« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

単純に楽しく見られたあの日が懐かしい(?)

箱根駅伝の区間エントリーが発表になった。
私が一番注目しているのは城西大の1区。え?何で、って?

2区は、駒澤も城西もそれぞれの(笑)村山を配してきた。ここで兄弟対決、それも抜きつ抜かれつのデッドヒートを見たいのなら、駒澤はエースクラスの中村だから、城西の1区が彼に見合うだけの力を持っているランナーじゃなかったら、僅差での襷リレーにならなかったら成立しない。

明治も駒澤も往路で勝負をかけてきた感じかな。
駒澤は馬場がいる。明治は文元か。早稲田は山本、青学は神野。
東洋の服部弾、大東の市田宏、青学の久保田など各大学が隠し球にしている選手の起用も気になるけど、エントリー通りならば往路は駒澤、そして明治と意外に神奈川辺りが健闘しそう。

それにしても。
花の2区とまで謳われたのに、最近では名実ともに5区が主役になってしまった。
山登りと山下りは特殊な区間で、走り方も全く平地とは違うものが要求されるから、一度ハマった選手はそこから計算できるようになるけれど、事前にいくらシミュレーションやトレーニングを重ねて適性を見極めたつもりでの起用でも、いざ本番でとんでもないブレーキになることもある。

結局5区を制する、もしくはそこで大崩れをしない、ということが大事になってくるわけで、そういう意味では東洋、今年はどうか。

私は今年も明治を応援したい。そして上武のシード獲りを見てみたい。
明治は、八木沢不在が痛いけど、文元の5区がちょっと不安だけど、頑張って欲しい。監督が植えたあの月桂樹で勝者のための冠を作って欲しい。

ニューイヤー駅伝のガイドブックも買ってきた。
いやいや、懐かしい顔がたくさんいて嬉しくなっちゃった。
注目はコニカミノルタと日清食品と旭化成。って王道の優勝候補ばかりか(笑)
あんなに鎧坂先輩を慕っていた明治の北は故郷を選んて中国電力へ。出岐と共にぜひ頑張ってほしい。

で、その鎧坂のいる旭化成は、何だか今年卒業の4年生からそうそうたる顔ぶれが入社予定だそうで、彼もうかうかしていられない。ぜひ派手に活躍してほしい。

そして、違った意味で(?)毎年注目していた安川電機。家人共々帝京大時代から応援していた飛び、こと飛松が一線を退いてしまって本当に寂しい。
2011年は忘れもしない。彼がアンカーで、5区の黒木、6区の小畑と大奮闘しちゃって予想だにしていなかった(すみません)トップで襷を渡された!
・・・当たり前のように抜かれてしまったけれど(だって持ち時計が違うもの)、それでも大健闘の4位フィニッシュ、は素晴らしかった。
でも、その4位以降ずるずると成績が下がってきている。来年は何とか巻き返しを図ってほしいところだ。

ちなみにこの会社には、昔仕事で伺ったことがある。かれこれ20年以上前のことだから、様変わりはしているだろうと思うけれど、確か木造の、雰囲気のある社屋だったような。
そんな縁もあって、そこに飛び入社!で応援しているというわけ。

ニューイヤーは安川電機入賞(流石に優勝は・・・)、そして箱根は往路復路どっちでも、もちろん完全優勝でもいいけれど、明治。一生懸命応援したい。
天候は今一つみたいだが、他の選手たちも皆、頑張って!!

昨晩、夕食後何故か胃がむかついて仕方ないので早めに部屋に戻ってソファに腰を下ろした。
そして、ちょうどアメトーーク!の5時間スペシャルが始まった辺りでムカつきが吐き気に変わり、腹痛も始まった。

・・・あの時と似てる。

そう、ン十年近く前のこと、職場で振る舞われた弁当を食べて食中毒を発症したあの夜。
(ちなみにその弁当、隣の課の業務を手伝った代償で振る舞われたもので、4年ほどいた職場では年数回行われるその業務を手伝ったこと、その1回だけなのだ後にも先にも。ある意味大当たりである。あうううう)

その後、大変尾籠な話なので、お食事あるいはティータイム中の方には申し訳ないのだが、洗面器を抱えてトイレとリビングを往復する、という非常事態が約1時間近く続いたと思われる。

ほぼ全て終息した段階で、アメは「出川と狩野」が既に終わり、運動神経悪い芸人がソフトボールをしていた。その間、ほとんど記憶がない。

嵐が過ぎ去れば、熱があるわけでもなく、風邪的な諸症状は一切ないまま、胃液に荒らされた喉の痛み以外はもう回復した。いったいあれは何だったのだろう。
昨日の朝から口にしたもので、家人と共通していないのは甘栗だけだ。約10個。こんなので中る?!
取りあえず今朝はお粥さんにしてみた。怖くて他の物が食べられない。
このまま治まるといいなあ。ダイエットは続行中だけど、お節も食べたいし、珍しく今年は黒豆煮たし、お雑煮も楽しみなんだよなあ(おい)

それでは皆様、良いお年を。

| | コメント (0)

お疲れ様でした

びっくりしたなあ、もう。

世界選手権代表に決まったというのに、それを辞退してまで突然の引退。
もったいない、という気持ちももちろんあるけど、それ以上にただただ残念でならない。

町田樹の演技は一種独特の雰囲気があるように思える。でもそれは私のような素人にとっては彼の普段のコメントなどから与えられた先入観のなせる業なのかもしれない。
それでも氷上での彼は、表情から指先まで全てが「何かを表現している」から目が離せなかった。好き嫌いを超越して、気になって仕方ない人ではあった。

とにかく、プロスポーツ選手らしからぬ語彙を当たり前のように駆使して、本人は大真面目なのに、何故か聞き手もこちら側もフッと気持ちがなごんでしまう発言の連発。ファンだけでなく、マスコミにとっても貴重な存在だったろう。

4回転が安定してきて大崩れしなくなったし、羽生といいライバル関係になってくれたら、と期待していた人は少なからずいたと思う。私もその一人で、そこに全日本2位の宇野や今回復調してきた小塚なども加えて日本男子黄金期を築きあげて欲しいと思っていた。

でも、スポーツ選手のセカンドキャリアに関してはJも野球もようやく大きな課題と捉え始めていろいろな動きを見せているし、フィギュアスケートの場合はキャリアを活かすならプロか指導者か、しか選択の余地がないわけだから、競技人口が世界の強豪国に比べていくら少ないとは言っても競技者の全てが全て、スケートに関する職を得られるとは思えない。

そんな中で彼がどんな研究を何のためにどんな形で行っていくのかは興味深いし、その結果やプロセスについてマスコミも、彼が迷惑に感じない程度に後追いしてくれたら嬉しい。

それにしても。
プロアクティヴにしてもDHCにしてもクレアラシルにしても、どこか無償で彼にスキンケアセットを供与してあげたらいいのに。いい宣伝になるのに。
真鍋かをりだって、レッズの陽介だって、関ジャニの村上だって、そりゃ有名人だけど、今のこのタイミングなら宣伝効果大だと思うぞ。
顔立ちはいいのに、あの肌はちょっとかわいそう。何とかしたってください。ライトファンとしてはぜひお願いしたい。

今朝、家の裏手で白っぽくて可愛らしい生き物を見た。小型のリスのような?調べてみたらどうやらエゾモモンガのようだ。
枯れた木のうろに住みついたらしい。いやあホント、くりくりお目目でなんと愛くるしいこと。
ここのところいいこともないので、こんな些細なことでもやけに嬉しい。


不明のエアアジア機、早く見つかりますように。それにしても何故またマレーシア?

| | コメント (0)

静かな年の瀬

疲労感がなかなか抜けないし、腰痛も出始めている。寝違えたらしい背中の痛みもあり、今日は何もしたくない。いや、していないんだけど実際(いいの?!)

