« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

・・・(未だに立ち直れないらしい)

流石に昨日は堪えた。

宝塚記念のゴール前、余所の(?)馬に向かってあれほど声援(罵声?)を送ったことなどなかった。

ユタカよ。何故あなたは買うと来ないで買わないと来るの?こんなに好きなのに、ずっと昔からファンなのに、ああ、なんと相性の悪いことよ。

私が買っていた馬券は、4-5-11の3連複。血圧計数台分がクビ差で消えた。

これが惨敗ならまだいい。クビよクビ。ああ・・・

ただ、目の付け所は我ながら非常に良かったと思う。
何故か人気薄のケンイチ(何それ)を人気馬に絡めると当たるのだ。いや、今回は結果的馬券は外れたけれど狙い目は当っていた。
昨年のスプリンターズも獲ったわけだし。

配線、じゃなくて敗戦のショックは大きく、いっそ酒でもくらって、と思ったけれど、半身浴するつもりだったのでグッとこらえる。

大好きなバターチキンカレーも美味しくできたし、これで長湯してゆっくり心も体もほぐそう・・・と夜、バスタブに湯を張っていたら、膝の上によたが来ていっかな降りない。
一旦膝からおろして湯を止めに行かなければ・・・と思いつつ、かわいそうでできずにいること15分。
やっと自分から降りてくれたので慌ててバスルームに走ったら湯量は見事にバスタブの8分目まで来てしまっていた(涙)

・・・ぬるめのお湯に全身浸かって、それでも10分ほど頑張っただろうか。全身汗だくで半分のぼせかかって、何だか逆に湯あたりして疲れてしまった。半身浴、したかったなあ・・・

今日はこれから仕事で外出。金融機関をいくつか周り、いくつか手続きをしてからついでによたのかかりつけ医に報告に行く予定。
月末のあれやこれやを片づけてから源泉徴収税をe-taxで納付して午前中の仕事はこれでお終い。

お茶でも飲んでから出かけましょう。雨、降りませんように。

| | コメント (0)

そして今。

そして、今日。
近所にあるもう一つの病院へ家人共々出かけてきた。
ここの先生、家人の知人なのだ。しかも若干家人のほうが優位なのだとか(?)で、多少の無理は聞いてもらえるらしい。

もちろん用件は血圧測定。事情をかいつまんで説明し、週1回程度の測定だけをお願いした。
こちらの病院も、セカオピ師の病院同様手術時のモニター用しか血圧測定器はないそうだ。でも快くお引き受けくださった。多分家人が一緒でなくとも人のよさそうな先生なので大丈夫だったと思うけど。

取りあえずこれで投薬を始められる。もし急変したらその時点で連れて行って対応してもらうこともできるだろう。
でも、長いお付き合いのかかりつけ医と縁を切ってしまうのも何となく気が引けるし、こちらの病院に完全に転院することはまだ考えずにいようと思う。

帰宅して昼。ドキドキしながらアムロジンを飲ませてみる。

そして今。特に変化は見られない。よかった。

でも気になることもある。病院に連れて行ってから今まで、極端に飲水量が増えているのだ。
食欲もある。でもどこか元気がない。もしかしたらストレスで腎臓も含めた全身状態が悪化しているのだろうか。

明日、かかりつけ医にセカオピ師から頂いた診察内容のコピーを持って説明に行くつもり。でも血圧測定の件は言わないつもり。

今回の件で、少し向上心を持ってくださって、ポータブルの血圧計を購入しようと考えてくれないかな、と期待しているのだがどうだろう。
・・・そして私も、実は血圧計を購入すること、検討していたりする。
中古車の1台も買える価格。酸素室のレンタルや、血糖値測定器の購入、大学病院受診、とそこそこの出費にも口を挟まなかった家人も流石にこれについては反対なのだそうだ。そりゃそうだよなあ。

1週間後、血圧測定で新しい病院へ。そして2週間後、かかりつけ医で血液検査。ハードスケジュールを強いてしまって、よたには申し訳ないけれど、何とか左眼の視力は戻してあげたいし、腎臓の状態も維持したいし・・・

すまないけれど、頑張ってね。オバサンのわがままにもう少し付き合ってやってください。

腎不全の猫を飼っている方、血圧測定も忘れずに。光を失わせてしまってからでは遅いですよ!

| | コメント (0)

覚書ついでに―その1

あちらのブログに書くと、そのままいろいろな意味で終焉へ向かってしまいそうなので・・・

よたの瞳孔が開ききったままで、何となく「目が見えていない」ように思えたのは木曜日のこと。

結論から言えば、よたは、腎不全から高血圧症を発症し、その影響で網膜剥離を起こしてしまった。
右目は完全に失明、左目はまだ多少視力が残っているそうだ。


取りあえずかかりつけ医の受診日なので連れて行った。
この時点で、セカオピ師の診たて通り、腎不全からの高血圧症を疑っていたので血圧測定は最低限してほしかったのだが・・・

血液検査の結果、腎臓関係の数値はほぼ横ばい、貧血もなし(PCV36%)、食欲も若干亢進していて体重が50グラム増えた。
そして、視力の低下については老化が一因の網膜の炎症という見解を示し、心電図を取って(何故?)、心音を聴いて、高血圧の徴候はない、と断言した。
(…後にこの見解はセカオピ師に一笑に付されたのだが、シロウトの私にすら数分もあればいろいろな情報が収集できたわけだし、獣医師なのだから、もっと深い知識も得られるはずなのに…)

かかりつけ医では目に関しての検査はほとんど行うことができないことや、そもそも血圧測定すらできない(手術中のモニター監視を行っていない?!)という頭を抱えたくなるような獣医療ディバイド(?)に、今更ながら怒りや悲しみなど様々な感情を覚えながら、取りあえずセカオピ師の病院へ受診しに行くことは認めさせた。

車の中で、よたは落ち着きなく過ごしたが、到着した頃には意外と平静さを取り戻していた。良くも悪くも病院馴れしているのか、先生の物腰の柔らかさに安堵したのか、とにかく検査時間スタートとほぼ同時に受付、大きな手術も入っていなかったためすぐ検査に入っていただくことができた。

血圧は・・・わかってはいたが、数回測ったくらいでは変動が大きく、正直見た目には落ち着いていても興奮はあったはず。それでも200近い数値を3回出しているのでほぼ高血圧症だろう、ということに。
眼圧は正常、流涙量も問題なし、ただ眼内出血も見られ(これは車の中で発症したものと思われる。朝の時点では眼球に変化はなかった)、エコーで診たら確かに右は完全な網膜剥離だった。視力はゼロ。光も感じられてはいないだろうとのこと。
ただ、左はまだそれほど剥がれていないので、もしかしたら見えているかも・・・と先生が仰り、実際床に置いて歩かせてみたらきちんと物をよけているではないか。
(『お母さん、こっちにおいで、と呼びかけてみてください』・・・床の上におろされたよたを愛情込めて一生懸命呼んだのに、見向きもせずに明後日の方向に行きやんの(涙)。先生苦笑。オバサン、面子丸つぶれ(号泣))

