« 私は? | トップページ | うーん。 »

そういう時期なんですね

最終回ラッシュの中で、毎週楽しみにしていた2本のドラマがどちらも偶々フジテレビのそれだったことにちょっとびっくり。
ここのところあまりフジテレビとは縁がなかったので・・・
1本は今日の「昼顔」、そしてもう1本は言わずと知れたあのキムタクのドラマ。

先に最終回を迎えたのはキムタク「HERO」。
・・・最大の山場である法廷のシーン。
お恥ずかしいことに(?)録画してあったのを2回見直してしまった。
いや、キムタクがキムタクたるゆえん、というか、冷静に見ればルックスはさほど魅力的ではない。彼の魅力は別の所にあるのだと改めて思い知らされた次第だ。

ただ気になったのは、キーマンになった証人の元検事。
彼は弁護側の証人として出廷し、淡々と過去の起訴を正しいものと証言したのち、久利生検事のスピーチ(でしょ、あれ)によって翻意、検察側の主張に沿った形での証言を始める、という設定なのだが、「懺悔するために出廷した」なら何故あそこまで久利生に語らせるまで沈黙していたのか。

そりゃね、ドラマですから。いきなり弁護側の質問を遮って、あたしゃ間違ってましたよ、なんてやっちまったらあのシーンは1分くらいで済んじゃうしね。
でも、話題になっている鍋島さんのお墓の前での線香吹き消しシーン(あれはスタッフが悪い。あの歳でマナーを知らない演者も演者だが、周りの誰もが気づかないなんて・・・)や、これは私が気になった、麻木事務官の被疑者を「こいつ」呼ばわりとか、ツッコミどころ満載なのは如何なものかと。
面白かったからこそ、もう少し細部にわたって気遣いのあるドラマ造りをしてほしかった。とても残念。

さてさてもう1本の方はと言うと・・・もうグッダグダだよなあここまで。今日がいよいよの最終回。
大好きな脚本家の作品だから期待していたのに、録画しておいて後追いしているけれどもうどうにもこうにも、誰にも感情移入できないドラマも珍しいわ。

上戸彩ちゃんは意外にこういう役柄が違和感なくハマる。それにだけは素直に感心できたんだけど、他の、特に北野の妻のキャラがあまりにステロタイプで視ていて不快。
それでもあれだけグッダグダのド~ロドロに展開したお話をどう1時間(ドラマ内時間はさておき)で収束させるのかが最大の焦点でしょう。

さてこの2本のドラマ。
リアルタイムで視ていないとさり気なく書きましたが、実際そういう人少なからずいるのでは?

どこぞやの新聞か雑誌で録画視聴率も調べる、なんて記事も目にしたけれど、それをやるとずいぶんランキングなんかも変わってくるのではないだろうか。
これ書くと複雑な気分になられる方もいらっしゃるだろうけど、録画してから見る方が、CM飛ばすことができたり、聞きそびれたセリフを聞き直したりできてよかったりする。
最近は家人も同意見で、バラエティなんかリアルタイムで見られる時間帯であっても録画して翌日視るようになってしまった。

今じゃ録画したものをタブレットやスマートフォンに持ち出して視られたりするんでしょ?
いつまでもリアルタイムのそれだけじゃなく、録画分まで加算した数字を調べるべきではないでしょうか?なんてね。

|

« 私は? | トップページ | うーん。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私は? | トップページ | うーん。 »