« 今日は若干しのぎやすいか。 | トップページ | ひとつの区切りがついた日でした。 »

最近だらだらと長いエントリが続くのはこれがストレス解消の手段のひとつだから、かもしれない

暑い日々が続くと、ついつい冷たかったりさっぱりしていたりするものを食べがちだ。
ある晩、ジャージャー麺用に肉みそを作ろうとタケノコの水煮を細かく刻んでいたら、それをボウルに移す際包丁ですっと左手を切ってしまった。

幸いにして傷は浅く、長さも1センチ足らずだったがけっこう出血があって本人よりも、私の悲鳴で様子を見に来た家人の方が大騒ぎ。
結局湿潤療法用の絆創膏を貼った上から使い捨てのゴム手袋を履き、ゴムの臭いが移るといやだからその上からさらにビニール製の使い捨て手袋、という重装備で肉みそは無事作ることができたのだが、何がすごいって、その絆創膏!
完全に止血できていなかったので絆創膏の傷を覆う長方形の部分が真っ赤になっていたがそこから血が外に漏れだすこともなく、1度貼り替え結局丸々2晩つけていたらなんと、傷が綺麗に塞がってしまったのだ。あらびっくり。

以前は、創傷の治療は「消毒して乾かす」が主流だったが、徐々に「水洗いして消毒しないで乾かさない」という湿潤療法が普及してきたようで、最近はそれ用の絆創膏も種類豊富になってきた。

でもこの治療法を、特に家庭で行う際は負傷の程度や状態を見極める必要があるようだ。
私の、今回の傷のようにウイルスや、泥などの異物が入りこんでおらず、なおかつ出血量もそれほど多くないというケースはまさに絆創膏を貼って治すには適当だったんだと思う。

でも、例えば屋外で錆びたくぎを踏んだ、とか動物に噛まれた、とか傷口から雑菌や異物が入ったり傷が深かったり、そういう場合は傷の内部まで洗ったり、徹底的に異物を取り除いたりしなければならないから病院に行くべきだそうだ。

ちなみに受傷から今日で5日目。ケロイド体質であるにも関わらず既に傷跡はほとんど見えなくなっている。うーん。

私が使った絆創膏は粘着部も薄いフィルム状ではがれにくく、防水効果もかなり高い。もちろんお値段も高い。
でもこれだけ早く治るなら物は考え様だ。
今回は以前、家人の為に買ったものが2枚だけ残っていたのだが、これはもう少し買い置きしておこうと思う。


土曜日は休日だったので帯広の猫カフェへ。
その前に日帰り入浴でも・・・と朝早く家を出たのだが、いざ到着して車を降りてびっくり。

・・・肌寒い。気温、20℃。信じられない。

少し前まで帯広は連日30℃超えで、だからこの日も薄手のシャツだけ、という真夏の装いを選んだのに!

温泉施設を出て、偶然立ち寄った豚肉料理専門店で美味しい豚丼をいただき、猫カフェで猫と戯れ、帯広神社でお参りをし(お茶をたてて下さるサービスが!あの休憩所は素晴らしいのに、何であれほどまで利用者が少ないのか?)、わが街から消えた(涙)懐かしのヨーカドーで買い物をして帰宅したが、最後まで夏の日差しには遭遇できなかった。
北海道の気候は変動が激しい、と思い知らされたが、これで夏が終わるとも思えないし、残暑が厳しくないことを願うばかりだ。

我が家から帯広まではちょっとした小旅行。写真こそないけれど、旅行日記風に行先を訪問順に書いておきます。

札内ガーデン温泉(http://satsunai-g-onsen.sakura.ne.jp/) 
 帯広の市街地からやや離れているが、パークゴルフ場も隣接されていて利用者は多い。レストランや、コミック&インターネットルーム、女性専用フィットネスルーム、マッサージルームなど長時間いても飽きない設備が整った施設。建物自体の古さが玉にきず、だけど、コスパは抜群だと思う。

十勝豚肉工房ゆうたく(http://www.2983.info/yuutaku/
(ほとんど更新されていません…どうした?)
 文字通り豚肉料理オンリー。偶々通りかかって、偶々開店時間(11時30分)だったので入ってみたら、どうやら地元の人気店らしくあっという間に満席に。家人はとんかつ、私は豚丼をいただいたがさすが専門店。肉の柔らかさに驚かされた。あまりガイドブックなどに載っていないのか、観光客は私たちくらい。駅前の有名店に並ぶ人たちに教えてあげたいが、これ以上混んだらイヤだから教えない(え?) 

Cat Cafe Wish(http://catcafe-wish.jimdo.com/
 帯広のNPO法人「猫たちを守る十勝Wishの会」が運営する、保護猫(里親募集中の猫)と戯れることのできるスペース。普段は成猫ばかりだけれど、今は絶賛子猫祭開催中(?!)で、ケアルームには離乳前後の親子猫から、人慣れ修行中の可愛さ全開2か月くらいの子たちまで10数匹いる(この子たちとは触れ合えませんが)。
 ちなみに2階のメインフロアにも生後半年くらいの黒猫兄妹がいて、これがまあ人懐こくて可愛いったら。
 保護猫、と一言で書いてしまったけれど、在籍までの経緯は様々で、保健所に持ち込まれた子を引き取ったり、捨てられている子を見かねて保護したり、無責任な飼い主の飼育放棄や、挙句直接捨てていく輩まで存在するそうで、店長さんも苦慮されている。
 ぜひサイトをご覧になって、ご支援なさっていただけたら、いちファンとしても嬉しい限りです。よろしくお願いします。

帯広(廣)神社(http://www.obihirojinja.jp/
 実はゆうたく→Wish→ここ、とほぼほぼ一直線上にある。静かで趣があり、自然豊かなこの神社は運が良ければエゾリスに遭遇できるくらいうっそうとした木々に囲まれている。
 帯広に来た時は必ず立ち寄ってお参りしていく我が家のパワースポット。

|

« 今日は若干しのぎやすいか。 | トップページ | ひとつの区切りがついた日でした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日は若干しのぎやすいか。 | トップページ | ひとつの区切りがついた日でした。 »