« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

寒い年末

箱根のエントリが発表されたけれど、東洋はやはり桜岡や口町が本調子じゃないのかな?駒沢は中谷や西山が温存―ならいいけれど、中谷は復調難しいか。

やはり一番の見所は東海だろう。一年生中心のチーム編成は両角監督曰く「のるかそるか」作戦だそうで、青学の原監督も警戒していたが、万が一この作戦がハマってしまえば東海は下手すりゃ来年から4連覇できちゃう可能性すらある。

ワンヴイとニャイロはきっちり2区か。面白いのは大東大の奈良ジュニアが5区エントリ。このまま走れば遺伝子の継承ということになる(か?)
山梨の上田ジュニアも5区。ジュニア対決はさてどちらに軍配が上がるか?

意外に早稲田がいいんだよなあ。今朝の読売新聞によれば、青学には故障者もいて万全ではないらしいから、今年は混戦になること必至。
予想が難しいけれど、敢えてするならやっぱり早稲田と東海。そこに青学を加えてこの3校を3連複で(違う)
・・・冗談はさておいて、5区の距離が短くなったとは言え、5、6区はやはり特殊技能(?)が必要なので、こればかりは走ってみないとわからないという部分がある。初挑戦組が多いし、ここで順位も大きく変動する可能性が高い。

楽しみだけれど、箱根が終わったらいろいろなことが動き出すんだよなあ。
不安10割。不安しかないけれどやるしかないのだ。ここまでラクさせてもらったんだし。

さ、午後からはキッチン周りをもう少し整理しよう。

午前中、外に出て窓や玄関周りを水拭きしていたら、拭いている傍から水分がシャーベット状に凍っていくではないか。流石北海道だ。ここは比較的道内でも気温が高い地域なのだがそれでもこれだもの、陸別や江丹別辺りならきっと外回りをどうこうしようなんて気にもならないかもしれない。

窓も実はあまり綺麗にはならなかったけどもういいや。風邪引きたくないもの!

| | コメント (0)

出かけます

今年ももうすぐ終わる。

狭いところに転居したから掃除が楽でいい。大掃除と言っても、水周りを少し丁寧に掃除したらもうすることは・・・あ、窓。そう、窓を綺麗に拭けば終わりだ。

今夜は今年最初で最後、忘年会にお招きいただいている。正直気乗りはしない。でも声をかけてくださったことは嬉しい。
実はもう一件あったのだが、これは家人が定期検査前だったので丁重にお断りして、新年会にさせてもらうことに。

街中に住んでいると外に出ようという気持ちになるから不思議だ・・・って不思議でもなんでもない。だって、以前なら代行を頼んだら6000円!今なら歩いてだって繁華街から帰宅できるのだ。

相変わらず低いテンションのままだが、今日は気のいい人たちばかりなので多分楽しめるだろう。ドライバーだからお酒は飲めないけれど、少しははしゃげたらいいな。

BGMが福山雅治の「最愛」だから余計暗くなる。ひとつスキップしたら「チャンカパーナ」!よし、これを聞いて少しでも気分を上げよう。

行きつけのヘアサロンで前髪と眉のカットをしてもらった。
前回から2ヶ月近く空いてしまったからか、会計の際に『すごく痩せましたよね?!』と真顔で心配されちゃった。
・・・いや、そんなことはないんですが。でも、その所為か顔が萎んだ、といわれてそれはそれで拙い。焦る。そう、歳をとると顔の肉は落ちてしまうんだよなあ。

顔も体もメンテナンスを頑張ろう。年齢不詳でいたいから、あと最低でも1年は(謎)


今年は恐ろしく無駄遣いの多い1年だった。来年は少し引き締めて、というか常識にかかる生活をしなければ。

さ、猫のご飯の支度をしよう。お出かけ前に食べさせておかないと・・・

| | コメント (0)

さよなら、5人組

私はコアなファンではないけれど、常にその存在を意識はしていたし、それなりに好きなアイドルではあった。
…涙。中居クンが旅の夜に流したそれ、が、今となってはあまりに象徴的で、彼のメンバーへの想いはどれほど深いものだったか痛いほどわかる。だのに、何故?