昨日の買い物で年末の準備はほぼ終わりだ。後は明後日、雑煮に入れる鶏肉とみつばを買って、支払関係を済ませればもう三が日を含めどこにも行かないつもり。
猫のご飯も年内に届きそうだし、お歳暮関係も終わったし、とにかく最後の「静かないつも通りの」年越しなのだから、その安定感をしみじみ味わいたいと思っている。


昨日の全日本フィギュア、男子は小塚の復活と新星宇野に驚かされた。
特に小塚はここのところジャンプがあまりに不振だったから、最初の4回転を降りたことで全てが好循環に乗ったのだと思う。あれを降りられなかったらまた結果は違っていたのかも。

宇野の4回転は質が高くてびっくりさせられた。これから体型も変わってくるだろうしいろいろな意味で迎える過渡期をどう乗り越えていくか。町田や無良、村上らを今回は飛び越えた成績だったけれど、これで世代交代、とは単純には言えない。

女子のSP、村上のスコアには本人も驚いたと思うけれど、テクニカルエレメンツの得点の低さが目立っていた。多分ジャンプが悉く減点されているのではないだろうか。だって演技そのものは決して悪くなかったもの。

私みたいな素人には、回転不足の判定なんかできないし、飛んだ本人でさえ成功したと思っていたのに、ジャッジはそうは判定しなかったということか。

もう逆転は難しいだろうし、そもそも、自分のジャンプが通用しないとわかったことで心が折れやしないだろうか。
このまま若い3人の中から女王が生まれるのか、それとも今井や村上が挽回するのか・・・多分前者だ。世代交代もなにも、そもそも鈴木や浅田の後の世代は空白だった。浅田が復帰しない以上、交代という概念も生じない・・・は言い過ぎかな?
とにかく、今日の結果が楽しみ。個人的には樋口を応援したい。

| | コメント (0)

ダラダラと書いてみました

昨日リリースした猫、今日の夜ご飯はきっちり食べに来た。なかなかしぶとい。これから徐々に手なずけていくか。もし飼い猫修行に入りたいと言ってきたらその時は考えよう、前向きに。

今日は休みだったので、年末の買い物と洗車に言ってきた。ついでに行きつけの寿司屋でカウンターに座り、少し贅沢なランチをいただく。
もう座ると頼まないうちに所謂いつもの、が次々出てくるのはいいが、今日は穴子、余計だったなあ。うにが入るスペースが胃になくなってしまったではないか(涙)

実は昨晩、普段ならそんなことはないのに、缶のハイボールを1本も飲みきらないうちに悪酔いしてしまい、立ち上がってトイレに行こうとしたらサーッと血の気が引き、気づくと廊下に倒れ伏していた。
時間的にはものの1分も経っていないはずなのに、気が付くと周りが暗い。そこが廊下で、自分が寝ていることが判明するまで数秒かかったと思う。

その後、トイレに駆け込み(尾籠な話ですみません)、胃薬とお水をがっつり飲んで這う這うの体で就寝。今朝はすっきりと目覚めることができた。やれやれ。

ま、そんなこんなで胃の状態も良くないからお寿司も普段ほど美味しく感じられなかった。残念。

その後、靴屋さんで「とにかく滑らない靴を買いたい」とショップの若いお嬢さんに宣言し、ソルボでも滑る、と言ったら、じゃ、もうこれくらいしか・・・と勧められた、靴底に小さなスパイクがたくさんついているショートブーツを購入。
後はイオンで家人の手袋など衣料品、そして食料品を買い込んで帰路についた。

本当は、やっと届いたフォゲットのジンギスカンを食べる予定だったが、夕方になっても空腹感がやってこない。
家人もそれほどお腹が空いていないというので、冷蔵庫の中の残り物と頂きもののハムで簡単に済ませてしまった。


もう少しで今年も終わる。驚いたことに(?)来週の今頃は箱根がすでに終わっているのだ。
そう、ニューイヤーまで5日。往路まで6日。信じられない。何と早いのだろう時の経つのは。

昨年の今頃はまだ、漠然とした不安しかなかった。でも今年は、今は、確実な不安(なんだそりゃ)が私たちを待ちうけている。
そして来年の今頃は、そう、本当にどうなっているのかわからない。恐怖感を払拭してくれる何かが欲しい。

・・・でも、何か、って、何?

| | コメント (0)

眠いなあ・・・

どんな形であれテロは許されないことと思っている。
でも、今回の「あの映画」に関して言えば、そもそも作った側に問題があるのではないかと私は思う。

同じことをイスラムに対してやってみては?たちまち違った形での報復を受けることになるだろうし、そうならないことを見越して、題材を選ぶ辺りにあざとさを感じる。

誰だって自分の国のトップを揶揄され、挙句暗殺、なんてテーマの映画を作られていい気はしない。
表現の自由、言論の自由、は何物をも超えて認められなければならないものなのだろうか。人の尊厳やプライドをまで踏みにじっていいのか。

もちろん、彼の国に対してはそもそも国の体を為していないと思っているし、拉致問題も含めて、もどかしさや苛立ち、嫌悪の感情だって持っている。でもそれはそれ。

笑い飛ばせるだけの鷹揚さがない国(のトップ)であることなんかわかっていたくせに、もしかしたらこんな騒ぎさえいい宣伝になった、とほくそえんでいるのではないだろうか製作会社は。

実際に公開された映画を見て、マスコミの評価も二分されている、というニュースを見たが、そうなっても仕方ない。本当に、何でこんな映画を作ろうと思ったのか。わからないなあアメリカ人の発想って。


家人が退院したら私はヒマになるだろうと楽観していたのだが、なんてこたない、ますます忙しくて休んでいる暇もない。
昨日の猫の騒ぎから(結局朝イチで解放した。昨晩のうちにご飯を食べ、トイレまできちんと使っていたが、目が完全にイッちゃっていてもはや気の毒だったから)、その後始末(ケージを綺麗に拭いて消毒して・・・)。
本業だってあるし、でも疲労がたまっていて集中力が出てこない。眠い。
これを書いているのも気分転換のため。だってもう眠くて眠くて仕方ないからだもの。
さ、月末の仕事、頑張ろう。

| | コメント (0)

Month of the Meet

今年は奮発して、某コンビニの一番お高いケーキを頼んでみた。
御用聞きに来てくれるそこの店長さんが今日届けてくれたが、箱を開けてびっくり。直径は15センチと小ぶりだが、高さも同じくらいあり、まあまあ4分の1でも食べでのあること。
それでも美味しいから、ぺろりと平らげてしまった。ああ、誰だよダイエット頑張るとか言ってたヤツは。