腎臓のコントロールがうまくいっている以上、あまり積極的な治療はしたくない。腎臓と目なら前者を優先すべき、とセカオピ師は仰るが、高血圧症を放置しておけば心臓にも負担がかかるようになるし、腎臓にも更に負担が増すからここは放置してはおけないという点では私も先生も同じ考えだったので、降圧剤としては一般的に用いられるアムロジピンを処方してもらうことになった。

取りあえず何らかの方法で血圧をモニターしながら、まずはこの薬だけで様子を見ることに。上手くすれば左眼はもう少し良い状態に戻るかもしれないそうだ。

初めての病院なのに、何故か狼狽えることも怯えることもなく、驚くほどお利口さんだったよた。ちょっと見直したぞ。

会計時、遮光袋に入った薬を手渡された。1錠を4分割にして服用させるのだが、薬の性質上割った状態では出せないので、鋭利な刃物などで割ってください、とのこと。アムロジピンが遮光しなければならない薬だなんて初耳。もしかしたら動物用に特殊な薬が作られているのかもしれない。
5錠を4分割、20日分あるが、とりあえず2週間服用させてみることになった。

帰りの車の中で、開ききっていたよたの瞳孔がかなり閉じていることに気づく。
何の治療もしていないのに、人間ならある種プラシーボ?だけど猫だもの。そんなことはあり得ない。
ひとつ考えられることとしては、私(と運転手である家人)の心境の変化だろうか。

行きの車の中では様々な不安があった。
くどいようだが、この病院にセカオピで連れて行くと大抵末期で余命宣告されてしまって、泣きながら帰ってくるのがデフォルトだった。
それが今回は、完全な失明ではなく、左眼はまだ可能性がある。そもそも生きるの死ぬのではないんだもの、病状が。正直、喜怒哀楽に配点するなら喜50怒20(早期発見ができなかった自分に)哀10楽20、って感じ。楽観視はできないにしても、絶望はしないで済んだのだから。

・・・そんな気持ちをくみ取ったのだろうか。まさか、ね。

投薬は翌昼から。その前に錠剤をもう一度見ておこう・・・ん?これ、思いっきり普通の(?)アムロジンじゃないのさ。
そう、家人が飲んでいた血圧の薬と全く同じものだったのだ!!
いや、これ、遮光しろなんて一度も言われてませんけど・・・っていうか、思いっきり普通にテーブルの上とかに放置してましたが。

直径5ミリにも満たない錠剤を、おろしたてのカッターの替刃でサクッと分割する。
ピルカッター、捨てなきゃよかったな、と思いつつ何とか切り分けると小さなカプセルに入れる。出来上がった4個のカプセルを小さなポリ袋に入れてから遮光袋に戻して準備完了。

後は飲ませてから状態を観察して、もし変化が見られても実は何もできないのだ。怖い。
副作用として考えられるのは血圧の急激な低下だが、最低限の量なので、起きないと信じるしかない。

(翌日へ続く)

| | コメント (0)

美味しいコーヒーが飲みたい

我が家にドルチェグストがやってきた。
早速作ってみたのはラテマキアート。ほのかに甘くて香りも良く、家人共々大満足!
1杯当たりの単価が高いので、これまで通り来客にはバリスタで、そして私たちも1日1杯ずつ、と決めた。
いや、プレジデント使っているから、バリスタでも美味しいコーヒーは飲めるんだけど、でもやっぱり違う。
呼称を替えて高級感を出そうとしているけれど、インスタントはインスタントに過ぎないのだ。



セカオピ師の病院へよたを連れて行った。
案の定、かかりつけ医の診たて、を説明したら苦笑されてしまった。
こんなに有名な(私がちょっと調べただけでいくらでも症例が見つかる)のに、何故そんな荒唐無稽とも言える思い込みを口にできるのだろうか。

こういう装置、かかりつけ医は「ない」と仰っていました―私がそう言ったらセカオピ師は心底驚かれた様子で、「それじゃ、万が一の場合、訴訟では負けますよ」・・・いや、私もそう思いましたよ。まさか、と思ったもの。

病院には非常にいいタイミングで到着したので、すぐに検査してもらうことができ、立ち会いもOK。結果をその場で教えていただけた。

やはりセカオピ師が事前に仰っていたとおりの症状で、典型的な症例だった。
ただ、酷いは酷いけれど、多少の光明も見られて、なんと、我が家からの通院6頭目にして初めて、余命宣告を受けずに済んだのである!(?!)

・・・いえね、手術を重ねた上転移巣が見つかった、とか、そもそも末期で転院した、とかそういう話なので仕方ないのだけれど、「あの病院に行ったら生きて帰れない」的なジンクスが私の中にあり、正直連れて行きたくはなかった。
でも、今更他の病院なんか探せないもの。



いろいろ考えてしまって、昨晩はほとんど一睡もできないまま、だったので今非常に眠い。
今日こそは早く寝るぞ!

| | コメント (0)

ごめんね。

よたの通院日。
結果は・・・何を大事にしたらいいのか、それを考えなければならず、非常に気疲れしてしまった。

かかりつけでは何もできないことがわかった。そうではないかとは思っていたけれど、それが現実になってみて、突き付けられた選択肢。

取りあえず明後日はセカオピ師の病院に連れて行くが、場合によっては大きな買い物をひとつしなければならなくなるかもしれない。
かかりつけを丸め込んで(表現悪いか)買わせようと企んだけれどどうだろうか。
かなりこちらも真剣にお願いしたつもりだけど・・・

もう手遅れかもしれない。多分手遅れだ。もっと早く気づいてあげられたらよかったのに。もう謝っても謝っても謝り足りないよ。



仕事での来客があって、午前中は楽しい話で気が紛れたが、夜になればよたと向き合わなければならなくなる。
切ない。
命に係わる病では、まだ今のところないので、少なくともよたは、他の5匹のように「生きて帰れない」的な宣告は受けずに済む・・・よね?!

| | コメント (0)

・・・うーん。未熟者め。もっと勉強しなければ・・・

どうにもよたの不調が気になって、オブザーバー的にというかセカオピとしてご意見をうかがっている大きい病院の獣医さんに連絡してみた。

事前に症状をざっくり説明しておいたので、診察の合間に折り返しで電話をくださったのだが、正直私にとっては意外な病名を告げられた。

・・・完全に勉強不足。
先生の仰ったことは恐らく間違ってはいない。症状のほぼ全てが合致するし、決してマイナーな病気ではなかったのだ、特によたの場合。

ごめんね。もっと早く気づいてあげられたらよかったのに。
明日はかかりつけ医の診察日なのだが、果たして先生は気づくだろうか、そして何らかの対応をしてくださるのだろうか。

