« ダウンロードの誘惑 | トップページ | 想像したくないけどしちゃうんだよなあ »

桜の女王と黒猫に揺れる心(そのまんま)

うーむ。やはり強かったなあハープスター。
ベルカントはやはり枠なのか。そこそこいいスタートだったのに下げちゃった。
テンが速くなることはわかっていたからあの位置取りもわからないではないけれど、ハープスターはその脚を信じたから、ベルカントはその脚を過信したから(?)、終いであれだけの差がついた・・・とは穿ち過ぎ?

馬券は、ハープから3連複1点だけ買って見事玉砕。家人は最初3連単で買おうとしていたのだがいつも2着3着が逆、的な負け方をするので諌めて複にさせてみたら見事的中。
ま、大した額ではないけれど当たることに意味があるわけですから。
これで皐月賞の軍資金ができた、と喜んでいるけれど・・・果たして皐月賞、どんなレースになることやら。個人的にはマドンナの曲のタイトルみたいな名前の馬(書けよ)を応援したいんだけど、どうでしょう?


元秋猫で元家庭内野良、のちびがちょっとおかしい。
今朝は嘔吐していたし、口の中をくちゃくちゃするのも相変わらず。
外見的には、口腔内の異常もリンパ節の腫れもないけれど、やはり心配なので週明けには病院へ連れて行こうと思っている。
洗濯ネットは必須だな。果たして初めての先生の前でどんな態度をとるのだろう。まるで読めないから怖い。
私も厚手の手袋持参で行くつもり。多少の負傷はやむを得ないと覚悟を決めた。先生のケガ?いやそこまではちょっと・・・(え?)

猫は小さい。だから寿命も人間より短い。
単純に体の大きさだけなら10分の1程度だし、寿命なら4分の1くらい?
だから、2、3日様子を見よう、なんて思っていたらあっという間に症状が進んでしまう。

体調を見る上で一番わかりやすいのは排泄物だ。
下痢(特に血便)や便秘、そして多尿、これらは確実に病変のサインであって、我が家の猫も、かかりつけ医がよくこの程度で連れてきた、と感心してくださるレベルで腎機能の低下を発見できた。普段より微妙に尿の量が増えていたのだ。
そして触れる猫なら体表のリンパ節の腫れや、胸など体表面にあるしこり。
これらも重大なヒントになる。

後は・・・日頃から「見ている」こと。
例えばうちの猫は体調が悪くなると毛がパサついて、独特な表情をする。
他にも、おもちゃを見せても普段と食いつきが違う、とかとにかく「いつもとどこか違う」これを見つけることが大事。

・・・などと偉そうに書いてはみても、結局癌の子も、心筋症の子も、腎不全の子も、膵炎(?)の子も、リンパ腫の子も助けられなかったしなあ。
どの子もそこそこ初期の段階で発見できたと思ってはいるけれど、中でも心筋症の子はもっと早い段階で異変に気づいていれば、と悔やまれてならない。
この子は遠くの大学病院まで連れて行ったが、既に胸水も溜まっていて心臓はいつ止まってもおかしくないほど状態が悪かった。
近所のかかりつけ医のレントゲンくらいでは判断できなかったという言い訳もできなくはないが、食欲が少し落ちたくらいの段階でならまだしも、相当病状が進んでいた中での長時間のドライブは結果的には彼の体調を悪化させただけだった。

猫の医療費は、保険がないから高額だ。でも「治療をしない」という選択肢もあり、極端にそこまで言わないにしろ治療内容を間引いたり、積極的には治療しないでQOLの維持だけにとどめることもできる。
選択することは飼い主にしかできない。お財布の中身と、猫への愛情とを天秤にかけて、もし前者に傾きかけても、結局は後者に重りを足してしまう人がほとんどなんだろうな。自分も含めてだけど。

何を書きたいかというと・・・今、我が家には4匹猫がいて、1匹は闘病中だ。
でもまだ自由に動けてご飯も食べられて、それなりに高齢だけど元気にはしている。
他の連中は、前出のちび猫がどうか、だけど今の時点では大きな問題はなさそうだ。
そんな中、家人がこう言った。「もう一度、黒猫と暮らしたい」・・・ちょっと、待て。

彼にとって、かつて共に暮らした黒猫は私が思っていた以上に大きい存在だったらしい。
そして、最近里子に出した子猫が非常に活発で愛らしく、人懐こい仔だったことから、彼の中では「黒猫の子猫」がどうしても欲しくてたまらない存在になってしまったようだ。

いや、気持ちはわかる。でも、同じ猫なんていないんだよ。
黒猫が皆、かつての愛猫のような性格をしているとは限らないんだよ。
子猫を迎え入れたとして、それから長ければ20年近く生きるのに、この歳になって今更迎え入れて、果たして看取ってあげられるの?

取りあえず、今月中に帯広の猫カフェに行って黒猫エネルギーを充電(?)させよう。事はそれから、だ。
仮に迎え入れるとしても子猫にするつもりは今のところない。だって、子猫なら大抵貰い手がつくから。
もしもらうなら、お世辞にも美猫とは言えないような、かつての黒猫のようなぶっちゃいく(ごめんね)な子を、とは考えてはいるんだけど・・・どうしようかなあ。できればわざわざ譲り受けるなんてことはしたくないんだけど・・・
もう少しいろいろ考えます。うーん。

|

« ダウンロードの誘惑 | トップページ | 想像したくないけどしちゃうんだよなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダウンロードの誘惑 | トップページ | 想像したくないけどしちゃうんだよなあ »