これが最後だなんて。この放送が終わったら5人が揃うことは無くなるなんて。

終わらないもの、変わらないものなんかない、それは昨年、嫌という程実感させられたはずなのに。
いいとも、が終わった時もそうだった。あるべきものが無くなってしまうことの恐怖。明日からどうしよう、と途方に暮れてしまう心細さときたら。

どうしてなのかな。誰がイケナイのかな。何が悪かったのかな。

STAY。ずっとこのままいられたら。でも時は間違い無く止まらないから。永遠なんてありえないから。

必ず、終わり、は来る。

私は「らいおんハート」が一番好きだった。君を守るためだけに生まれてきた…そんな風に言われたら、その瞬間に死んでもいい(え?) とさえ思うくらい、あの曲の持つ優しさは別格だった、彼らの楽曲の中で。

この5人の絆を引き裂いた「誰か」がもしいるのなら…いや、例えそうであっても覆水盆に返らず。時間が解決してくれるような話ではなかったからこうなったのだろう。

評判になることは間違いないと思っていたら、実際そうなったのがSoftbankのCM。あの1本のCMのためだけに契約をした、という記事をネットで読んで、自分が契約しているキャリアであることが誇らしくなった。
あの頃、彼らがこんな最期を迎えることになろうとは思いもしなかったし、それはファンも彼らも同じ。

デビュー当初から彼らを支えて彼らに支えられて来た人たちの心中は計り知ることもできない。
最低限、そういう人らには何らかの、納得がいくような、腑に落ちるような説明をしてあげて欲しいなあ。それこそが事務所サイドに課せられた義務ではないだろうか。

5人がこれからどのように活動していくのか、注目したいけれど、やっぱりビストロのように5人揃って楽しそうに画面の中にいるシーンが見られないのは…寂しい。

| | コメント (0)

見つかった!

どうしてももう一度聴きたかった曲。アナログの音源はあったはずなのに転居の際に誤って捨ててしまったらしくどちらの家でも発見できなかった。

収録されていたアルバムはとっくに廃盤。CD化されているようだがもちろんそちらも廃盤だし、youtubeなどを探しても音源は見つからなかった。

ところが!当時彼のいた事務所の所属アーティストたちのオムニバスアルバムにその曲だけが収録されていることを発見。しかも、そのアルバムが定価の半額を大きく下回る金額でネットの中古ショップで売られていたのだ。

大雪の影響で到着は遅れたものの、ようやく今日私の手元にそのディスクは届いた。そして早速PCに取り込み車載用のオムニバスCDとタブレットにダウンロードする。
・・・ああ、嬉しい。久々に嬉しい。
明日は公共交通機関での長距離移動だから声を出して一緒に歌いながら、とはいかないが、心の中で歌おう。ああ、懐かしい。
当時の人気俳優が雰囲気だけで(?!)歌い上げるAOR、実はかなりしっかりとした造りなのに、企画モノ扱いされてしまってかわいそうな曲でもある。

考えてみりゃ野猿のもそうだよなあ。素晴らしい楽曲の数々はもっと評価されるべきだったのに、誰もカバーしてくれないもの。本当に勿体無い。

今日は一人なので晩御飯は猫だけ。ヒト、つまり私は頂き物のとある缶詰とビールで済ませてしまった。明日も早いのでこれから顔を洗って休むつもり。
大掃除もあとは窓だけなので、これは好天の日にちゃちゃっと済ませよう。

今年ももう終わってしまう。本当に早かった。
そして、本当にいろいろなことがあった1年だった。良くも悪くも、ひとつのエポックというか分岐点というか・・・詳しくは書かないし書けないけど、とにかく忘れることの出来ない年だったことは間違いない。

来年はどうなるんだろう。今年よりいいことがあるのかそれとも・・・今は考えまい。
そう、何が「いいこと」なのかもまだ自分でわかっていないのだから。

| | コメント (0)

なんともとりとめのないエントリですが

男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング。今年は初登場のこの人がいきなり首位に輝いた。

「ディーン・フジオカ」・・・うーん。そう来たか。やっぱり、そうなのか。同性でもわかるのね、彼の魅力が。

あの日曜21時の正直どーでもいいドラマを最後まで録画したのも、偏に彼が出ていたから、それも執事というドはまり役で。
端整、という言葉が良く似合う。知的で(マルチリンガル)才能豊かで(曲を作って歌える)愛情深くて(妻子持ち・・・)、強いて言うなら欠点らしき欠点が見当たらないことが唯一の欠点か。

