« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

いよいよ今日なんだ・・・明日からどうしよう

どうにもツキに見放されている感じがする。
待っていてようやっと届いたものが壊れていたり、とかとてつもなく嫌な夢をみてしまったりとか、馬券が当たらない・・・ま、これは違うか(笑)

私の保護あるいは預かってから里子に出すまでかかわった猫は皆幸せになるのだが、そのお世話をするたび自分のツキが逃げていくような気がするのは何故?
私のなけなしのツキを君らが使い果たしているのか?!

・・・本気でボランティアをしている方たちに比べたら私のしていることなんて全く大したことのない自己満足の世界だ。
だから、今回の子猫がまだ我が家にいる時に眼も開いていない乳飲み子を預かってと言われた時は即座にお断りした。だって、無理だから物理的にも精神的にも。
冷たいようだが、せっかくお輿入れが決まっている子猫、万が一その乳飲み子たちが何らかの感染症を持っていたりしたら取り返しのつかないことになる。
保護部屋がない以上、1回に1匹(もしくは1組)。それは守らなければならない。

できないことには手を出さないけど、できることはしたい・・・これじゃダメなのかな?


書かずにいたかった、気分を落ち込ませてくれるもう一つの要因。それは。

・・・何でいいとも終わってしまうの?!

私はこれから昼休みの時間をどう過ごせばいいのだろう。
昼間っから情報番組なんか見たくない。緩く、何も考えずに笑っていたいのに。MCやゲストが醸し出す、微妙な空気感は、きっと失って初めてその価値に気づくという種類のそれだ。
みんな好き勝手に終焉の理由を論じているけど、そんなこたどーだっていい。
私は、終わって欲しくない、それだけ。

後番組は見ない。日替わりの司会者の中にも、レギュラーの中にも、顔も見たくないほど嫌いな芸能人が毎日誰かしらいるから。
かといって、先述の通り情報番組も嫌。じゃあテレビ消していようかな。それでもいいかな?いいとも!(すみません、言いたかったんです)

チャンネルを合わせればいつも見られる楽しい番組。それが無くなってしまうことの意味を思い知らされるのは4月1日からだ。

タモリと言えばタモリ倶楽部。
録画しておいたのを翌朝見る、というパターンで、内容は見てからのお楽しみ。
今回は大当たりであった。なんと!不遇の大器(?)コントラバス特集なのである。
4人のプロが語りつくすコントラバスあるある(?)。でもエピソードの大半は哀しいそれ、なのだ。だよねえ。
2回見ちゃった。永久保存版だ。ありがとうテレ朝。
後は国営放送でブラタモリ復活ですね。楽しみにしています。やってねお願い。

いよいよ今日。とうとう一度も観覧に行くことのできないまま、国民的番組は幕を下ろすんだ。
タモリさん、本当にお疲れ様でした。きっとあなたは今日も淡々といつものように「いる」んでしょうね。


あ、真央ちゃんの優勝のこと、昨日書き忘れていましたが・・・正直、あの採点見ていたら、まだまだできることあるような気もするけれど、個人的にはこれを有終の美として引退していいと思っています。
本当に優勝おめでとう。アッコちゃんは、お疲れ様でした。とっても素敵なプロスケーターになれると思います。

| | コメント (0)

春はお別れの季節です・・・じゃあね!

晴れ晴れとした寂しさの中で、休日ではないので仕事をしている。
あの子はもういない。

お届けに伺ったお宅は、新築一戸建て。
広々としたリビングには高価なケージが置かれ、トイレも中に入っていた。
まだ子猫なので、日中など一人にする時はケージの中の方が安心です、と予めお話しておいたのだが、その通りにしておいてくれた。

とても感じの良いお嬢さんは、パッと花が開いたような笑顔で子猫を見て歓声をあげ、ご主人不在の中、近所に住むという妹さんと共に私たちへの感謝の言葉をくださったのだが、それと同時に恐縮もされたようだ。
だって、ワクチンも血液検査もこちらでやって経費は請求せず、しかもおもちゃやフードまで持参したのだから。

だから、もし思うところがあれば、ぜひボランティアさんへの支援などを少額でも行ってください、とお話して、美味しいコーヒーと手土産にこれまた美味しそうな焼き菓子をいただいて辞去してきた。

当の子猫はと言えば、最初こそ怯えた表情を浮かべたものの、これも持参した愛用の猫ベッドに入るとたちまち寛ぎ始め、これなら大丈夫だろう、と思っていたら案の定、その日の夜いただいたメールでは食事もトイレも問題なく、じゃれて遊んで寝ているという。

多分、今まで何匹もあちこちにお届けしてきたが、今回の里親さんはトップクラスの環境だと思う。
お嬢さんのお人柄も素晴らしいし、お家の広さといい、近所に件の妹さんだけでなくご実家もあるというから、いざという時でも対応してもらえるだろうから。

どうか、いつまでも元気で。たくさん可愛がってもらうんだよ。

たぶん子猫自身も私たちに感謝してくれていたのと思う。その日の夕方、素晴らしいプレゼントをくれたのだから。

気が抜けたからなのか、急に喉が痛くなってきた。多分風邪だ。
薬を飲んで、今日は一日あまり根を詰めずに働こう。

Img_6572

恒例の画像掲載。すこぶるつきの美形猫でしょ?実物はもっとかわいい。

| | コメント (0)

諸々おめでとう

所謂「袴田事件」―容疑者として逮捕され、死刑が確定、その後長きにわたって無罪を主張していた袴田巌さんの再審請求が静岡地裁で認められた。

驚いたことに、地裁は証拠の捏造、という文言まで使って当時の捜査を糾弾、死刑の執行のみならず拘置の停止まで決定したのだ。
直ちに袴田さんは保釈、ではなく「釈放」された。
メンツをつぶされた形の検察側は即時抗告するそうだが、恐らくできることと言えば再度のDNA鑑定くらいのもので、あくまで私見だけど特別抗告までされることなく高裁でも地裁の判断を支持するという結論になるのでは?
これ以上敗北感を味わいたくないなら、抗告しない方がいいと思うんだけど・・・