気合と根性の治療はお得意だが、新しい医療を取り入れようとする気概はない方なので、もうここは転院、というかこの症状に関してはセカオピ先生の病院へ長距離搬送して診てもらおうと思う。

よた、ごめんね。ストレスかけてしまうね。でも上手くすれば投薬で症状が治まるんだよ。
あなたにはまだまだ良いQOLの中で長生きしてほしいの。
3人でドライブ・・・でもあの病院に連れて行った子は全て逝ってしまった、それも短い期間で。
あまり縁起の良くないスポット(!?)かもしれないが、他に選択肢はないから。


今日は何もする気力がない(あ、いつものことか)が、家人も私もお腹は空くので、簡単に圧力鍋使ってビーフシチューにしよう。ホント、便利だ。未だに使う時は怖いけど(涙)

| | コメント (0)

さらばバリスタ(追記あり)

我が家で3年余頑張っていてくれたバリスタ氏が今朝とうとう力尽きた。

最期の一杯は、昨日午後来場されたお客様へお届けしたカフェラテ。
保温カップに淹れて蓋をして、仕事の現場にお持ちしたのだが、大層喜んでくださった。

今朝もいつもどおり、カフェラテを作ろうとしたら、急にライトが点滅し始めて、そこからは掃除しても何してもダメ。もう治りそうもないことはわかった。
ずいぶん使ったもの。十二分に元は取れたと思う。本当にお疲れ様でした。

そもそもコーヒー好きではなかった家人を、すっかり日本茶からコーヒーへ、と鞍替えさせてしまったほど、バリスタで淹れたコーヒーは美味しかった。
そりゃドリップ式には勝てない。私にだって違いはわかる。

でも、日に2杯程度の使用だから、粉をプレジデントと張り込んで、ミルクを生クリームにしたらまあ、なんて美味しいこと。
家人のリクエストで、ポーションタイプのキャラメルシロップをプラス。これはお客様にも好評で、幾度か作り方を訊かれたこともあった。

コーヒー好きが高じて、家人もドリップとインスタントの違いがわかるようになり、もっと美味しいものが飲みたい、とのたまうので、この機会とばかりに我が家用にはドルチェグスト、職場用にバリスタ、を新たに購入することにした。

今回は代引きにしたので、すぐ届くだろうし、早く飲んでみたいなあ。楽しみだ。
アンバサダーになっちゃおうかな、とも思ったけれど、嘘ついてまでタダで機械もらいたくないし(いや、本当に職場で使うこともあるので厳密には嘘じゃないんですけどね)。

美味しいコーヒー、明日の日本戦には間に合いそうにないけれど、決勝トーナメントの頃には・・・って楽観的すぎるかしら?
コロンビア戦、何とか頑張って欲しい。開幕前から「予選リーグ敗退でしょうね」などと家人には言っていたけれど、そりゃ本音を言えば勝ち上がってほしいもの。

仕事では、製品の修理についてもめている。
徹底的に修復するため会社に戻せ、という社長と、それはしたくない取引先との間で担当者が板挟み状態なのだそうだ。
第三者たる専門家に見てもらって判断を仰いだら?と家人に言ったら、それはそれでいろいろ問題があるそうで・・・何だそりゃ?
ホント、魑魅魍魎の世界だわ。あうううう。

野良氏、来ず。どうした?




(追記)
何故かバリスタ、数時間後に復活した(!?)
諦めきれない家人が試しに、と電源を入れてみたらちゃんと動いたのだそうだ。
でも、ミルクスチームが弱くなっているし、音もヘン。本調子ではない感じ。
ネスレのサイトで買ったのはドルチェグストだけで、バリスタはそのうち近所のイオンででも、と思っていたからセーフ。
もう少し働いてくれると嬉しいな。けっこうマメに手入れしていたんだけど、これからはもっとマメにやるから頑張ってね。

| | コメント (0)

低レベルだな、都議会の野次って

東京都議のセクハラ野次事件(だよね?もう)
愚にもつかない言い訳を垂れ流しながら往生際の悪さを露呈しまくりの男性議員がようやっと名乗り出た。

一度は否定しておきながら、逃れられないとわかると「あれは言ったがこれは言っていない」・・・じゃ、誰が言ったの?傍にいたのだからわかるでしょう?

確か、こういう発言をしたら辞職すべき、と仰っていませんでしたっけ?でも初心に帰って頑張る、って?
尖閣諸島に上陸して事情聴取された都議がいたけれど、この人だったそうで。
何かと深く考えることなく行動したり発言する方なんですね。

3人いるお子さんのうち2人は女の子だそうだ。
自分の娘が同じように野次られたらどうですか?誰か訊いてやってほしい。

自民党は、「残り半分」の発言者を特定し、こちらも謝罪させてください。みんなの党も、政治的に利用しようなどと皮算用せず、当該議員のみならず女性全体の立場に立って、ちゃんと事実関係を確認してください。


今日は朝から来客があったりして忙しかった。
午後からは用足しがてら買い物。ちょっと寄り道してケーキなんか買ったりして、でもカロリー考えて生クリーム系はやめてきた。
食べれば食べるだけ太る。かと言って食べなければ痩せるというものでもない。

私の場合、一晩寝ると約1キロ減る。どういう仕組みなのかはわからない。
寝汗をかくわけでもないし、寝返りはせいぜい2回も打てばいい方で、酷い時は23時に就寝、2時にトイレに起きるまで全く同じ向き(体の左側を下にしていることが多い)で寝ているから、鏡に映った顔が微妙に歪んでいる(下にしていた方に水分が集まって浮腫んでいる?)。

とりあえず、結婚当初に履いていたデニムが若干きつめながらも入ったので、第一段階はクリアかな。
でも、この程度痩せたくらいじゃ正直誰も気づいてくれやしない。ちっ。
ま、地道にやりましょう。あのスーツを着られるようになるまでコツコツと。

野良氏、来ない。今日で3日目。
去勢したから遠出はしないと思うのだが・・・キツネにやられていないかどうかが心配だ。どうか元気な顔を見せてほしい。早くもどっておいで!

| | コメント (0)

頑張れニッポン!(…と口にするとちょっと気恥ずかしい)

偶に家人が答えようのない疑問をぶつけてくるから困る。
今はそういう時期(笑)なので、こういう疑問がわくらしい。

『川島は何で独身なの?』―知るか

『長谷部は(以下同)』―わかるはずないでしょ?

