« 私のお気に入り二題 | トップページ | 猫を飼いましょう、それもオトナの猫を »

闘い済んで・・・

ソチ五輪は終わった。これからパラリンピックが始まるけれど、同じように中継があるのかな。
冬季のパラリンピックにどんな競技があるかすらわかっていないのは我ながら不勉強。ちゃんと調べて応援したい。

オリンピックの閉会式で、開会式の自らの失敗をネタにしたロシアのユーモアにちょっとびっくりした。
次回の開催国なら決してできないことだろう。というより、果たして次回は無事に開催できるのだろうか。
競技の判定などについて感情的ともとれるような噛みつき方には正直引く。
自分たちの思うようにならないと気が済まないなんて、何だかあのインドネシアの第3だか4だか夫人とイメージが重なるんだけど。
特に、自国の選手を妨害(故意ではないのに)した他国の選手への執拗なまでの嫌がらせツイートには呆れるを通り越して恐怖を覚えた。
多分、あの英国の選手は一生涯その国へ行かないだろう。もちろん私も行かないけれど。

閉会式会場だったり、既に帰国して国内で、であったり、聴こえてくる選手たちの声が一様に安堵感に包まれていて、大会の重圧がどれほど大きいものだったのかが良くわかる。
そんな中、膝のケガをおして出場、見事団体でメダルを獲得したジャンプ男子の伊東大貴選手が、唯一出場機会のなかった渡瀬選手のグローブを付けて飛んだ、というインタビューを見た。
ノルディック複合やカーリングでは、ケガや病気が理由で正選手が出られず、控えの選手が出場したが、男子ジャンプはメンバー交代がなく、メダルも当然渡瀬選手の分はない。
あの、ビジネスクラスでの華々しい帰国の前に、彼だけは一人帰路についていたそうだ。
もちろんたくさん受けただろうインタビューの中でも、メダリスト4人の口から控え選手の名前は出なかった。
だからこそ、グローブのエピソードが嬉しくて、思わず涙してしまったことは言うまでもない。
同じアジアでも、私は日本に生まれて本当によかったと今回のオリンピックを通じて痛感させられましたよ。


腰痛やや復活。
双六で、あの日曜の午前3時の痛みを振り出しとするならば、さしずめ上がりまであと一マスというところで3つ戻って1回休み、といったところだろうか。
飲むのをやめた痛み止めを薬箱から引っ張り出し、湿布を貼り、ベルトをして、仕事も休み休みやっているけれど・・・
早く痛みが治まって、湯船にゆっくり浸かれるようになりますように。もうしばらくの間猫は抱きあげるもんか!あうううう。

|

« 私のお気に入り二題 | トップページ | 猫を飼いましょう、それもオトナの猫を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私のお気に入り二題 | トップページ | 猫を飼いましょう、それもオトナの猫を »