写真集があるかどうかはわからないが、この時代、いくらでもネットから画像を拾ってこられるので、それらを眺めてはため息をついてしまう女性も数多いることだろう。

ちなみに去年の首位は木村拓哉。一昨年は向井理。世相を反映しているというか、実際の顔の造りというよりその年の活躍度が反映されている感じ。当然のことながら、何らかの「ミソ」がつけば順位も下がってしまう。

キムタクがそのいい例なんだろう(今年は5位)。
とにかくSMAP解散に当たっては彼が悪者と、という絵図がすっかり浸透してしまっていて、その真偽のほどもわからないけれど、確かにどこか色眼鏡で見てしまっている自分もいるのは事実だ。

色眼鏡と言えば、ASKA逮捕のニュースを受けて私が書いたエントリも、すっかり彼を有罪と決め付けていてこれは大変申し訳なく思っている。
でも、あくまでも「無罪」とされたわけではなく証拠不十分で「有罪を立証できない(起訴しても公判を維持できない)」という検察の立場が出した判断であるわけだから、彼はこれから己が行動でその身の潔白を表現していかなければならないとも言える。

薬物は怖い。正確には薬物中毒は、だけれど、常用することによって本来なら心身を治すべき存在の良薬ですら凶器たり得てしまう。

今、私はとある薬を飲むべきかどうか毎日、主に夜、悩んでいる。
それは頓服として処方されている、俗に言う精神安定剤の一種なのだが、効果としては決して強くはない。それでも継続服用すれば断薬が難しくなるそうだ。
2錠飲むと少し物足りなさを感じつつも薄い多幸感が包んでくれ、3錠飲んだら心地よく眠りにつける(というか寝オチする)。

どこまでを継続服用とするのか。飲むなら特に憂鬱な気分になりがちな夕方から夜にかけて、だけれど、そこで音楽を聴いてみたり面白い動画を探してみたり、逃げ恥の名シーンをプレイバックしてみたり、と上手く気を紛らわせることができる日もある。

それでも、どうしてもそれができず、あまりに厭世的な気分になってしまいそうな時、どうするか。そんな夜が数日も続いてしまえば、それは継続服用の範疇に入るのか。

ちなみに、私は所謂麻薬的なものは絶対にやりたくない。それは倫理観云々の問題ではなく(いや、それももちろんありますが)、間違いなく「気持ちよく」なる前に「気持ち悪く」なってしまうからだ。絶対的にそうなる自信(?)がある。

これまで2度の全身麻酔を経験したが、いずれも覚醒時には酷い吐き気に襲われて、術後の痛みなぞ吹っ飛んでしまうくらい苦しんだ。
以前、手術を伴わない疾病で入院した際処方された睡眠導入剤(最も効き目としては弱い、と説明あり)も、飲んだ翌朝は頭痛と吐き気と倦怠感のトリプルパンチで、二度と飲むまいと、残りは全てお返しした。

その手のブツは体質的に合わない。ルーシーだって間違いなく私をバッドトリップへと導くだろう。

・・・話が逸れた。
だから、毎晩逡巡しているわけで、もちろんアルコールに逃げるときもある。
ブレンデッドスコッチ(安物ではダメ。最近のお気に入りは復活したジョニ緑か青)をロックでツーフィンガーほど呷るのだが、実はこれも結果が明暗分かれるから困ってしまう。

上手くいけばとても気持ち良くテンションが上がり、好きな曲を聴きながら数時間熟睡できるが、体調によっては同じ量を飲んでも脳貧血状態になって「気持ち悪い・・・」を繰り返し唱える羽目に陥るのだ。

最近は薬を飲んでさえ眠りも浅い。夜中に目が覚めてしまえばもう眠れない。
いろいろ思い当たる原因はあるし、でもそれは決して解決はされないばかりかますます事態は良くない方向へ向かいつつあるから、私も当分こんな状態からは解放されないんだろう。

何か楽しみとか、目標とか、やりがい的なものを探さなければ。そうやって焦って自分を追い詰めることが本当は一番よくないのかもしれないな。

話を最初に戻すと、ベスト10、2位以下の方たちはあまり好みの顔ではない。玉木宏は昔好きだったけど、今見るとちとクドイ(すみません)。星野源というよりあのメガネをかけた平匡さん、素敵だったなあ。
・・・オトコの顔も、味の好みも薄口になってきたのはやはり加齢の故かしら・・・あうううう。

| | コメント (0)