日本代表の試合はもちろん見ている。
技術的なことはわからないけれどギリシャ戦、何故交代枠を一つ残したのだろう?疑問は残った。

例えば斉藤のように中央突破できるドリブラーを入れてみるとか、守りも考慮した上で青山を使うとか、思い切って本田を外せ、なんてわけのわからないことをのたまう昔の方はさておいて、何かもっとできたのでは?とどうしても思ってしまう。
香川をベンチスタートさせたところはよかったと思うけれど、今度は岡崎が何だかふわふわしていたように見えてしまった。

いずれにしてもあと1試合。それも他の国の試合結果に左右されると言う歯がゆい条件下で果たしてグループリーグを突破できるのか。
幸いなことに落ち着いて観戦できる時間帯での試合なので、じっくり腰を据えて応援したい。個人的には本田と大久保のゴールが見たい。

川島曰く「奇跡は信じない人のところには起きない」―もはや日本のリーグ突破は奇跡というレベルでの出来事なのだ。
どうかこの目で奇跡の瞬間が見られますように。

気分が落ち込んでいる時に、彼らのあの曲を聴くと元気になれることがわかった。
BOXのオマケ、PVやそのメイキングが収録されているDVDを見ているだけで少し心が晴れやかになる。
冷静に見て、ルックスは誰一人タイプじゃない。興味を持ったきっかけになったリーダーだって、どちらかというと苦手なタイプのお顔立ち。

でも、彼らは仲が良い。見ていて微笑ましいが、あの無邪気な笑顔にたどり着くまで様々な辛酸を味わっている。それがまたいじらしさを感じさせるし、応援したくなる。

今日も、夜半身浴しながらディスクを見よう。そうしたら明日はきっと今日よりも笑っていられる時間が長くなるだろう。
(イイ歳したオバサンが!というツッコミはなしの方向で)

| | コメント (0)

くだらない内容なのでスルーしてください

本当に身勝手極まりない。イイ歳して、どうしてああも自分勝手に他人の都合も考えずに振る舞えるのだろうか。
振り回されるこちらも、もういい加減腹に据えかねたので拒絶してみたが、果たしてどこまで真意をくみ取ってくれたのかわからない。
他に興味の対象が見つかるまではこの状態が続くのかと思うと心底ゾッとする。
どこまでも自分本位。あくまでも自己中心。
親も知っているけれど、確かにあの親にしてこの子、だと思う。
多分あの一族は皆そうやって、自分の歩きやすい道だけを歩いてきたのだろう。
その道を作った人、管理する人の苦労など、知らないし知ろうともしない人たちだもの。

・・・と怒りにまかせてここまで書いてきたが、まだイライラが治まらない。
平静を装ってこちらからかけた電話でお断りしたはいいが、更なる身勝手満載の「ご提案」に思わず皮肉交じりに疑問を投げかけてしまった。だってあまりにも・・・そう、実は内偵者(?)がいて、逐一情報を教えてくれるので、事前にこれについては知っていた。でももういい。書いていたらますます腹立たしくなってきた。何が起きようと、こちらの予定は変えないぞ。

実は疫病神的ジンクスの持ち主であるその人の首に、誰か鈴をつけてはくれまいか。
本人は無自覚だが、我が社の業績悪化始期とこの人のキャリアスタート時期がぴたりと重なるのだ。
この人が立ち会う大きな取引は成功した試しがない。でも本人は全くそんなこと意に介さず、今回もまた立ち会おうとしている。信じられないくらい太い神経。
正直私も家人も顔も見たくないのだが、立場上そんなことは間違っても言えない。

さて、明日は休み。朝から出かけてリフレッシュしてこよう。嫌なことは忘れ・・・たいんだけどね。もううんざり。

| | コメント (0)

できるかな・・・できないだろうなあ・・・(って、古い?)

昨日は無事冷麺を食べることができた。
ただし、少し冷ましてから載せようと思っていた味付けカルビは、焼いたまま、温かいままで食卓へ。
暑い時期ならここにビールでも、となるところだけれど、家人も私も到底そんな気分にはなれなかった。そう、相変わらず北海道は肌寒いのだ。

でも、この寒さなのにこの数日間で立て続けにアレが大量発生して、もう最近では叫ぶこともなくなったがそれでも生理的には見ていて非常に辛い。
猫のご飯の器に、ほんの30分ほど目を離しただけで何百匹となくたかっている。それも室内で、である。

今朝も、出た。
無言のまま殺虫剤を噴射、発生源を辿ってそこにも大量にスプレー。
ちょうど帰宅してきた家人も、こりゃ酷いな、と呟いたが、中にいる連中がほぼ息絶えて(あるいはその途中)いるのを見ると、ひょい、と器を素手で(?!)掴み、玄関へと持って行ってくれた。平気な人は本当に平気なのだ、アレ。

・・・本当に、それまで1匹もいなかったのが、30分程度で大群になっている。すごい行動力。感心している場合ではないけど。

無駄な殺生はしたくない。したくはないけれど、仕方がない。
だから、わかってほしいのだ。我が家には入って来ない方がお互いのためであることを。まあわかるはずもないだろうけど。
迷惑極まりない。猫いるからあまり薬剤は使いたくないのに、どうしても使わざるを得ない。

迷惑と言えば。

招かれざる客がまたもや来るらしい。冗談じゃない。こちらはいろいろスケジュール立てて動いているのに、それを引っ掻き回さないでほしい。
空気を読む、という発想はあの一族には多分備わっていないのだろう。

仕事のことでもいろいろあって、相変わらず天気同様気分は落ち込む一方だ。



そう言えば、最近ボラさんから連絡がこない。
先月の終わりころだったか、確認したいことがあってメールしたけれど、返事が来なかったので、そのうちどこかで遭遇するだろうと思っていたら、用がある時に限って出会わない。

私の手が必要ない状態だったり、、あるいは他にたくさん協力者が増えたのなら本当に嬉しいこと。
帯広の猫カフェのように、たくさんの協力者が集まれば、今までのように彼女だけが孤軍奮闘しないで済むし、そうなってほしい。

あんなに頑張っている人に何も協力できなくて申し訳ないと思いつつ、取りあえず私は、目の前にいる猫を何とかすることだけ考えることにした。
そう、野良氏、耳のケガはほぼ完治してくれたので、これからは時間をかけて信頼関係を築いていかなければ。
今は30センチ圏内、の間柄だが、何とか今年中には家に入れたいなあ。次回のワクチンまであと11か月。それは、我が家からキャリーで連れて行きたい。
・・・できるかな・・・あうううう。

| | コメント (0)

一曲集中←誤字ではない

昨日借りてきた1枚のCD。
イマドキは皆スマホにダウンロードするのだろう。レンタルCDは枚数も少なくなっていたので、お目当てのそれはすぐに見つかった。

早速帰路の車内でかけてみる。
・・・ん?あれ?思っていたほど良くないぞ。

歌唱力がそこそこ、の二人とかなり、の二人なのに、何故こんなに「歌謡曲」的なものばかり歌わせるのだろうか。もっと聴かせてくれる曲があってもいいのに。

そんなことを思いながら9曲目まで来た。そして・・・ハマった。

「チャンカパーナ」

これ、凄い。この曲の持ついかがわしさ全開のパワーときたらもう。
単純で即物的で(?)聴きようによってはかなりヤラシイ(笑)歌詞のおかげで、作りこまれたサウンドが引き立ち、耳について離れない。
リピート4回ですっかり諳んじて歌えるようになってしまったではないか。

