツをひりだすまでは外出禁止。
本猫は何がなにやらわからず(ま、当然ですわな)、出せ出せとケージの中から絶叫しているがそこはそれ、心を鬼にして、彼女の排便を待つことにした。

順調に体重も増えてきたし、爪とぎも、毛づくろいも、一丁前に行うようになって、日に日に猫がましくなっている。
愛くるしい。
でも、それはあくまで私ら人間の視方であって、オバ猫たちにしてみりゃ「このクソガキが!」なのかもしれない。いや、多分間違いなくそうだろう。

だってねえ、寝ているオバ猫①の傍に置いてみると、いきなりその頭を引っぱたくんだもの!
多分本猫的には「オバちゃん、遊ぼ!」てなつもりなのだろうが、オバちゃんにしてみりゃ迷惑千万。
さっきなんか、思わず手が出てしまったらしく、お嬢は左フックで押し倒されていた。
もちろん手加減はしてくれているが、逆にエキサイトしてきちゃったお嬢を引き離すのが大変だった。

本当は、そういう教育的指導をどんどんしてやってほしいのだが、①の方は集団生活経験が乏しく、発情前に避妊しているので多分母性もない。
オバ猫②は妊娠、多分出産も経験があり、避妊は済んでいるけれど気が向けばちび猫を舐めてやったりもする。
前回の2匹も、最後の方はかなり懐柔されていたようで傍に来ると、捕まえて舐めてやっていたのだ。

仲間がいないから、いきおい遊び相手は私だけになってしまうのだが、何だかそれもかわいそう。
この時期に社会性を養うわけで、何とかオバ猫たちに指南役を担ってほしいんだけど・・・

そうだよちび、あんたの兄ちゃんはちゃんと子猫の面倒見ていたよ。
最初は嫌がっていたけれど、すぐに兄弟のように、親子のように、優しく見守り、時には相撲の相手もしてやっていたんだよ。

やっぱり猫って、♀の方が気性的に難しい。つくづく思い知らされました。あうううう。


明日はちょっとおでかけ。帰宅は明後日の多分深夜。珍客嬢は保護したボラさんのところに一時預かりでお願いする。
大きくなった、ときっと驚かれるだろうな。ふふふふふ。

|

« ああ、かわいい・・・ | トップページ | お下劣だこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ああ、かわいい・・・ | トップページ | お下劣だこと »