とても喜ばしいニュースの中で、気になったというか憤りを感じたのは、袴田さんに最初の死刑判決を下した静岡地裁の元裁判官がマスコミにしゃしゃり出てきてコメントしていること。
あの時、自分だけはこんな証拠で有罪にできない、と意見したが他の二人には聞き入れてもらえなかった―こんなこと今更口にして何になる?
私だけは恨まないでくれ?それとも私は正しかった?とでも言いたいの?
いずれにせよ判決は下されたわけで、今更何を主張しても、何の意味もない。
守秘義務という言葉を知らないわけでもあるまいに、見ていてとても不愉快だった。

もう一つ思ったのは・・・どこかにいる(もしくはいた)真犯人の存在だ。
恐らく被害に遭われたご一家にも親類縁者がいらしたはずだから、彼らはきっと犯人とされた袴田さんを恨んでいただろう。もしかしたらその刑が執行されることを積年の思いで望み続けていたかもしれない。
それが、今になって「真犯人は他にいる」などと言われても(恐らくこの事件については早くから冤罪の可能性が囁かれていたから何らかの覚悟はお持ちでいらしたのかもしれないけれど)どう気持ちを整理したらいいのか。

釈放された後、宿泊先として用意されていたホテルへ向かう袴田さんや姉、支援者の乗る車内を、テレ朝が独占取材していた。
車もホテルも、全てテレ朝が手配したのかな。相当密に交流がないとここまで好意的に取材をさせてもらえることはないだろうから、長い時間をかけて関係を構築していたことが窺える。
ホテルの綺麗な部屋で、清潔なシーツや柔らかいマットレスなどに埋もれて休まれている袴田さんのお顔には疲労感だけではなく緊張感も見られて、そりゃ、急にお姉さまが現れて「釈放」を告げられてもそう簡単に信じることなんかできなかっただろう。

輪島功一さんを始め、国内外からボクサー仲間も袴田さんの無実を信じて共に戦ってきたのだそうだ。
有志のプロモーターが後楽園ホールに「袴田シート」を設置したのは昨年のことだそうで、今回の再審請求はそれだけ認められる公算が強い、と周囲も判断していたようだ。

検察の面子なんてどうでもいい。ただひとつしかない真実の前に、今何をすべきかよく考えて、正しい行動を取って欲しい。

それにしても・・・無実の罪、で拘留されたあげく死刑判決が出て数十年囚われのまま、なんてわが身に起きたら、と想像することさえしたくない。
どうか袴田氏のこれからの人生、取り戻せないものがあまりに多すぎるにしても、これからの未来に少しでも多くの幸せがありますよう。




フィギュア世界選手権SP。
男子は町田樹選手の演技の素晴らしさに驚かされた。
高橋大輔選手がもし引退したら、彼の後継者は町田だ。あの表現力は羽生にはない。
ジャンプはもちろん、スケートそのものが美しい。今回も演技後のインタビューで語りまくって(笑)いたが、もうナンボでも語ってください。だって本当に素晴らしかったんだから。
女子は浅田真央選手の(以下同文)。
フジテレビはテレ朝の真似をするだけでなく、流石あと出しジャンケン、エレメンツごとの得点まで出してくれるようになったのだ。

基礎点自体は、実は3-3の方が高かったりする3A。リプニツカヤはルッツ―トゥループを完璧に飛んでみせたが、鈴木はこれが2本ともトゥループ。今回完璧に滑り終えたけど、基礎点の差があるから点もここまでしか伸びない。
コストナーは、トリノ五輪の演技が信じられないくらい、華麗でのびやかで美しいプログラム。浅田に次ぐ高得点も当然。

男女共に、優勝するのは当たり前だけどミスのない選手だと思う。
男子はフェルナンデス、町田、羽生、女子は浅田、リプニツカヤ、コストナー。上位3人はそれぞれこのメンバーで決まるんじゃないかな。
今日も明日も本当に楽しみ。

いつも、当事者である私たちが忘れていても、実家の母がメールをくれたりして思い出させてくれた「結婚記念日」
今年はとうとうそれもなくなり、過ぎて初めて思い出すという体たらく。
ま、今はそれどころじゃあないから、ほとぼりが冷めたら(?)美味しいイタリアンでも食べにいこう。もちろん家人の奢りで!

| | コメント (0)

今日も乱雑にいくつか

結局「墜落」ではなく「飛行が終わった」・・・そう、まだ機体も何も発見されていないわけだから、何を持ってそういう結論になったのか、も含めてマレーシア政府には説明責任があるように思う。
でも、マレーシアの情報収集能力がそれほど高いとも思えない(失礼なことを書いてすみません)ので、恐らく出所を明かせない情報が何処かの国からもたらされたのではないか、なんて推測もしてしまう。

今日どこかのテレビ局で解説していた人が仰っていたけど、暗い洋上でもしかしたら乗客は異変に気付かないまま―決められたルートを飛んでいると思ったまま、海に・・・なんて怖いことだろう。でも、機内にあるクレジットカードをスキャンして使える電話を誰も使っていないことからそれも想定できること、と言われてしまうと頷けなくもない。
もちろんハイジャック犯が存在するとして、それらが機内を制圧していたという想像もできなくはないけれど。

確かに、乗客のご家族(今朝、テレ朝のコメンテーターの一人、元力士の小兵が『ご遺族』と言っていた。なんて失礼な!まだそうと決まったわけでもないのに)にとっては納得のいかない「現実」だろうから、この際全ての事実を公表してもらえないだろうか。外野にはともかく、当事者だけにでも。


私の推しメン(こう書くと気恥ずかしい)、はーちゃんがなんと単独でしかも主演!
ブロードウェイミュージカル「アイランド」・・・観たいなあ。でも東京は遠い。残念だけれどいつかディスク化されるのを待つことにしよう。
内地のファンの皆さん、どうか連日満席にしてあげてね!そして、がんばれはーちゃん!