クリスマスの夕餉は何故かすき焼き。
というのも、これまた何故か今年は肉ばかりいただくからだ。
お歳暮では仕事がらみだけど2軒から冷凍の肉をしこたま、そして個人的にはハムやベーコンのセット。そして今日は実家から牛肉の味噌漬けが届いた。更に、こうなることは想定外だったので、カタログギフトで神戸牛を選択し、それが多分近々に届く。

冷凍庫は肉ばかり。嬉しい悲鳴だ。こんなこと今までなかったのに。
でもありがたいこと。食費がかなり浮くし、何かと物入りだったので大事に大事にいただきます。

さて、外の猫。
今朝あっさりと捕獲できたので、そのままかかりつけへ。なかなか午前中は患畜が多いそうで、お預けして帰ってきた。
そして夕方お迎えにいったら、先生の衝撃の一言が待っていた。

「牡でした」

・・・んだよ。ものすごーく疲れていたのに、体中痛くて(除雪と砂撒きで)体調ボロボロなのに、妊娠していたら、と慌てて捕獲したのよ。
誰だよ、股間見たらタマなかった、って断言したのはよ。家人、あんただよ。

つまり、昨日のエントリで言うところの「そのいち」パターンだったわけで、「彼」は現在暗くした小部屋におかれたケージの中で息をひそめている。

誰が元飼い猫の捨て猫だって?いやいやもう間違いなく生粋の野良。もうもう怯えきっていてご飯も食べやしない。ありゃ一度だって人の手にかかったことはないだろうこと請け合い。

これで、少しでも折り合いがつきそうな雰囲気なら、そこそこ可愛いし、万が一の可能性にかけて里親探しをするつもりだったが、どうやら難しそうだ。
せっかくエイズ白血病どちらもマイナスなのに。ここから少しずつ手なずけて行っても、懐くまでの間に万が一喧嘩でもして感染しないとも限らない。もったいないなあ。

明日までにケージの中のご飯が全く減っていなかったら諦めてリリースしよう。でもしばらくは、いや、もしかしたら永遠にもうご飯食べに来ないかもしれないな。

そうか、この子が牡だから、先住の外猫(以前去勢した子)が追い出されてしまったのかもしれない。
でも、気迫とか迫力とか気概とか、そういう点では先住の方がパワーがあったと思うんだけど・・・そういうものじゃないのかな?
とにかく、明日。明朝判断しよう。

家人、体調は良さそうだ。病院が遠方だったため多少(というか私はかなり)無理はしたものの、結果オーライ。このまま治まってくれたらいいんだけど。

| | コメント (0)

血栓、じゃなくて決戦は木曜日!

何を今更、という感想しかない。もっと早くに気づいてると思っていたけどね。
的外れな声も痛いところを衝いている声もあるけれど、今は何も言わないし言えない。そういうものなんです。辛い。事実はもっとシビアでシンプルなのだ。


家人帰宅。
夜の吹雪も凍結路面も経験し、泣きたくなりながらも無事にこうしているわけで、少し強くなったか私。どうかな?どうだろう。
不在の間に少しだけ掃除をして、少しだけスッキリした我が家だが、まだまだ捨てるモノも整理するモノもたくさんある。
そんな中、また余計な拾い物(?)をするかもしれない。

明日が勝負だ。本当は通院日なんだけど、そんな悠長なこと(おい)言っていられない。
既に準備は整えた。捕獲器はいろいろと細工をして、入りたくなる構造にしてある。
・・・そう、とうとう件の猫を捕まえるのだ。
最初にお願いしておいた獣医さんには今日連絡が取れなかったので、最近そういうお願いにも応じてくれるようになったかかりつけに持ち込むことに。
明日捕獲でき次第連れて行く。

<その後の展開>
そのいち 牡だった!→去勢してリリース(実はこれが第一希望。以下希望順)
そのに 牝だった→避妊済ならそこで終了。謝ってからリリース
そのさん 牝だった→未避妊で妊娠していなかったら避妊後1日体を休めてもらってからリリース
そのよん 牝だった→既に受胎しているが何とか母体に無理なく子宮を摘出できそうなら手術後1日~2日体を休めてもらってからリリース
そのご 牝だった→既に受胎しており掻把が難しい状態なら、そのままうちのケージに入れて出産させるしかない。あうううう。また里親探しだけど、まま付なら人工哺乳とか下の世話とかしなくていいからかなり楽

いずれのケースにしても、血液検査はしてもらうつもりだ。ついでに打てればワクチンも。しないよりゃマシだろう。
もし風邪っぴきならインターキャットも行こうかな。何とか元気に冬を越してほしい。

ホント、一難去ってまた一難。何だか一気に白髪が増えそうな気がする。ああ、いやだ。しかも今日なんて、朝はミスドの飲茶だし、昼はチキンとアボカドのサンドウィッチだし、夜もイオンの塩パン食べちゃった。せっかく少しおちたウエイトも元に戻るかも。ああ。

| | コメント (0)

諦めるか諦めないか、そこが問題だ(?)

部屋の整理をしていてクローゼットの奥から発見した昔の洋服たち。

ブラックフォーマルはかなり厳しいなあ。ウエストベルトがまるでコルセットのような締め付け。もう3キロは痩せないとまず無理だろう。

スーツ。これはOK!ただ如何せんボトムの丈が短くて、オバサンに膝上は厳しいや。
もう一枚はジャケットとワンピのセットアップ。なんと9号である。といっても若干大きめだから実際は11号くらいか。
こちらはまあなんとか。見た目にはきちんと着られている感じだから大丈夫でしょう。でもやはり丈が。あうううう。ま、仕方ない。20代後半の頃愛用していたんだから。

そして紺ブレ。薄手だし、あまりお高いものではなかったはずだが着られればうれしいぞ・・・お、これもイケそう。インにノースリか薄手の半袖くらいなら問題なし。

もう一組スーツ、これはダメだなあ。何しろ色がベビーピンク。しかもボトムはミニ。一応入るけど、そういう問題ではない。あまりに若作りというか無謀。

・・・年齢は膝に出るとしみじみ思った。
鍛えていたらまた違うんだろうけど、膝の出ているボトムがもう全く似合わない。みっともない。切ない。

その他にも独身時代に活躍したブラウスやニットなどを発掘し、当分着るものには困らない。もっと早く絞っていれば買わずに済んだデカイ服を今、古着として売れそうなもの、ダメそうなもの、に分別しているのだが、本当に無駄遣いをしてしまったな。

とはいえ、まだまだダイエットは途上にある。そう、文字通り道半ば。頑張らねば。
そうだ、前出のブラックフォーマルを目標にしよう。そこまで頑張ろうじゃあないか。
今着ているものとは値段が段違い。上質で、しかも2回しか着ていないのだから。

と、ここで思い出した。このフォーマル。
確か独身時代、既にちょっとキツめで、でもデザイン気に入ったし、着るまでに時間があるからそれまで痩せればいいや、と思って結局大してサイズダウンできなくて、葬儀当日は文字通りかなりのやせ我慢をして着ていたような記憶があるぞ。四ツ谷駅近くの某大学のチャペルでお手伝いした時のことだ。

諦めるかどうか、もう少し考えたいと思う。あううううう。

| | コメント (0)

考えがまとまらないけど、何か書いていないと不安な時ってありませんか?

