« イリュージョン!? | トップページ | ああ、かわいい・・・ »

来てます来てます

また珍客である。
生後1か月足らずと思しき子猫が、先週末から我が家に存在している。
ボラから預かったのだが、当初聞いていた状況とは成長の度合いがかなり違っていて、済んでいるはずだったトイレも離乳もまだまだ、だった。あうううう。

何とか哺乳瓶は卒業できているけれど、非常に食が細くて生命力を感じない。
数種類の子猫用ウェットを試すも全て撃沈、窮余の策で粉末の離乳食を買って、比較的食べた缶詰を少量混ぜながらお湯で溶いて与えてみた。

・・・やった!喉鳴らして食いついた!!

これで何とかなりそうだ。光が見えてきた。
我が家に来たのは道端で保護されてから数日後のことだが、その間一度も体重を測っていない(獣医さんも測らなかったって。何だそりゃ)そうで、取り急ぎはかりに載せてみたらたった320g!
・・・果たして拾われてからここまででどの程度増減があったのか。背中の皮膚の戻りもかなりよくないし、脱水気味らしい。
そんな中、水分をかなり摂れる食事を受け付けてくれるのはありがたい。
細い針もシリンジも(どちらも当然未開封)あるからやろうと思えば補液もできるんだけど正直おっかない。だから経口で水分を摂らせるしかない。

これだけ小さいうえに、初乳を呑んでいるかどうかもわからない。
そんな状態で病院に連れて行くのも不安だ。もし伝染性の病気でももらってしまったら、と考えると二の足を踏んでしまう。
取りあえず今は、若干軟便気味なくらいで元気だし問題もなさそうなので、もう少し体力着くまで様子見だ。
ちなみに、保護直後診せたという病院では多分何もしていないと思う。この体では駆虫薬も難しいだろうから。

遊ぶだけ遊ぶと疲れて寝てしまう。
同居のオバ猫たちは相変わらず冷たい。
それでも、預かって3日目の昨晩測ったら体重374g。順調に成長してくれているのが嬉しい。

とにかく賢い子で、今は3~4時間おきにご飯を食べさせているのだが、その前後に排尿させ(自分でもできるが、どうも出きっていない感じなので補助的に)、ケージから出して遊ばせると、まだ遊び足りないような体を見せながらも、あ、もう出られないのね、と悟って少し騒いだらすぐ大人しく寝床に行くのだ。
まるで私の顔色を読んでいるみたい。でも無邪気に遊ぶさまは何とも愛くるしく、その仕草を見るにつけ、ああ、もう1匹同じような月齢の子がいたらな、と思ってしまう。

やっぱり子猫は複数いないと社会性が育たない、いやそれよりも何よりも寂しそう。

ほぼ同じ大きさのぬいを入れてみた。今ちらりとケージ(ージ、ではありませんよ!ージ)を見たら取っ組み合っているから多少は役に立つかな。
・・・あ、目が合ってしまうと起きてきちゃうから、気をつけなきゃ。

この子くらいの月齢で、しかもこの子くらい可愛ければまず里親は簡単に決まるだろう。
現に立候補者が何人かいるらしい。

情がうつらないか、と言われたらちょっと考えてしまう。かわいいもの。
でも、この子のためにも、うち以上に良い環境のお宅に行って欲しいと思う。
どうかいいご縁がありますように!

流石に今日は北海道も暑いです。あうううう。

|

« イリュージョン!? | トップページ | ああ、かわいい・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イリュージョン!? | トップページ | ああ、かわいい・・・ »