子猫との別れが近づいてきた。
連日可愛い仕草で家人も私もメロメロにしてくれるお嬢さんは、きっと先方でも若いカップルを夢中にさせてしまうだろう。
職場でもいろいろあって、正直気が滅入ることばかりなのだが、この子を見ていると二人とも目じりが下がる。文字通り癒し、を与えてくれる。
バックボーンはいろいろあるけれど、こんなに手のかからないいい子を預かれたことは何かのご褒美かもしれないな。

その分別れが寂しいのは・・・お仕置きか?!

| | コメント (0)

鞭、じゃなくて無知って怖い・・・

♪取っ手が取れる~でおなじみのフライパンセットを購入した。

以前から欲しかったんだけど、増税前だし今がチャンスかな、と思い立って近所のイオンに行ってみたのは昨日の午後のこと。

ご存知の方も多い(そりゃあれだけCMやってりゃあなた)だろうが、火曜日のしかも5の付く日のイオンは激混みで、しかもくどいようだが増税前。
今日(24日)下見して、明日(25日)、朝イチの混んでいない(かどうかは微妙)時間に行って買ってこよう、と意気込んででかけたのだが、敵もさる者、なんと24日つまり昨日までセールを行っていて、欲しかったそのセットも1割引きだったのだ!!

というわけで、どうやら最後のひとつだったらしい商品を手にホクホクして帰ってきたのだ。うふふふ。

購入ついでに、封入されていたアンケートに回答すべくティファールのサイトに行ってみる。
そこで私が所持しているティファール製品を訊ねられたのだが・・・あら、けっこう持ってるじゃないの。

ブレンダー、ミニミキサー、フードプロセッサー、コンパクトスチーマー(だっけ?)、圧力鍋、電気ケトル。そして今回のセット。

正直、ティ社の製品はあまり好みではない。たまたま色が好きだっただけで選んだけどなんかこう、日本製に比べてパーツのハマりがきちんとしていない感があって、常に不安定な感じがする。
でも、コスパは悪くない。だから良く使うしね。今回のセットも大事に使いますよ。あ、次はハンドミキサー買おう。



前回のエントリに登場したNPOの猫カフェさん。gooddo(詳細http://gooddo.jp/gd/group/catcafewish こちらから。ぜひクリックお願いします)に登録したと聞いたので、早速クリックに行ってみたのだが・・・できない?!
某里親募集サイトに猫を掲載しようとしたのだが・・・里親募集ページの猫の画像が見られない!?
何故か頻々と起きる奇々怪々な現象にほとほと困り果てていたのだが、ふとIEのヘルプを見てそこで気づいた。

常日頃何気なく見ていたアドレスバーにある、見慣れない(いやあるのは知っていましたが意識はしていなかった)マーク。その、青い丸に\の入ったマークの持つ意味を、のあちさんは今日たった今初めて知ったのである。信じられないでしょ?ああ、なんて鞭、じゃなくて無知。

案の定、それをクリックしてブロック解除したら・・・全てオーライ。私の視界は大きく開けた。クリックし放題。猫の画像もがっつり見られた。あうううう。

なんだかなあもう。gooddoには「クリックしても無反応なんですぅ」的な問い合わせまでしてしまったというのに。ああ恥ずかしいったら。
日々是発見、ですね。何事も。



仕事の件でも、こっちがものすごーく気を遣って書いた要望のメールにあっさりと応諾の返事が来て拍子抜け。んならそれ、先に言ってよー!と思わず恨み節を口にしてしまいそうになったのを必死に抑えたのはナイショ(誰に?)
もう一つの件も、社長を悪者にして(え?)解決させる方向に行きそうだ。
後は業績だけ。実はそれが最大問題なんですがね。

| | コメント (0)

猫は室内で飼いましょう。あなたの猫のためにも。近所にいる猫嫌いの人のためにも。そしてあなた自身のためにも。

クリミアはロシアに併合―結局こうなるみたいだけど、EUにしても日本にしても、ロシアに強く出られない事情をそれぞれに抱えていて、いや、それよりも何よりも、肝心のクリミアの住人達がロシアに行きたがってるんだもの。
言ってみれば、相思相愛の恋人たちを外野が引き裂こうとしているかのようなもので、そもそもクリミアに愛想を尽かされてしまったウクライナ政権にも問題があるのでは?
これだけじゃ終わらない、とか先々のことまであれやこれや論じる前に、何故こうなったか、をウクライナは考えるべきであって、日本やEU諸国、アメリカなどから受ける経済支援を有効に使って自国民の生活の憂いを取り除いてほしいと思う。
クリミアだけで済んでよかった、という話になればいいけれど。
もちろん、ロシアのやり方が好ましいとは言ってませんよ。


ほんの少しだけ応援させていただいているNPO法人、帯広の猫カフェ型保護施設のfacebookに興味深い記事が掲載されている。
猫を外で飼うことを当たり前に思っている人にはぜひ読んで欲しいと思う。

CatCafeWish facebook http://www.facebook.com/CatCafeWish

人間の勝手な思い込みで危険に晒されている猫を放っておきたくないという強い思いを感じられる記事には頷かされる部分が多かった。
外飼いする人の全てが、「猫がそのまま帰って来なくても構わない」と思っているわけではないことも知っているけれど、そんな気持ちは結果的に何の役にも立たない。外に出せば事故にも遭うし、虐待に遭う可能性もあるわけで、外に出すこと=どうなっても構わない、この等式は十分成り立つのだ。

昨年末、このカフェで1匹の猫を外に逃がしてしまった。もちろん故意ではない。油断がなかったと言えばうそになるけれど、不可抗力の範疇の出来事だ。
店長や、ボランティア、サポーターなどが必死に探し、見つからないまま年も変わって3月、なんとその猫は自力でカフェ近くにまで戻って来、店長が仕掛けた捕獲器でとうとう捕まったのだ!

でも、失踪していた4か月弱の間にその猫は体内に寄生虫を宿し、そしてFeLvに感染していた。
幸いにも、そのカフェには店長さんの人柄や信念にほれ込んだサポーターさんが少なからずいて、その中のお一人が里子に、と貰い受けてくれることになったそうだが、店長さんの後悔は想像に余りある。どんなにかご自分を責めたことだろう。

外に猫を出している人は、今日その猫が無事に帰宅したことを奇跡と思って喜んで欲しい。
明日は帰ってこないかもしれないのだから。

私も今日は、預り猫のワクチンなどで病院に連れて行ったのだが、キャリーの蓋をガムテでがっつり止めて、転んでしまっても蓋が開かないようにした。
また家人も病院へ同席させて(っつーか運転手(笑))、診察中に逃げ出さないよう二人でしっかり押さえこんだ。
(幸いにも血液検査、寄生虫検査共にクリア。ワクチンも無事接種できた)
それは飼い主(保護主)として最低限のルールだし、守るべきことでしょう?

