« 焦燥感漂う終末 | トップページ | 昨日と今朝のこと »

猫とプリンタと胃薬と

インクジェットプリンタが故障した。唐突に。

前日まで普通に使えていたのに、昨日の朝、電源を入れたらPCのモニターに「なんか知らないデバイスがあるよ」(意訳)とメッセージが出たのでどれどれ、と調べてみたらどうやらプリンタのそれ、らしい。

んなこたなかろう、と電源入れ直したり、USBの場所変えてみたりしてみたがunknown、のまま。
おかしいなあ。windowsが勝手にアップデートした時に、古いプリンタだからドライバが対応しなくなってしまったのかしらん、とプリンタのメーカーのサイトで確認したけれど、ドライバは最新のバージョンだった。

で、プロ(?)に電話してSOSを出したら、「ああ、そりゃプリンタの故障だね」・・・ええっ?!
どうもプリンタ内部のコネクタがダメになってしまっているらしい、とのこと。
そうなれば修理しなければならないけれど、もちろん保証期間なんかとっくの昔に終わっているし、往復の送料と部品代で多分新しいプリンタが購入可能だ。

というわけで、今日、買ってきましたプリンタ。
いや、安くなっていてびっくり。数年以上前に買った今回壊れたプリンタの半額以下でもっと性能のいいものが買えるんだもの(何だかコンデジの時もPCの時も同じ感想を書いた気がする)。

早速セットアップしてみる。
・・・ていうかね、何で昨今の商品は、マニュアルがついていないの?
オンラインで見ればいいっしょ、ってかい?いちいち面倒くさいんですけど。まあUSBで接続するから難しい設定も何もないんだけどさ。

とりあえず設定も終わって試し刷りしたら、なんとまあ綺麗な仕上がりだこと。
しかも、その気になれば私のタブレットも接続できて、撮影した画像なんかも簡単に印刷できるんでしょ?すごいなあ。あくまでもその気になってきちんと設定をすれば、の話ですが。

明日から早速仕事ですよ。プリンタさん、これからよろしくね。

ただしこのプリンタ、重大な欠点がある。それは、猫が踏んだらスイッチが入ってしまうこと―つまり、上面にスイッチがあり、しかもそれが猫の踏みやすい場所であるのだ。
・・・猫飼ってない人には何てこともないですが、我が家では非常にヤバいので、プリンタはいちいちコンセントの方でオフにすることにした。どうでもいいお話ですね。

くそやくたいもない客の所為なのか、自分自身の不甲斐なさ故なのか、胃が痛い。痛くて薬を飲んだけど、なかなか効き目が表れない。
・・・こういう時にとても良く効いた薬があったんだ。そう、それは液体の胃薬マーロックス。
何だかトラブルがあって10数年前だったかに回収が入ってからこっち、市販されなくなってしまった。
あのスッキリした飲み口は今でも忘れられない。

昔、職場で皆胃がきりきりするような仕事をしていたため、給湯所にある冷蔵庫で自分の名前を書いたマーロックスをボトルキープしていたっけ。
あれを飲んだらいろいろな意味でこの痛みがおさまりそうな気がするんだよなあ。そう、薬効+ノスタルジー・・・なんてね。

|

« 焦燥感漂う終末 | トップページ | 昨日と今朝のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 焦燥感漂う終末 | トップページ | 昨日と今朝のこと »