« 一番嫌いな国はどこかと訊かれたら・・・ | トップページ | いや、決して無駄遣いではないんです »

秋空に

やっと、やっと涼しくなった、日中も。
朝晩は既に秋の空気だったが、日が出ている時間は夏が居座っているので、エアコンのリモコンとにらめっこすることも少なからずあった。
でも今日は大丈夫。風通しの悪い私の部屋ですら25度。リビングは24度。肌寒さすら感じる風が吹き込んでくるようになったら、もう扇風機も埃を払ってクローゼットに仕舞っても問題なさそうだ。

台風12号が接近中、しかもまたもや北海道の真上を通過する進路予測が出ているらしい。えーかげんにせえや、とどやしつけたくなる今夏の異常気象。
未だに行方不明の方々がいらっしゃるという現実には、偶々被害に遭わなかっただけで、いつ自分が被災者になってもおかしくないという恐怖感を覚えてしまう。
孤立したままの牛たちは大丈夫だろうか。高速道が彼らの避難に使えるなら、どうか早く超法規的にでもことを進めてもらいたい。

今はそれなりに街中にいるけれど、ほんの少し前まではとんでもない山奥に生活していた。それでも、他に従業員などがいた時期なら今回の雨風でも途中で手を入れながら何とか被害を最小限に食い止められただろうが、私たち夫婦二人だけになってからあれだけの悪天候に見舞われていたら・・・考えるだけで背筋が凍る。

そして、私たちすらいなくなって、無人と化したあの山奥の職場は今、想像どおり酷い状態になっているそうだ。
売却のチャンスはあったのに、持ち主の強欲さがそれを封じてしまった。愚かだな、と思うがもう手遅れ。
今、あの場所を買いたい、買って「その」目的で使いたい、という人はいないだろう。
違う目的で使うには、いろいろ法の縛りがあってお金も時間もかかるし、いずれにしても最初の機会のような高額では捌けまい。これこそ自業自得、少しは心に堪えるものがあってほしいところだが・・・

内地でも被害が深刻で、寝たきりの方ばかり入所されていたグループホームでまた大勢の犠牲者が出た。一人生き残った職員の方も自責の念にかられてしまっているのではないか。でも、ホームの経営者が語ったその時の様子から、その職員の方が生き延びたことが奇跡のようなもので、不可抗力としか言えないのではないだろうか。

天災だけはいかんともしがたい。台風の進路予測ができたとして、いつどこにどれだけ雨が降るか、どの川がどう氾濫するかなんてピンポイントで予想なんかできない。

国連大学が先日発表した「自然災害に見舞われる可能性」では日本はなんと4位!
ちなみに1位から3位は地球温暖化で海面上昇や洪水被害に見舞われる可能性が懸念されるトンガやバヌアツなど。それらの国に次いでの高順位だが、総合評価である「世界リスク評価」では17位だった。
つまり、災害は起きるけれど、それに対してのインフラ整備や対処能力が評価されたということ。
そうなのかなあ、と思いつつ、アメリカやイギリスなど所謂先進国は軒並み100位以下。つまり日本は突出してリスクが高い先進国といえると思う。

・・・何が言いたいか。

東京オリンピック・パラリンピック。開催期間は7月22日のサッカーからパラの9月6日までと既に決まっている。
今回日本を直撃した台風は全てこれらの時期に含まれているという現実を私たちはどう見たらいいのだろう。

そして、ヒートアイランド現象故か、北海道を含め日本列島全体が高温化していること。
気温30度を超える中で行われるマラソンや競歩などのロードレースがどれほど苛酷なものになるか想像もできない。

何を今更、なのだけれど、やっぱり日本は、東京は2020、手を挙げるべきではなかったと思う。
東北の復興もままならないまま、福島原発の廃炉作業も思うように進まないまま、その復興を横取りするように利用して、どんな利権が絡んでいるのかはわからないが、莫大な額に膨れ上がりつつある競技施設等の建設費。集中する重機と人材。東京ばかりが浮かれていて肝心の東北は置いてけぼりではないか。

家人は東京五輪の競技をひとつでもリアルタイムで見たいという。楽しみだ、とも言っている。私だって見たくないとは言えない。
リオでのバドミントンやレスリング、柔道、水泳、陸上など若く、4年後も活躍できる選手たちを見ていると、彼らがメダルを取る瞬間をその場で迎えたいと思わないでもない。

テロに対しては、警備を強化するなり対応策はあろう。でも台風や、考えたくもないが地震にはそれはない。
『そんなこと気にしていたら何もできない』・・・確かに。「起きるかもしれない」ことを考えても、文字通り杞憂なことはわかっている。でも、実際にこれだけの災害が起きたら、それが運よく開催期間だけ起きずに済むという保証を誰ができる?
海外からの観戦客が数多いる中でその安全を誰が守れる?そもそも競技を滞りなく行うことができる?

リオの閉会式での東京のパフォーマンスは正直想像以上に素晴らしかったと思う。世界からの期待感も高まっただろう。だからこそ不安でならない。
リオも、北京も、不安視されながら、実際小さなトラブルはあっただろうけれど成功裏に終わった。
だからこそ、東京・・・台風が来ないように、と願う運頼みで果たしていいのか。それとも、台風の進路を変更させるような秘策でも練っているのか?いっそそうであって欲しいとすら願う。

・・・自分の置かれている環境に不安しかないからこんなネガティヴなことを書いているのかもしれないな。
もう決まってしまったこと。2020年、成功して欲しいと願う気持ちは私にだってある。

|

« 一番嫌いな国はどこかと訊かれたら・・・ | トップページ | いや、決して無駄遣いではないんです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一番嫌いな国はどこかと訊かれたら・・・ | トップページ | いや、決して無駄遣いではないんです »