我が家の猫のうち2匹は外の苛酷な生活を知っている。だからなのかは知らないが、既に逝ってしまった子も含めて誰一人『外に出せ!』という猫はいなかった。
オスの子なんて、数歳になるまで外にいて交尾も経験していたし、ボスを張っていたにもかかわらず、我が家に入れて去勢をしてからただの一度もスプレー行為をすることはなかった。

決して広くはない室内での生活にも、驚くほどあっさり順応できるのだ猫は。(もちろん例外もあるだろうけれど)

どうか少しでも外飼いの猫が減りますように。不幸な事故や、迷子になって保健所に収容されてそのまま・・・なんて事態が起きませんように。
ああ、私がfacebookやっていたらあちこちに拡散したい記事だ。

またアクシデント。今日も職場が慌ただしい。なんなんだもう。

| | コメント (0)

あれから

そう言えば昨日は。
あれから19年も経ったんだ。日本中、否世界中が震撼させられた大規模テロがあったあの日から。

以前も書いたけれど、その日はまだハッピーマンデーなんて小洒落た制度はなかったから、律儀に日曜日、月曜日、そして火曜日は祝日、とカレンダー通りに働く方達にとっては気の利かない日の並びだった。

私は当然のごとく(え?)休みを取って4連休。差し迫った転居に備えての連休だので、連日10時くらいに起きてもそもそと作業をしていたのだが、その日は平日だから同居の身内は皆出勤し、私だけが惰眠をむさぼっていたわけだ。

さ、作業開始しますかね、と寝ぼけアタマで起きた途端、電話が鳴った。
まだ当時は携帯も普及していなかったので、当然固定電話なのだが、出てみると某身内から。

「すぐにテレビつけて!」・・・何だぁ?何があったと?

目の前にあった(というか私がテレビの前で作業をしていた)ので点けてみる。ん?何だか見覚えのある建物が・・・って、我が社じゃん!!
急に頭が冴えてきた。ほぼ(除くテレ東)全局が同じ情報を伝えていること、そしてそれが想像を超えた大変な事態であることに気づくまでそう長い時間はかからなかった。

次にしたのは職場への電話。すると、「お前が一番(電話かけてくるのが)遅い!」と上司に怒鳴られ、しかも後で聞けばヤバい事態になっていた。
寝ていた私の顔を見ずに出勤した某身内は、動転したのかこともあろうに私が休みを取っていることを忘れて会社に安否確認の電話をしてくれやがったのだ!

事件に右往左往している職場で更に一つの事件―コイツ自宅じゃなくてどこに泊まったんだ?!―が発生しており、翌々日出勤してからも釈明に追われたのは言うまでもない。

閑話休題。

・・・ふざけた書き方をしてしまったが、あの日のあの時間でなければきっともっと被害は拡大していただろう。特に官僚の死傷者は増大していたに違いない。

しばらく地下鉄の駅には祭壇のようなものが置かれ、ゴミ箱は撤去され、警官の姿が物々しかった。
毎日利用していた電車で、もしかしたら乗り合わせたことがあったかもしれない人々が亡くなられたという事実。
亡くなられた駅員さんもお見かけしていただろうし、会社の中に置き忘れられた荷物のためにカナリヤまで出動したとかしないとか、とにかくあの時は都心のあちこちがピリピリした空気に包まれていたっけ。

あれから19年が経った。あの恐ろしい犯罪を起こした集団の連中は未だ誰一人として死刑を執行されていない。
首謀者である男は一説によれば既に廃人の様だとのこと。
死刑囚を養っているのは税金だ。死刑制度の是非はともかくとして、法の定めによってその刑が決められているのだから早く執行してほしいと私はいつも思っている。
再審請求も出していない死刑囚を執行せずに「ため込む」ことが果たして何の意味を持つのかがどうしても私には理解できない。

19年の月日が流れ、被害者のご遺族の方は「忘れられてしまいたくない」と仰っていたが、正直覚えているのもなかなかにしんどいことなのかも。
あの宗教団体も、名前を変えてはいるものの未だに信者数を増やしているそうだし、事件以降に生まれた子供たちなんて言葉は悪いが簡単に騙されてしまうかもしれない。

もし、またあんな事件が起きたら。
そう考えてみたら、何だか怖くなってきた。
マレーシア航空機失踪事件だって、機長がテロリスト、という身の毛もよだつような仮説がまことしやかに伝わってきているし、ごくごく普通の生活の中に潜む恐怖と日々闘っているんだ、と改めて実感させられた3月20日だった。


「いいとも」見ましたよ。
首相の余裕に満ち溢れた表情や物言いに驚かされたのは私だけじゃないだろう。
確かに、盤石とも言える今の与党だけれど、些か強引とも思える数の優位に依る政治はいずれどこかでとんでもない歪みを起こさせるような気がしてならない。
それにしてもだらしないのは野党だよなあ。
2大政党時代なんてもう永久にこないのかも。そもそも本当に賢くて金儲けに長けていたり日本のためになることを考えつくような人って政治家にならないんじゃないの?それじゃダメじゃん!!

| | コメント (0)

おめでとうレモン!など

可愛いし、キャラも立っているのに何故かブレイクしなかったフレッシュレモン嬢(笑)
言ってはみるもので、とうとう広島のレモン大使に任命されちゃった。
石の上にも3年。レモンの上にも・・・何年?とにかくこれだけレモン推しで何故今までここまで時間がかかってしまったのか。

県知事まで鼻の下を延ばしてニヤついてしまうほど、こわもてのJA関係者がこの子は根性がある!と太鼓判を押してしまうほどの歓迎ムードの中で、「レモンしかないと言われて悩んだ日もありましたが」と一瞬場を凍らせたが、「でも私はレモンがある、と胸を張って言えて嬉しい!」と見事に持ち上げてやんやの大喝采。
これからはフレッシュレモンの時代ですよ。次代のエース・・・にはなれそうにないけど、自分だけの居場所を見つけたみおりん、頑張れ!オバサンも広島のレモン見かけたら買うからね!


