« どうでもいいエントリだなあ | トップページ | 断念っ! »

明日の朝には便が

マズイことになった。
昨夕から保護猫が嘔吐と下痢を複数回している。今朝は決まっていた予定を変更して朝イチで病院に連れて行った。

嘔吐と下痢。怖いのはパルボとFIPだが、元気消失や食欲不振、発熱もなく、吐瀉物の中には毛が混じっており、血便も黒色便もない。瞬膜も出ていない。

かかりつけの診断は腸が動いていない―食べ過ぎと、毛が上手く出て行っていないせいではないか、とのこと。
食べ過ぎに関しては、未開封ドライフード食い破りセルフイート事件(長い)があり、毛に関しては、私のブラッシングでは足りないのか、その刺激でなのかよくセルフグルーミングしているのでかなりの量を飲みこんでいるのかもしれない。

厳冬の寒さから暖かな室内へ、その気温差は最大で±20℃以上あったから、冬毛が一気に抜け落ちているのだろう。実際ブラシをかければそれこそごっそりと抜けるのだから。

でも、見た目少し薄くなってきたし、ブラシでは先ほども書いたが皮膚を刺激してしまうので、先生は濡れタオルを使うように、と仰った。
今夜、パジャマに着替える前に抱っこしながら体を拭いてやろうと思う。

さて、マズイのは、伝染性の病気云々というレベルを脱した今、明日ボランティアに託せるかどうかわからない、ということだ。

下痢が治まれば大丈夫、と医者は言った。だが更に環境の変化が重なれば悪影響必至。
でも、このタイミングを逃すと次がいつになるか、そしてその時この子が更におっさん臭くなっていたらいい里親さんが見つかるかどうかわからなくなる。

だからといって、状態の良くないままにこちらの都合だけで譲渡会に参加させていいのか。ああ、もう、なんでこのタイミング?!

今も、薬(整腸剤など)の混ざったウエットを残している。アニモンダの胃腸ケアだもの。不味いはずはない。ということはやはり体調か?
またたびの粉を混ぜて調剤したそうだが、それがどうやら余計らしい。
カプセルに詰めようにもまたたびが多くてジャマ。明日にでも作り直してもらう。
ホントにもう、思い込みで意味のないことをしないでほしいものだ。

獣医と言えば。
小動物臨床から縁のなかった知人の獣医が、心機一転、臨床に回ることにしたため、大学で再度教育を受け直すのだと言う。
研究畑から何故?と言いたくなるところだが、個人的には大歓迎。
こんな熱心な方が臨床に回ってくれれば、私たち飼い主も嬉しい限りだ。
頑張ってくださいね。

さて、カプセルに入るかなあ。そして無事飲めるかしら。明日のこの子の便が全てを決めてくれる。

|

« どうでもいいエントリだなあ | トップページ | 断念っ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どうでもいいエントリだなあ | トップページ | 断念っ! »