もう止まらない。気づくと口ずさんでいる自分にびっくり。

先日彼らが出演した歌番組、録画しておいてよかった。お風呂用にこの曲だけ何回もリピート再生したディスクでも作ろうかな。

一昔前なら違ったハマり方をしていたかも(え?)しれないけれど、今はただ、純粋に彼らのファンになりたいと思う。ここまでいろいろな不運に見舞われた(件のパーナさん騒ぎも含めて)グループもそうはいないし。

そう言えば、テゴマスのCDは買っていたんだっけ。その時から縁があったのかもしれないぞ。

今日は朝から来客があったりして何となく落ち着かない。
団体客はスルーしたが、その直後に来た客人にはお付き合いして社内をご案内した。笑顔を大サービスし過ぎて顔が引きつってしまった。
久々にアルコールでも飲んで早く寝たいところだ。
ローテーション的に夕飯は冷麺なのだが、外、曇天で肌寒い。でもカルビが悪くなっちゃうし、今日はどうしても食べなきゃ・・・あうううう。なんと間の悪いこと。

| | コメント (0)

良いニュースばかり聞いていられたらいいのにね

本当は、最近ハマったアイドルグループについて書こうと思っていた。
でも、あまりにテンションの下がることばかり起きるので、少し気持ちを上げようと彼らのMVを休憩中にこっそり見たりもしたのだが、ダメだった。

次々とメンバーが、様々な理由で減っていき、今では半分以下になってしまった彼ら。
しかも最後に抜けた二人こそが人気を背負っていたという事実は否定できず、一時は解散か?!と騒がれもした。

でも彼らはそれぞれの持ち味を活かしつつも、それでも4人で活動する道を選んだのだ。

あまりに浅い知識と、親子ほどの年齢差。でも怯んでなんかいられない(え?)
取りあえずレンタルショップでCDとDVDを借りてこよう。そして勉強しよう。

もちろん、今の彼らが好きなので、4人体制になってからのそれ、しか借りない。
多分枚数も少ないはずだから、すぐに頭に入るだろう。よしよし。

・・・なんだかそこそこ書けてしまった(笑)
やっぱりこれも彼らのパワーのおかげかな。


http://gooddo.jp/gd/group/catcafewish 結局先週もヒトに差し切られてしまった。強いなー三陸。
夏はどうでもいいくそやくたいもない客が長逗留するが、秋になれば某身内がやってくることになりそうだ。
こちらは大歓迎。帯広の猫カフェへ同行する予定。ちなみに彼女にもクリックをお願いしてる。
このエントリを偶々ご覧になった皆様、ぜひクリックを!よろしくお願いします。

| | コメント (0)

休むどー!

お湿りが欲しい、なんて書いていたら、結局昨日までざんざか降ってくれやがって、あちこち冠水するは、JRは止まるは、でエライことになってしまった。

今日は休みなのだがあまり遠出もせず、ぼんやりのんびりと一日を過ごすことにした。
函館開催も初日を迎えるが、すっきりしない天気が果たして集客の妨げにならないか気がかりだ。

さ、お洗濯と簡単な炊事だけして今日はもう全部お休み。しっかり疲れを取って週明けに備えます。いろいろあるんだ、来週も。

| | コメント (0)

・・・でも多少脂はキツイかも

ついに、ついに手に(口に、か)入れることができた。
幻のジンギスカン、フォゲット。

Forget

お店で諸事情があって、なかなか仕入れることができずにいたとのこと。
昨秋から何度かアプローチしてみたが、その都度入荷の目途が立たないと言われて、半ばあきらめかけていたのだが、偶々先月、お店の近くを通る機会があったため何気なく立ち寄り、状況を聞いてみたらなんと!もうすぐ入荷すると仰るではないか。

ラッキー!とばかりに家人と喜び合っていたら、ただし、既に予約がかなり入っているため確実にお頒けできるかはわからない、と御主人から水を差されてしまってがっかり。
それでも、一縷の望みをかけてこちらの連絡先を置いてきた。

その日から約10日、もし購入可能なら連絡を下さると言う日の夕方、とうとう待ちきれなくなってこちらから電話をかけてしまったのが・・・

「ハイ、大丈夫ですよ。お値段がまだ決まっていないので、決まり次第ご連絡しようと思ってました」

思いがけないお返事にまたも二人で喜び合ったのもつかの間、決まったばかりの値段を聞いて一瞬怯んでしまった。
・・・敢えて書きませんが、こんな値段のジンギスカンなんて・・・でも、食べたい。この味はもう他の肉では味わえない。

家人の了解を得て2パック発注。買いに行く日に合せて味をつけ、熟成させておいてくれるとのことで、先週、買いに行ってきたというわけ。

とにかく、歯ごたえある柔らかさと、滴る肉汁、そして甘い脂身。
お店独特の味付けと相俟って、口に入れた瞬間幸せが広がる。
もう少し安かったら、とは思うけれど、まあ希少性から鑑みてこの値段も妥当なのだろうと思わないでもない。
以前はもうちょっと安かったし、普通に店頭に(少数ではあるけれど)あったので実家に送ったりもした。
上手く入荷できれば、また店頭に並ぶ可能性もあるそうなので、近くを通る時に立ち寄ってみようと思う。


雨も、私の住む地域は峠を越えたみたい。でもちょいとお隣になるととんでもない降水量だったようで、土砂災害などが心配だ。
明日から始まる函館開催、JRはちゃんと特急を運行させてくれますように。
ただでさえ本数が減って不便なのに、これで明日も、なんてことになったら多少なりとも入場者数に影響が出るでしょうし。
今年も、2回くらいは夏競馬を見に行きたいと思っているので、何とかJRさん、特急増便してください。お願いします。

| | コメント (0)

異変?

い、いったい何が起きたんだ?!

http://gooddo.jp/gd/group/catcafewish いつも応援クリックしている帯広の保護猫カフェ、トップに君臨しているぞ!