さて、レモンと言えば。
かの健康番組で扱われてから、普通にレモン(他3種類(笑))のアロマオイルが買えなくなってしまった。通販、どこも欠品だの2週間待ちだの、で多分業界ウハウハ状態なのだろう。
ご多分に漏れず私も動いた。で、ちょっと前に4本のオイルを入手し、早速家人共々使っている。
今はコットンにたらして、それを胸ポケットに入れたりしているのだが、ポケットがない時はピンブローチでさり気なく留めたりしてなかなかに面倒くさい。

というわけで、番組にも登場していたペンダントを買おう、と思ったら・・・これまた売り切れ入荷待ちと来た。
皆考えることは同じなのだ。やれやれ。

追加のオイルを頼み(来月中旬発送予定だってさ)、ペンダントも予約した。結局踊らされているなあ、と自分に苦笑いしつつ、でもこんな簡単なことで本当に効果があるなら試してみたいじゃあないの。
いずれ効果が感じられたら実家の両親にもプレゼントしてみよう。ただ、母は鼻があまり利かないからどうなのかしら?



地価の公示価格が発表になり、かつて私が部屋を探したエリアが驚異の値上げ率を示していてびっくり。
ま、東京オリンピック・パラリンピックの開催に関わらず近年人気のエリアだからわからないでもないけれど、それにしてもあの辺り、あまりに景色が変わっていて更に驚いた。

付き合っていた人との時間を作りたくて一人暮らしをそのエリアで考えたのはもうン十年も前のこと。もちろんそれだけではなく、ぬくぬくとした実家暮らしに「このままじゃダメだわ」と一念発起したのもある。

私の予算では薄汚いアパートくらいしか借りることはできなかったけれど、それでもバストイレ別でちゃんとついていた6畳間は今もまだあるのだろうか。
生まれて初めて入った不動産屋さんは、私の勤務先を知ると対応が急によくなって、とっておき、と言いながらそのアパートを内見させてくれたっけ。

結局、一人暮らし願望は全く思いもかけない形で叶ってしまったのだが、それはまた別のお話。

今の月島勝どきエリアはもう下町情緒もクソもなく、高層マンションが立ち並んですっかり人口密集エリアになっちゃったんだものね。晴海だってそう。埠頭の辺りなんか何にもなかったのに、変貌ぶりはある意味都内一かも。

都会を遠く離れて幾星霜(古い)、思うことはいろいろあるけれど、今はとりあえず満足して暮らしてます。と日記には書いておこう(更に古い)。

| | コメント (0)

諸々。まとまりのないエントリはいつものことですが

ますます混迷の度合いを深めるマレーシア航空機「失踪」事件。
どうやら突発的な事故(機体の空中分解とか、爆破とか)よりも人為的な何らかのトラブルが起きたという可能性が高まってきて、機長も含め乗員乗客の身辺も調査しているようだ。

いや、シロウトなのでよくわからないけど、どこかに着陸していたとして、何処の国のレーダーにも引っかからずに行けるものなの?
ヘリやセスナとはわけが違う。あの機体を着陸させるにはそれなりの長さの滑走路が必要だろうから、どこかの山奥の・・・なんてわけにはいかないはず。

乗員乗客は無事なのだろうか。ご家族の心中如何ばかりか察するに余りある。
でも何でこんなに日数がかかるのか。
周辺海域の諸外国(とアメリカ)がそれぞれに全て手の内(防空識別)をさらけ出すとは思えないけれど、それにしても小出しに小出しに出てくる情報が、いっそう私たちを混乱させてくれる。

マレーシアの首相(だったかな)の記者会見はとてもわかりやすい英語なので不謹慎だがいいヒアリングの勉強になると思って聞いているのだが、そこから伝わってくるのは苛立ちと焦り。
日本にまで捜索のための自衛隊派遣を要請するくらいだから切羽詰まっているのはわかるけれど、なんでだろう、どこかに歯切れの悪さを感じさせてくれるんだよなあ。
本当はもっと重要な事実を握っているのにそれを、言葉は悪いが隠蔽しているのではないか。その隠蔽が果たして外野に向けてなのかそれとも捜索に加担している各国に対してもなのかはわからないけど。

あくまでも私個人としての推測だけど、機体は中央アジアのどこかの国に着陸していると思う。乗員乗客は一部抵抗勢力的な人たちは・・・それ以外の人たちは無事。犯行組織はやはり民族的な争いを抱えているテロリスト集団。

とにかく一日も早く謎を解明し、乗員乗客のご家族が心の落としどころを見つけられることをお祈りしております。


話題変わって。
子猫があまりにも可愛く日々癒されている毎日なのだが、ついつい甘やかしたくなってしまい、普段ならまず買わないおもちゃを買ってみた。

「マルカン ゴーゴーマウス猫用」(実勢価格1500円弱)

充電式マウスをリモコンで走らせて猫ワクワク、端的に現すとこんなおもちゃかな。
こんなに値の張るおもちゃは久しぶりの購入なので、喰いついてくれよ~と念じつつ開封。マウスを充電しようとしたが、これがなかなかに難しい。
小さな差込口が上手くかみ合ってくれないのだ。
何だよこれ、とぶつぶつ言いながらようやっと差し込む。と、充電中を示す赤いランプが点灯しないではないか。
何度か試してもダメ。これはどうやら不良品らしい。
パッケージの裏面に書かれているお客様相談室に怒りにまかせて電話をかけたら・・・
「あ、それは大変申し訳ございませんでした。すぐに通電を確認した商品をお送りします」
充電できないんです!と言っただけですぐに腰の低い対応。使用状況なども聞かれなかった。つまりこの商品ではそう珍しくないことのようだ。え?

