« 基本、ピン芸人が好きなのかもしれない | トップページ | 北海道にも梅雨はないわけではないけど、この雨は流石に違うか »

進退問題2つ他

真央ちゃん、現役復帰か・・・何となく、複雑な気分。好きな選手なんだけど。
ただ、ご自分の気持ちに忠実になってのことなら歓迎すべきことなのかもしれない。あ、ちょっとこれって上から目線?

トリプルアクセルならトゥクタミシュワが今ほぼ完璧に跳んでいるし、彼女はそれだけではなくほぼ全てのジャンプが安定していて、多分現在の女子フィギュア界では世界一だと思う。あくまで私の主観ですし、好き嫌いは置いといて、ですが(個人的にはルックスも演技もあまり好みではないんですけどね、私は)。

若い選手たちも台頭してきている中で、果たしてどこまでレベルを上げていかれるのか。
世界選手権のころと同レベルが最低条件、というのは誰よりもそんな現状を理解している真央ちゃん、もとい浅田選手ならそう思って当然なこと。
更にそれを上回るパフォーマンスを見せないと国際大会で表彰台には上がれないんじゃないかな。

早速浮かれまくるマスコミだって全てが全て好意的に彼女を見ているわけじゃなさそうだけれど、仮に復帰が成功裏に終わらずともどちらにしても彼らにとってすれば書きごたえのある「ネタ」ができてさぞ嬉しかろう。

どうかくれぐれも「踊らされる」ことのないよう、ご自分の意志を最優先に頑張ってください。応援しています。



大阪都構想(余談だが、私のタブレットでは「とこうそう」、と入力したら一発で正解の変換がなされた。IMEとは大違い)、住民投票の結果反対多数で廃案になってしまった。

結果が出てすぐの、橋下徹大阪市長のあまりに満面の笑顔での会見を見てふと思った。

もしかしたらこの方、廃案になったことをどこかで安堵しているのではないだろうか。

実際、これが是となったら、事務手続きは如何に煩雑で多岐にわたるものになることか。
公務員って、その業務の一つ一つが法によって決められているから、組織改編がなされればそれこそそれら無数にある法令や規則などの文言を全て改正しなければならず、またそれにかかる様々な経費―看板、表札などの書き換えから始まって、細かいことなら職員の名刺だって全て印刷しなおさなければならない。
穿った見方をすれば、大阪市内の印刷業者や建設業者、事務機器メーカーなどは皆賛成票を投じたのではないかしら?

ただ、賛否については本当に僅差で、ほぼほぼ半分の賛成票があったことを既得権益が守れたことを喜んでいる皆さんはちゃんと理解し、向き合わなければならないと思う(どうせしないだろうけど)。

個人的には大阪都、という名称には違和感を覚える。でも、二重行政については道と札幌市にも存在するそうで、例えば消費者相談センターがそうで、それぞれの担当者がお互いの存在意義を主張したうえで情報共有している、と胸張って答えていたが、知事は情報共有なんて言ってないで、どちらかをやめてしまえ、とあっさり仰っていた。私もそう思う。

人員削減と組織改編。議員定数削減。一番やりたがらない聖域を、新知事と新市長にはぜひ切り込んでいってもらいたい。

話が逸れてしまった。

個人的に橋下氏の主張は嫌いではないし、賛同できる部分も多いんだけど、如何せんこの方、言葉のチョイスが絶望的に下品。政治家としての素地がないのでは?
それがオレの個性さ、なんて確信犯的にやっているのか、本当にこらえ性が無くてああいう言動になってしまっているのかは、そこまで興味があって見ているわけではないからわからないけど、政治から身を引かれるのは正解だと思う。
弁護士に復帰されるようだが、この方に弁護を頼みたいとおもう刑事被告人はいないんじゃないかな(笑)大きなお世話か。失礼しました。



ウエイトがじりじりと増えてきたので、流石にもう独活の天ぷらはやめた。残っていた葉はお味噌汁に入れた。
せっかく体を押し込められる(笑)ようになった昔のスーツを脱衣所にかけて、自分への戒めとすることに。
このスーツ、スカートのフロントにスリットがあり、着られるようになった、とはいえ今の体型なら座るとスリットが今にも裂けそうなのだ。ジャケットの前ボタンだってギリギリ。
再来月にはこれを着て出かけたいので、もうちょっと頑張らなきゃ。


外猫、今朝は新猫の方が来てご飯を食べて行った。昨晩懸案事項と解決策をいろいろ書き出してみたが・・・まだ逡巡中。どうしよう。

|

« 基本、ピン芸人が好きなのかもしれない | トップページ | 北海道にも梅雨はないわけではないけど、この雨は流石に違うか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 基本、ピン芸人が好きなのかもしれない | トップページ | 北海道にも梅雨はないわけではないけど、この雨は流石に違うか »