気づくと、出産祝のお返しなどで、カタログギフトが3冊も溜まっていた。
そこへ新たにお歳暮でいただいた1冊が加わり、ここは勢いで一気に選択することにした。

2冊は同じ会社で金額が違う、というパターン。
それぞれ天ぷら鍋(温度計付)と神戸牛すき焼き肉をチョイス。
1冊からは串揚げセット(具材が串に刺してあって、自分で揚げるタイプ)
そしてもう1冊からは梅干し。

いや、雑貨的なものは食器類も含めて意外に使わないし、既にそういうのはもらっていて、絶対数が多すぎるほど。
スイーツやおせんべいなどのお菓子は・・・食べちゃうもの、あれば。目の毒もいいところですってば。

こころが落ち着かない。いろいろ思いを馳せながら、いろいろ周りで起こるあれこれにいろいろと動き回る。
焦っても仕方がない。わかっている。でも・・・焦る。いろいろな意味で。

年賀状を昨日完成させたことには自分で自分を褒めてあげたいけれど、それ以外はどうなんだろう。

明日の予定が立たないから、果たしてどうすべきなのか何ともわからなくて不安だ。

いただいた頓服薬を飲んでみる。心なしか胸の中の波が低くなったようには感じる。でも、これをもう少し余計に飲んでも基本的に問題は残っているわけで抜本的な解決策ではないのなら、ここはもう我慢だ。

さあ、仕事を切り上げて早く夕食の支度に取りかかろう。

怖いなあ、明日からいろいろな意味で恐怖が私を支配しそう。どうか全てが上手くいきますように。


昔の友人からクリスマスプレゼントが届いた。
かわいいな。通勤時間があった時ならきっと重宝したであろうけれど、生憎今なら使わない品物。でも好きな色でとても嬉しい。大事にするね。ありがとう。

| | コメント (0)

ご購入は計画的に

とある番組で、認知症予防に効果的、とオメガ脂肪酸が豊富に含まれている油を紹介していた。

嫌な予感がしていたのだが、幸いクローズアップされたのはえごま油の方。
よしよし、それなら影響はなさそうだな、と思っていたら、やはり登場しちゃった、亜麻仁油も。
こういうことされるとたちまち店頭から消えるんだよなあ。凄く迷惑。

猫のためにオメガ脂肪酸はかなり前から調べていて、実際に使ってもいたし、実は今も我が家には2本ほどある。
闘病中の子にも摂らせたいのだが、やはり味が微妙に変化するらしく、ごくごく少量でも混ざっているご飯は食べないのだ。
で、仕方なく(?)人がおこぼれをいただいているわけで、確かに認知症予防になるなら続けたい。

アロマオイルも大騒ぎになったけど、今回はどうだろう。普段どおりいつものお店の店頭に並んでいるだろうか。どうも「売り切れ」とか「入荷未定」などのポップが貼られていそうだ(笑)
手持ちの2本がなくなるころには熱も冷めていればいいんだけど・・・

年賀状、ようやく興が乗ってきたのはいいが、購入したはがきの枚数、その計算根拠がいい加減だったこと、急遽顧客にも出そう、なんて思いついてしまったことから、150枚もハガキが足りないと判明した。あうううう。
しかも、うち90枚は写真用が欲しい。ということで地元の本局に電話したら既に完売!でも近所の小さい局にまだ在庫があったので、これから買いに行かなくちゃ。

まあこの分なら今晩中には印刷も完了するだろう。一言書き添える分については家人は病室のいい暇つぶしに、私は大掃除の合間を縫って、互いに24日までに仕上げて、退院の帰路投函、と。
・・・うまくいきますように。いくかな。どうだろう。あうううう。

| | コメント (0)

今日も一日

荒天の一日。路面は凍結しているから運転しづらいし、地面も歩きにくい。
そんな中、今日もあっという間に一日が過ぎて行った。

朝から仕事で外出、帰宅後一休みする間もなく猫に投薬、そしてデスクワーク。年賀状まで行き着かなかったので、今日こそ残業だ。
何故か今年は仕事関係の喪中欠礼ハガキが多く届いたのだが、何か昨今の異常気象と関係あるのだろうか。

気温が低くても、北海道の住宅は気密性が高く、夏に冷房用の電気代はかからない分冬場の燃料費は非常にかさむ。でも仕方ない。

一日中暖房は入れっぱなしだ。夜ももちろん。
昨年までは夜間、タイマーでスイッチを切っていたのだが、今年の冬は体調を崩している老猫のためにそれもやめた。
だから2枚重ねの羽毛布団が暑い。でも1枚抜くとやはり明け方肌寒いんだよなあ。

以前にも書いたが、私は極めて寝返りの回数が少なく、つまり寝相がいい。
大抵寝入りばなは左を下にしているが、下手すりゃそのまま数時間。もうすっかり左半身が浮腫んでしまい、指輪がまあキツイこと。鏡の中の顔も、明らかに左半分が大きい。

私は母と全く外見的に似ていない。多分性格も、だ。
人当たりが良く、決して社交的ではないが誠実を絵に描いたような人柄で敵を作らない。とてもじゃないが私はそんな芸当はできない。
ありがちな小説のお話じゃあないが、もしかしたらもらわれっ子?と思ったことすらあった。
でも、初めて遺伝子を感じたのは、なんとこの「寝相」。
母も、微動だにせず朝を迎えるのだと聞いて思わず声を挙げそうになったのは今年の初めのことだった。

些細なこと。でも嬉しい・・・かな?どうだろう。


明日は2か月に一度の受診日だけど、道路事情などもあって来週に変更してもらった。
ああ、来週って・・・もう25日なんだ。
年賀状、投函できているかしら。ああ。やらなきゃ。

| | コメント (0)

まさに、雑記

文字通りヒマつぶし用のアプリをいくつかタブレットに入れている。
いずれも無料で、追加課金もいらないものばかり。
通信はオフにしていて、そもそもオンラインで遊ぶものでもないから、本当に、移動中の何もすることのない時などに使っている。

で、タダだから、と侮っていたらこれがなかなか面白くて。

今は只管猫カフェで猫をくっつかせて(?)いる。
多分キャストが全て揃って、休憩室の備品が揃って、メニューも全部出せて、そこで終わるのだろうと思うけど、そこまで飽きずにいられるかどうか。

その前には猫を只管伸ばして(?!)バスを運行していた。
これはあっという間に終わっちゃった。

その前の前(笑)は、トイレで出口を探し、探すと言えば、若干オカルトチックな部屋でのモノ探しもしたっけ。

基本的にゲームにお金は使わない。せっかくのタブレットなのに、お金払って買ったソフトは数えるほどしかない。16GBのうち7GBも容量が残っている。
映画も観なきゃ音楽も聞かない(NWウォークマンがあるから)。

・・・使いこなしているとは言えないか。でも、今やこれがなければ生きていけない、とまでは言わないけどそれでも便利さを知ってしまったらもう手放せない。

完全な衝動買いだったけれど、今となっては熱心に勧めてくれたSBのお姉さんに感謝かな。



年賀状、ようやく手を付け始めた。今日中に印刷まで終わらせられればいいのだが、天気が荒れ模様で何が心配か、って、停電!
風が強かったり、最も危険なのは雷だけど、積雪も侮れない。
何とか頑張ってね、高圧線。変電所。