・・・多分、最終的には人間に負けてしまうのだろうけれど、今、瞬間最大風速を記録していることにびっくりしてしまった。いったい、どんな援軍を得たのだろうか。
私は淡々と日々クリックすることしかできないけれど(何か、高得点を出すとか、出すまでやり直せるとかからくりでもあるの?でも、それって卑怯なやり口だから、知ったとてやりたくはないけど)、他の動物愛護団体さんと共に常に上位にいて欲しいと心から願うばかりだ。


農産物のためにも(私は作っていませんが)少しお湿りが欲しいな、なんて思っていたらしっかり雨が降ってくれて一安心。
牧場なら牧草も伸びないから、この雨は貴重だろう。

雨の所為か、頭痛や肩こりが酷い。くそやくたいもない客は今回もさんざ迷惑振りまいて帰っていったが、それの子分(?)が再来月長期滞在するらしい。
その人には特に世話も焼かないで済むからいいけれど、やはりひとつ屋根の下に他人が滞在するのは気ぶっせいだ。
あちこち片づけたりしなければならないし、多分暑いし、で今から非常に憂鬱。
仕事でもアクシデント続発だし、家人共々気の休まらない日々を過ごしている。

何だか今年に入って、というか昨秋からいろいろなトラブルが起きていて、それらのどれもがここ数年来、いや、10年間以上起きていないことばかり。
お祓いでもしてもらった方が・・・って何回ここに書いたっけ?本気で一度考えなければならないかもしれない。あうううう。

気分転換で明日はヘアサロンに行くことにした。
パーマの待ち時間も、タブレットがあるから退屈しないし、タブレットと言えば、やはりやっとケースを発注できた。
綺麗な色合いなので、持っているだけで気分が浮き立ちそう。
ようやく使い方もわかってきたので(え?今頃?)、もはや手放せないツールになってきた。
だから当分スマホには買い換えないつもりだ。これとガラケーとの組み合わせ、私的には最強だと思うから。それにスマホのあの小さな画面ではとてもタイピングなんか無理だもの。

さ、今日はこれから台所片づけてさっさと寝ます。客が帰るとどっと疲れが出てしまって・・・歳だなあ。

| | コメント (0)

吸わないに越したことはないと思いますが

北海道は、喫煙率の高さで全都道府県トップだそうだ。
一番私が気になっていたのは、締め切った車内で母親や父親、あるいは祖父、祖母と思しき老人などが煙草をふかし、その隣に幼い子が載っている光景が多いこと。

それについて、6月8日付けのNHK NEWS WEBで興味深い記事が掲載されている。
大陸からのPM2.5が話題になっていたが、「たばこを車の中で吸った場合、PM2.5は環境省が外出を控えるよう呼びかける基準の140倍を超えるという研究データもある」(同記事から引用)そうで、この受動喫煙が乳幼児の突然死やぜんそく発作の引き金、呼吸器の発達遅れに繋がる可能性もあるのだとか。

受動喫煙については、医学的、科学的にどう、というより、非喫煙者にとってあの煙の臭いは不快で、しかも同じ空間にいれば自然とその煙は体内に取り込まれてしまうのだから非常に不愉快なことだ。
車の窓を開けて、外に煙を吐き出しながら吸っている人を見ると、窓を閉めて自分の車の中だけで完結させてほしいといつも思う。外の空気を汚すな、と。

田舎はえてして禁煙どころか分煙化も進んでいないので、私の住む街でも完全分煙、あるいは禁煙の飲食店は少ない。
健康志向のカフェでさえ、幼い子を連れた母親たちがスパスパと吸っているのを容認しているのだから。

成長途上にある柔らかい細胞にはPM2.5をはじめとした有害物質はきっと、海綿に水がしみこむかのように吸い込まれていくだろう。
ただ、受動喫煙が及ぼす害については、禁煙外来に呼び込もうとする勢力とたばこを買わせたい勢力とで様々に言い分があるようだ。
でも、実際に夫が喫煙者、妻は非喫煙者であるにも関わらず、妻がCOPDに罹ってしまった例をテレビで見て、私はゾッとした。

幼子がいるうちだけでも、たばこ、我慢できないのかな?そんなに北海道民ってこらえ性のない、利己的な人たちばかりなのだろうか。
(・・・そうかもしれないと思わされる時も少なからずあったりする)

そして、飲食店ももう少し分煙、禁煙化について前向きに考えてほしい。

| | コメント (0)

女工哀史?!

ゴールデンで完全生放送された総選挙。国政選挙並みの騒ぎに鼻白んだ方も少なからずいらっしゃるだろう。
私は違った意味で、ほぼ無関心だった。
というのも、所謂推しメンが卒業宣言、選挙不出馬を早々に決めていたからである(ちなみに、昨年は投票券入りCDを1枚買ったので、それで1票を彼女に投じた)。

結果は王道ド直球が変化球に勝った、という、ちょっとすっきりしたオチ。
ただ、ザッピングで彼女らのあいさつをちょいちょい見ていたら客観視できたためか非常に違和感が感じられるようになってきた。

・・・結局、金、なのだ。

投票権を得るためには、CDを買わなければならない。
かくして自分の推しメンを少しでもいい順位にすげたいから、とファンはCDをしこたま買う。
そして、投票権=投票券をそこから抜き取ったら、もはやCDは彼らにとってただの抜け殻。中古屋に転売するならまだいいが、中には廃棄する輩もいるそうだ。

音を為すために作られたはずが、一度も音を出すことなく、なんなら一度たりともケースから出されることすらなく廃棄されてしまうCDの立場は?

それならいっそ、単品で投票権(券)のみを売ればいいではないか。いや、それじゃCDの売り上げが伸びないか。

今回投票券が封入されていたシングルCD、実はいい曲だ。
詞は例によって陳腐で、いかにも量産された、嫌なこなれ感満載だけれど、メロディがとても爽やか。なんならダウンロード(購入)してもいかな、と思っている。
なのに、その曲は二の次の扱いだという現実。売れさえすれば、数字だけあればいい、というこの商売は本当に阿漕であざとい。

話が逸れてしまったが、様々な思いに涙したり歓喜の表情だったり、でスピーチをする彼女たちを支えているのは、結局ファンが落とすお金の多寡に過ぎないという現実。
それを知っていても知らないフリ見ないフリで結果をあーだこーだと騒ぎ立てるマスコミ。
公式ライバルとやらからも交換留学生(?)が入って来ていたが、これも、そのライバルのファンたちにまでCDを買わせようという魂胆なのでは?と思ってしまったが、あながち間違っていないのでは?

これ、公平公正な選挙を行うのなら、ファン一人につき一票、にすべきだろうし、運営サイドはそもそもそんなことはまず考えていないから決してそうはならない。

少し前に起きた握手会での襲撃事件も、起こるべくして起きたわけだし、ファンを信頼していた、と言えば聞こえはいいが、要は性善説に甘えて警備代や人員配置を省いていただけのことで、結局矢面に立つのは弱い立場の彼女たち。

彼女たちが稼ぎ出す利益で、贅沢な暮らしをしている周りの大人たちの中にはJRAの馬主までいる。
女工哀史、とまでは言わないが、馬1頭の1か月分の預託料の、何分の一もお給料をもらえない子たちが一生懸命歌って踊って、それで暴漢に襲われて怖い思いや痛い思いをするのではあまりに理不尽だ。

なんだか怒りにまかせて支離滅裂になってきちゃった。こんなことを真剣に書く理由もないけれど、フジテレビをはじめとするマスコミの騒ぎ方に不快感と違和感を抱いたので・・・あ、選挙の司会者の元アナウンサー氏にも、か。



今日はGⅠがあるけれど、あまり興味がない。
多分馬券も買わない。テンション上がらない曇天の一日。

| | コメント (0)

来た!