2日後、代替品は届き、充電も無事完了。
子猫の前にマウスを置いてみると、不思議そうな顔で近づこうとしたのでいきなりスイッチオン!
子猫に背を向けて走り出したマウスは縦横無尽に動かすことができて、あら、これ私が楽しいじゃないのさ。

1回1分程度の充電で数分遊べる。猫もヒトも楽しめるおもちゃ。これで1500円程度なら安いものだ。
ただ、お買い上げの際は壊れていないかどうか、すぐに確認することをお勧めします(笑)。




XP問題もいよいよ切羽詰まってきた。家電量販店に実機を見に行ったら皆高い。要らないソフトが満載なんだもの。
で、結局地元の馴染の業者に泣きついた。
こうこうこういうわけで・・・と切々と書き連ねたメールにすぐお返事いただき、どうやら何とかなりそうだ。こんなことならもっと早くお話しておけばよかった。
というわけでこの問題はほぼ解決。やれやれ。
あ、でもメールのデータは何とかしなきゃ。やれやれ。

| | コメント (0)

買い替えは楽しいことばかりじゃないらしい

消費増税に踊らされるもんか、的な意地を持ってこの時期いろいろな誘惑から目を背けていたのだが、ついにひとつだけ買ってしまった。
以前からいずれは買おうと決めていた、それは防水コンパクトBDプレーヤー。

価格比較サイトで見ては、安い業者から買うか、多少高くてもamazonからにするか・・・(どうせ壊れても修理は製造会社に頼むわけだし)などと迷いつつ、偶々一昨日amazonで何気なく調べてみたら、あららいきなり6000円も値が下がってるじゃあないのさ。

勢いでポチ、ついでに今月末発売の金銀ディスク(わかる方だけわかってください)もポチ。ああ、買っちゃった。

最近はテレビも全て録画はBDだし、そして金銀がダメ押しになった。
来客時、4時間近くキッチンに缶詰になって調理などをしている間、アメトーーク!(あら、書いちゃった)のDVDは本当にいいお供なのだが、如何せんDVDだと途中でディスクを入れ替えなければならない。
それが面倒臭くてつい同じディスクを繰り返し見てしまうことになるのだが、次第に飽きてくる。

ああ、これで来月の来客時には楽しくお仕事できるなあ。ささやかな楽しみ。

もう一つ、これは職場で購入を余儀なくされているのがパソコンだ。
ご多分に漏れず、XP問題の渦中にあるためもうどうもこうも言っていられない状況下にあって、そう、本音は面倒くさい!!ただそれだけ。
設定もし直さなければならないし、ソフトだって今使ってるのじゃダメだし、メーラーも今のは使えなくなっちゃうからメールのデータをエクスポートしなきゃならないし、インターネットへのアクセスだって、まーたルーターとの接続をしなきゃならないし・・・あうううううう。

昔なら何とかできたんだ。もっとシンプルだったから。でももう複雑過ぎてああ…まあ頑張ります

| | コメント (0)

喜んだり怒ったりラジバンダリ(←まだマイブームらしい)(古っ!)

子猫の行先が決まった。
とても可愛いから引き合いも多かろうと思っていたがその通り。
でも、たくさん来た「欲しい」メールでも、驚いたことに私の琴線に触れたそれはたった2通しかなかったのだ。

1通はおよそ遠方過ぎてお届けできそうにない場所の方で、こちらはお断りした。
で、必然的に残りの1通の方にコンタクトを取る。と、また感じのいいお返事が来たので、電話番号を交換し、昨晩直接お話をして決定。
初めて猫を飼うという点は心配ではあるけれど、馴れていない分油断がないというのは実は悪くないことなのだ。
多分ちょっとした変化も見逃さず、むしろ杞憂と笑われるくらいに病院へも連れて行ってくれるだろうし、私もそういうふうに誘導(?)するつもり。

先住犬もいるようだが、ちゃんと犬にも猫にもケージを用意してくれるそうだし(もちろん確認しますよお届けの際に)、こちらからお話した準備品についてもそろえてくれるとのこと。

肩の荷は半分降りたかな。後はお届けの日まで元気でいてもらわなければ。
・・・決まったら決まったで寂しいなあ。でも、これでいいの。幸せにしてあげたいもの。


赤いリンゴの中に、腐った毒りんごが紛れ込んでいて―甘くなろうと頑張り過ぎて甘さを通り越して苦くなった?―その所為で多くの関係ないりんごが売れなくなってしまった。

そもそもサポの中に熱狂的を通り越してもはや狂信的な連中がいたことはみんな知っていたから、でもあの横断幕はないだろう。いくらなんでも。
いや、私も今ピッチの上には日本人選手しかいないから、大物外国人助っ人獲ってくれよ、という意味なのかとある意味好意的にとらえたい部分もあった。単純に英語の不自由な人が出したもの、と。
でも、なに、ガチで「外国人お断り」だったって?バカじゃないの?何が外国人が入ると統制が取れなくなるだと?何だ統制、って?!

無関係なサポ、も大局的な見地からすれば身内なわけで、でもとんだとばっちりを受けてしまったのは清水サポの皆さまだ。
この件に関して、もう私のような末端サポであっても申し訳ない気持ちでいたたまれない。本当に謝っても謝っても謝り足りないくらい。

清水サポだけでも、と思ったら「なりすましの恐れがある」・・・それ、どうにかできるんじゃないの?入場の際にエスパルスグッズを見せるとか、警備員立てて、レッズに声援を送る観客がいたらいちいちつまみ出すとか、それくらいの経費はかけるべきでしょう?で、無料にするの、チケット。払い戻して無料券と交換する。
これではあまりにエスパルスの選手とサポが気の毒だ。

私が最も恐れていたのは勝ち点没収。
これを主張している人の中にはどさくさまぎれ、の他チームサポもいるみたいだけれど、選手だってある意味被害者だ。運営サイドの責任を選手が被るのはおかしい。

あーあ。ワールドカップイヤーなのにとんだケチがついてしまった。
この20人ほどのグループは多分反省なんかしていないだろうから、どうにかして紛れ込もうとか考えていそう。
でもサポの間では特定できているだろうから、どうか絶対阻止してください。許せない!