とある「お守り」を昨日想定の範囲を超えた量もらうことができた。
おかげで、それがなくても心なしか元気でいられるから不思議だ。
ただ、ふと気づいたことがある。
それは、「誰かと会話する」(ただしネガティヴなものではなく)とテンションが上がる、ということ。
普段、家人としか話す機会がない(ほぼほぼ自営業なので)からなのか。
少し前まで通っていた比較的近所のお店に、久々顔を出してみようかな、とも思ったけれど、そこは件の出入り自由な猫がいる店。
今はワクチンも打てない老猫の健康を第一に考えたいので、やはりダメだ。

猫と言えば。
捕獲を迷っていた猫が牝だと昨日やっとわかったので(とにかくしっぽを巻きこんでしまって股間を見せない)、思い切って捕獲、避妊・・・と思っていたら、今朝から来ない(涙)
家人曰く、見たことのないキジトラ猫がいたそうで、そいつに追い払われてしまったのだろうか。
どこか鷹揚とした感じの猫だったものなあ。ちゃんと戻って来られるだろうか。大きなダメージを受けていはしないだろうか。
寒さと荒天も手伝って、心配でならない。もっと早く手を打っておけば・・・でも、これも病状のあまり良くない猫がいる時に迂闊に手を出せないから・・・ああ、もう!どうしよう。もし戻って来てくれたらいっそ入れてしまおうか。
取りあえず、帰って来なさい!!!お願いだから。ご飯まだたくさん残ってるんだから!

| | コメント (0)

おめでとう!そして久々に楽しい時間をありがとう

昨日の「THE MANZAI 2014」は久々に安心して(?)楽しめたし、順当な結果だったと思う。

とにかくファイナリストのメンバーを見ていたら、誰しもが、ん?と思わず二度見したくなるでしょう?何で今更華大か、と。
あの無名とも言える若手たちに交じって何故今更ベテランの範疇に入る彼らが出場しているのか。聞けば大会の最高顧問であるビートたけしが彼らのファンで、なんで出ないの?と岡崎さんに言い、岡崎さんが「ですよね」そう答えたのが出場のきっかけなのだとか。

優勝後のインタビューで大吉先生は、大木こだま・ひびきに更に出場を後押しされたので、もし自分たちが優勝したら来年は彼らが出る、と確約を取った、と会場を笑わせた。(その場合、やはりこだまひびきのネタはチッチキチ~メインなのだろうか?)

岡崎さんは何回か噛んでいたけれど、そんなことが気にならないくらい、ゆったりとしたテンポでわかりやすく、審査員の年齢層には一番ハマったネタだったと思う。
他の二組だって、決してつまらなかったわけではないけれどなんだろう、MANZAI、と漫才、の違いとでもいうのか、本来なら前者のための賞だけど華大のネタは明らかに後者だった。
でも、携帯端末などで採点に参加していたのは恐らくそのほとんどが若い世代だろうに、その人たちも華大を支持していたのには驚かされた。
今朝Yahoo!で関連記事を見、それらに対するコメントを見たがほとんどが彼らへの祝福で、それを肯定する「そう思う」も圧倒的に「思わない」より多かった。

極めて順当妥当な結末だったと思うけど、強いて言うなら、「出ること自体、狡いよね」(笑)

アメトーーク!!の「焼却炉の魔術師」は今でも忘れられないフレーズだ。岡崎さんはピンでもトップに立ったことがある。
正直このふたりがふたりで漫才なんかしなくても十二分に「食っていける」ことはもはや周知の事実。
それでも漫才に真摯に向き合って、わかりやすく笑える楽しい芸を披露する。本当に漫才が好きなんだろう。

アメと言えば、4年前になる第2回芸人ドラフト会議で大吉先生は、まだ今ほど評価されていなかったフット後藤とバカリズム、そして今や顔を見ない日はない松岡修造を自分の番組のゲストに指名した。これはもう今にして思えば大快挙を成し遂げていたわけで(もう実現させようがないくらい、皆売れっ子だもの)、くじで負けたけれど南キャンの山ちゃんやバナナマン設楽まで最初は指名していたことを鑑みるに、相当のプロデュース能力があるのではないだろうか。
絶対にしないだろうとは思うけど、万が一にも解散したとして、それでも彼らは間違いなく芸能界に生き残っていける。そう確信できる。

多分この二人を嫌いな人は、そうそういないと思う。
黙って見ていれば長身でそこそこイケメン。でも腰が低く人当たりがよく、押しが強くなく、相手を立てつつ、実はちょっとシニカルな大吉先生と底抜けに人の好さそうな岡崎さん。
昨日久々にネタを見て、あまりに面白かったので、今日はレンタルショップで彼らのDVDを借りてこようと思っている(みんな同じこと考えていて、もうなくなっていそうな悪感・・・)

| | コメント (0)

投票はしたものの

投票に行ってきました。

・・・今回は本当に本当に迷った。投票所のテレビには実業団女子駅伝が映っていたので、思わず現実逃避したかったのか(?)見入ってしまった。

後ろから人が来たのでやむなく受付をし、いざ投票。

結局、白票だけは避けたかったので個人名も政党名も書いたけれど、本当に書いただけ、という(何だそりゃ)。
モノ申したいことはどの政党にもあるけれど、投票したかどうかはさておいて、消費増税時の軽減税率導入だけは実施してほしい。多分自民党は反故にするだろうけど。公明党もどこまでそれをわかっていて主張しているのかわからないけど。

で、その女子駅伝。
優勝したDENSOは比較的穴のないメンバーで、そつなく勝った、という印象を受けたが、対照的なのが2位のダイハツだ。区間順位の変動が大きすぎる。木崎が力走しても、せっかく優勝を狙えそうな勢いだったのに・・・って、でも過去最高順位なの?うーん、残念。
我が北海道のホクレンは最終6区で埼玉のしまむらにかわされて惜しくもシード入りを逃してしまった。

・・・シード?そんなのあったっけ?
そう、来シーズンからこれまで3つあった予選会が一本化されるそうで、今大会からシード制が敷かれたのだそうだ。ふうん。箱根駅伝式(?)ですな。

次は男子、そうニューイヤー駅伝、そして本番箱根、と続くのだが、果たしてその時自分がどうなっているのか、実はこんな半月の間に自分や家人や猫や仕事の動向がわからないのである。こんな年末は初めてだ。

誰よりも何よりも変化を嫌う身としては、つくづくやっていられない。
明るい兆しの見えない中、明日からまた仕事しなきゃ。
いただいたジューサーを使って、これもまたいただきもののりんごをフレッシュジュースにして飲もう。家人も入院を控えて体調を整えなければならないし、私だって寝込んだりしている暇はないのだ。

去年の私が羨ましい。

| | コメント (0)

正しい日本語とは?人のことをあげつらう資格もないですがね

家人の入院のための身の回り品、パジャマや下着、羽織るものなどの衣料品と、携帯用歯磨きセットやコップなどを購入してきた。

お湯を入れる魔法瓶、タンブラーと今は称するみたいだけど、それはなんとタイムリーに某社のアンケートで当選、タダでいただいてしまった。
実は、去年私が入院したときも、その直前に近所のスーパーのくじ引きで似たようなものが当たっていたのだ。うーん、因果関係は?(あるわけない)

最小限にしたい、と思ってもレスポのボストン(本体が軽いから)2つで収まるかどうか。
短期間だからまだいいけれど、これが半月とか1ケ月とかなら自分で洗濯してもらわなきゃならなかった。そんなこと、あの人にはできないからなあ。

いろいろな意味で、家人がいないと心細い。
クリスマスだ、と浮かれている巷の明るさをよそに、一人浮かない顔の私。こんなに切ない年の瀬は多分最初で最後だと思う。思いたい。

昨日のトーク番組で、元NHKの住吉アナが一気に好きになった。私の中では好感度急上昇!

