« 真珠色の憎いヤツ | トップページ | おめでとう!そしてお疲れ様! »

おめでとう!

GPシリーズ初戦、スケートアメリカは男女とも日本選手が金メダルを獲得した。
ここまでの代表枠争いで高橋、小塚、羽生の3人に遅れを取っていた町田樹は、SP、FSとも冒頭の4回転を鮮やかに決め、そこからは波に乗ったのかジャンプもスピンも小気味いいほどのデキ。
何となく求道者的な物言いも含めて彼は、心身ともに安定しているという印象を受けた。
どことなくパトリック・チャンと似通っているかも。技ひとつひとつに迷いがない、というか、確実な自信があるのだろう。

真央ちゃんは美しかった。3Aで転倒したけれど、それでもあの高得点。だってスピンもステップも、付け入るすきのない完成度と芸術性は素人目にもあのメンバーでは抜きん出ていたのだから。

恐らく指先ひとつにまで集中して演技していたと思うし、対照的だったのはフランスの長躯な選手。
見事にジャンプを決めるのはいいが、とにかくつなぎの要素からステップから、ジャンプ以外の全てが雑、いや、がさつな感じすらした。
もったいないなあ。ジャンプって才能だと思うから、あれだけ飛べるなら、もっとそれ以外の芸術性も磨けば得点も上がるだろうに。

個人的には、今回優勝した二人はソチの代表に決めていいと思う。あとそれぞれ二人は・・・これから、当座は全日本の結果が楽しみだ。

同じ病気で入院した人の予後を知りたくて、病名や手術名で検索していたら、私がかかった病院と大学病院とを天秤にかけ、結局後者を選んだ方のブログがヒットした。
私の主治医と思しき人物も登場していたので間違いないと思うが、結局彼女は私より3日も長く入院し、予後もあまり順調とは言えなかったみたい。

最初から大学病院は視野に入れなかった。というのも、研修医が多いこと、治療というより治験、臨床という名の教材、そういうイメージがあまりに強かったから。
回診の度に大名行列。診察の度に学生らしき存在がうろちょろ。実際に彼女もそういう思いをしたようだ。

あまりに術後の経過が良すぎて調子に乗ってしまい、長距離ドライブだのウォーキングだのしてしまったためか今になって患部に痛みが出てきた。
大したことはないとはわかっていても気持ちのいいものではなく、それで段落冒頭の話に戻るのだけれど、確かに私と同じような思いをしている人も少なからずいて、正に個人差の範疇みたいだ。

私の主治医は人気があり、執刀を希望すると最低でも3か月は待たされる。
正直大ざっぱで適当な面も見え隠れしたし、多忙故いろいろ訊ねたくても訊ねられる雰囲気ではない。
それでも人は悪くなさそうだし(上から目線ですみません)、腕は確か。信頼できる医師だ。

これからもし、何か大きな病を得たとしても、きっと私は大学病院ではなく、今回の病院への紹介状を出してもらうだろう(ほとんどの診療科が紹介制になっているので)。
ホスピタリティという点でも、この病院ほど優れた医療機関を未だ私は知らない。

今週も慌ただしい。昨日は取引先の来訪が相次ぎ、それらが皆、現場に行く前に玄関先で立ち話をしていくものだから仕事が捗らず、ようやくひと段落、と思ったら既に勤務時間終了間際。
何とか会社のサイトの更新準備は終わったが、FTPソフトがライセンス切れで使えない(号泣)
結局今日にずれ込んでしまったではないか。あうううう。
明日は市場調査(?)、明後日は商品の移動。こうしてあっという間に1週間が過ぎていく・・・

|

« 真珠色の憎いヤツ | トップページ | おめでとう!そしてお疲れ様! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真珠色の憎いヤツ | トップページ | おめでとう!そしてお疲れ様! »