野良氏、空腹には勝てなかったらしく今朝、玄関先に登場。
思わず安堵で膝から崩れそうになった。

耳のケガは・・・んーあまり良くなっているようには思えないが。
でもまあ見た目には変化もなく、元々警戒心むき出しで剣呑とした目つきだったのが、更に厳しさを増したくらいで(あうううう)、取りあえず生きていてくれただけで嬉しいよ、オバサンは。

出来ることは全てしてもらおうと、欲張って3種混合まで打ってもらったのが失敗だったかな、とか、チキンハートにあの一連の出来事は耐えきれないものだったのかな、とか心配したけれど杞憂だったわけだ。

また毎日おいで。で、去勢効果で少しは穏やかな性格になり、私たち人間にも少しは馴れておくれ。いずれあなたの将来を引き受けるつもりなんだからね。なんて言われたってわかりゃしないだろうけどさ。

捕獲器は綺麗に洗って(家人が)、バイオウィルクリアで殺菌消毒して(家人が)、畳んでしまいました(これは私が)。
厚さ数センチ強の箱にすっぽりと入ってしまうコンパクトさ。おかげで場所を取らずに収納できるからありがたい。

当分使う機会がなければいいんだけど、こんな山奥だから偶に捨て猫とか出現するからなあ。
これまでにもそれらしいのを4匹、野良を4匹確保、じゃなくて保護したし、繁殖制限手術だけしてリリースしたこともあったし、で初代捕獲器(レンタル後所在不明)は大活躍してくれた。
今回のは初出動だったけれど、まあまあ使い勝手は悪くない。
でも、梱包を解く日が来ませんように。


昨日のメニューはインドカレー(バターチキン)、その前の日は冷麺。いずれも私の大好物であり、炭水化物でもある。我ながら美味しくできたと思う。
麺もご飯(もちろん玄米)も控えめにしたが・・・あううう、それでもやはりウエイトが・・・
某ジョッキーじゃないけれど、手首を握ってみるとだいたい体重の増減がわかるようになってきたのだが、昨日から左手首、やや太くなってきた(涙)

このままではいけない。今日の夕飯は何作るんだっけ?
・・・酢豚だよil||li _| ̄|○ il||li(家人のリクエスト)

頑張って明日の休みはあちこち動き回ろうと思います。でも昼、外食する予定で、カレーもしくは久々にうどん(店は別、カレーのお店がNGだったら移動してうどん)なんだよなあ・・・今夜はちょっと頑張ろう。もうスーパーデブには戻りたくないもの。

| | コメント (0)

きゃらぶき、私はあまり好きではないけど

家人がふきを採ってきた。
私的に、もう山菜シーズンはオフに入ったのであまり気乗りはしなかったが、取りあえず下処理して水にさらしているところ。

高野豆腐と煮たり、さつま揚げと炒めたり、それでも残る分は細いのを選んで「きゃらぶき」にすることにした。
調べたらいろいろなレシピがあるが、お手軽そうなものを選んでチャレンジしてみよう。

後は実家の母に。
去年はサボってしまったから、今年は送ります。葉っぱも少し入れたからね。

異常気象とも言える猛暑が続いた北海道。
この2日間で第一次産業は大きく影響を受けただろう。
何しろ寒暖差が激しいから体調も崩しがちだし・・・と言っても太平洋側は季節相応の気温なのだけれど。

昨日、買い物しようと街まで出かけたら、財布を忘れて・・・じゃなくて(え?)、車の中の温度計では外気温15度。
どちらかというと山間部の我が家を出るときは確かに20度を超えていたはずなのに、15度なんて、ああ、きっと温度計壊れてしまったんだ、買い物が終わったらディーラーに持ち込んでみよう・・・と思いつつ、時間もないので帰路についたら、海岸から離れるにつれて外気温の数字は徐々に上がっていくではないか。

・・・確かに、街で車から降りたら風は冷たかった。日差しはじりじりと照りつけるけれど、日陰に入ると半袖ではいっそ肌寒ささえ感じた。

そして夕方になれば、気温は一層下がってもはや半袖では外を歩けないくらい。本当に北海道は広いのだ。

ホント、ここは過ごしやすい土地だ。内陸部のような暑さだったら手術した野良猫もそうとう辛かっただろう。
だってこんなに快適な温度でも来ないもの。全然姿を見せないもの。どうしているのかな。生きていてくれるだろうか。

以前ネズミを持ち込んで(涙)玄関前で美味しそうに召し上がっていた姿を見ているので、何とか自給自足でやっていってくれていればいいのだが・・・

やはり生粋の野良には、厳しすぎる経験だったのだろう。
早く心に負った傷が癒えて、空腹に負けるくらいになりますように。
あんたのために買ったご飯、まだまだ残っているからね。

| | コメント (0)

あづい・・・なんて言ったら怒られちゃうか、この程度で

恐らくヤツにとっては「俺は虐待された」という認識しかないはず。

いきなり拉致され、護送され、閉じ込められた狭い金網の中で威嚇していたらいつしか尻に注射をされて眠らされ、気づけば耳の傷は痛む、股間も痛む(去勢)、でまた金網の中。

そしてまたもや護送され、帰路はハイスピードで(往路は安全運転の家人が担当)揺られたため車に酔い、這う這うの体で地面に下され、ようやく解放された。

これはどう考えても虐待に他ならない、本猫にとっては。

・・・わかるわけないもんね。自分の身に何が起きたかなんて。
耳の傷が相当酷くて、もう少し手当が遅れていたらどうなっていたかわからない、とか、Fivプラスの身で交尾したら他の猫に感染の可能性が、とか、これでもう遠征しなくていい、とか、そんなことはヤツには理解できっこないから。

それでもいい。
どうせ自己満足だ。ボランティアとさえ言えない些末なこと。感謝を求める方が間違っている。

いや、私のこと嫌っても恨んでも構わないから、ご飯だけはまた食べに来てちょうだいな。
そう、予想通り今朝はご飯を食べに来なかった。
それが、学習によるものなのか、それとも体力が落ちていて来ることができないのか・・・前者であってくれればいいけれど。
まあ精神的なショックもあるはずだから、後は少しでも早く嫌な記憶を忘れてしまうこと。どうか嫌な記憶より食欲が早く勝ってくれますように。待ってるからね!