「他人事」これを「たにんごと」と読む輩がどれほど多いか。
「早急」これを「そうきゅう」と読む輩がどれほど多いか。

まだまだある。あげていったらきりがない。これ、相応の地位にある人も平気で言い間違える。

「○○さんに伝えてもらいます」身内に対して「~もらいます」と平気で言っちゃうのは特に加藤アナを筆頭にフジテレビのアナウンサーたち。
「○○さんにご登場していただきます」これも、口にするだけでなく、驚いたことに字幕でもこう書いちゃうのもフジテレビ。
「○○さんが言っております」謙譲語というものの意味を知らないアナウンサーが多いのもフジテレビ(特に軽部アナは酷過ぎる)

日本語が乱れている、と言われているけれど、それは主にら抜き言葉だったりとかいわゆる「今時の若い者」に対してのものだった。でも、実際はいい歳した人たちだって間違った日本語を平気で使っているのだ。アナウンサーという言葉を生業にしている人たちがこの体たらくだもの。

あ、ペット関係なら「ゲージ」じゃない!「ケージ」だ!!!!!

(このページhttp://www.extail.com/cage/ をごらんになってみてください)
こんな間違いを、かなりの数の人がしている不思議。すべての言葉を意味を調べてから使えとは言わないけれど、少しは疑問に思ってもいい種類の単語だと思うけどなあ。
特に編み物をする人なら、ゲージ、使う言葉でしょうが。

私だって、すべて正しい言葉を文法を使って話したり書いたりしているわけではない。
でも当たり前のように「猫をゲージに入れて・・・」などと書いている人を見るとイラっとしてしまうのだ。

アナウンサーに話を戻せば。
フジテレビの新人アナ、って最初は技術は伴わないなりに懸命さ(賢明さ?)があって、好感が持てるのに、慣れるにつれてどんどん技術が低下し立ち振る舞い方がこなれていく。そしていつしかタレントと大して違わない存在になってしまうみたい。
局としては、安上がりに使えるタレント程度にしか思っていないのでは、と心配しちゃう・・・って大きなお世話でしたね。すみませんでした。
あ、フジテレビで言えば、局アナ以上にアナウンサーとして優秀なのがめざましどようびの長野キャスターだと思います。高見キャスターもなかなか。でも、局アナとしてぬくぬく育っていたらああはなっていなかったかも。これも大きなお世話か。

| | コメント (0)

転倒その後

やはり歳が歳だからか、転んでから丸々1日を経て今、体のあちこちが痛い。
首は回らないし、左背筋が痛むし、打撲したところは変色している。当然押せば痛むから、猫が乗ろうものなら思わず鈍い悲鳴(?)が。

そう言えば明後日は(何の意味も感じられない)選挙の投票日だった。
投票券は、目につくところに置いたまま、手にも取っていない。正直どこに誰に投票したらいいのかもわからない。
多分、というか選挙権を得て以来、腰痛で物理的にどうしてもできなかった1度を除いては必ずどんな選挙でも投票は欠かしたことがない。
(安からぬ税金を払っているのだ、権利は行使して少しでも元を取らねば(!?))

・・・でも、今回ほど投票先に困っていることはない。

一度は宇宙鳩を世に放つという最大のポカをやらかしてしまったが、今だって民主党はあの体たらく。自身も疑惑を抱えている人がトップにいる組織なんて信用できるかい。

かと言って、自民党も、あまりに強引なやり方が鼻に付いてしまい(特に総理)、このままではアメリカの言いなりに良いように進まされてしまいそうで嫌だ。

じゃ、他の党は?と聞かれれば・・・いや、有象無象の新党は様々にあれど、古くからの政党で唯一政権を獲っていないところがあるではないか。いっそそこにやらせてみてはどうだろうか。共産党。おい。ちょっと待った。

いや、どの党をもディスるために書いているエントリではない。むしろ、どこかしらに票を投じるため己を説得する何かいい材料はないか、と考えているのだが・・・

原発再稼働、建設反対。消費税率アップは軽減税率導入なら賛成。米軍基地普天間からの移設大賛成。辺野古・・・微妙。アベノミクス失敗説支持。

うーん。当日のその時まで迷いそうだ・・・

| | コメント (0)

反対!

武豊騎手が「東京オリンピックに競馬を!」と題したコラムを自分のサイトに書いている。
普段から、どんな地方の小さな競馬場でも請われれば乗りに行き、自他ともに認めるザ・競馬、競馬の象徴として今日の競馬人気を定着させた彼を尊敬していたし、リーディング争いから遠のいてもやはり彼がいなければ今の競馬界は成り立たないと思っていた。

でも、それとこれとは別の話。

乗馬や競輪は結局「人」の力が全てだが、競馬は違う。
確かに、鞍上の力の違いは大きい。今年のジャパンカップ馬とか、少し前なら三冠馬を破ったハーツクライもそうだが、乗り役が変われば結果も変わる。
それでも、それは玉石混交(1年に100勝を超える騎手もいれば、一桁の騎手も少なからずいる)の日本の競馬界の中にあってこその話。
万が一競技のひとつに採用されたとして、オリンピックともなれば世界中からレベルの高いトップジョッキーが集まってくるから、その力量に大した差はない。
そうなったら、最終的には馬の絶対能力で勝敗は決まるのではないだろうか。

馬はメダルをもらっても何の意味もない。種馬としての価値が上がる?寿命が延びる?
違う環境の国で水も餌も変わった中で競走を強いられる。それは海外を転戦し馴れている馬には問題のないことかもしれないが、今回のジャパンカップでは他国の馬が殺処分されたし、少し前にはオーストラリアで日本馬が客死した。本国で走っていても起きた事故かもしれないが、そうじゃないかもしれない。
ましてや日本馬なんか、海外遠征する馬の方が圧倒的に少なく、名馬と後に称されるような馬ですら、そのほとんどが海外での競馬を知らずに競走生命を終える。遠征というだけで圧倒的に不利になる。

武騎手は、馬が生き物であるということを思考のどこかに置き忘れているのではないか。

競馬をオリンピックに、などという発想は常人では考えることもないだろう。騎手だからこそ、だろうとはわかっていても、少し彼を見る目が変わってしまいそうだ。

賞金も出ないのに馬を消耗させて得られるのは名誉だけ、なんてレースを使うことができるのは、経済的によほど余裕のある人たちだけではないのか?
もし日本馬が参戦するなら、国を挙げてバックアップしない限り誰も手を挙げないと思うのだが。