日々のあれこれ

ジム通いはまあまあ楽しいけれど、お年寄りばかりで辟易している。
私だって十二分に年輩だけど、それでも逃げ恥の話ができるからと若いイントラのお嬢さんは嬉しそうだ。これまでに私より若い人は来ているのを見たことがない。まあ時間帯だろうけれど。

1時間近くストレッチなどをやってから1時間弱マシーンで筋トレ。それを週2~3回。まだ筋肉痛にはならない程度の運動量で探り探りやっている状態だけど、もう少しハードにしていってもいいかな。

ウォーキングマシーンもまだ10分だから、30分くらいまでは行きたいし、バイクも同じ。7分だからせめて15分にまではしたい。
とにかく痩せることもそうだけど引き締めたいし、腰に筋肉もつけたい。もう腰痛はこりごりだ。

年賀状、ようやっと手をつけることができた。
昨年(今年)から、仕事関係のそれを作らなくて良くなったから楽と言えば楽だけど、気分は複雑。
今年(来年)は枚数も絞っていこうと思う。
実は新しい職場の分については敢えて本社に訊いていない。だって面倒だもの。
いずれ開業の挨拶状でも出すのかな?知ーらない♪(え?)

諸々ご尽力いただいている本社の経理担当重役はなかなかに面倒くさい人で、悪い人ではないけれど常識では計れないから何を言い出すかわからない。
何でも知っている風情をかもし出しているけれど、社会保険については制度をよく知っていないみたいで頓珍漢なことを言うものだから、それを訂正するのに一苦労した。
なまじ『わかってる』という妙な自信があるから・・・ふう。

ああ、今年もあと10日しかない大掃除もしなきゃなあ。と言ってもそれほど汚くしているわけではないから、主にキッチンなどの水周りと窓。あ、あとはカーペットの猫毛取り!これが実は一番面倒かも(涙)

正月飾りも用意したし、御節も頼んだし、もち米とお神酒、そしてお雑煮用の具材くらいを買えば年は越せそうだ。
もちろん、駅伝用のガイドブックも両方(ニューイヤー、箱根)用意した。観戦態勢もバッチリ、である。

ちなみにニューイヤーは旭化成。箱根は願望もこめて早稲田。この予想は多分外れるでしょう(笑)

・・・サボっちゃった。年賀状の続きをやろう。何とか明日には印刷を終わらせて今週中に投函するんだ!

| | コメント (0)

馬の歯って怖いんだよ

ちょっと見ていて不快というか、心配な気持ちにさせられたのが今日の競馬中継(民放の方)。
出演者が口移しでポニーににんじんを食べさせていたのだが、あれは酷い。ポニーとは言え馬なのだ。ちょっとした刺激でその瞬間馬が興奮したりしたら下手すりゃ大惨事だ。
誰も止めなかったのかな。だとしたら素人集団としか言い様がない。
今テレ東にクレーム入れるべきかどうか考えているところだが・・・うーん。どうしたものか。


今日は本当に疲れた。
除雪、1時間半がっつりやったらもう全身ガッタガタ。まあ不慣れということもあって要領さえつかめればもう少し短時間で効率的にできるだろうとは思うけど。
今シーズンはあと最低3回は行くことになりそうだ。3回で済めばいいけれど(涙)

ランチはネパールカレー。カレーそのものの味はまあまあだったが、焼きたてナンは本当に美味しかった。
明日は日帰り温泉にでも行って体をほぐしてこようと思う。明後日はジムだから、それまでに筋肉痛はなくしておきたい。


敢えて触れなかった『逃げ恥』第10話。
互いを想う気持ちは間違いなくあるのに、結婚、というものの捉え方に大きな乖離がある二人。
そして、歳の差という大きな障害を持つ百合と風見。
この2カップルにどう落とし前をつけるのか。しかもたった1話しか残っていないというのに。
幸せな結末がどちらにも訪れてくれるといいな。
ままならない現実に縛られている身としては、ドラマの中でくらい幸せな人たちを見たい。

| | コメント (0)

疲れました

昨日、無事にお届けしてきた猫。今日はもうすっかりなじんでいるそうで(´-д-`)
でもそれでいい。私の、というか我が家のことなんか忘れてくれていいの。これからの猫生を、最後までそこで全うしてくれればそれでいい。