さて、これからおさんどん。固い(だろう安価な)牛肉を柔らかく食べるためのレシピを探し出してからキッチンに向かう。やれやれ。

| | コメント (0)

3年

あの日、から3年が過ぎた。

私の周りにだけ限って言えば、愛する猫を3匹喪った。たかが猫?いいえ、されど猫。大事な大事な家族だもの。

あの日。
大きな揺れを感じたのは午後の職場だった。
「ああ、大きいな」「あれ?まだ揺れてる」「・・・(気持ち悪くなってきた)」
ようやっと治まった、と思ったところでテレビのある部屋に向かうと、一足早く家人がテレビをつけてその前に座っていた。

大きかったね、と言葉を交わしながら見ていた画面に映ったのは信じられない光景。

―田んぼを、静かに水が浸水していく。

そのすぐ先には車も通っていて、思わず「危ない!」と声が出てしまった。
だがその後、映像は切り替わってしまったので後のことはわからない。でも、多分あの後多くの方が・・・

その後、テレビ東京ですら延々と報道特別番組を流しつづけ、私たちは更に信じられない光景を次々と見ることになる。


そして、あれから3年。
復興のスピードは上がらず、予算は流用され、東京オリンピック・パラリンピックの開催は決まり、ますます被災地は置き去りになっていく気がしてならない。
何を言っても私は外野にすぎないけれど、どうか政府にはもっと「本当に大変な思いをしている人」へ目を向けて欲しいと思う。
今の世の中、「声が大きい人」が明らかに有利なんだもの。


いろいろ考えているとテンションも下がる。
今はただただ何も考えず緩く過ごしていたい。

| | コメント (0)

子猫はまだうちにいます(え?)

諸事情あって我が家にまだいるわけで。いや、禁断の言葉「ウチの子にしちゃうぅ?」は出ません。絶対に我が家には残さないことは決まっていて、その点では覚悟というか決心は固い。

で、子猫はさておき。
パラリンピック、日本人選手のメダルラッシュ!
アルペンの座位、見ていても相当怖いのに、あの高速滑走は最高で100キロ近い時速になるんですって?!
狩野亮というお名前を恥ずかしながら初めて知ったけれど、バンクーバーでも金メダル、つまり2大会連続での栄冠なのだそうだ。更に2冠だなんて素晴らしいったらない。おめでとうございます。
競技の数は少ないし、マスコミの扱いも小さいけれど、選手の頑張りは同じだもの。
狩野選手はあと3種目のエントリがあるそうなので、まだまだ期待しちゃいますよ。応援してます。

ウクライナ情勢がきな臭くなっている中でのソチパラリンピック。何もロシアもこんな時期にあんなことを、と思うのは私だけではないはずで、どうかこの大会が何事もなく無事に終わる―最低限開催中の軍事行動が起きないように―ことを祈るばかりだ。
出場している選手たちには何一つ罪も咎もないのだから。

個人的にはクリミア半島はウクライナの領土であって、もしロシア系住民がロシアへの帰属を求めるのなら、移住すればいいと思っている。
クリミアには先住民もいたそうだし、特に歴史上振り回された高齢の方がロシア志向が強いようだが、共産主義って確かにラクだものね、ある意味。
EU諸国だって、ガスの元栓握られているから強く出られない。じゃアメリカは?・・・オバマさんって思っていたよりずっと行動力ないな、とシリアに続いてウクライナでも感じた。
ロシアとの領土問題を抱える日本に対して一定の配慮を見せてくれていることは評価するけど、一番しがらみがない立場として、強硬手段に出ようと思えば出られるはずなのに何か歯切れの悪い言葉ばかり。
どうか内戦にだけはならないでほしい。ロシア(というかプーチン)のイメージどんどん悪くなっていくなあ。


マレーシア航空機の「行方不明」事件。
乗客に中国人が多い、全人代開催中、これら2つの事情だけで単純に考えてはいけないとは思うけれど、チャイナエアラインや中国国内の空港などは厳重な警戒態勢下にあるだろうから、その間隙をぬって中国政府にダメージを与えるには、と考えた末に行われたテロ、なんて推測は乱暴すぎるだろうか。

同機は引き返そうとしていた。そういう見方もあるらしいけれど、それならそれで何故管制へ連絡しないのか。
そのまま空中分解、というのなら引き返す暇もなかっただろうし、偽造パスポートで騎乗していた二人の存在も気になる。
犯行声明でもいっそ出ればまだいくらかスッキリはするが、それでも行方が分からない乗員乗客の安否も含めて謎が多すぎる事件ではある。

いや、それにしてもますます飛行機乗るの嫌になってきたぞ。
そもそもあんな大きい金属の塊が空を飛べるのがおかしいんだ(え、そこ?)



今週は来客もあるけど比較的ヒマなはずなので少し片づけモノでもしようかな。ああ、もう3月半ばだもの。歳をとると本当に1年が早い。

| | コメント (0)

解決してわかる。パスワードは長い友達←ではだめだそうで。パスは頻繁に替え、忘れないようにしましょう

大手プロバイダがトラブルを引き起こし、世間が大騒ぎしている最中、ひっそりと我が家でもトラブルが発生していた。

メーラーが、どうしてもメールサーバーにアクセスできない、と私に言うのだ。

…つまり、パスワードが違う、と。いやそんなこたない。そんなはずがない。
ただ、接続アカウントを作る時にパスは自動入力にしたのでここしばらくは打ち込んでいなかったことは事実だ。

実は我が家もそのプロバイダを利用しているが、モバイルではちゃんと接続できている(簡単アクセス設定済)し、多分影響を受けてはいないサーバーだったのではないかと思う。だのに、何故?

こうなったら仕方がない。メールパスワードを変えよう。そのためには何が必要か。
プロバイダのサイトにアクセスしてその方法を探す。ん?まずは個人認証が必要で、お客様番号が要るって?

別室に行ってそれが書かれた契約時の書類を持ってくる。既にこの時点で22時半。
あちらの指示どおりにこちらのデータなどと共に番号を入力してクリックすると、何故か画面にはフリーダイヤルの電話番号が現れた。

何だ?と見れば、「2分以内に、お客様情報として登録されている電話機からこの番号にかけてください」・・・なんとアナログな・・・
靴を履きかえるのももどかしく、その電話機のある部屋へと走る。
残り30秒くらい(多分)のところで無事番号がプッシュでき、先方からの「お客様情報が確認されました(意訳)」というメッセージに安堵。パソコンの前に戻ると、画面が自動的に切り替わっていた。認証は成功したのである。

メールパスワードを、他人には推測されず私は忘れようもないアルファベットの並び、に変えて終了。再度ログインすればすぐにメーラーはその間にも溜まっていたメールを受信し始めてくれた。やれやれ。時計を見れば既に23時近くになっていた。

下手にメモ取るわけにもいかないし、こういう類のデータの保管ってどうしたらいいんだろ?