私は、競馬をオリンピックの競技にすることは反対です。これ以上この話題が広がらないことを切に願っています。



昨晩、資源ごみに出そうとまとめておいた雑誌に蹴躓いて転倒した。
これがまた綺麗に足が地面から浮き、左肩から落下(?)したため、左ひざの側面と共に床で強打しちゃった。
幸いにもアタマや首は異常なし。でも強打した左膝脇と大腿部に大きな青あざが。
前日には、仕事を終えて事務所を出ようと電気を消してから忘れ物に気づき、横着しないで点灯すりゃよかったものの暗いまま中に入ったものだから右大腿部を机の角で強打。

・・・というわけで、現在私の脚には大きな痣が3つもある。あうううう。
ここのところ、夜テレビを見ながらゆっくり入浴することが唯一のストレス解消法だったのに、右はまだ我慢できても左の方は明らかに温めたらよくなさそうな感じ。これじゃお風呂はダメだなあ。
せっかく2日間お酒飲まないでいられたのに・・・粗忽な自分が嫌いだ。ああ。

| | コメント (0)

ごぼうをいただいた

今年も土付きのごぼうをいただいた。4キロくらい。
黒酢が残っていたのでさっそく黒酢煮を作る。これがまた快便にはマストアイテムで、しかもおいしいから食べ始めたらもうとまらない。

悪いことばかりじゃあないけれど、良いことがこの先起こるとも思えないので、せめて小さいことに喜びを見出していきたい今日この頃だ。

昨日は雪に見舞われてしまい、タイヤを履き替えて本当によかったとしみじみ思った。
運転しなくとも、隣に乗っているだけで雪道は怖い。
まだまだ根雪にはならないだろうし、国道が凍結するようなこともまだ先の話だろうけど、今月末はけっこう長距離運転の機会もあるし、戦々恐々としている。

今日は天気もいいので朝からお洗濯。
既に3回目を回しているところ。え?2人なのにどれだけ洗濯物をため込んだのか、って?
いえいえ。
家人の仕事用の作業着、それ以外(下着とかパジャマとか)、私の所謂ニットなどのおしゃれ着、そして最後にタオルは乾燥まで。洗濯物によって分けて洗わなければならないから。
水道代もバカにならない?一応洗う時はお風呂の残り湯使用だし、ドラム式ってそもそもあまり水を使わない。電気代は・・・その分節電する。日中のストーブの設定温度を下げるとか。

最後に乾燥機能を使うと、洗濯漕そのものの乾燥にもなっていいみたい。1ケ月に1回は洗濯漕を洗浄するし、排水口のゴミ受けも綺麗に洗う。
乾燥の度にフィルターを綺麗にしなきゃならない、とか手間はそれなりにかかるけれどドラム式、やはり便利だ。

大掃除もすっかり頓挫している。というのも仕事に追われ出したから。
年末調整作業が今年は遅れているし、昨年大きなポカをやったので今年こそ万全を期して、一度で終わらせたい。

だから、念には念を入れて・・・のつもりなのに次から次へと関係ない仕事やら何やら(?)が飛び込んでくるのでなかなか集中できないの。
とにかく、今週中にある程度終わらせなければならない。がんばろう。

今日の夕飯は何故か雑煮。今、餅を作っている(ホームベーカリーで)ところで、これから鶏肉の入った関東風のお出汁を作る。家人のリクエストだから仕方がない・・・といいつつ、実は私も食べたかったので、ダイエットは本日休業。久々がっつりといただくぞ。

| | コメント (0)

なんだかイライラ

寒い。心身ともに寒い。
そんな中(?)職場の年賀状をやっと印刷発注した。知り合いの局員さんのノルマ達成のため、毎年ハガキはその人から買っていたけれど、今年はもう面倒だから印刷まで頼んじゃった。
聞けば、今回頼んだ枚数で何とかノルマに到達できたのだそうだ。やれやれ。

新顔の猫、未だ雌雄がわからない。
とにかくビビリなので、常に尾を巻き込んで局部を隠してしまっているから肝心なところがまず見えない。

それでも、先輩外猫よりは距離が近い。
まあ飢えの所為かもしれないが、私の足もと20センチくらいのところに食器を置いてご飯を入れると来るからね。もちろん隙あらば逃げようと構えてはいるけれど、さっきなんか一瞬触っちゃったもの。もちろんすぐさま飛び退って逃げたけど。

牝だったら早くしなきゃならんし、牡だったら・・・勝手に去勢していいものかどうか・・・
先輩外猫よりも依存心の強さを感じるので、あいつは多分我が家にべったりになるだろう。別宅を持ってくれることもなく通ってきそうだ。
でも、家には絶対に入れない。もう轍を踏みたくないから。私には我が家の家猫が最優先の存在だから。

最近酒量が増えてきてしまった。
ウイスキー、かなり昔元義弟からもらったシングルモルトが出てきたので、60度のそれをちびちびとやっている。
つまみは頂きものの鰻の佃煮と食べる黒酢を少々。蒸留酒は太らないけど、つまみを豪勢にしたらたちまちヤバくなるからほんのわずかのアテでちびちびちびちび。

本当は煙草でも吸えたらいいのだろうけど、生憎大嫌いなもので。
早くこの街にも完全禁煙の店が増えて欲しいものだ。狭い、締め切った店の中であの臭いにいぶされるのは本当に辛い。
特に北海道は女性の喫煙率が非常識に高いので、実に迷惑千万。
何度も書いているけれど、締め切った車の中で幼子がいるにも関わらずスパスパやってるバカ親を見ると呆れてものが言えなくなる。

吸いたかったら煙は全て自分の体の中に吸い込んで処理してくれ。
車の窓を開けて外に煙を吐いている輩を見ると窓を目張りしたくなる。
コンビニやスーパーの店頭で吸っている連中も、自分の車の中で吸え。
もしそこに子供がいるなら少しは我慢したらどうなのか?

受動喫煙の弊害も知らないなら、本当に喫煙者は非常識としか言いようがない。

・・・イライラさせられることばかりなので、ついキツイ文章になってしまったけれど、言いたいことは概ね上記のとおり。

ゆっくりできるカフェこそ、禁煙分煙をしっかりしてほしい。
煙草の所為で行けなくなった店が一軒ある。雰囲気もコーヒーの味もスイーツもなかなかなのに、母親たちや若い女性がスパスパやっているのを見たらもう入る気も失せてしまう。どうにかならんものか。

明日は休みだけど、予定がいくつかあるので駆け足でこなさなければならない。一旦帰宅して猫の投薬もしなきゃならないし。
今はインフルどころか風邪もひいていられないから、とにかく健康管理をしっかりしなくちゃ。

| | コメント (0)

寒いなあ・・・身も心も懐も(!?)

