« やきもきしたり投げ出したり | トップページ | いらいらするなあ・・・ »

複雑だ

JRAの調教師や騎手、その他地方議員なども名を連ねる、引退した競走馬の余生について考えるプロジェクトができたらしい。

引退馬を乗馬用に再調教して引き取り手を探すということもひとつの軸として行われるそうだが、一部公表されているそのサポートホース(というそうだ)を見て驚いた。

・・・大きいレースを勝っていたり、たくさんの馬を持っている、お金のある馬主が所有していた馬ばかりじゃないか!!
まさか、この馬を所有していた人らはノータッチというわけではないだろうな。
自分が散々楽しんだ挙句いらなくなってポイ捨て、後は他人様の善意にお任せ~なんてことではないと思いたい。

誰かが助けなければ繋がらない命だということはわかっている。実際、トップページにある顔写真には知っている人もいて、その人がいかに頑張っていらっしゃるかもよくよくわかっている。
だから、活動そのものを信じていはするけれど、何故か不安だ。
そもそもサポートホースの選択基準はどこにあるんだろう。ちゃんと馬主はそれなりにお金を出して託すのだろうか。
あ、そうなると誰かさんみたいなドケチ馬主はまず馬を託すまい。
発足直後だからまだまだ明らかにされていないこともあるだろうし、もっと詳細な情報を早く出してほしい。

馬主の中には、人も馬も好き、競馬が何より好き、という人もいれば、馬主というステータスが好き、馬も他人もどうでもいい、お金が少しでも多く自分にだけ入ればいい、他人がいい思いをしていたら面白くない、という輩、もとい人もいる。

でもファンから見たら区別なんかつかないもの。外面が良けりゃ・・・ってそもそもその外面ですら接する機会がない。

もし、サポートホースにするのに自己資金が必要なら多分後者はそうすまい。地方競馬向けに馬を探している博労にでも二束三文で売り飛ばして後はどうなろうが知ったこっちゃない。そんな人がまだまだ多いのが現状だ。
もちろん、この活動はとても意義があることだと思う。ただそれ以前に馬主そのものの意識を変えるための努力をしてほしい。馬を単なる経済動物としてしか見ていない連中をどうにかしてほしい。

でも、競馬は、はっきり言ってスポーツでもなんでもない。ギャンブルだ。公営競技のひとつだ。
イメージを良くしようと胴元はあの手この手でPRしているけれど、現実はどうだ。馬も騎手も使い捨て。競馬場の中にいる救急車は、場内専用だってご存知でした(今は改善されたのかもしれないけど)?
騎手が大怪我しても、本物の救急車来るまで待たなきゃあならない。
馬だって、少しでも早く走らせるために改良(人にとっての)を重ねてあんなに細くもろい脚になってしまった。
あの脚で重い上体を支えて、尚且つ全速力で走るのだ。そりゃ怪我もしよう。
で、1本でも折れてしまったら残りの3本では体は支えられないから安楽死処分がとられてしまう。

競艇やオート、競輪はマシンを使って人間が競うギャンブルだ。ある意味自己責任であり、選手は大怪我をしようが命を落とそうが、その人間以外の命が喪われることはないし、危険が伴う職業であることを自覚している。覚悟もあるだろう。
でも競走馬は違う。自らの意思ではなく、ギャンブルのために走らされ競わされ、用途がなくなれば勝手に「処分」されて生を終える。そこに何のロマンを見出したらいいのだろうか。
「競馬」というそもそもの残酷な行為を肯定している時点で、何か間違っているような気がするのは私だけ?

競馬、好きだったし、夢中になっていた時期があるし、ある意味仕事にもしていた(ん?)。
だからこそ、関われば関わった分罪悪感や疑念は膨らんでいった。

・・・何が言いたいのか自分でもわからなくなってきた。
ここまで、カーテン(とレール)のオーダーをするため2時間以上パソコンとにらめっこしていたので疲れて気が立っているのかもしれない。

ホント、集中してやらないと、ミスが許されないから。一度でも途切れると取り戻すのが大変なのだ。
さ、何とか発注のめどは立った。後は時間との戦い。明日、もう一度だけ確認してポチッと行こう。本当に面倒くさい。引越しが好きな人なんて絶対理解できない!!

|

« やきもきしたり投げ出したり | トップページ | いらいらするなあ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やきもきしたり投げ出したり | トップページ | いらいらするなあ・・・ »