どうか幸せになってね。もう二度と出戻ってきちゃだめだからね。

でも、もしも、何かもしも、の事態が起きたらいつでも帰っておいで。待っているからね。


今日は仕事の関係でうんざりするくらいの量の買い物をしてきた。それも一部を除いて全てニトリで。
開店とほぼ同時に入店、そこから4時間以上かけて家電や雑貨、寝具などを大きなカート5台分+家具類を選びカーテンをオーダーして・・・もう当分ニトリには行きたくない。


最近はテンションも上がらないし、いろいろ落ち込むことも多い。楽しみにしていることはあるけれど、それが終わってしまったら何も残らないかもしれない。

明日は住めない我が家の除雪作業に行く予定。明後日は?・・・一人になりたい。電話したい。

ああ、疲れたなあ。

| | コメント (0)

痛くないに越したことはないです

今日も歯科へ。
また痛い思いをするのだろう・・・と暗い気分で診察室に入ったが、なんと!ほとんど痛みを覚えることなく治療は数分で終了!!!

衛生士さんに『痛くなかった~(涙)』と思わずもらして笑われてしまったが、だって、ホントに痛みに弱いのよ、イイ歳して。

次の予約は火曜日。本当は土曜日がよかったが諸事情により・・・ちっ!(舌打ち)

さて、明日はいよいよ出戻り猫の再移動だ。
最初に里子に出した時は辛かった。涙が止まらなかった。今回はどうだろう。
そして猫自身はどうだろう。私との別れが少しは辛いのかな?わからない。でもそうではないほうがいい。私のことなんかすぐに忘れてくれた方がいい。

可愛がってもらうんだよ。我が家では5分の1、だったけれどこれからは1分の1。たくさん愛情を注いでもらいなさいね。

お届けの前にジムに行くことにしている。体を思い切り動かして、いろいろな思いを発散させたい。
ただ、プログラム的にはほとんど汗をかかないくらいなので、果たして効果の程は?
お年寄りに混じって黙々と動く私はかなり浮いている存在だけれどそんなこた構ってはいられない。我が道を行くのみ(?)。

実は、サイズを間違えて購入してしまったデニムがあり、それがまたとても素敵なの。
脚は何とか納まるが、どうしてもボタンがかけられない。腰骨はどうしようもないから、これは尻の肉を落とすしかないらしい。

このデニムを最終目標にする。これが履けるようになったらダイエットは終わりだ。
そのまま現状維持に努めよう。

さて、明日に備えて早めに寝なきゃ。今日はなんとしても22時前にはベッドに入るぞ!

そうか、明日の今頃はあの猫いないんだ・・・

| | コメント (0)

50にして惑う

出戻っていた猫、急遽今週末にお届けすることになった。
迎えをやる、とのことだったが、最後まで見届けたい気持ちが勝って、強引に届ける、と押し切った。
すると、先方からとんでもないお申し出が!
なんと、クリスマスプレゼント込みで、と出張ネイルを予約してくれたと仰るではないか。

実は明日、地元のサロンに予約を入れていた。いや、ありがたいんだけど、どうせ次回はいつものサロンに頼まなければならないし、他所でやってもらったネイルをオフしてもらうのって気まずいんだよなあ。
その方の話ではかなりの腕前の人らしいし、そうなると余計・・・もう仕方ない。確かに、一度一流の人にお願いしてみたいし、ここはもう素直に甘えよう。

で、猫に話を戻すと。

まず一度捨てられているから、そのアホ飼い主の家が最初。そして苛酷な外での生活。保護されて当時の我が家でのびのび暮らし、見初められて社宅(?)暮らしのご夫婦の元へ。やむをえない事情で我が家に出戻り。次に我が家がよもやの転居。そして元の里親(こちらも転居済)のお宅へ。
まさに点々と、だ。これだけ環境が変わってもヤツは常に飄々としているから凄い。

存在感ハンパない猫だ。見た目のインパクトといい、おまりになるブツのデカさといい、規格外。
この子がいなくなったらきっととても寂しくなるだろう。
目なんてとっくに治っていた。でも、どうしてもこちらから切り出すことができずにいた。
先方も首を長くして待っているだろうことはわかってはいたけれど、やはり離れがたかった。

この子の幸せってなんだろう。
猫同士の触れ合いがあった方がいいのかな?でも猫より人の方が好きな子だから、一匹で溺愛された方がいいのかもしれない。

ああ、この子が口を利けたら。どうしたいの?と聞いてみたいな。

・・・ということで、明日午前中の予定がキャンセルになってしまった。いっそカラオケでも行ってこようかな。気分がすっきりしないし(理由は他にもあるんだけど)。

木曜日は午前中のジム、終わったら猫のお届け。
翌日は仕事で大量の買い物をしに出かける。ああ、これもまた気ぶっせいなことだなあ。

今月もあっという間に終わってしまいそう。期待していることも多分起きないだろうし。
来年はどうなるんだろう。何が起きるんだろう。私は何をすべきなのか。誰か教えてほしい。自分で見つけなければならないんだろうけどね。それもわかっていて・・・どうしたらいいのかな。


今日はダヴィンチの最終回と逃げ恥15分SP。
せめてドラマだけはいい結末を迎えて欲しい。

| | コメント (0)

なめくじのようにだれてます

神経を抜去したハズの歯なのに、目一杯中を削られて、そこにぐりぐりぐりぐりと薬のついた綿球を押し込まれて抉られて・・・痛い。痛い。痛くて、その後仮の詰め物をされた後も痛い。あううううう。

この治療は最低でも1ヶ月は続くらしい。
最初にクラウンを切断、除去したときのあの音と振動、今にして思えば痛みなどなかったわけで、これさえ終われば後は削られることもなく簡単に終わるだろう、と高をくくっていた私は大バカ者だった。

早く治したい。遅くとも2月末までには。
とにかくこれ以上痛みを感じずに済みますように。ああ、だから歯医者なんか行きたくなかったんだ(それは違うと思う)


昨日は新しい職場の建造物全てを業者から引き渡され、社長や本社の重役共々点検・確認。その後、セッティングしておいた新規採用者と社長との初顔合わせに立会い、場所を替えて社長たちと現地の関係者で昼の会食。そこに私はメンバー入りしていない。

ああ、これでちょっと一人になれる。そう安堵した瞬間、『この人たち(新規採用者)連れて昼どこかで食べてきて』・・・は?
『戻ってきてね。打ち合わせ続けるから』えーと。極度の人見知りで、しかも干支一回り以上違う人たちなんですけど。いきなり覚悟なく振られて、何をどう会話しろと?

自家用車に彼らを乗せて、近所のカフェへ。もうこの時点でストレスはマックス、食べたカレーの味は全くわからなかった。ま、オトナなのでそれなりに場は回したつもりだったがどうだろ。知らんわ。

何だかだ終わって帰宅したのは夕方だったが、その後も今度は業者さんを招いて夜も会食。これは私もしっかり頭数に入っていたので、心身ともに泥のように疲れきった体に鞭打って出席。飲んだ家人を乗せて帰宅したのは21時をかなり回ったころだった。

実はプライベートで更にテンションを下げさせることが午前中にあったので、ベッドに入っても体は動けないのに頭だけが冴え渡っていて眠れない。
いっそナイトキャップを、と起き上がろうとしたその時、メールの着信音が!

・・・短い文面だけど、読んでたちまち弛緩する脳の筋肉(あるの?)。こちらも短く返信して、ようやく日付が変わった直後に眠りにつくことができた。

たくさん出された宿題を、本当はすぐに手をつけなければならないが、今日は無理だ。何もしたくない何も考えたくない。
まだ思考回路が上手く繋がっていないので、こっちとあっち(?)が上手く仕切れない。
この辺で辞めておかないと何書くか自分でもわからなくなってきそうだ。

明日はいよいよジムだ。最初に見学したところが如何に胡散臭いか良くわかるほど設備の整ったところなので、痩せるというより引き締めることと筋力をつけることをミッションとして、最低3ヶ月はがんばってみよう。あ、これもこのくらいに。余分なことを書きそうだ。くわばらくわばら(古)

| | コメント (0)

だから歯科には行きたくなかったんだ

ああ、本当に怖かった。

歯科、2回目の通院。今日からがっつり治療が始まった。
既に神経は抜去してある歯だとわかってはいたけれど、それでもmcrを切断するのも、土台部分を削り取るのも、振動と音は凄まじく(あくまでも個人の感想です)、一生懸命とあるお題目(ナイショ)を唱えながら何とか凌ぎきった。

・・・真っ二つに切断されたクラウンを見てしばし感慨にふける。
私の口腔内に20数年いてくれたんだね。お世話になりました。ありがとう。

もらって帰るべきか一瞬悩んだが、もらう理由もないことも瞬時に判断できたので(当たり前)置いて帰ってきた。
ここまで削るか、というくらい削られた歯はそれでも抜かれることもなく、ぽっかり空いた穴には薬と仮の詰め物がされている。
次は1週間後。本当はもっと早い日時にも空きはあったのだが、こちらの都合とどうしてもあわなかったのだ。

何故か今週から来週前半まで予定が立て込んでいる。普段はさしてすることもなく暇をかこつているというのに。


新しいタブレットは非常に快適な使い心地。
音楽もダウンロードして、シャワーやキッチンでの洗い物のときなどは防水スピーカーに飛ばして聴いてみたり、amazonのプライム会員なので、ドラマなんか見て涙してみたり。
今朝なんて、「Jin」セカンドシーズンの最終回をうっかり視てしまったから大変。もう目が腫れてメイクがしづらくなったくらいだ。

ただ、コツコツと解き進めていたパズルゲームが全てデフォルト状態に戻っていたり(涙)、小さなトラブルもなくはない。
それでも機種変は大成功だったと思う。
もし来春高機能な同型機種が出たとしても、私にはこれで十分だから後悔はない。


今年もあと3週間か。本当に激動の1年だったと思う。良くも悪くも、あまりにいろいろありすぎて、未だ自分の中で消化(昇華)し切れていない出来事もある。
正確には一昨年の暮れからここまで、文字通り「怒涛」。周りに振り回され流され、方向性も定まらないまま来てしまった。

来年はどんな年になるのだろう。するのだろう、なのかな。
鬼に笑われてしまうから書かないけれど・・・とりあえずもっとしっかりと自分というものを持たなければ。これ以上流されないようにしなければ。


昨日の逃げ恥、もう視ながら悲鳴ばかり上げ続けていた。
・・・あの脚本家、スゴ腕。いや、原作もコミックス1冊だけ読んだけれど、あのテイストとガッキーの魅力を上手いこと混ぜ込んで、更に星野源と平匡さんのキャラも同じように調理して、原作の雰囲気を壊すことなくそれ以上のストーリーをつむぎ出している。

次回に関して言えば主人公二人よりも、私はむしろ百合ちゃんと風見の顛末が気になって仕方がない。
彼女のあの涙。それを通行人から庇い、更に自分もさり気に目を逸らす風見の気遣いが愛情ではないと誰が言い切れる?
風見自身にその自覚があるのか否かはまだはっきりとは描かれていないけれど、そうなるとあの積極的女子の存在がキーになってくるんだろうなあ。

いや、もちろん、主人公二人、も今回のラストがアレ(笑)だから次回、どうなっているか(爆死)もそりゃ気になる。でも、そーなっちゃうとひとつの「上がり」を迎えてしまうわけで・・・どうなるの?!
やっぱり原作買おうかな。タブレットの容量が増えると簡単にそれができちゃうから怖い。

原作も終わってしまうらしいから、多分ドラマもある程度リンクするのだろう。
そしてあとたった3回しかないドラマ、これ、終わってしまったら火曜の22時は本当に寂しくなってしまう(後番組、あまり魅力感じないんよなあ、ストーリーもキャストも)。
今から言う話でもないけれど、ぜひ続編、百歩譲って(?)期首特番でもいいので後日談を作ってほしい。

早く来週の火曜日になってほしいけれど、なればなったで終わりも近づくわけだから。
複雑な心境・・・

| | コメント (0)

タブレットは容量アップ、私の容量はダウンさせたい(?)

ついにタブレットを機種変更した。

売り場のお姉ちゃんは若くて言葉遣いもぞんざいで、初号機を言葉巧みに勧めてきた前任者(前前任者?)とは対応が大違いだったし、ブツも入荷が遅れに遅れて、ジリジリイライラしつつその日を迎えた。

紆余曲折を経て、データも元通り復元され容量だけが大きくなったタブレットは今、まるで何事もなかったかのような顔をして私の前にいる。
これから音楽や本、映像などを厳選して取り込んでいこうと思っているが、手始めにストアを覗いてみたら・・・なんと!昔好きだったアーティストの幻の名曲が入っているライブアルバムがヒットしたではないか!!

文字通り震える手でダウンロードのボタンをタッチする。250円で過去の思い出が買えるのだ。
そして聴いてみた。
ああ。懐かしい。まさかこの曲を再び聴くことができるなんて思ってもみなかった。

読みたかった本も数冊購入。今は映画版風強をどうしようか考えているところ。アプリもいくつかDLした。
まあ気をつけないとあっという間に容量を使い果たしそうなので、本当に厳選でいかなければ。

今日は午前中近所のジムの体験レッスンと、午後からプールでウォーキングとバタ足20メートル。
やはりクロールの息継ぎができない。肺活量もダウンしてしまったらしく、昔はなんとかなった25メートル無呼吸(ホントにできたのよ。昔は)が到底不可能であることが判明した。あうううう。
平泳ぎも息継ぎが危うい。というか全体的に体力不足で筋力不足なので泳ぎきれないというのが実情なんだろうな。

ジムで簡単に体重などの測定をしてもらったが、年齢並みの体としては標準ほぼど真ん中だった。
これを最低でも5歳以上、できれば10歳くらい若返らせたい。
1回30分を週3回くらいのペースで通えればいいかな。プールは今月半ばで今年の営業が終わってしまうし、少しでも体力と筋力をつけたいから。
腰痛対策には筋力を高めるしかないらしいし、見た目の若返りも図りたい。

ま、これまでサボっていた分頑張る、ということ。目的もないでもないし(ん?)頑張ります。

| | コメント (0)

そりゃできることなら行きたくない。歯医者さんなんて。

数年、いやそれ以上ぶりに足を踏み入れた歯科医院。
自動ドアが開くと中から消毒薬のにおいがプン、と鼻につく。
スリッパに履き替え、恐る恐る受付の女性に声をかけると、問診票を渡された。

主訴は奥歯のメタルクラウンのぐらつきだ。それ以外にも歯の黄ばみや歯石の除去、知覚過敏、などいくつか気になることがあるので、時間がかかってもいいから全て治したい旨記載した。

・・・クラウンは次回除去して中の歯の状態を確認、最悪の場合抜歯もあると言われてがっかり。
今日はレントゲンで歯の状況を見てとりあえず下顎のクリーニングをしていただくことになった。

マスクで顔を半分隠している衛生士嬢はなかなかに派手な雰囲気だったが、仕事は丁寧。時間をかけて私の歯に溜まっていた頑固な歯石を取り去ってくれた。
舌先で触ってみたら、なんと気持ちの良いこと。ツルツルなのだ。

来週は2回目。いよいよ本格的な治療が始まり、上顎のクリーニングも。
多分最低でも1ヶ月はかかると言われてしまったが、それは想定の範囲内だ。ちゃんと治してから臨みたい(何に?)

明日は住めない我が家へ。そして仕事関係の買い物と、来週のジムのためのウエアをアウトレットモールで購入する予定。
新しいタブレットは遅れに遅れて日曜日にやっと手にすることができそうだ。

ま、行ったら真っ先にするのは雪かきだな。大変だけど仕方がない。

最近、早く寝ても夜中に目が覚めてしまうので、今夜は少し夜更かしして一気に朝まで寝たいところだ。

| | コメント (0)

今日から師走

再出戻り猫、今朝気づいたら右目が結膜炎状態になっていた。あうううう。
以前も預かり子猫が譲渡会の直前に下痢をしたりとか、何故かタイミング悪く体調を崩してしまうんだよなあ。

急遽明日病院へ連れて行くことにした。
点眼くらいで済めばそのまま引渡しちゃうつもりでいるが、通院が必要と言われたら・・・あまり手元においておきたくないのが本音。だって返したくなくなっちゃうから。
そもそも最初里子に出したときだって別れがたくて辛かったのに。

午後からは自分の通院だ。歯科。ずっと気になっていた歯が3本ほどあり、それらについて診てもらいたいし、歯のホワイトニングもしたい。舌苔や口臭も気になるし。
痛みにものすごーく弱いんです、と受付の方には念押ししてきたので、先生にも伝わっていると思うが、念のために直接言うつもりでいる。
とにかく3ヶ月目処でしっかり治しておきたいものだ。ああ、痛くありませんように。

そして来週は特定健診&インフルエンザワクチン。近所のフィットネスジムの体験入学。プールも行きたい。

もう腰痛発症も風邪もこれからはNGだもの、体を整えて頑張ろう。

年明けからは仕事も動き出す。制約も出てくるだろうからこれまでみたいに好き勝手には動いていられなくなりそうだ。それまでにできることをしたい。

今日から12月。
あっという間に一年が終わってしまう。昨年、今年、と激動の年だったが、逆に刺激的で心に残る年でもあった。
ここに書けないこともたくさんあったけれど、全て良くも悪くも思い出になった・・・かな?

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »