« カーテンレールもまだ途中なんだよなあ。 | トップページ | 亡くなった馬たちの冥福を祈ります »

私は煮詰まり、猫は糞詰まり

今週もバタバタしそうで気が重い。とりあえずは明日だ。ため息が出てしまう。初対面の方がどうか生理的に大丈夫なタイプな人であってほしい。
そして、明日の夕食も気ぶっせい。構わないでいい、と言われたいし、言われるまでこちらからは何もアクションはしないつもりではいるけれど・・・

明後日が本番だけれど、何の思い入れもないし、会いたくない人も来るし、いよいよもって気が重い。

不安ばかりが募る。日々が憂鬱でたまらない。
幸せの貯金を使い果たしてしまったのだろうか。この先イイことが何もないとは思いたくないし、そうでないことを祈るばかりだ。



昨日は早朝から外出して夕方に帰宅したが、家の中は阿鼻叫喚の世界・・・と書くと大げさだけど、嘔吐の跡が数箇所。そしてカーペットやキッチンマットなどに10箇所以上ついている茶色のしみ。家人の部屋のカーペットにころん、とひとつ落ちているブツ。

そう、前回と同じ猫が糞詰まりを起こし、あちこちで気張った末に力尽きて床で横たわっていたのだ。
気張りすぎて嘔吐。それで更に気分が悪くなって嘔吐を繰り返し、しかも室温は28℃まで上がっていたので軽く脱水気味でもあった。

まず部屋中の窓を全て開けて風を通す。
体は熱くなっていないし、呼吸も問題なさそうなので室温が下がるまでにとりあえずカーペットなどの汚れをセスキと歯ブラシできれいに落とす。

背中の皮膚の戻りの悪さを確認してから室温のソルラクトを150cc入れて、さりげなく肛門周りを調べたら、あーあ脱肛気味。そうとう頑張ったらしい、かわいそうに。

痛いだろうしあまり触りたくないが、そうも言っていられない。
まず、オリーブオイルに浸した綿棒で肛門を軽く擦り、便を出やすくする。前回はこれで上手くいったが・・・ダメだ。かなり敵は手ごわい。

疲れ果てて動けないのはむしろ勿怪の幸い。傍にあったプチプチの上に柔らかなタオルを敷いた簡易ベッド(?)へ寝かせる。何しろ出口付近の塊をすり抜けて、柔らかなブツがたれてくるので動き回られるとちょっと(涙)

このまま手をこまねいていても仕方がない。かかりつけ医は当然のごとく電話しても出ないし、やむなく近所のあまり腕の良くない(上に診療代が高い)病院へ連れて行った。

「血液検査をしましょう」・・・え?便が詰まっているだけなんですけど。でも、ま、いいか。
というのもこの猫、飲水量が若干多いような気がしていたので、まだそんな歳ではないけれど腎機能の数値は気になっていたから。
検査結果は、血糖値以外全て正常。血糖値は仕方ないのだ猫の場合。ストレスでたいてい高めにでるから。また、直検の結果便はかなり下がってきておりそれほど硬くもないので、摘便する必要はないとのこと。

「制吐剤と胃薬を出しましょう」・・・え?整腸剤は?制吐剤はプリンペランを持っているのでお断りし、ファモチジンだけいただく。ビオフェルミンは常時ストックしてあるから処方すると言われてもこちらも断るつもりだったが、普通出すよねえ。

しかも検査代はかかりつけの5割増!設備投資しちゃっている分割高なのはわかっていたし、この猫は引き受ける際に持参金(!?)を持ってきていたのでそこから支払ったからまあいいんだけど・・・でもやっぱりちょっと信頼できるとは言えないなあ。うーむ。

帰宅後、相変わらず食欲なし。水も飲まない。
微量の無塩バターにクラッシュしたビオフェルミン半錠を練り混ぜたものを上あごに塗りつけ、再度肛門周りをオイルで拭う。そしてケージに入れて様子を見ることにした。

念のため水はもちろん、緩めのウエットを入れた食器も中に入れる。

普段なら煩いくらい付きまとってご飯の催促をする猫が、私が食事の用意をし出しても全く感心を示さない。やはり相当参っているのだろう。いったいどのくらいの時間苦労していたのか。

ケージに入れて約2時間後、そっと様子を見に行ったら、おお!出ている!
あまり詳細は書きませんが(お食事中の方のために?)、普段の半量くらいか。それでもあれが出たら残りも大丈夫だろう、と思わせるその太さ。案の定その後更に3つほど産出し、どうやら峠は越えたようだ。

そのままケージに入れ続け、翌朝見たら食器はカラ。どうやら復活したらしい。
出してやったら、汚れていた肛門周りも綺麗になめてあって、朝の催促も普段どおり。恐ろしいばかりの回復力には驚くを通り越して呆れるくらい。いや、もう何も言うまい。良く頑張ったね。

とりあえず食事にビオフェルミンと、ココナツオイル少量を混ぜる。ドライも猫スープで少しふやかしてから与える。そして、腸内環境を整えるために何かしらの乳酸菌サプリを導入することにした。

とにかくこの猫の便は太くて硬い。蠕動運動が少し弱いのかもしれないが、あれなら排出するにも苦労するだろう。
もう少しやわらかくできれば。サプリ、どれがいいだろう。これからじっくり調べてみようと思う。

久々に行った我が家はやはりかび臭かった。特に私の部屋のクローゼット!
一枚夏物のワンピを持って帰ってきたが、着られたものではない。うわあ、どうしよう。冬物とか、衣装ケースの中なんだよなあ。
次行くときには何か対策してこなくては。ああ。

|

« カーテンレールもまだ途中なんだよなあ。 | トップページ | 亡くなった馬たちの冥福を祈ります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カーテンレールもまだ途中なんだよなあ。 | トップページ | 亡くなった馬たちの冥福を祈ります »