タイヤを交換した。と言っても、既にスタッドレスには替えていたのだが、2シーズン履くともうすり減ってしまうので、それでも今年は我慢しようかと思っていた。
ところがこの冬は意外に凍結路面を走る機会が多そうなので思い切って買い換えたというわけ。

でも、多分今の愛車は燃費がべらぼうに悪いから、あと1、2年もしないうちに低燃費車に買い換えるつもりなのでそれを見越して最低限のものにした。
これまでは買える範囲で一番いいのを、と頼んできたから、性能面に不安はあるけれど仕方ない。

安いとは言ってもそれなりの金額を支払うことになり頭が痛い。
それでも安全はお金に替えられないから。実際、走行がとても安定したし、まあやむを得ない出費だわ。

早いもので今年もあと1ケ月を切った。
昨年の今頃は何をしていたのか、とブログのバックナンバーを見たら、あら、猫なんか預かっていたのね。そして・・・

本当に他所の猫を預かると我が家の猫が体調を崩す。もう、顕著。顕著過ぎて怖いくらい。

とにかく今、病と闘っている子のいろいろな意味で結論が出ない限り私は一切他の猫にはかまけない。
捕獲して避妊を、と考えている猫だって、やるのはそこまで。それ以上は一切しない。そう決めなければまた後悔しそうだから・・・

気分転換に、髪を少しだけ切ってきた。
昨日、一昨日は知人の葬儀だった。参列はしなかったけれど。
少しだけ気持ちがざわつく。死は案外近いところにいるという現実を垣間見させられて、形のない恐怖を感じる。
どうか安らかにお休みください。もう少し時間があったら、と思いつつ、そうでなくてよかった、とも思っています。さようなら。

| | コメント (0)

あの鳴き声はちょっとねえ・・・

口を開けばため息ばかり。
取引先に依頼の電話をかけると、あれやこれや噂で聞いたらしい話をつなぎ合わせてカマをかけてくるのだそうで、家人が辟易していた。
いや、これからますますやりにくくなることは間違いない。どうしたものか。でも肝心の私たちにも何もわからないんだもの。どうにも対応のしようがない。

税金を無駄遣いするだけの、何ら大義もない選挙戦が始まった。
正直アベノミクスとやらの恩恵を被っている人なんか、この田舎にゃいやしない。
都会の大企業だけが潤っているという現実。世論調査すら政権与党は目に入らないのか入れないのか。後者でしょうね。都合のいいデータしか取り入れず、国民感情なんか二の次。

いろいろ片づけとか準備(?)とかしなければならないのに。何故かなかなかそれらが手につかない。

家人は大人しく禁酒中だが、こちらはその必要もないので、寝付けない夜は少しだけスコッチを飲んでいる。コップ半分くらいのダブルの水割り1杯でほろ酔いになれるのはある意味お得な体質?!

でも昨晩はせっかく寝付いたのに、3時頃猫の夜鳴きで目が覚めてしまった。
あおんあおん鳴くうちにベッドの下まで来たので、どうしたの?と話しかけて抱き上げ、ベッドに載せたら今度はうろうろと歩き出して落ち着かない。

やっと、空いている隣のベッド(家人は別室に寝ているので)に丸くなってくれたからこちらも安心して寝ようとするとまた、鳴きはじめる。

今度はもう1匹の猫が飛んできて彼を慰めるように傍でグルーミング。やれやれもう大丈夫。でももうこちらの目が冴えてしまって眠れない。もう!!

正直アベノミクスも集団的自衛権も基地問題も拉致問題も消費税増税も軽減税率も、決して身近な存在ではない。卑近の、すぐ傍にある問題が今は私にとって争点であり、それは選挙結果なんかでは何も解決してくれないこと。
だからと言って投票しないよ、と言うわけでもないけれど、大局的な考え方なんか今は到底できっこない。

身近な、ごくごく身の回りのことで精一杯なんだもの。
自分の周りに降りかかっている火の粉を払いのけながら結論に向かって進むだけしかできないんだもの。

早く新顔の猫も捕まえなければ。
少しでも寒さが厳しくなる前に避妊して、辛い思いをする子猫を減らさなければ。

元々の外猫ももう少し懐柔したいけど、うちの猫の方が優先だからなあ。
ああ、箱根駅伝は見たいけど、新年を迎えるのが怖い・・・

| | コメント (0)

流れに掉さしたいタイプではないんですけどね。

ホームベーカリー専用のミックス粉を販売していた楽天のとあるショップが年明けで営業を終えるとメルマガで知らせてきた。
楽天から離れるだけなのかな、と思って問い合わせたら営業そのものを辞めるのだそうだ。ショック。

最近は、私の炭水化物離れもあってあまり利用していなかったが、ここの粉を使ったら他のメーカーのミックス粉は使えない、というくらい、大げさでなく本当に美味しいパンができたのに。
人気だってあったはずだ。雑誌で紹介された直後なんて1ケ月近く待たされたこともあったし(お詫びにと一袋余計に入れてくれたりしたから、むしろその方が嬉しかったりもしたけれど)、とにかく種類が豊富で、そのどれもがハズレなかったから凄い。

表には出せない事情はおありなのだろう。でも、残念。本当に、残念。

帯広の甘栗やさんもなくなって久しい。
オンラインゲームで、ベースとなっているゲームをアレンジし、他の追随を許さぬほど細やかに追加設定がなされているサイトがあったが、それも管理人さんの事情で閉鎖されてしまった。
近所の日帰り温泉の食事処にあった和風ハンバーグもなくなっちゃった。美味しかったのに。
近所のイオンの中のラーメン店、大好きだった名古屋コーチンの塩ラーメンも気づけばメニューから消えていた。ああ。

時は移り、店も人もモノも変わる。変わらないものなんかない。思い知らされている。いろいろな意味で。

猫だってそう。これまでに我が家を数多通り過ぎて行った。逝った子、行った子、病魔と闘っている子、まるで元気な子。
今もまた、あれほど他の猫には関わらないと決めたのに、1匹捕獲しようと画策している。

捕獲器を組み立てていたら、かつて自分も入ったことがある(その時使用した捕獲器はボラ預りのままで私はしばらく姿をみていない…)子が興味津々の体で近づいてきて、隙あらば入ろうとする。
・・・あんなにあの時は警戒していたのに。
でも、まかり間違って入って、扉が落ちでもしたらきっと驚き、慄いてしまうだろうから追い払いながら作業をする。

若干仕掛けが甘くなっているので、2本のペンチを使いながら悪戦苦闘、何とか治して使えるようにした。

持込先の病院にも連絡をし、来週ということで許可をいただいた。

後は本猫とこちらの根競べ。お腹に既に子がいる可能性も少なからずあるので、その際は申し訳ないが・・・

この子は絶対にこれ以上手をかけない。術後病院で1泊させたらリリースする。間違っても家にはいれないし、里親なんか探さない。そもそもそんな余裕はどこにもない。本当は捕獲だってしたくなんかなかったのに。

でも寒空で万が一生まれてしまったら、その子猫たちを上手く見つけて保護するまでに、キツネなどの捕食者が多い環境下で果たして生きていられるかどうか。母猫だって弱っていたら危ないだろう。
何だか足元を見られている気分。勘弁してくださいよ、って誰に言ってるんだか。

私は変化が嫌いだ。できることなら同じ時間の中で永遠に揺蕩っていたい・・・って前にも書いたけど、本当にそうなの。でも、ゼッタイに時は止まらないし澱まない。こうしている間にも「今」は「過去」に変わっていく。
必ず「その時」がやってくる。誰にも、もちろん私にも止められない。怖い。でもどうしようもないから従容するしかない。いやだな。何書いてるんだろ。大丈夫か、私?

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »