« 性能がよくなればそれでいいということなのか? | トップページ | 作りたい時期なのかもしれない »

ちょっと偉そうな感じですね、このエントリ^^;

民進党の代表が決まった。非常に釈然としない。

蓮舫議員の二重国籍問題は、実質的に郵送での投票行動には全く影響を与えなかった。何故なら必着の締切日を過ぎてから彼女は台湾籍が残っていることを発表したから。
この日を迎えるまでの間、彼女は追及されてものらりくらりとそれらを交わしながら真実は明らかにしなかったのだ。

混血児がどうだの、酷いマスコミに至ってはもし国外で何らかのトラブルに巻き込まれたらどちらの国が救出するのかだの、全く筋違いのケースを持ち出したりして、事の本質が見えなくなっているのは恣意的なものなのだろうか。

二重国籍であるかどうか、まずご自分が議員に立候補する際に調べなかったのか。この時点で国籍を軽んじているとしか思えない。
更に閣僚となった時もそう。今回、指摘を受けるまで自ら確かめなかったというある意味ルーズなその考え方はどうなのか。

他人に厳しく自分に甘い。そう考えると彼女の話す歯切れよく威勢の良い言葉も全て上滑りして聞こえるから不思議だ。

民放のテレビ番組で、小池都知事の存在を「まぶしい」とリスペクトする発言をされていたが、今のままならまぶしいだけ、一生そのままの立場で終わるのではないか。

小池都知事のことも、私は「好きになれなかった」し、実は今でも「好きではない」。
でも、そんな感情は抜きにして彼女は着実に、これまでの都政に風穴を開けようとしているし、その結果いきなり築地移転問題が動き出した。

都民の支持を後ろ盾に、今ならば多少の金銭スキャンダルが発覚しようと彼女は陥れられることはないだろう。
築地だけでなく、東京オリンピック・パラリンピックに関しても様々な問題をこれから彼女は提起していくだろうし、それは都民の望むことであり、誰かさんたちが最も望まないことでもある。
果たして、蓮舫「代表」は政権与党を追い詰められるだけの力量があるのだろうか。自らに起きている最も個人的な問題すらきちんと解決、釈明することもできないのに。

築地移転が白紙に戻りでもしたら、莫大な経費の無駄遣いだ。
でも。そもそも何故土壌汚染が想定される土地に市場を移転しなければならなかったのだろうか。
それも含めて、都民、そして国民が納得できるような徹底的な調査をしてほしい。


昨晩は十五夜だった。
北海道は2重ガラスなので、ガラス越しに見るとまん丸の月が歪んでしまう。
かと言って、もう既に窓を開けてはいられないくらい夜は涼しい。結局ほとんど月見なぞすることもなく、また夜になるまですっかり十五夜なんて存在を忘れていたのでだんごも何も用意していなかった。

来年の今月今夜のこの月を・・・さて、私はどこでどうやって見ているのだろうか。

|

« 性能がよくなればそれでいいということなのか? | トップページ | 作りたい時期なのかもしれない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 性能がよくなればそれでいいということなのか? | トップページ | 作りたい時期なのかもしれない »