仕事で利用しているオンラインバンクも、ログイン時に乱数表(ワンタイムパスワード)が必要になり、面倒だったらありゃしない。
ま、実際にカード情報が流出して勝手に使われてしまった経験のある身としては、これくらいガードが固くないと危ない、と思うべきなのでしょうねえ。


仕事でとんでもないボーンヘッドを犯してしまったため、実は昨日から非常に落ち込んでいた。
私の場合、かなり落ちて初めて食欲消失となる(例:愛猫の死亡、っていうかこれだけなんだけど、完全に食欲がなくなるようなストレスって今のところ)のだが、中途半端に落ちると異様に食欲が増進するのだ。
というわけで、腰が痛くて運動できない上に無性に食べたい病が勃発(?!)して今、理性と本能が凌ぎを削っている。

取りあえず敗けたのはベルンのミルフィーユひとつ、ココナツサブレアイスひとつ。まあまあかな。どちらもまだ残っている中でひとつずつで済んだのだから。
今日の夕飯はお稲荷さんと和風ポトフ(おでんではない)、そしてサラダ。あ、冷奴(上には食べる黒酢を載せる)もつけよう。
明日には私と家人のささくれた心を癒してくれていた子猫も多分いなくなる。これ以上ストレスで食に走ることのないよう、何か癒しを見つけたい。見つかるかな。どうだろう。あうううう。

| | コメント (0)

今日は珍しくグルメネタ(か?)

腰は相変わらず。薬を飲んで湿布をすれば痛みは引くのだが、それをしなければ痛い。でも日常生活にはそれほど支障はないので、とにかく急な動作をしないようにだけ気を付けている。

預り子猫は絶好調だ。体重も徐々に増え、もう少しで1キロに到達するところまできた。やはり広いところに出して遊ばせると食欲も旺盛になるようで、喰いが安定。後はこのまま引き渡しの日まで順調に行ってくれれば・・・頼むぞ。

昨日はシュークリームを作った。
冷蔵庫の中にあるもので作れるから、コツさえつかめば本当に簡単でローコスト。
普段はホイップクリームだけだが、今回はカスタードクリームも入れてみた。
カスタードクリームは、粉っぽさをなくすことと最後に少しホイップクリームを混ぜいれることで風味が良くなり軽い口当たりになる。
いちごも生協の宅配で来ていたので、見た目にも綺麗な仕上がりだった。

もう一つ作ったのは甘酒。
かの有名な「獺祭」の酒粕が偶々手に入ったので、一昨日は粕汁、昨日は甘酒、と王道を行く使い方しかしていないけれど、とにかくこの粕、匂いからしてフルーティで全然そこいらの商品とは違う感じがする。
米粒もたくさん残っているし、ほのかな甘みもあって、これで作った甘酒を飲んだら他のそれが飲めなくなってしまいそう。
1キロあるから何か他に使い方を考えてみようと思っているが、冷凍保存もできるそうだから、夏に冷やし甘酒なんて悪くないかも。

ちなみに、甘酒は夏の季語。ご存知でしたか?
別名「飲む点滴」と言われるほど滋養豊富なこの飲み物は江戸時代、夏バテ防止に大人気だったそう。

あ、グルメネタなら、こちらもお勧めしておこう。
「細谷肉店の昭和の贅沢焼売」(リンクしてません。ご興味あったらググってね)
これまた生協の宅配で発注してみたら家人がハマった(笑)
8個入りなのだが、普段は半分も食べない人が一気に6つも食べてしまうのだからびっくり(ちゃんと私に『もう一つ食べていい?』と聞いてましたが)。
調べたらこのお店、けっこう手広く通販しているのでそのうち直接購入してみようと思う。
とにかく、肉っ!て感じ(何だそりゃ)
崎陽軒の焼売のように小粒でシンプルなのもいいけれど、練りが荒くて食べごたえたっぷりなこれは、存在感バッチリ。サラダ菜でもあしらったらおもてなし料理にも使えそうだ。

腰の所為で動けないから少しでもカロリーを制限しよう・・・なんて殊勝に思っているくせに高カロリーなものをわざわざ作るバカ。
更に言うならベルンのミルフィーユもいただいてしまって、そのままお使い物にでもすりゃいいのに開封して1本食べちゃったバカ。
痩せる気はあるんですよ・・・あるんです・・・あうううう。早く腰治して運動再開しなきゃ。

| | コメント (0)

新人の季節

新人騎手(と調教師)がデビューした。

注目したのは二人。
一人は、目標としている先輩ジョッキーを訊かれて「武豊騎手です」と答えたまではよかったが、その理由に「(武が)いいものを持っている」・・・なにその上から目線(爆)
言いたいことはわかる。わかるがしかし。

もう一人はたまたまデビュー2戦目を見ていたら、自分が跨っているのは最低人気馬だったのに、4角で周囲を確認すると、いきなり2番人気・外人騎手・サンデーRの馬を外に振った!
結局5着に滑り込んで優先出走権を確保。なかなか度胸のある子だ。

他にも騎手2世や出戻り(?)、調教師ジュニアなのにケガでデビューできない、などバラエティーに富んだラインナップ。
ちょい上の先輩騎手が何やらやらかしたようだが、インタビューでの素直で真摯な受け答えをいつまでも忘れずに頑張ってほしい。ほしいが・・・多分無理だろうな。
だって、大して乗れていない、いやオブラート抜きに言えば、ほとんど乗っているところを見たことがない騎手でさえ年収1000万程度だそうだから、これで天狗になるな、という方が難しいのかもしれない。

取りあえず、誰のおかげで飯を食えるのか、という単純な感謝の気持ちを馬に持ってきちんと騎乗してください。オバサンの願いはもうそれだけ。


腰、治らず。
既に皮膚がかぶれてしまって湿布は貼れないし、胃もやられてしまって痛み止めが飲めない。万事休す。歳なんだなあ、回復が遅くて切ない。あうううう。

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »