« 今日は珍しくグルメネタ(か?) | トップページ | 子猫はまだうちにいます(え?) »

解決してわかる。パスワードは長い友達←ではだめだそうで。パスは頻繁に替え、忘れないようにしましょう

大手プロバイダがトラブルを引き起こし、世間が大騒ぎしている最中、ひっそりと我が家でもトラブルが発生していた。

メーラーが、どうしてもメールサーバーにアクセスできない、と私に言うのだ。

…つまり、パスワードが違う、と。いやそんなこたない。そんなはずがない。
ただ、接続アカウントを作る時にパスは自動入力にしたのでここしばらくは打ち込んでいなかったことは事実だ。

実は我が家もそのプロバイダを利用しているが、モバイルではちゃんと接続できている(簡単アクセス設定済)し、多分影響を受けてはいないサーバーだったのではないかと思う。だのに、何故?

こうなったら仕方がない。メールパスワードを変えよう。そのためには何が必要か。
プロバイダのサイトにアクセスしてその方法を探す。ん?まずは個人認証が必要で、お客様番号が要るって?

別室に行ってそれが書かれた契約時の書類を持ってくる。既にこの時点で22時半。
あちらの指示どおりにこちらのデータなどと共に番号を入力してクリックすると、何故か画面にはフリーダイヤルの電話番号が現れた。

何だ?と見れば、「2分以内に、お客様情報として登録されている電話機からこの番号にかけてください」・・・なんとアナログな・・・
靴を履きかえるのももどかしく、その電話機のある部屋へと走る。
残り30秒くらい(多分)のところで無事番号がプッシュでき、先方からの「お客様情報が確認されました(意訳)」というメッセージに安堵。パソコンの前に戻ると、画面が自動的に切り替わっていた。認証は成功したのである。

メールパスワードを、他人には推測されず私は忘れようもないアルファベットの並び、に変えて終了。再度ログインすればすぐにメーラーはその間にも溜まっていたメールを受信し始めてくれた。やれやれ。時計を見れば既に23時近くになっていた。

下手にメモ取るわけにもいかないし、こういう類のデータの保管ってどうしたらいいんだろ?

仕事で利用しているオンラインバンクも、ログイン時に乱数表(ワンタイムパスワード)が必要になり、面倒だったらありゃしない。
ま、実際にカード情報が流出して勝手に使われてしまった経験のある身としては、これくらいガードが固くないと危ない、と思うべきなのでしょうねえ。


仕事でとんでもないボーンヘッドを犯してしまったため、実は昨日から非常に落ち込んでいた。
私の場合、かなり落ちて初めて食欲消失となる(例:愛猫の死亡、っていうかこれだけなんだけど、完全に食欲がなくなるようなストレスって今のところ)のだが、中途半端に落ちると異様に食欲が増進するのだ。
というわけで、腰が痛くて運動できない上に無性に食べたい病が勃発(?!)して今、理性と本能が凌ぎを削っている。

取りあえず敗けたのはベルンのミルフィーユひとつ、ココナツサブレアイスひとつ。まあまあかな。どちらもまだ残っている中でひとつずつで済んだのだから。
今日の夕飯はお稲荷さんと和風ポトフ(おでんではない)、そしてサラダ。あ、冷奴(上には食べる黒酢を載せる)もつけよう。
明日には私と家人のささくれた心を癒してくれていた子猫も多分いなくなる。これ以上ストレスで食に走ることのないよう、何か癒しを見つけたい。見つかるかな。どうだろう。あうううう。

|

« 今日は珍しくグルメネタ(か?) | トップページ | 子猫はまだうちにいます(え?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日は珍しくグルメネタ(か?) | トップページ | 子猫はまだうちにいます(え?) »