今日は暑い。
特に北海道でも内陸部は猛暑日だそうだ。そちらにお住いの皆さまはさぞ辛かろう。ホント、つい数日前までストーブつけてたのにさ。
我が家は太平洋岸なのでそれほど気温は上がっていないが、やはり外気の匂いが夏のそれ、にいきなり変わっていてちょっとびっくりもしている。

私も家人も、訪れる取引先の我が社への貢献度や業績に応じて尻尾を振る量(?)を変える。
今日商品を見学しにいらした社長には、笑顔のみならずアイスコーヒーまで振る舞った。そのためのプラカップ&キャップとストローも完備(?)しているのだ。

これが大して・・・な社からの来客だと、控え目笑顔と社交辞令のみ。間違ってもお飲物なんか出さない。

でも仕方ないよね。こちらは出来得る限りいい状態で仕上げた商品をお渡ししているのに、それを全く無駄にされてしまうんだもの。そういうことが続くと社員の士気も落ちてしまう。

これから市場が移動することもあって来客は増えそうだ。笑顔の練習をしておかなくちゃ(え?)

| | コメント (0)

獲ったどー!(追記あり)

ついに、ついに外猫の捕獲が成功した・・・って前回も含めまだ3度目のトライだったんだけど。

流石に私も知恵をつけた。
金網の感触を嫌がるから床に一枚新聞紙を敷く、というこのひと手間が劇的に功を奏したようだ。

悪用防止のため詳細は省くが、その他にも幾つかの手間をかけ、結果、無事ヤツは捕獲器の中に入ってくれた。ま、ちょっとちびっているからヤツにとっては無事ではなさそうだけれど。

・・・ああ、捕獲器貸さないでおいてよかった。上手くいってみれば確かにコンパクトだし折り畳み式で場所取らないし、でこちらの方がお手軽でいいかも。お値段もお手軽だし。
そう、初代の大型器はこの折り畳み式の5倍以上の価格なのである。
それだけ作りもがっちりしているし、なんならアライグマくらいは余裕で入る。
でも、私は猫にしか関わらないので、猫を捕獲するならコンパクトで十分。

これからかかりつけの病院に搬入して、後は仕上げを待つばかり。
去勢、耳の治療、血液検査、とフルコースで・・・少しは割り引いてくれるといいけど、先生もお子さんの学費あるからどうだろう(え?)

さ、そろそろ支度しなきゃ。続きは夜にでも。


・・・迎えに行ってきた。
結果Fivだけプラス。傷は周辺の皮膚に損傷が酷くて縫えないので、焼烙したとのこと。コンベニア注で仕上げて、さてどうなるか。間違っても軟膏なんて塗布できないもんね。
去勢、3種混合ワクチン、駆虫(レボ)、とここまでしていただいてお会計は・・・うん、多少は安くなっているようだ。

行きも帰りも一声も上げず、こんなに水分摂ってたの?!と聞きたくなるくらい何度も尿を漏らし、暴れて口の中を切り、あ、帰路は私も早く帰ってあげたくて飛ばしたから車に酔ってしまったようだ。

取りあえず家の前で放してあげたら一目散に逃げ出していった。
でも、車を入れに行ったらガレージの中にいるんだもの(笑)
ヤツも「しまった!」という顔で固まってしまっている。かわいい。

当分ご飯食べに来ないだろうな。これだけ怖い思いさせられたらもう仕方ない。
気長に待っているからね。もう去勢しちゃったらメスを求めての遠征もなくなるし、後は安定の家猫暮らしをゲットできるくらい私たちに慣れてね。

| | コメント (0)

今日は何の日?PART2(?)

今日は、最愛の猫みーちゃんが残した子たちの誕生日。
みーちゃんが生涯でただ一度出産した日でもある。

特別のことはしなかったけれど、やっと入手できたドライフードを振る舞ってみた。やっぱり食べる。がっつり食べてくれる。

ま、いつまで飽きずにいられるかもわからないので、小出しに小出しにしていこう。ある意味最後の砦だから。

16歳って言えば人間なら齢80、もう爺さんも爺さん。
確かに老化現象も見られるようになってきてはいるけれど、そして兄のかのは逝ってしまったけれど、よたはまだまだ元気だ。

どうかこのまま少しでも長く、元気で生き永らえてほしい。頑張ろうね、お互いに。


東京優駿、締め切り間際に少しだけ買ってみた。もちろん外れ。
応援していた馬から、8枠の2頭に流す。でも勝ち馬は切ってしまっていたから・・・
それにしても、あの逃げ馬を何故出走させたのだろうか関係者は。
一生に一度だから?思い出づくり?走らされてしまった馬はたまったもんじゃない。
しかも暴走でしかないあの逃げ。あれでは故障してくれと言わんばかりだ。幸い右寛跛行で済んだからよかったものの、いや、まだわからないぞ。興奮が冷めた翌日くらいに故障が発覚することも少なからずあるのだから。

その前の8Rでまた福永がやらかした。
このヒトと猿もどきの二人は人間として何か大事なものが欠落しているとしか思えない。
反省だけなら猿でもできる。ならば猿以下、ということか。反省なんかまったくしていなさそうだもの。
いったい幾度制裁されれば気が付くのだろう。否、気づいていても確信犯的に妨害行為を為しているのかもしれない。

福永は家庭を持ち、子供も生まれているのに全く変化なし。同じ過ちを過ちとも思わずに繰り返す。
配偶者はフジテレビのアナウンサーだったけれど、果たしてそんな夫をどう思っているのだろう。

とにかくこれで来週のGⅠは乗り替わりだ。馬が強いから、誰が載っても勝てるだろう。
真の制裁として、このまま手替わりさせてしまってほしいけれど、きっと甘やかす馬主はたくさんいるだろうから、このヒトも猿もどきも一生反省もすることなく騎手人生を送るんでしょうね。ホント、理不尽。

| | コメント (0)

今日は何の日?

昨日のフィットメーターは7000という数字を叩き出した。
アウトレットモール、大型書店、と店の中をうろうろしていればまあそれくらいにはなって当然だと思う。

足もとはサンダル。そう、件の「すげー高い」方を思い切って下してみたのだ。来月中に一泊で出かける際に履こうと思っていたから、その予行演習を兼ねて。

結果、それだけ歩いたにも関わらず、足は全く痛くならなかった。
靴擦れもできなかったし、ストラップが当たる場所は少し赤くなったけれど、もう帰宅して脱いだらすぐに治ってしまったではないか。

靴だけは、値段に比例するのだ、と痛感させられた。


今日は東京優駿の日だ。
私が応援するのは、3冠馬の資格を持つ唯一の馬。騎手はあまり好きではないけれど、マドンナの曲のタイトルもなったその綺麗な馬名を直線で連呼し、おめでとうと言いたい。馬券は・・・難しいからやめます(え?)

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »